ダラダラ中につきカメ更新 感想など、ちょろっとでも書き込んでいただけましたら泣いて喜びます🎵

2010/10/27  21:42

いろいろと  そらごと

オフラインがわさわさしていて、オンラインでもモジャ〜となることがあって、なんかもうすべてがどうでも良くなりつつあったのですが・・・またちょいと元気になりました

なんと、鵲さんと白百合姫嬢が、またしてもステキこえコラボをやってくださいました独特の低音ボイスに、みんな忘れてしばしニマ〜お二人の笑い声がとにかくツボでね、ああこえならではだなぁとしみじみしておりました。あ、誠にどうでも良いのですが、「君を諦めない」のサムネイルはそら夫妻だったりします(笑)。

そうそう。この機会に、声を聴くボタンの下にブログパーツを張っておきました。なので、お時間のあるときにでもPCから聴いてみてくださいね

さて、先日ずーっとほったらかしにしていた、「鉄は熱いうちに」のダメダメ予科生のその後をupしました。本当は、チビ→予科生→チビ→予科生で行きたかったんですが、ごちゃごちゃになりそうだったので、途中で分岐させました。

プロットの段階では、全くああいう話ではなかったのに、なんかどんどん暴走していって、気付いたらあんなふうになってしまいました。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

「先生には…先生にはわからないんです。最初からきっと何でも出来たから」

 今にも泣き出さんばかりだった少年が、教官の視線を捉える。

「なぜそんなことがお前にわかる?俺は何一つ努力していないとでも思っているのか」

「だって先生は、いつも出来て当たり前と言うじゃないですか。努力したって出来ない人だっているのに」

「それこそ当たり前だろう。努力さえすれば、たとえ負けたって国を半分取られるだから別に構わないと、上官が言うと思うか」

 少年は閉口する。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

これ、ボツにしたヤツから拾ってきたんだけど、当初はこんな感じで始終のほーんとやりとりしていたのね。それが、終わってみれば「真・鬼の後継」みたいな展開になってて自分でもビックリ

ときどきああいうのが書きたくなるらしいのデス。

何だろう。タリタリは、自分とはま逆な性格をしている予科生くんの中に、過去の自分を見てしまったんだろうね。赦すだけが能じゃないと思いながらも、自分も一緒に成長するチャンスを得たんだと思い直したのかも。

しっかし、普段あんまり物に当たったりしないタリタリが、大いに暴れている姿が書けて、私はそれが一番楽しかったなぁ
4



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ