ダラダラ中につきカメ更新 感想など、ちょろっとでも書き込んでいただけましたら泣いて喜びます🎵

2020/10/30  23:06

石の記憶6  小説

それから更に数日後、シェールは浮かない顔で隣人の部屋を訪れた。

「あのね、おねえちゃん。この前のチラシ、まだ持ってる?」

「この前のチラシって求人広告のこと?それならまだあるわ」

「もう一回見せてもらっても良い?」

「勿論良いわよ」

ユリアは棚の上にまとめてあった新聞の束から、先日のチラシを抜き出した。

「それで、お父さんは何て?」

「それがあれから全然話せてくて、まだ聞けてないんだ」

「そう。最近、忙しそうだものね」

「夜は遅くて会えないし、朝もバタバタして話せる雰囲気じゃないんだ」

シェールは特大の溜め息を吐いた。今時季の父は物理的な忙しさに加え、とにかくピリピリしていて、迂闊に近付くと痛い目に遭いかねない。

「それに、一生懸命説得してもし許してもらったとして、肝心な仕事がもう別の人に決まっちゃってたらと思ったら、なんか言えなくなっちゃって」

父にこの話をするにはそれなりの覚悟が要る。要求が通っても通らなくても、その努力が徒労に終わるのだけは避けたい。考えるほどに身動きが取れなくなった。

「そんな顔をしないで」

シェールがすっかりしょぼくれていると、頭上からやさしい声が聞こえてきた。

「それなら、先方がまだ働き手を探しているかどうか、聞いて来てあげましょうか」

「本当に?」

「ええ、これからお買い物に行くから、もののついでに新聞屋さんに寄ってくるわ」

「いいの?ありがとう!」

シェールは嬉しくなって、満面の笑みを浮かべた。

「ねえ、おねえちゃん。僕も一緒に行って良いかな」

「ええ、良いわよ」

そんなシェールに応えるように、ユリアもまたとびきりの笑顔を見せた。


一通り買い物が済んだところで、シェールはおっかなびっくり新聞店を訪ねた。

「働き手を探しているかって?何だってまたそんなことを…」

店主は丁度店を閉めようとしていたところらしく、突然の訪問者に些か面倒そうに応じた。

「まさかおねえさん、新聞配達やろうっての?」

「いいえ、私ではなくて」

「僕です」

「坊主が?」

男はシェールに視線を向けると、上から下まで無遠慮に眺めた。

「新聞もまとまりゃ結構重いし、朝だって早い。坊主に出来るのか」

「毎日朝稽古をしているので、早起きには慣れています」

「朝稽古?」

「剣術道場に行っていて、朝は自主練をしています」

「ふうん、ならそこそこスタミナはありそうだな」

男は顎の辺りを擦りながら、ブツブツと一人言を言った。

「あと、走るのも好きです」

「字は?表札は読めるか」

「読めます」

「そうか。なら、とりあえず試しに雇ってやってもいいぞ」

「本当ですか?」

「ま、待ってください」

予期せぬ展開にシェールが感嘆の声を上げるも、ユリアが慌てて店主を制した。

「ああ、保護者の承諾を取らないとだな。あんたは母親じゃないよな」

「違います」

「そうだよな、いくらなんでも若すぎだ。坊主、お母さんは?」

「えっと、ママは亡くなっていて…」

「そうか、そりゃ悪いこと聞いたな。堪忍な。えーとそれじゃあ、パパは?」

「パパは、えっと、その…」

自分にとってパパとは亡き実父のことだが、今問われているのは恐らくそちらではない。毎度のことながら父親が二人いると紛らわしい、などと考えていると、男が突然世話しなく手を振った。

「ああ、もう良いって良いって」

「へ?」

店主の言っている意味がわからず、シェールは固まった。

「もう何も言わなくて良いから。そうか、坊主は苦労してるんだな」

「いや、でも今は…」

「自分の食い扶持を自分で稼ごうだなんて、今時見上げた根性だ。よし、決まり。採用だ。明日から来い」

「え?本当に?ありがとうございます」

店主が何やら勘違いをしていることは明白だったが、そうかと言ってこのチャンスをものにしない理由にはならない。

「シェールくん、そんなひとりで…」

「ところで、坊主。どこに住んでいるんだ?この近くか」

ユリアが先程よりも更に慌てた様子で声を上げるも、店主の声にすぐさま遮られてしまう。シェールはユリアに申し訳ないとは思いつつ、ひとまず自分たちの住まいを伝えた。

「ここからすぐだな。あんたは?」

「私も同じところに」

「何だ、一緒に住んでるのか。それなら何の問題も題ない」

「いえ、ですが…」

「お願い、おねえちゃん。とうさんには後でちゃんと話すから」

ここで本当のことを話をしたら、折角まとまり掛けた話が台無しになってしまうかもしれない。シェールは必死に懇願した。

「何ごちゃごちゃ言ってるんだ。俺は明日早いからもう帰る。詳しい話は明日だ」

言うだけ言うと、店主はじゃあなと言って店を後にした。

「そんな、自分の名前も名乗らないなんて」

「そういえば、僕もまだ名乗ってないや」

残されたふたりは呆然としてその場に立ち尽くした。
2



2020/11/1  3:05

投稿者:そら

2020/10/31 17:39の方
私もです。あとちょっとドキドキしてくださいませ〜。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ