ダラダラ中につきカメ更新 感想など、ちょろっとでも書き込んでいただけましたら泣いて喜びます🎵

2020/12/15  0:45

続石の記憶7.5  小説

その日、ユリアが目を覚ましたのは夜も更けてからだった。

「タリウス」

暗闇の中、不安と心細さにまず口をついて出たのは想い人の名前だった。

「気が付きましたか」

声は殊の外近くから聞こえた。利き手に意識を移すと、包帯の上から体温を感じた。どうやらずっとタリウスが握っていてくれたようである。

「気分は?」

「頭がぼーっとしますが、悪くはありません」

「水を飲みますか」

「はい」

タリウスはユリアのすぐ隣に腰掛け、彼女が起き上がるのに手を貸した。そうして自分にもたれさせたまま、口元まで水筒を運んでやった。

「ずっと私の傍に?」

「ああ」

「すみません、ご心配をお掛けして。お疲れでしょう。ベッドで休んでください」

「そうしたいのは山々ですが、そうもいかなくて」

ほらと促され、目を凝らすと、隣のベッドの真ん中でシェールが大の字で寝ているのが見えた。

「あらら」

「こいつが小さい頃には時々一緒に、と言うか、夜中に潜り込まれて一緒に寝たりもしましたが、流石にもう手狭ですね」

「シェールくん、頼もしくなりましたね。私、お陰で痩せ我慢出来ました」

「はい?」

「シェールくんがいなかったら、きっと怖くて泣き叫んでいたと思います。自分がどうなってしまうのか、正直怖かったですし、それに刺された直後は結構痛かったんですよね」

再び恐怖が戻ってきたのか、ユリアの目からポロリと涙が落ちた。

「もう大丈夫です」

大きな手が涙をぬぐい、そのままふわりと髪を撫でてくれた。

「タリウス」

それ以上は我慢が効かなくて、ユリアはタリウスの胸に抱き付いた。

「命に別状はないと医師が言っていました。それから、朝には動けるようになるとも。だから、もう心配要らない」

「本当にお医者様を?大変だったでしょう」

ユリアは一旦タリウスから離れると、今度は間近に顔を覗き込んできた。

「あなたの偉大さを実感しました」

「そんなこと…」

「いえ、シェールを救っていただいたことと言い、本当に感謝しています」

「怒らないんですか?散々無茶をしないよう言われていたのに」

「怒れるわけがないでしょう」

「でも」

「わかりました。あとで説教くらいはします。いずれにしても回復してからだ」

「タリウスのこわーいお説教も生きてからこそ聞けるというものです」

「そんなことで生を実感しないでください」

「だって…」

再び反論しかけるのを腕ずくで阻止される。そうして痛いほどに抱きしめられながら、ユリアはかつてないほどの安心感を得た。


とりま昨日の取りこぼしをば!

7



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ