ダラダラ中につきカメ更新 感想など、ちょろっとでも書き込んでいただけましたら泣いて喜びます🎵

2019/12/15  23:14

鬼の本領10  小説

翌朝の目覚めは、思ったほど悪くはなかった。ただお尻が痛いのと、脳裏に焼き付いた昨夜の強烈な記憶とがアグネスを苦しめた。

「ねえ、アグネス。これがドアのところに挟まっていたんだけど」

朝食を摂りに部屋を出ようとしたときだった。イサベルがドアの下の隙間から、小さな包みを拾い上げた。

「一体何なの?薬?」

見たところ膏薬のようで、鼻を近付けると野草のような匂いがした。

「わかった!傷薬だ」

「傷薬?!何で?誰が置いたの?」

「誰が置いたかはわからないけど、昨日はほら、遅くまで鞭の音が聞こえたから、誰かが気を効かせてもってきてくれたんじゃない」

「何よそれ」

どうせなら昨日の晩に欲しかった。場違いな不平が一瞬脳裏をよぎり、続いて恥ずかしさに顔が赤らんだ。


食堂で待機していると、しばらくして当直の教官が入室してきた。訓練生が一斉に立ち上がった。

「アグネス=ラサーク、イサベル=オーデン」

突然名前を呼ばれ、反射的に返事を返しつつ、ふたりは互いに顔を見合わせた。教官の手には、手のひら大のカードが二枚ある。

「返してやる。取りに来い」

嬉々として教官の元に向かうイサベルに対し、アグネスの足取りは重い。恐らくお尻が痛いからだけではない筈だ。

「ありがとうございます」

教官はまずイサベルに身分証を返し、それからアグネスに向かって身分証を差し出した。しかし、手が震えて思うように受け取れない。動揺していると、教官の大きな手で利き手を握られ、更に反対側の手が身分証を置いてくれた。

「落ち着け。取って食いはしない」

教官の言葉に小さく笑いが起きる。アグネスの心臓が大きく波打つ。恥ずかしくてまともに教官の顔を見ることが出来なかった。

「これまで何度も身分証を取り上げてきたが、取り返しに来たのはお前たちが初めてだ」

続く台詞に今度はどよめきが起こった。

「熱意は認めるが、決して褒められたことではない。他の者も絶対に真似をするな」


「すいません!」

その日の午後、二人一組で剣技の打ち合いをしていたときだった。相手の攻撃を大きく避けた拍子に、イサベルは後ろにいた別の訓練生に勢い良く当たった。彼女は慌てて後方に駆け寄った。

「ごめんでいい」

「え?」

少年の言っていることがすぐには理解できなくて、イサベルは一瞬とまどいを見せた。だが、ややあって状況を把握すると、彼女はごめんねと言って少年に笑いかけた。予想外のことに今度は少年の動きが止まる。身体が上気してくるのがわかった。


「男って馬鹿よね」

「そう言わないでくださいよ」

ミゼット=ミルズとキール=ダルトンのコンビである。昨日の一件以来、関係者以外の野次馬は演習場に入ることは禁じられ、教官室のバルコニーから訓練を参観することになった。タリウスの発案だが上官も特に反対しなかった。

「やっぱり女が混ざっているとやりにくい?」

「どうでしょう。初めから一緒なら、そういうものだと思うんじゃないですかね。自分はむしろ大歓迎ですね」

「あっそ」

いい加減に返事をしながらミゼットは額に手をやった。


1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ