2011/3/27  11:45

冬のフォトコンテスト2010-2011で賞をいただきました。  フォトコンテスト

秋のフォトコンテストに続き、冬のフォトコンテストで

冬の行事部門賞

をいただきました。
ありがとうございます。

【フォトコンテストの結果はこちらから】
http://www.qlep.com/sp/photo/

今年のお正月に行った鎌倉の鶴岡八幡宮

クリックすると元のサイズで表示します

ここは観光地だから毎日たくさんの人が訪れますが
こんな大行列はお正月ならではの光景。
並んでの参拝はあきらめて、写真だけでもとパチリ 

迫力ある一枚となり、お気に入りの一枚だったのでとても嬉しいです。

毎日手を合わす人もいれば、困った時の神頼みの人もいて、
でもお正月には皆、神様の所に足を運んでお願い事をして。

人間というのはいったいどれだけの願いを持っているのだろう。
そこにどれだけの数の人生があるのだろう。
お願い事の数と感謝の数はどちらが多いのだろう。

参拝者の後ろ姿にそんなことを思ってみるそんな一枚です。

自分を表現する方法は多々あり、人によってその方法は様々ですが、
私にとっては写真を撮ることなのかなと思う時があります。

四角いフレームの中に写し出された一瞬に見える

喜び、哀しみ、躍動感、様々なドラマ

これからもそんな瞬間を見つけていきたいと思います。
そしてそれを皆さんにお伝えできればとても嬉しいです。

撮りためた写真がかなりの量になり、どう整理するか検討中ですが、
お気に入りの写真を集めてフォトブックを作ってみるのも楽しいかも。

写真に言葉を添えて、心を添えて、

そんな作品を作るのが今の私の夢でございます。

もうすぐ桜の季節、皆さんもカメラを片手に様々な風景を
撮ってみてはいかがでしょうか。

そして素晴らしい一瞬に胸を焦がしてくださいませ。
1

2010/12/15  22:41

秋のフォトコンテスト2010で賞をいただきました。  フォトコンテスト

秋のフォトコンテスト2010【秋の風景部門】で賞をいただきました。

【受賞作品と審査結果はこちらから】
http://www.qlep.com/detail_article.php?cc=300&nn=1375

天達くんのお天気中継で映っていた代々木公園の紅葉があまりにきれいで、
仕事で腹の立つことがあったから気分転換に出かけみたんです。
美しい風景に時間を忘れてシャッターをきり続けました。
その数枚を投稿してみたんです。
嬉しかったのは写真とコメントの両方を審査の対象にしてくださったこと。

一瞬をとらえた写真にはストーリーがいっぱいつまっていると思います。
四角いフレームの中にも時が流れ、風が吹き、哀愁が漂い・・・
それを言葉として表現して写真にそっと添えると
作品がさらに魅力的になるなぁ・・・といつも思います。

お家大好き人間の私が写真を撮るためにわざわざ電車に乗って
公園に行くなんて普段ないんです。¬_¬

あの日、天達くんのお天気中継を見ていなければ、
あの日、会社で腹の立つことがなければ、パンチ`へ´
あの日、いつものように家でお昼寝をしていたに違いありません。

そして、時間を忘れ秋の風景にカメラを向けることもなかったし、
フォトコンに応募することもなかったでしょう。
不思議なめぐり合わせに感謝でございます。
いいことも悪いことも見方にするってことです。

某スピリチュアルカウンセラーがこんなことを言っていました。

行動の先に光がある

そうだ、そうなんだ。
お昼寝ばかりしていてはいけないのだぁ〜 No.1!-_ゞ でも睡眠第一!!

お家大好き人間なのでなかなかアクティブにはなれませんが
どこまでもマイペースにこれからも大好きな写真を
いっぱい撮っていこうかなと思っております。

そして、このブログを通じて皆さまの目に触れ
一瞬が持つストーリーが心に届いたら嬉しく思います。
1

2010/11/21  14:30

東京水辺百景展に行ってきました  フォトコンテスト

入選をいただいた写真展を見に新宿へ行ってきました。

【審査の様子はこちらから】
http://www.tokyo-park.or.jp/special/photocon/prizewinner04.html

クリックすると元のサイズで表示します

新宿駅西口のイベントスペース、
絵画展や作品展がいくつか開催されていました。

クリックすると元のサイズで表示します

【作品はこちらからご覧ください】
http://angel.ap.teacup.com/yotsuyanoshippo/221.html

自分の作品を誰かに見ていただけるというのは本当に嬉しいことです。

写真コンテストに応募するようになってから、
写真にタイトルをつける
という一人遊びをするようになりました。
これが楽しい クラッカー

みた瞬間パッとタイトルが思いつく写真もあれば
よ〜く観察してもなかなか思いつかない写真もあり。
思いつかない時は写真とにらめっこをして ¬_¬
作品が奥の方から訴えかけてくる何かをキャッチできるよう
目を凝らします。

他の入選者の作品とタイトルを見ていて思ったのですが、
「○○と○○」
のように見たままをタイトルにしている作品と、
ひとひねり加えたタイトルの作品があって、
その人の感性が出るなぁと。

私だったらこんなタイトルをつけるなぁ・・・
と一人遊びをして会場をあとにしました。

こういう撮り方もありなのかぁ・・・¬_¬なるほど、ふむふむ
他人の作品を見ることは自分の作品の向上にもつながります。
勉強になりました。

日々の生活の中で感性を磨くということはとても大切なことだと思います。
感性を磨くということは感じる心を持つことだから。

美術館へ行く、本を読む、芝居を観にいく、音楽を聴く、
絵を描く、文章を書く、写真を撮る、音楽を作る・・・
その方法は人それぞれ。

楽しいと思える何か、
好きだと思える何か、
時間を費やすことが惜しくないと思える何か

それがその人に一番合った磨き方なのではないでしょうか。
得意な事と不得意な事が極端な私は、つくづくそう思います。

そんな何かを一つ見つけて、温め、育て、発信する。
やがてそれが他人の目に触れ、耳に触れ、
誰かの心を動かす大きな力になることを信じて。

コツコツ、シコシコ、あせらず、のんびりと・・・

自分を表現する方法さえ間違わず、発信していれば
受信してくれる人がどこかに必ずいるのですから。
0

2010/11/7  20:38

東京水辺百景フォトコンテストに入選いたしました  フォトコンテスト

昨年に引き続き、今年も
東京水辺百景フォトコンテスト
に入選いたしました。

クリックすると元のサイズで表示します

今年は応募総数 947点の中から58点が選ばれたそうです。

入選作品はこちら
  
クリックすると元のサイズで表示します

タイトル「冒険の扉

浜離宮の船着き場へと入っていく門。
船着き場へ向かうというよりはこの門を出て大海原へ冒険の旅に出る、
そんな感じがしてこのタイトルをつけました。
少年たちの背中が頼もしく見えた瞬間でした。

とらえた一瞬の中にストーリーが生まれます
写真て本当に不思議。

真ん中の子のブルー、
首に巻いたスカーフの黄色が効いていてお気に入りの一枚です。

今年4月、昨年入選の副賞としていただいた水上バスの乗船券で
浜離宮まで桜を見に行きました。
たまたま乗り合わせたボーイスカウトの少年たち。
橋をくぐる時には歓声をあげ、ほんとうに楽しそうでした。

彼らの髪は向かい風で逆立っているのではなく
これ、寝グセなんです。
ユッサユサ揺れる見事な寝グセとはしゃぐ姿がかわいくて、
後ろから彼らをずっと撮り続けていました。

寝グセボーイズ

いやっ、きっと彼らはラッキーボーイズだったのだと思います。

よく友人から
「一眼レフで撮ってるの?三脚立てたりして?
とかよくきかれるのですが、そんなに気合が入る人間ならば
私はもっと出世してるはず。
ネットで買った安いデジカメ、たかだか600万画素。
通りすがりにとりあえずシャッターをきっているそんな人。

上位入選の方たちは天気、時間、場所を選んで
我慢強くねばって撮ったんだなとわかるきれいな風景だったりして
素晴らしいなと思います。

アンテナをはって、
めぐり合わせを呼び寄せて、
一瞬を求め、一瞬を逃さず、

そうすれば自分が想い描く何かに出逢えるはず。

入選作品は2010年11月20日〜24日まで
新宿駅西口のイベントスペースに展示されます。

寝グセボーイズに感謝 ´з`
0

2010/6/5  18:50

「千代田のさくらフォトコンテスト」で賞をいただきました  フォトコンテスト

「千代田のさくらフォトコンテスト」で優秀賞をいただきました。

クリックすると元のサイズで表示します

最優秀賞(1点)
優秀賞(2点)
千代田のさくら賞(5点)
九段のさくら賞(5点)
神田のさくら賞(5点)
アクセスベストファイブ賞(5点)
入選(10点)
OCN賞(5点)

優秀賞がどのポジションなのかいまいちわかっていないのんき者な私は
募集要項を再度確認。
そして副賞を確認。No.1! そこ大事です…
優秀賞はホテルグランドパレス1万円相当のお食事券
食べるぞぉ〜 パンチ

あれは3月末のこと、仕事帰り四ッ谷駅を歩いていると
写真コンテストのポスターが貼ってありました。
A4サイズくらいのチラシみたいなポスター。
視界ギリギリの所に「千代田のさくら写真コンクール」という文字が一瞬だけ見え、
足を止めるわけでもなくそのまま通り過ぎました。
人が一瞬で情報をキャッチする力はすごいんだなと思います。

コンテストは2つ、
写真を印刷して送るコンテストと
OCNフォトフレンドのウェブサイトに投稿するコンテスト 
印刷があまりきれいにできなかったのでOCNフォトフレンドの方に
複数枚投稿してみました。

受賞作品はこちら

クリックすると元のサイズで表示します

タイトル影絵桜

この作品は今年撮った桜の中で一番お気に入りの写真。
なので受賞の連絡が来た時は久々にガッツポーズ グー ̄ー ̄よっしゃ〜

仕事帰り夕方6時頃、
四ッ谷駅横の土手は花見をする上智大学生のサークル天国。
あまりにうるさくて土手下に下りてみました。

日が暮れ始め土手下は暗くなり、でも空にはまだ青が残っていて
そこに枝を振り回しているような躍動感たっぷりの桜の木、桜
何気なく見上げたら影絵のようでした。
生命力に満ち溢れたその姿に感動し、すぐにカメラを構えました。
複数応募した作品の中からこの写真を選んでくださったことが嬉しいです。

写真は流れる時の一瞬をとらえたもの。 
その一瞬が私に見方をしてくれたのかもしれません。

一瞬、一瞬の積み重ねの中で
これだっていう一瞬をキャッチして
その一瞬に賭けてみる

平凡な毎日の中にそんなスパイスを入れてみるのもありですね。

一瞬を見方に 

結果は千代田区観光協会のウェブサイトで公表、
          
http://www.kanko-chiyoda.jp/tabid/2055/Default.aspx

また広報などで使用される場合もあるそうなので
ご覧いただけると嬉しいです。

このような賞をいただきましたことを心から感謝申し上げます。
ありがとうございました。
2

2009/11/3  18:10

またまた・・・ 〜第3回東京水辺百景フォトコンテスト 入選〜  フォトコンテスト

前回ご報告させていただきました「コスモス写真コンテスト」に続きまして、
またまたフォトコンテスト入選のお知らせをいただきました。

クリックすると元のサイズで表示します

第3回東京水辺百景フォトコンテスト 

http://www.tokyo-park.or.jp/special/photocon/index.html

応募総数 645の中から優秀作品58に選んでいただいたようです。

9月末にお届けいたしました「秋の遠足@ 水上バス編こちらをクリック

水上バスの待合所に写真コンテストのチラシが置いてありまして、
とりあえず・・・と1枚もらって水上バスに乗り込んだのでございます。

風と風景を楽しみながら、カシャカシャ撮った中から2枚応募。
1枚を入選作品に選んでいただきました。

金賞 (1点) 賞金10万円 (副賞:水上バス招待券4枚)
銀賞 (2点) 賞金 5万円 (副賞:水上バス招待券4枚)
銅賞 (5点) 賞金 1万円 (副賞:水上バス招待券4枚)
入選(50点) 水上バス招待券 4枚

私は入選なので、またまたその他大勢ではありますが、
水上バス招待券4枚いただきまぁ〜す
水上バスは気持ちよくてクセになります。

ありがとうございます 

入選作品はこちら 
クリックすると元のサイズで表示します

タイトル童心にかえる

浜離宮の船着場には狭い門を入っていきます。
大人たちは「わぁ〜」っと前に集まって、ぶつからないかとハラハラ、ドキドキ
数十秒間のショーに目を輝かせます。
大人だって、いくつになっても子ども心を持っているのです。
皆が童心にかえった瞬間でした。

この日、船上で撮った写真の中で一番お気に入りの一枚です。

過去の受賞作品を見るときれいな空、橋、岸辺などきれいな風景が
多かったのですが、私はあえてこの雑然とした風景の1枚を選びました。
この風景に生活感躍動感飾らない現実の姿を見た感じがしたから。

この場所が一番印象に残っています。
船着場に向かっているというよりは、これから冒険の旅 に出る、
そんな感じがしませんか
門の向こうに広がる世界に、冒険心をくすぐられながら
私にはそんな物語が見えました。

左下のお父さんが背中でそれを語っていますね。
このお父さんにも招待券を1枚差し上げたいくらいでございます。
空が晴れていればもっといい写真になったかも。

2009年11月20日〜11月23日まで
新宿駅西口イベントコーナー
に展示していただけるそうです。
いろんな方に見てもらえる機会を与えていただけるのは光栄なことです。
お買い物のついでにご覧いただけると嬉しいです。

私のような者にも賞をくださるなんて・・・
ビックリしております。
そして我が家のプリンターが意外ときれいに写真印刷ができることにも
驚いております。◎o◎ あらビックリ

心から感謝申し上げます。

ありがとうございました。 
1

2009/10/28  23:00

フォトコンテストに入選いたしました 〜浜離宮コスモス写真コンテスト〜  フォトコンテスト

家に帰るとポストに書留の不在票が。
差出人は「Caretta」
もしや・・・

9月末にお届けいたしました「秋の遠足A 浜離宮編こちらをクリック
行く前にネットを見ていたら、浜離宮で撮ったコスモスの写真コンテストを見つけました。

浜離宮&カレッタ汐留共同企画
第4回浜離宮秋の花「コスモス」写真コンテスト

生まれて初めて写真コンテストというものに2作品応募してみました。

応募したことを忘れる女、それが私なのでございます。No.1!
忘れた頃に物が届くと。

発表は賞品の発送をもってとなっていたし、
落選した人に書留なんて送ってこないので入選したんだなと。

本日、再配達で届いた封筒を開けると 

クリックすると元のサイズで表示します

入選でございます。

三脚を立て、こだわって撮っていた写真愛好家の方の横で、
いうことをきいてくれない古いデジカメでカシャカシャと
そんな私の作品でいいのでしょうか・・・
本人キョトンとしております。

カレッタ大賞 1名
優秀賞    5名
ハピネス賞 10名
入賞     84名 

大賞はカレッタ汐留ギフトカード3万円。
3万円あればみんなで飲みに行けるぅ〜 ビールカクテル酒
と、大賞の金額しかみていなかったのですが、
入賞は・・・千円でしたか。
千円引きで飲めるってことで ビール*^_^* ぷはぁ〜

応募総数 541の中の100点に選んでいただいたようでございます。
ありがとうございます。

【コンテストの結果はこちらから】
http://www.caretta.jp/cosmos/result.html

私は入賞
その他大勢ってな感じなのでそんなにすごくはないんです。

その作品がこちら 

クリックすると元のサイズで表示します

タイトル「やさしさに包まれて

真ん中の部分に種ができます。
種は新しい命、次の世代。
次の世代をやさしく包み込んで温かく見守る花びらたち。


そんな風に見えたのでこのタイトルをつけました。

応募する時に20文字でコメントを書くのですが、
少ない文字で自分の言いたいことをまとめるって結構難しくて
たかが20文字に数日間悩みました。

写真てすごく不思議。
狭い枠の中におさめると、その被写体、風景が
ドラマチック に変わるんです。
そこに被写体の物語があるような。

撮る角度によって様々な表情に変わり、
被写体が何かを訴えかけてくるような感じがします。
レンズを通すから見えてくる姿がそこにあるんです。

私たちは自分の目で物事をちゃんと見ていると過信しているけれど、
その奥にあるものは見えていないのではないかと思う時があります。
だからカメラを手にしたくなるのかもしれません。 

入選 なんて小学校2年生の時に作文コンクールで佳作に入って以来。
地味な人生でございます ´_`

私は写真を撮るのが大好きなのですが、
自分の好きなことで少しでも認めていただけるのは
励みになりますね


宝くじは買わなきゃ当たらないと言いますが、
コンテストも出さなきゃ入選しません 

普通の人なら

「よぉ〜し、他のコンテストも応募してみるぞぉ〜 

となるのでしょうけれど、
私は・・・気が向いたらまた応募してみます。

私が出世しない理由はこの性格ですねぇ *^_^*

入選作品100点は
平成21年11月1日〜平成22年1月11日まで
カレッタ汐留46階に展示してありますので、眺めもよろしゅうございます。
お近くにお越しの際は足を運んでご覧いただけると嬉しいです。

このような機会を与えていただきましたことを心から感謝申し上げます。

ありがとうございました 
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ