ダラダラ中につきカメ更新 感想など、ちょろっとでも書き込んでいただけましたら泣いて喜びます🎵

2021/8/29  14:23

イケボとかまってちゃん  こえ

2021年上半期自分にご褒美企画「イケボde♡タリウス」やってみました。

今回は、ASMR?みたいなのをイメージしつつ、結局、全然そうならなかったっていう💦

いえ、文句無しにイケ声なんですよ!問題は、私の企画力のなさと編集スキルの低さにあるというだけです。

内容としては、シェール目線でタリパパに叱られるっていう、そんだけ。ええ、もうものごっつマニア向けな音声ファイルに仕上がっています。

なもんで、今回は「聴きたい!」という方にだけリンクをお送りします。そういうのお好きな方は、メールか拍手からご連絡ください。私が連絡先を知っている方は、お名前だけでも🆗

夜以降(多分夜中)、メールにてご案内します。

いや、そんな御大層なもんじゃないですよ。ただひたすら自分向けなので。

ちなみに、リスナーはシェール目線でお楽しみくださいなので、シェールのセリフはありません。ぶっちゃけ、何で怒られてるのかちょっとわかりにくいかもなので、雰囲気を楽しんでいただけたらとお思います。

くどいようですが、お好きな方だけどうぞ。

一応ひとことサンプルをおいておきますね。本編で使っているものとは別です(ある意味ここでしか聴けない)。

以下、リンクをクリックするといきなり音出ます!ヘッドフォン🎧️必須

♪サンプル1(平時)
♪サンプル2(オニ)

【こえの出演】 口撫 にえる様


以下ネタバレちょこっと。先入観なしで聴きたい人はバックで。




シェールにとって、痛くて、恐くて、大嫌いなお仕置きですが、自分の中であまりに罪悪感が高まると、それを解消したくて、あえて自分から罰をもらいに行くということが、ままあります。

タリパパとしては、事の大きさやシェールの反省具合から鑑みて、特段きつく叱る必要はないと判断することも。ただ、そんな場合でも、いかんせんシェールが欲しがるものだから、あくまで彼の精神衛生のために、やさしいお仕置きをしてやることがあります。

悪いことの中味も、特によそさまに迷惑をかけるわけでなし、シェール自身が困るだけ、もしくはタリパパが被害者、みたいなときがほとんどです。

今回の元ネタ、お題小説「誓い」はまさにそんな展開の話で、一応シェールが叱られるていではありますが、その実、癒し要素多めです。


で、今更ながら、シェールはなかなか結構なかまってちゃんだなと。

昔から、タリパパが仕事にかまけて目を離し過ぎると、淋しさから、ついパパの注意をひこうと、叱られるようなことばかりしていました。それは意識、無意識に関わらず、最近まで続いています。

そんなとき、タリパパはと言えば、自身の罪悪感からあまり強く叱れずにいました。でも、シェールが求めるなら…そんなお話です。
10



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ