鬼押出しとつま恋温泉と万座温泉と白根山  

あれ、まさか、もう10月が終わってた!!早っ!時たつの早すぎる〜〜!!

一週間前、出産前最後の夫婦旅行に行ってきました。

高速で軽井沢方面に向かい、途中の「鬼押出し」とやらを観光。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

岩がごろごろ転がっていて、とてもよい景色で楽しかったです。
鬼みくじってのを引いたら、旦那さんが青鬼、私が赤鬼のカードがついてきた。安産とのことでした。

軽井沢方面は、紅葉がとてもきれいでした。

4時くらいに宿に到着。
いつもは一人1万円前後のお手軽な宿にするんですが、今回はせっかくなので温泉宿でゆっくりしようと思い、こじんまりしてホッとできる感じの宿を選択。
万座温泉のふもとにある『山田屋温泉旅館』てところにしました。

ここ、じゃらんネットでクチコミがすごく評判いいのです。

http://www.yamadaya.to/

実際、とても細やかな気遣いのあるいいお宿でした。
お夕飯も豪華!塩釜焼が出てきて、木槌で割って食べたり、鍬の形をした鉄板でお肉を焼いたり。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

おいしかった〜。
メインからデザートまで、旬のもの満載でした。

部屋にはマッサージチェアがついていて、食後は部屋でごろごろ。

クリックすると元のサイズで表示します

お風呂は貸切露天風呂を3か所それぞれ30分予約できるとのことで、
岩風呂、れとろ風呂、釜風呂に入りました。気持ち良い〜。

クリックすると元のサイズで表示します

お風呂からあがると、お部屋に一口サイズのタコ飯が、お夜食として届いてました。
お風呂上りにはビール又はジュース、アイスのサービスもついてて、サービス満点です。
朝には、部屋の外に冷たい牛乳が届いてました。

こうして、夫婦でゆったり過ごせるのも今のうちなんだろうな〜と思って堪能してきました。
きっと、子どもができたら、自分が楽しむよりも、子どもの様子が気になっちゃってゆったり楽しめないんじゃないかなぁと。

翌朝、また露天風呂に入ってさっぱり。

クリックすると元のサイズで表示します
朝ごはんも大満足でした♪

今日は山を登って万座温泉に向かいます。

万座温泉は本州で一番標高の高い温泉地らしい。そして、硫黄が濃いとか。
硫黄泉の白っぽい濁り湯が大好きなので、楽しみです。
万座ハイウェイを車でぐんぐん登って、万座温泉に到着。
標高が高すぎるせいか、万座温泉はあまり歴史ある旅館とかがなく、温泉宿も数えるほどしかありません。軽井沢から万座までの有料道路も、万座ハイウェイも、西武グループのおかげで整備されてるらしいです。

付いたらさっそく万座プリンスホテルの日帰り入浴へ。
硫黄の香りが濃くて、周りに建物がないから露天風呂の景色も絶景でした♪
とても気持ちよかったです。
家から車で1時間くらいのところに、こういった露天風呂があったらうれしいのにな〜と思いつつ、ゆ〜ったりお湯に浸って来ました。

帰りは、ナビを入れたら草津をまわって伊香保ICから帰るコースに。
途中、白根山を発見して、往復40分くらいで登ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

妊婦にはきつかった〜!
スキーのストックが杖替わりにおいてあって、途中から旦那さんが自分の分も貸してくれて、2本の杖につかまってヒーフーしながら登りました。
上りは大変だったけど、活火山の火口付近を眺められたのは楽しかったです。
植物のない感じの山も、普賢岳や阿蘇山を思い出しました。
やっぱり硫黄泉の温泉があるところには、近くに活火山があるものなんですね〜。

白根山を観光して、帰りは伊香保ICまでひたすら下道。
草津を通り過ぎるまでは楽しかったのですが、他の道がずーっとつまらん田舎道でした。
これなら軽井沢方面を回った方が、紅葉がきれいで整備された観光地で、楽しかったなぁ。

夕方に伊香保IC付近でビックマックを食べて、あとは高速で帰宅。

ぜひまた行きたくなるようなお宿と温泉と観光地でした。


よし、これで思い残すことなく出産がんばるぞー!!
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ