ダラダラ中につきカメ更新 感想など、ちょろっとでも書き込んでいただけましたら泣いて喜びます🎵

2020/12/4  22:08

続石の記憶5  小説

慣れない暑さの中、連日歩き通しである。この日は日暮れを待たずして宿へ引き上げた。

シェールは昼寝、ユリアは書物に目を落とし、タリウスは何をするでもなく窓から入る風に吹かれていた。

結局、あの後は近隣を歩き回ることに終始した。これといった収穫はなかったが、それでもシェールが目一杯楽しんでいたことを考えれば、これはこれで正解なのだろう。

「シェールくん!!」

そこへ突如上がった鋭い声に、タリウスは現実へと返される。見れば、ベッドに投げ出された息子の足の上を虫のようなものが這い、それをユリアが今まさにつまみ上げるところだった。

「サソリ?!」

「痛っ!」

シェールが飛び起き、続いてユリアが悲鳴を上げた。

タリウスは慌てて二人に駆け寄ると、すぐさまユリアの腕を掴んだ。蠍はポトリと下に落ち、彼女のほっそりとした指先からは真っ赤な血が滲み出した。一気に心拍数が上がった。

「見せてください」

そうは言ったものの、自分が見てどうにかなるものでもない。そもそも蠍について漠然とした知識しか持ち合わせていないのだ。知っていることと言えば、蠍が毒をもち、それは時として人の命を奪うということくらいである。

タリウスはほんの一瞬躊躇した後、傷口を口に含もうとした。だが、ユリアはそれを拒み、反対の手で負傷した指を強く押さえた。

「何を?!」

「それは、こちらのセリフだわ」

驚くタリウスをユリアが見据えた。彼女は肩で息をしていた。

「タリウス、あなたに何かあったら、シェールくんをどうするおつもりですか」

「だが…」

確かにこの方法は自らも危険が伴う。しかし、他に方法がない、そう言おうとしたときだ。

「シェール!!」

あろうことか、シェールが蠍に手を伸ばしていた。

「触るな!!」

「でも、とうさん。逃げちゃう」

「放っておけ」

「でも」

「今はそんなことを言っている場合か!!」

なおも食い下がる息子にタリウスは声を荒げた。

「でも!サソリはいっぱい種類があるから、何に刺されたかわかんないと助けられないってママが…」

思ってもない台詞に、タリウスはハッとしてユリアと顔を見合わせた。ユリアが無言で頷く。

蠍に目を向けると、息子の言うとおり、壁を伝い窓の隙間目掛けて移動している。タリウスは腰に手を掛け、護身用のナイフを抜いた。だが、焦っているせいでナイフは蠍を掠め、下に落ちた。

「おねえちゃん!!」

そのとき、ユリアが膝から崩れ落ちた。

「シェール、手伝え。鞄の中に投げナイフがある」

「わかった!」

シェールは言われたとおり鞄に駆け寄り、逆さにして豪快に振った。

「どれ?!」

「革の包みだ。お前も見たことがあるだろう、エレインのだ」

その間、タリウスは力を失くしたユリアを抱き上げ、ベッドへ寝かせた。

「あった!」

「よく狙え。お前なら当たる」

それから少し考えた後で、水筒の水でユリアの傷口を洗った。

「当たった!」

どうやら一投目のナイフで息子は無事蠍を仕留めたようだ。

「よくやった。シェール、おねえちゃんの傍に」

「とうさんは?」

「医者を呼んでくる」

言いながら戸口に向かおうとするのを何者かが阻む。タリウスが振り返ると、ユリアの手が袖口を掴んでいた。

「タリウス」

「痛みますか」

不安げに自分を見上げるユリアの髪をタリウスはそっと撫でた。

「麻痺しているみたいで、むしろ何も感じません」

「少しの間だけ辛抱して欲しい。すぐに戻る」

そして、大丈夫だと笑い掛けた。


こまぎれで以下略。次回は「タリパパはじめてのおつかい」です!
7



2020/12/8  23:27

投稿者:そら

ともろーさま
ありがとうございます!
謎解き…これから頑張って伏線回収します!

2020/12/6  22:17

投稿者:ともろー

どんどん壮大になっていく。。。!
謎解きみたいで面白いです

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ