ダラダラ中につきカメ更新 感想など、ちょろっとでも書き込んでいただけましたら泣いて喜びます🎵

2020/10/11  1:56

石の記憶2  小説

それから間をおかず、その機会は巡ってきた。

「こちらを先生にお渡しいただけますか」

息子と件のやりとりをした数日後、タリウスは上官の私邸を訪ねた。兵舎から引き揚げようとしたところで、ゼイン宛の私信を見付けたためだ。

「これは?」

玄関先に現れたのは、ミゼットだった。

「机上にあったものです。お忘れになったのか、意図して置いていかれたのか、私には判断がつかなかったのでお持ちしました」

「わざわざ悪いわね。そのうちあなたがいなければ道も歩けなくなりそう」

「いえ、そんなことは。すみません、別件で少々お伺いしたいことが」

「何?」

「エレインのことですが…」

タリウスは先日の一件をかいつまんで話した。

「入って」

一通り話し終えたところで、ミゼットが家へ上がるよう促した。


彼女はすぐさま家主を呼び、事のあらましを話し、同席するよう求めた。

「で、君は何を知っている」

「本人からは本当に聞いたことがないし、知ってると言うほどのことは何も知らない。ただ一緒にいてわかったことは少し。推測も入っているからシェールには言えなかったけれど」

それでも構わないのでひとまず聞かせて欲しいとタリウスは言った。

「生まれは東方。それから、多分だけど部族の出だと思う」

「何故そう思った」

上官が食い気味に問うた。

「いろいろよ。馬の乗り方が独特だったり、天気が読めたり、それから、刺青があった。勿論、あの人のことだから、後から自分で入れたってこともなくはないと思うけど、でもそれならもう少し目立つところに入れる筈よ」

「刺青の形を覚えているかい?」

「はっきりとは。でも、どこかで見たような気がするのよね」

「まるで雲を掴むような話だね」

誰とはなしに溜め息がこぼれた。

「訓練生時代はどうしていたんですか。長期休みにはどこに」

「ああ、それならうち」

「どういうことですか」

「エレインから、実家が遠いから兵舎に残りたいと言われたが、許可出来ないと言ったところ…」

「それならうちに来ればって話になって、両親に手紙を書いたら快諾してくれて、それから休みの度に一緒にうちに帰ってきてたの」

「本科生に上がった頃だったか、身元保証人とも連絡がつかなくなって、最後は彼女の両親が保証人に」

ミルズ夫妻が交互に話すのを聞きながら、上官が以前、彼女たちを姉妹と呼んでいた理由がわかったような気がした。

「思い出した。石よ」

すると、突然ミゼットが声を上げた。

「石というのは?」

「あれ?持ってこなかった?」

「すみません、何のことだか」

言われて、タリウスは当時の記憶を探るが、皆目見当がつかなかった。

「あの人占いやるのよ。それがちょっと変わってて、小さな石を使うんだけど、その石を入れてた袋に刺青と同じ印があった。私が見たときにはなかったから、シェールが持っていったのかしら」

「君はエレインの家に行ったのか」

「ええ」

「そこで家探しを?」

「失礼ね。形見分けよ」

「無断で?」

「だって仕方ないじゃない。本人死んじゃっていないんだから。それに、私が逆の立場なら、あの子になら何を持っていかれても惜しくないもの」

俄には受け入れがたい話に男二人は閉口した。

「ちょっと失礼」

そんな彼らに構わず、ミゼットは一旦離席し、それから小さな箱と古びた革の包みを抱え、再び席に着いた。箱は宝石箱らしく、ふたを開けると色とりどりの宝飾品が収納されているのが見えた。中にはなんとなく見たことがあるようなものもあった。

「このあいだ、普通につけていなかったか?」

「ええ。宝飾品は身に付けてなんぼだもの」

「こちらは?」

宝石箱のほうはひとまず捨て置き、タリウスは革の包みを指した。

「あの人の投げナイフよ。研いであるから切れ味抜群」

許可を得て包みの紐を解くと、細身のナイフばかりがずらりと並んでいた。今度こそ見覚えがある。かつて彼女が使っていた商売道具だ。

「そのうちシェールにあげようと思っていたんだけど、何なら今持っていく?」

「いえ」

将来的にはともかく、今の息子に所有させるわけにはいかない。

「遠慮しないで」

ひとまず自分が預かったとして、シェールに見付からないよう管理するのは至難の技だ。そう思ったが、彼女の好意を無下にするわけにもいかず、考えあぐねていると上官が割って入った。

「自分で手入れをするのが面倒になったのだろう」

「そりゃこの数だもの」

ミゼットは少しも悪びれない。

「これはこの辺りの品ではないようですね」

タリウスはナイフを包みから取り出し、一本一本検めた。かつて頻繁に目にしていたものが、実際に手に取るのは初めてだった。

「そう?気にしたことなかった」

「何本かは買い足しているようですが、元のには、ほら」

タリウスがナイフの一本を手にし、柄の部分を指差した。

「確かに東方の言葉のようだ。意味まではわからないが」

柄には判別不能の模様のようなものが彫られている。

「ねえ、本当に石に心当たりない?このナイフより、ずっとわかりやすい場所にあった筈なんだけど」

「すみません」

「君が謝ることではない。しかし、エレインにそんな特技があったとは知らなかった」

「からきし当たらなかったけど」

「容赦ないね」

「だって、昔婚期を見てもらったけど、もっとずっと早かったもの」

「なるほど。占いの信憑性はともかく、その石とやらが見付からない以上は、目下このナイフが一番の物証ということになるね」

「お借り出来ますか?」

「だから、あげるって」

再びナイフの所有権を押し付けられそうになるが、あくまで借り受けるだけだと断り、タリウスはミルズ邸から辞した。


「ねえ、ゼイン」

来客を見送った後、ミゼットは先程からあった疑問を口にした。

「万が一にもよ、エレインの身内が見付かったとして、向こうだって捜しているかもしれないじゃない。下手したらシェールを取れちゃうかもしれないのに…」

「そうさせない自信があるから、調べているのだろう」

「そういう人?」

「いや、普段の彼なら危ない橋はまず渡らないはずだ」

そこで、彼らは互いに顔を見合わせた。

「半端ないわね、マクレリィ母子の影響力」
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ