ダラダラ中につきカメ更新 感想など、ちょろっとでも書き込んでいただけましたら泣いて喜びます🎵

2021/7/23  3:11

続ジョージア先生の長い長い夜6  小説

一通り罰を受け終わり、ポーターは息も絶え絶え、自室に引き上げた。幸い他の訓練生たちは授業に行っており、居室には自分以外誰もいない。ポーターはベッドに倒れ込み、うつ伏せのまま放心した。

どのくらい経っただろうか。こちらへ近付いてくる長靴の音に、反射的に目を上げると、軍長靴が入ってくるのが見えた。

「せんせい」

慌てて身体を起こそうとするが、力が入らない。と言うより、迂闊に力を入れると、ただでさえボロボロになった身体に堪えがたい痛みが走るのだ。

「酷い有り様だな」

教官は寝転んだままのポーターを一瞥した。こんな無礼な状態で教官と話をするわけにはいかないが、どうにも身体が動かなかった。ひとまず立ち上がることは断念し、ポーターはベッドに膝をついた。

「結局、お前は貧民街で何をしていた?本気で泥棒を追っていたのか」

「いえ、流石に自分の手に負えるような相手ではないと思いました。ただ、先週初めてあそこに行って、何だかいろいろ気になってしまって」

「いろいろ?」

「今まで気付かなかったと言うか、知り得なかった世界があって、目が離せなくなりました。あそこに住んでいるから悪人だとか、そういうことではない感じがして。もちろん知ったところで、何か出来るわけでもないですが」

ふいに切なそうな表情を浮かべるポーターを見て、タリウスの胸がドキリと脈打つ。

「ならば、知らないほうが良かったか」

「あ、いえ」

ポーターは一瞬思考した後、顔を上げた。

「こんな騒ぎを起こしておいて、言うべきことではないかもしれませんが、やっぱり知れて良かったです。知らなければ何も始まらない、そう自分は思います」

たとえそのせいで余計に悩むことになったとして、本望だと言うのだろうか。

唐突に、自宅に残してきた我が子のことが頭をよぎった。馬鹿がつくほどお人好しな息子が、この社会の不条理を知ったとき、同じようなことが起こるかもしれない。

「いずれにせよ、まずは自分のことだ。自分の面倒もろくに見られない奴か、他人の心配をするなどおこがましい」

「すみません」

ポーターが目を伏せた。

「お前か謝るべきは、俺やミルズ先生だけか」

「ノーウッド先生にもご迷惑を…」

「ノーウッド先生は、今お休みされている。帰ってきてから、最後に伺えば良い。付き合ってやるから、ついて来い」

言うが早い、教官は颯爽と戸口へ立った。ポーターはいまひとつ話が飲み込めず、呆然と教官を見上げた。

「ぐずぐずするな。直ちにまともな成りをして、下へ来い」

「はい!」

鋭く命じられ、ポーターは勢い良く起立した。身体は悲鳴を上げたが、そんなことにはかまっていられなかった。

「ほう。意外に元気だな」

そんなポーターを見て、教官はしきりに感心していた。


人間その気になれば何とかなるもので、先程は起き上がるのさえ億劫だったポーターも、今は教官に伴われ城門までどうにか辿り着くことが出来た。

「珍しいな、教官」

目当ての人物は、部下から突然の来訪を聞かされると、すぐさま城門の外側まで出てきた。

「トラバース城門警備隊長殿。昨日は夜分に大変ご迷惑をお掛けいたしました」

タリウスがまずは頭を下げ、続いて一歩後ろに下がったところにいたポーターもそれに倣った。

「ああ、昨日の。こいつがその、いなくなった訓練生?」

「カヴァナーです。昨日は自分のせいで、申し訳ありませんでした」

「別に良いって」

レックス=トラバースのいかにも軽い言葉に安堵したのも束の間、続く台詞にポーターは絶句した。

「何もお前のためじゃない」

「え………?」

「ミルズ先生に言われて、断れるわけがないだろう。まあ、これでお前も一生ミルズ先生の言いなりってわけだ」

沈黙するポーターを横目に、レックスは教官に向けて更に続ける。

「で、結局、どこにいたんだ?」

「それが、公安に保護されていまして」

「公安?!」

必要最小限の声しか発しないタリウスとは対照的に、レックスは素頓狂な声を上げた。

「先生、キレただろう。オニ切れ」

「ご想像のとおりです。詳しい経緯は恐らくこちらに」

そこで、タリウスはレックスに封書を差し出した。

「うん?」

表書きは自分宛、裏を返すとそこにはかつての師のサインがあった。

「忙しいだろうに、先生こういうとこマメだよな」

かつての師を思い、レックスは目を細めた。それからポケットに封書をしまった。

「これからファルコン、中央教育隊に?」

「そのつもりです」

「そうか、ファルコンはああ見えて、いや………あいつこそ怒らせるとヤバいから、精々気を付けろよ」

「はい…」

ポーターは小さくなって、城門を後にした。


「教官、昨日は散々だったな」

宣言どおり、続いて彼らが訪れたのは中央教育隊である。

「いえ、こちらこそ申し訳ありませんでした。多大なるご協力に感謝します」

「いや。それで、こいつが?」

ファルコンがポーターに探るような目を向けた。タリウスが肯定すると、ファルコンは近くへ来るよう無言で手招きした。

「あまり先生を心配させるな」

ファルコンの言葉に既視感をおぼえ、ポーターははっと目を上げた。それからしばしの間、目の前の男を凝視した。男は大柄で、教官に負けるとも劣らない仏頂面で、こちらを見下ろしている。

「正直、昨日の先生は見ていて忍びなかった」

「すいません」

「あそこにいるうちはわからないかもしれないが、お前は先生たちに守られて生きているんだ。そのことを常に頭に入れて行動しろ」

「はい、申し訳…」

「もう良い。昨日からそればかりだろう。これから取り返せば良い」

謝罪の言葉は途中で途切れ、代わりに結構な力で肩を叩かれた。堪えきれずにふらつくと、ファルコンはしっかりしろと言って笑った。

「お前、この辺りの出身か」

「いえ、違います」

「そうか、見たことがあるような気がしたんだがな。人違いか」

ファルコンは空を仰ぎながら、頭を掻いた。


15



2021/7/24  23:16

投稿者:そら

Rさま
そうです!そうです!そうなんです!
士官候補生時代のがそれっぽくて良かったんですが、どうあがいても年齢の計算が合わず。
ちなみに、ファルコンは見た目はでかくて怖いけど、すごく良い人で部下たちからも好かれています。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ