まんが日本昔ばなし〜はなさかじいさん・狸の手習い〜  

前から見たかったのですが、放送時間に間に合わず見れてなかったです。
今日は母がビデオに撮っててくれました。

いや〜市原えつこさんのしゃべりがなんともいいですね。
CGとかPC技術のすごいアニメが出てきてるそうですが、やっぱこのアニメはすばらしいなぁ〜
はなさかじいさん、ポチの墓が木になって、「うすにしてくれ〜うすにしてくれ〜」って話して、もちが金の小判になるんだったんですね。
きっと小さいころには聞いてた物語なんだろうけど、けっこー忘れてるところがありました。
狸の話は、和尚さんに習字を習う狸が、和尚さんにお礼をしてたら、狸ってことがばれたら、もう姿を現さないってゆー、まあ、たいしたオチもない話なんですが、そこがまた昔話っぽくていいですね。和尚さんにお礼をするあたりとか、いいですなぁ。

ビデオ見た後、テレビをつけたらバカ殿がやってました。
相変わらずバリバリのこてこてコントはやはり今見てもおもしろいです。
あと、今になってみると、演出とか画面のおもしろさとかをいろいろ考えながらみるのも、また楽しいです。
子供のころに見てたのと、変わらぬオチ、そしてそのおもしろさ。すごいな〜。しいて言えば田代さんがダチョウに変わってるのは、大きな変化かな。
自分のコントスタイルを貫いてる姿の志村けんが一番かっこいいなぁと思いました。『あるある』とかに出てるんじゃなくて。(自分のスタイルじゃない番組に出るのも、ある意味大人な感じだけど)
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ