ダラダラ中につきカメ更新 感想など、ちょろっとでも書き込んでいただけましたら泣いて喜びます🎵

2021/3/11  14:35

【覚醒】2  小説

「それでは、前回のおさらいです。まずは問の一から、答えてください」

耳馴染みのある声が聞こえてきたところで、院長が足を止めた。タリウスもまたそれに倣う。

「正解です。それでは、続いて問の二です」

声の主は、自分の知っているそれと寸分違わず、涼やかに授業を行っていた。

「どうしましたか?問の二、答えてください」

「わ、わかりません」

蚊の鳴くような声が返されるのが、辛うじて聞き取れた。いつものユリアなら、某かの助け船を出すか、はたまた質問自体を変えるかする局面である。

「何故?」

だが、予想に反して、教師は冷ややかに問うた。

「つい先日も、同じような問題でつまずいていましたね。そのとき、次回までによくさらっておくよう命じた筈です。それから、こうも言いました。ひとりで手に負えなければ私のところへ来るようにと。でも、あなたは来なかった。つまりは、自分の力で理解したことになります。それなのに、答えられないのは何故ですか」

教師は、立て板に水の如くすらすら言葉を発した。表向きは、あくまで柔和な姿勢を崩していないが、一方で言葉では言い表せない圧をも感じた。恐らく、この状況でも彼女は笑っているに違いない。

「この時間はあなたひとりのものではありません。質問に答えなさい。今すぐに」

「すみません、先生。おさらいを…しませんでした」

「お話になりませんね。まるで時間泥棒だわ。学ぶ意志がないのなら、退席していただいて結構です」

立ちなさいと、教師は凄んだ。

「ごめんなさい、先生。今度は、必ず…」

少女の言葉が途中から嗚咽に変わった。

「結構です。ただし、約束を果たすまで、あなたの席は一番後ろです」

椅子を引く音がして、それから小さな足音がコツコツと床を鳴らした。

「待って。忘れ物よ」

教師の言葉に、ピタリと足音が止まった。

「板書も忘れずにね」

先程よりかいくらか角の取れた声だった。

「立ったまま石板に教科書では、どうしたって手が足らないでしょうに」

そう言う院長は呆れているようにも感心しているようにも思えた。タリウスは小さく吐息した。自分があの中のひとりなら、間違いなく胃を悪くしていると思った。

「もう充分です。そろそろ失礼します」


目下、絵に描いたような無気力(←どんなだ?)で、何をするにもひたすらスローペースです。
そして、オニのユリアにF/*な展開を期待された方がいらしたら、申し訳ない。彼女は人を叩きません。


5



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ