ダラダラ中につきカメ更新 感想など、ちょろっとでも書き込んでいただけましたら泣いて喜びます🎵

2021/1/12  16:31

【森】1  小説

「リュート、大丈夫?足痛い?」

岩肌が露になった崖をそれ以上浸食しないよう、シェールは両手両足を使い慎重に下りていく。この場所は少し前に地滑りを起こしたばかりだ。

「いや、大丈夫。動かなければ痛くはない。それより、上に上がれそう?」

「うーん、ちょっと厳しいかも」

最後にストンと着地すると、シェールは今下りてきたばかりの崖をまじまじと見上げた。

「途中までは行けたんだけど、結構滑るし、うまく上まで上れたとしても、その後ひとりで迷子になるのも嫌だし。やっぱりここで大人しく助けを待つことにする」

「助けを待つったって、そんなのいつ来るかわからないだろ!何日、いや、何週間ってかかるかも…」

「大袈裟だな、リュートは。暗くなっても僕たちが帰らなければ、大人が、たぶんとうさんが捜しに来てくれるよ。ひょっとしたら、もうおばさんたちが騒ぎだしてるかも」

少し前に傾き始めた太陽は、今や急速に力を失い、あたりはすっかり暗くなっていた。怪我を負ったリュートが心細く感じるのも無理はない。

「そうだとしても、この広い森の中だぞ。そもそもオレたちがこの森にいることだって、知らないだろうに」

「それでも何でだか来てくれるんだよ、とうさんは。鼻が利くって言うのかな。だから、ここでリュートとふたりミイラになる心配はしてないんだけど、問題なのは助けが来たその後だよ…」

シェールは空を仰ぎ、続いて大きな溜め息を吐いた。

「シェールんちのお仕置きって、どんな感じ?」

「どんなって、リュートんとこと同じだよ、たぶん」

「ムチ?」

「パドルは門限破ったときと、めちゃくちゃ悪いことしたときだけ。それ以外は平手」

「なんだ、意外と甘いんだな。見るからに怖そうな人だから、もっと普段からビシバシされてるのかと思った」

「全っ然甘くないよ。平手って言ってもとうさんのは下手なパドルより痛いし、それに今回はみんなに迷惑掛けただろうから、もしかしたら…」

「もしかしてパドル持ち歩いてるの?」

「まさか!家にあるよ。でも、これを機に出掛けるときは持ってけって言われるかも」

シェールは両手で顔を覆い、ガタガタと身震いした。

「シェールはさ、あの人についてここを出てから、帰りたいって思ったことはないの?」

「そりゃあるよ。特に最初の頃は、知らない街で知らない人ばっかりで。とうさんも仕事が忙しくて、あんまりかまってくれなかったしね。だから、しょっちゅう帰りたいって思った。けど、言ったらいけないんだって思って、ほとんど言わなかったな」

「やっぱり強いな、シェールは」

「強くなったんだよ。リュートだって、いきなりおじさんとおばさんがいなくなったら、そうなるしかないって」

リュートには返す言葉が見付からなかった。二人はそれきり沈黙した。

「あ、でも。ああ見えて、とうさん結構やさしいところもあるんだよ」

思い出したとばかりに、シェールは手のひらをぽんと叩いた。

「まだ学校に行き始める前の話なんだけど、とうさん仕事が忙しくて、毎日帰りが遅いときがあって。そしたら、めちゃくちゃ早起きして、朝から散歩とか鬼ごっことかしてくれたんだよね。雨の日は本読んでくれたり、いろいろ」

「なんつうか、ちょっと意外」

「あのときはすごく嬉しかったし、毎朝楽しかったな。だけどよくよく考えたら、とうさんほとんど寝てないんだよね。ただでさえ忙しくて疲れてた筈なのに。でも、そういう人なんだよ、とうさんって」

「なんかオレの思ってたイメージとちょっと違うかも」

「そう?ていうか、リュートはとうさんに興味があるの?」

「あの人にっていうか、何て言うか。オレ、まだちゃんと決めてないけど、あと何年かしたら士官候補生の試験受けたいって思ってて、そしたら…」

「十中八九、とうさんにしごかれることになるね」

「やっぱりそうか」

うーんとリュートは唸り始めた。

「なんか複雑」

「え?」

唐突に不機嫌そうな声を上げた友人をリュートは見詰めた。

「だって、そうなったらリュートはとうさんにいろんなことを教えてもらえるんだよね。なんかいいなって」

「は?おじさんもおばさんも将校だったって聞いてたから、てっきりシェールも士官学校に入るんだとばっかり思ってたんだけど」

「そう出来たら良いけど、だとしても中央には行けないよ。親が働いてるんだもん」

「そっか、そういうもんか」

リュートが呟き、それからまたしても沈黙が訪れた。

「ねえリュート、少し休んで」

「シェールは?」

「見張り。灯りが見えたら大騒ぎするから、そのときは手伝ってよ」

「わかった。途中で交代するから」

リュートは大きくせりだした木の根にもたれ、目を閉じた。思ったとおり、体調が思わしくないのだ。シェールはそんな友人を一瞥すると、再び先程の崖に手を掛けた。

そのまま半分くらいまで崖を上り、少しだけ広くなったところにそっと腰を下ろす。ここならば周囲の様子を窺うことが出来る。父はもう自分達の居場所にあたりを付けただろうか。

リュートにはああ言ったものの、ひとりになるとやはり心細かった。自然と溜め息が漏れた。

どのくらいそうしていただろう。ふいに周囲が明るくなった。

「とうさん!!」

反射的にシェールは叫んだ。

「シェール!どこだ!」

「ここ!崖の下にいる!」

ややあって、目の前がパッと明るくなる。そして、心配そうな父と目が合った。

「大丈夫か」

「僕は平気。でも、リュートが足を怪我してて、もしかしたら折れてるかも」

「今どこにいる?」

「この下」

シェールは友人のもとへ父を案内するべく、再度崖を下り始めた。

「灯りを持っていろ」

下まで下りると、父は腰に付けていたランタンをこちらに寄越した。

「痛めたのはどっちの足だ」

「右です」

「いいか、触るぞ」

「うぅ…」

リュートが呻き声を上げる。患部に灯りを当てつつも、自分は正視出来なかった。

「恐らく挫いただけだろう。少なくとも折れてはいない」

「良かった…」

父の言葉に安堵するも束の間。

「良いわけないだろう!!」

特大の雷が落ちた。油断していたわけではないが、このタイミングで来るとは思わなかった。心臓がきゅっと萎縮し、もう少しでランタンを落とすところだった。

「自分達が何をしでかしたのか、わからないのか。どれだけの人が心配したと思っている」

「ごめんなさい」
「すいません」

揃って謝罪を口にすると、闇の中から大きな溜め息が聞こえた。

「ともかく戻るぞ。立てるか」

そのまま二人に灯りを当て続けていると、リュートに向けて父が背中を差し出したのが見えた。

「つかまれ」

「で、でも」

リュートが躊躇する。それはそうだとシェールは思った。だが、続く台詞に悪餓鬼たちは度肝を抜かれる。

「嫌ならシェールに背負われるんだな」

「え?」

「は?」

「皆待っているんだ。早くしろ」

凍りつく悪餓鬼ふたりをそのままに、タリウスは立ち上がり崖に向かって歩き出した。

「リュート、とうさんマジだよ」

「ウソだろ?」

「ホントだって。もう、おぶってあげるから早くして。これ以上、怒らせたくないんだ」

シェールはその場にランタンを置き、友人にそっと耳打ちした。

「何をごちゃごちゃ言っているんだ。なんならこの場でお仕置きしてやっても良いんだぞ」

「とうさん!」

恐れていた事態にシェールは悲鳴を上げた。

「あ、あの!」

そんな父子の間に、リュートが割って入る。

「やっぱり連れてってください。シェールにはこれ以上迷惑掛けれない」

「良いだろう。シェール、お前は灯りを付けて先に登れ」

シェールはほっとして、ベルトにランタンをひっかけた。


サクッとお題を書くはずが、思いの外長くなったので分けます。お出掛けネタが楽しい今日この頃。

9



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ