ダラダラ中につきカメ更新 感想など、ちょろっとでも書き込んでいただけましたら泣いて喜びます🎵

2021/3/15  11:41

カーラさん  小説

春ですね。私は春が、特に別れの季節である三月が、六月に次いであまり得意ではありません。何だろう、ふわふわと暖かくなって嬉しい反面、無性に不安を掻き立てられるとでも言いましょうか。昔から心が騒がしくなるのです。

まあ、それだけ淋しいと思えるくらい、毎年良い出逢いをいただいている、そう思うことにします。


さてさて、新作は二作続けて新婚さん話でした。

ここ最近、記憶力が低下しているのか、パフォーマンス力が落ちていて、思い付いた先から活字にしていかないと忘れてしまい、ちまちましか書けなくなるようです。

今回は(「覚醒」は特に)途中でいろいろ余裕がなくなってしまい、アウトプットを後に回したら、いざ書く段になって言葉が逃げて行った後でした。

たぶん、当初はあんな話ではなかったと思うのですが、タリウスがしあわせならもうそれで良し。カワイイ妻子に癒されて、また頑張っていただきたい。


いや、もうね、職場が本当ヤバイ。特にここ二年は、自分の立ち位置や過去のしがらみもあって、もろもろ殺して随分尽くしてきたけれど。それにしたって、限界超えてます…

ヘロヘロになった私を見て、「そらさん荷物多過ぎ。余計なもん下ろしたら?」って、一際デカイ荷物丸投げしてきた本人に言われた日には………働き方変えようかなと本気で思案中。うん、変えるわ。


閑話休題。以下、短編(掌編?)です。本当は拍手SSにしようと思って昨夜書いていたんですが、さすがに長過ぎたのでここに。

アポ無しオバサン再び。




「ごめんください」

シェールが裏庭で素振りをしていると、背中から品の良い声が聞こえた。

「カーラ=ハリソンさんはいらっしゃるかしら」

「えーと、ここには住んでないと思います」

模擬剣を下ろし、シェールは声の主に向かって答えた。今現在、ここに住んでいるのは、自分たち父子とそのお隣だけである。時折、短期滞在客がいることもあるが、それでも女性客は久しく見ていなかった。

「女将さん、ハリソンさんはどこかに越されたの?」

「え?女将さん?おばちゃんのこと?」

自分はもちろん、父もユリアも女将を名前で呼ぶ習慣がないため、シェールは彼女のフルネームを知る機会がなかった。俄には信じられない話である。

「おばちゃんならいます。いますけど、でも今は、えーと、寄合?の会合でいません。組合の集まりみたいで」

言っている本人もよくわからないのだが、誰かに聞かれたらそう答えるよう女将から言いつかっていた。たぶん嘘だと、シェールは直感的に思っていたが。

「そう。では、ジョージアさんはいらっしゃる?」

「とうさんは出掛けています。たぶん、おねえちゃんも一緒だと思います」

だからこそ、シェールはこうしてひとり留守番を任されているのだ。

「ユリアのこと?」

「そうですけど、あの…」

シェールは改めて客人に目を向けた。客人は身なりが良く、立ち振舞いも優雅で、細身だが貫禄があった。

「ああ、ごめんなさい。私はリードソン。ユリアのその…母親…よ」

「へ?」

シェールは目をぱちくりさせ、客人の顔を凝視し、それからおっかなびっくり彼女の足元に視線を移した。

「えーと、あの足がありますけど…」

「足?ああ、別にお化けじゃないわよ。安心してちょうだい」

「あ、えっと、その、ごめんなさい。いきなりオバケと間違えるとか、本当にダメですよね。ごめんなさい」

シェールは慌てふためいて、自らの非礼を詫びた。初対面の相手に対して、完全なるマナー違反だ。父が聞いたら、鉄拳制裁ならぬ、平手による制裁を受けるに違いない。

「良いのよ。あの娘が、母親は死んだと言ったのでしょう。それもまた、事実だから」

客人の顔が曇るのをシェールは見逃さなかった。

「もしかして、二人いますか?」

「二人?」

「おねえちゃんには、お母さんが二人いるんですよね。違いますか?」

「有り体に言えば、そういうことになるわね。でも、どうして?」

「僕も同じで、とうさんが二人います。ひとりは本当のパパで、随分前に亡くなっています。もうひとりは、僕の今のとうさんです」

「そう」

「事情をよく知らないひとは、そのあたりのことがこんがらがっちゃうんです」

言いながら、シェールは苦笑いを浮かべた。

「聞くほうにしてみたら、それが初めてだけど、こっちはもう何回も同じ話をしているから、なんか段々めんどうになっちゃって、あえて説明しなかったりもして。おねえちゃんもそうだったのかも。だから、そんなに気にしなくて良いって思います」

「どうもありがとう」

客人は相好を崩し、シェールに惜しみない笑顔を向けた。

「あなたはやさしいのね。それに、相手のことをちゃんと考えてあげられて、とても賢いわ」

「そんなこと…」

「あなたの家族やまわりの大人は、きっとやさしい方ばかりなのね。突然、お邪魔してごめんなさい。また、来るわ」

「え?でも、まだ…」

「良いのよ、もう用は済んだから。お話出来てとても楽しかった」

朗らかに微笑む客人を見ながら、シェールは先程から頭にあった台詞を口にした。

「おねえちゃんの本当のお母さんかと思いました。違うって聞いたのに、変ですけど。笑った顔がそっくりで」

「本当?おかしいわね」

客人は控えめに、だが嬉しそうに笑った。


〜Fin〜


そう、おばちゃんのお名前はカーラでした。ようやく、しかもこんなところで、お披露目です。
16



2021/3/16  0:53

投稿者:そら

2021/3/15 23:14の方
ありがとう!誰かにねぎらってもらうって純粋に嬉しいものですねΣ(ノд<)
そして、お仕事がお仕置に見えてしまう謎のビョーキ…

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ