2018/7/8  20:17

梅仕事 (梅酒&梅ジュース)  ハンドメイド

梅仕事

6月頃、その年に収穫した梅を使って梅酒や梅干しなどを作ること。

梅はアルカリ性の食品。
加工して保存性を高め、クエン酸やミネラルを補給して暑い夏を乗り切る。
手間と、時間と、知恵が込められた年に一度の恒例行事。

「仕事」と言ってもお給料がもらえる訳でもなく
やっても、やらなくても、どちらでもいい。

にもかかわらず年に一度、この時期にしかできないと思うと

「早くしなければ店頭の青梅がなくなってしまう…」

という強迫観念にかられ、スーパーへ行っては
よい梅はないかと探し続けてしまうのだ。

きれいでよい梅に出会えたらやる気バロメーターはマックス。

初夏の日差し降り注ぐ中カゴいっぱいに梅を収穫し、
汗を拭きながら

「あ〜今年も忙しい、忙しい…ふぅ〜'_';

なんて言っている自分の姿を妄想してみたくなる。

そして作り終わると
「気になっていたことが片付いた…」
と安堵する。

仕事感が半端ない。

「趣味」か「仕事」か「義務」か、はたまた「妄想」か
わからなくなる感覚がせわしなく、楽しく、やみつきだ。

クリックすると元のサイズで表示します

妄想は妄想、実際は店頭で収穫する。

今年はよい青梅が手に入り、梅酒と梅ジュースを作ることにした。

大きく、肉厚でしっかりした実は甘く爽やかな初夏の香り。

クリックすると元のサイズで表示します

竹串を差してヘタを取る。
ただひたすら、丁寧に、ひとつひとつ。

静かなキッチン、壁時計の秒針が刻むリズムにのってひとつひとつ。
何に追い立てられることもなく単調作業に集中する心穏やかな時間、
黙々と仕込み作業が続くのだ。

「仕込む」とは種をまくこと。
成長、熟成に向かっていく最初の作業。
完成へとたどり着く唯一の方法。

ビンの中に閉じ込められた梅は氷砂糖との相乗効果で甘さと香りを増し
時間とともに色も質も変化していく。

一年後、この梅酒が完成する。
それまでに私も種をまき、たくさんの力をかりて知恵と経験を蓄え
またひとつステップアップしていることを願っている。


クリックすると元のサイズで表示します

【梅酒】
・青梅        1s(私は濃く作りたいので通常より多め1.5sくらい)
・氷砂糖      1s
・ホワイトリカー  1,800ml

@竹串などで青梅のヘタを取り水で洗う。
A瓶を熱湯消毒もしくはホワイトリカーをまわし入れ消毒。(水気をとり乾燥させる)
B青梅の水気を拭き、青梅と氷砂糖を交互に瓶へ入れる。
Cホワイトリカーを注ぎ、冷暗所に1年置く。



【梅ジュース】
・青梅      1s
・氷砂糖     1s
・ホワイトリカーもしくは酢 100ccくらい(発酵防止)

@竹串などで青梅のヘタを取り水で洗う。
A瓶を熱湯消毒もしくはホワイトリカーをまわし入れ消毒。(水気をとり乾燥させる)
B青梅の水気を拭き、青梅と氷砂糖を交互に瓶へ入れる。
Cホワイトリカーもしくは酢を入れ、冷暗所に置く。
(2〜3週間で飲めるようになる)

※梅はカビが生えたり腐ったりするので遅くとも1ヶ月で取り出し、
 ジュースは冷蔵庫で保管。水、炭酸で割って飲む。

クリックすると元のサイズで表示します

作った時は水気がほとんどない梅ジュース。

2日もすると…

クリックすると元のサイズで表示します

びっくりするくらい水分が上がってくる。

梅ジュースでクエン酸やミネラルを補給して、
暑い夏を乗り切ろうパンチ^▽^ ハイビスカス晴れ
1

2016/7/3  15:48

超簡単 サシェ作り  ハンドメイド

梅雨、うっとおしい季節。

冬服をしまうにあたり、ハーブを使った防虫用サシェを作ってみました。

お茶パックを使って、とっても簡単に作れます。

各ハーブの持つ効果を知り、用途に応じて活用することにより
環境にも健康にもよい生活が送れます。

クリックすると元のサイズで表示します

ドライハーブのサシェ バイバイ*^_^*

頂き物についているリボンや造花。
とりあえずとっておくけれど使い道がない…
そんな時、サシェの装飾として利用してみるのはいかがでしょうか。

衣類はハーブの持つ天然の香りに包まれます。

≪衣類の防虫に効果のあるハーブ≫
・ラベンダー
・ペパーミント
・ゼラニウム
・レモングラス
・ティートゥリー
・ユーカリ など


【用意するもの】
・お茶パック
・ドライハーブ
・リボン

@お茶パックにドライハーブを詰める

Aリボンで装飾する


※お茶パックは2枚重ねるとこぼれず使用できます。


重曹とアロマオイルのサシェ バイバイ´з`

重曹は消臭効果があるので、靴に詰めれば消臭剤になり
玄関にアロマオイルのよい香りも漂います。

使い終わった重曹はキッチンやお風呂のお掃除に使用できます。

【用意するもの】
・お茶パック 2枚
・重曹    60g
・アロマオイル 10滴〜30滴

クリックすると元のサイズで表示します

@ビニール袋に重曹、アロマオイルを入れもむ 拍手 もみもみ

Aお茶パックに詰める

※香りがなくなったらアロマオイルを足してください。

※ドライハーブを混ぜてもOK。○


クリックすると元のサイズで表示します

袋を自分で縫っても素敵ですが、お裁縫はちょっと…という方は
中身を詰めたお茶パックをハンカチに包んで
引出にしのばせるだけでも素敵なサシェになります。


引出を開けるとかわいいサシェがひょっこり顔を出します。

ただそれだけなのに心爽やか。

湿度で身も心もぐったりするこの季節、
かわいいサシェに癒されてみてはいかがでしょうか。

小さな喜びは生活の中に隠れているのです。

1
タグ: サシェ ハーブ 防虫

2015/11/15  21:02

封筒をシールでデコる  ハンドメイド

今月で退職する同僚に送別の品を用意し、手紙を書きました。

何かを贈る時は、どこかにひとつハンドメイドを加えたいと思っています。

そういえば、使いかけのシールがあったような…

封筒に貼ってデコってみたらどうだろう…

あぁかな、こうかなと思いつくまま、貼り続け、1時間半が経過。

クリックすると元のサイズで表示します

こんなん出来上がりました。クラッカー

「原っぱに隠されたプレゼントを探しに行く」

というイメージで作ってみました。

というか、作っていったら結果そうなった感じです…´з`

シールをひとつひとつ組み合わせてひとつの作品を作るというのもなかなか面白いかも。

新たな楽しみを見出してしまった今日この頃です。

思いつきで始めたにしてはよくできました。拍手´з`

ドライフラワー、お菓子のクリスマスリースと続いた私のハンドメイド
 
http://angel.ap.teacup.com/yotsuyanoshippo/424.html
http://angel.ap.teacup.com/yotsuyanoshippo/425.html

思いついたらまた何か作ってみることにします。
1

2015/11/3  16:18

お菓子のクリスマスリース  ハンドメイド

芸術の秋…もみじ

ということで何だか色々作っています。

今週は…

クリックすると元のサイズで表示します

お菓子でクリスマスリースを作ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します

【用意する物】

・リースの土台  (100円ショップSeriaで ¥100)
・グルーガン   (ダイソーで¥200)
・グルースティック(ダイソーで¥100)
・お菓子
・リボン

あとは、根気 パンチ えいっ

※今回はイルミネーションの様にキラキラしたリースを作りたかったので
 キラキラした包装のお菓子を用意しました。

クリックすると元のサイズで表示します

【作り方】

・リースの土台にグルーガンでお菓子を貼り付けていく。

・リボンを付ける

以上 パンチ^▽^

クリックすると元のサイズで表示します

キラッキラ輝いています。

LEDライトよりエコだね。

お菓子のリースの良い所、
作りながらつまみ食いができる´з` 食べ過ぎ注意

作って楽しい、食べて美味しい。

簡単に作れて、大人も子どもも大喜びな美味しいクリスマスリース。

きっと楽しいクリスマスがやってくる…サンタクリスマス

見ているだけで心もキラッキラしてきます。

いつから食べ始めようか、悩むところです。¬_¬
1

2015/10/18  16:59

ドライフラワーを作ってみました。  ハンドメイド

「結婚式でもらったブーケをドライフラワーにしたいのですが
 どうすればいいですか。」

逆さにつるして乾燥させるか、
業者に頼んでブリザーブドフラワーにしてもらうか…

気の利いた回答ができなかった私の頭の片隅に
きれいなドライフラワーの作り方って…'_';
という疑問が住み始めました。

そんなある日、テレビを見ていたら
ドライフラワー用のシリカゲル(乾燥剤)があるという。

シリカゲル、いわゆるお菓子の中に入っている乾燥剤。

花をつるして乾燥させると茶色くなってしまうけれど、
シリカゲルでつくるときれいな状態で出来上がるのだとか。

やってみたい。
自分の育てた花で作ってみたい。
それを使ってクリスマスリースを作ってみたい。

と妄想は広がる一方、止まらない…

とうことで挑戦してみることにしました。パンチ^▽^

クリックすると元のサイズで表示します

@フタ付の容器とシリカゲルを用意。

※花だけなら大きめのタッパーを使用。
 今回は花だけでなく、茎もつけたまま作ってみることにしたので
 深めの瓶を用意。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

A底にシリカゲルを敷き、
 プランターから摘んだ百日草の花を入れ、
 さらにシリカゲルを注ぎ、花を完全に埋める。

※花びらの隙間にもまんべんなくシリカゲルを注ぎ入れます。

しっかりとフタで密封して1週間。

1週間後…

クリックすると元のサイズで表示します

できましたぁ〜  \(^o^)/

乾燥してパリパリです。

※乾燥しているためもろくなっていますので、丁寧に扱ってください。

少し花びらが踊ってしまったけれど、初めてにしては上出来。

吊るして乾燥させるより、色も形もきれいな状態で出来上がっています。

クリックすると元のサイズで表示します

ということで 第2弾 の仕込み。´з`

大きめのタッパーに 百日草、ホトトギスを置きます。

何かきれい…これだけでアート作品。

お粉の布団をかぶって、1週間おやすみなさい。-_ゞ



1週間後、きれいに出来上がりました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ