ダラダラ中につきカメ更新 感想など、ちょろっとでも書き込んでいただけましたら泣いて喜びます🎵

2021/6/7  21:57

閑話休題  そらごと

突然ですが、子供(親戚の子でも友達の子でも)と本を読んでいるときに、うっかりスパシーンに遭遇!そんなとき、一体どうするのが正解ですかね。

かくいう私は、思い切り動揺して、該当のシーンをゴニョゴニョと読み飛ばしました。

なんだろう、めっちゃ恥ずかしいって言うか、気まずいって言うか。昔、親とテレビを見ていて、たまたまスパシーンにぶち当たったときとはまた違う衝撃でした。

うん、今時そんなものはないと思ってて、完全に油断しました。でも、よくよく考えたら、前にも似たようなことがありましたっけね。そっちは比喩的な意味でしたけど。


それはさておき。ひさびさに書き始めたタリパパ&シェールの本編も、ようやく折り返し地点まで来ました。相変わらずお互いのことが好き過ぎる二人ですが、今回もいろいろこじらせています。

そして、コメントでもいただきましたが、シェールも成長したものだなと。タリパパもいろんな意味で大変です。

次で決着つく予定なので、もう少しお付き合いくださいませ。

そして、サイトが放置気味で、やっている意味をあまり感じられないですが、落ち着いたら今回のなど含めて引っ越します。

どうせならもうちょい使い勝手を良くしたいとも思っていて。まとめてこえが聴けるショートカットとか、サウンドノベルのリンクとか、整理したいです。果たして、いつになるか定かではありませんが…
7



2021/6/14  19:55

投稿者:そら

ともろーさま
お疲れ様です😌💓たくさん書いていただいて、ありがとうございます!一気読みすると、ちょいちょい粗が見えてくるので、私としては冷や汗掻いたり、反省したり。とりあえず、タリウスは女人に抱き付かれすぎだろう、とか。
エッガーのその後は、私も気になっておりますが、「手紙」を読む限りだと、一応退校にはなっていない模様です。タリウスとしては、保護者ポディションをゼインに譲った手前、静観するしかなさそうですが、多少なりともお節介はするでしょうね。ダルトンをあんだけ可愛がっていることを考えても、ね。
レイドですが、中央士官は受けません。なもんで、師弟の衝撃の再会は地方開催の四校会議でしょうね。レイドってば、スゲーびっくりして、フツーにオニとか呼んじゃって、自分とこの教官にボコられるみたいなネタをひとり楽しんでいます。ひさびさにあの二人も書きたくなってきました!
最後に、スマホビューだとコメント欄、見辛いですよね💦Web拍手からいただいたコメントはブログ内で、ブログの拍手コメントは同じ記事のコメント欄からそれぞれお返事しています(念のため)。読後の匿名コメントも嬉しいです💕ただ、もはやリモートホストではどなたか特定することは不可能なので、そこだけご了承くださいませ。

2021/6/13  11:34

投稿者:ともろー

お久しぶりです。
匿名コメントにちょくちょくコメントしていたのですが、1回コメントすると2回目が書けなくなるので、どこに書こうかな〜と探していてこちらにたどり着きました。
この土日ずっとタリウスとシェールを本編から読み返していて、とてもエキサイトしていました。タリウスの先生であり、父でありという二面性が大好きです✨
特に父やってるときに教官の面が出てきたり(最新話等)、教官やってるときに父が出てきたり(ホームシックのお話等)そういうギャップがとても好きです。
これはリクエストではないので聞き流していただいて結構なのですが、ハレの日の憂鬱であの勘違い野郎エッガーくんがそのあとどう成長するのか気になります。エッガーに同情する優しさを持ちながら、自分は教師であって親にはならないと言いきるタリウスですが、そんなに上手くいくのでしょうか!?
あと、オニ先生と弟子との話も好きです。レイドが中央士官学校に入校したら入校式でゼインの立場を知ってびっくりするんだろうなぁと思って妄想してました(笑)
あと、森のお話しでリュートが中央士官学校に行くのはやめた!と言っていましたが、パラレルワールドでリュートとタリウスが師弟関係になったらもちろんタリウスに恐れおののきながらお休みの日にシェールに教官としてのタリウスの話をして盛り上るのかな〜なんて想像してみたりもしました。
この土日、一番笑ったのは、ハレの日の憂鬱でキールが服装の点検をしてるときに長官が乱入してきて、めっちゃ焦っていて真面目なシーンなのに「星の数がもはやいっぱいとしか認識できない」という表現が可愛らしくてダルトンだなぁと思いました。
突然、沢山書いて申し訳ありませんが、すごくスパ抜きでも大好きなお話しなのでラブコールしたくなってしまいました。悪しからず。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ