コンタクトジャグリング  

群馬友達がジャグリングがとっても上手です。

最初彼にジャグを教えたのは私ですが、とっくの昔に追い越されました。

彼のジャグ熱はアツイです。ひたすら練習を重ねているようで、すばらしい。

そんな彼の今の種目は「コンタクト」

これは、ソフトボールよりちょっと大きいくらいのボールを、手のひらから、体から、くるくると動かして、まるで、ボールが生きてるかのようにみせるジャグリングです。

何かを投げたりする王道とはちがって、ややマニアックですが、そこもまた彼らしい選択です。

ちょっとさわらせてもらって、練習用DVDなんかも見せてもらいましたが、すごい。

人に見せるにはまだちょっと安定感がないですが、それでもこれだけできればたいしたもの。

離れで、下が車って環境はうらやましいですが、それにしてもほんとーによく練習してるとおもって感服しました。

夜中にプチコンタクト練習会が開かれました。
私もがんばって練習してましたが、ことごとくいただいたスイカの、食べ終わった皮の部分に落としてて、そのうち取り上げられちゃった=3

なんと翌朝には肩と背中が筋肉痛。

思ったより筋肉を使ってるんだなぁ〜ってのと、すぐに筋肉痛になった自分がよかったです。

ジャグは一生できる趣味だから、これからもきばらずマイペースで続けていきたいなぁ。
0



2007/9/1  18:35

投稿者:ぼのりん

ケヤキ楽しみにしてますよ☆

http://angel.ap.teacup.com/bonorin/

2007/9/1  13:12

投稿者:saito

お褒め頂きましてありがとうございます。
あと2ヶ月ちょっとで人に見せられるレベルまで持っていかないといけないですね。

“これは、ソフトボールよりちょっと大きいくらいのボールを、手のひらから、体から、くるくると動かして、まるで、ボールが生きてるかのようにみせるジャグリングです”
って表現はうまいね、コンタクトジャグを人に説明する時にはこう言うといいかもね。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ