2021/7/25  19:30

帝劇 ミュージカル 「レ・ミゼラブル」 2021年度公演  舞台/ミュージカル/映画

東京に4回目の緊急事態宣言が出される少し前、

帝国劇場にミュージカル「レ・ミゼラブル」を観に行ってきました。
 
【舞台動画】
https://www.youtube.com/watch?v=u5zoFrYkXsA
https://www.youtube.com/watch?v=k1pHUUB3iF8

クリックすると元のサイズで表示します

コロナ禍でもチケットは発売初日に全公演即日完売。

朝からパソコンの前に座り
久々にチケット争奪戦に参戦しましたが
席番を迷っている間にどんどん席がなくなっていき、
最後の最後でギリギリ取った感じでした。

人気の作品ですね。

コロナ禍では公演中止と隣り合わせですが
劇場は感染対策に力を入れていることがよくわかります。

入口で手指の消毒、サーモカメラでの発熱チェック、
チケットのもぎりはお客さん自身で
劇場スタッフは「私語は控えてください」とプラカードを持って座席をまわり、
公演終了後は席ブロックごとに移動、
お客さんたちも理解して協力しています。

どの公演も出演者、スタッフはPCR検査を繰り返し、大変だと思います。
カーテンコールでのスタンディングオベーション、拍手、手拍子は
出演者、観客がひとつになって感動しました。

エンターテインメントは人間が心を保つために必要なものだと実感。

クリックすると元のサイズで表示します

19世紀初頭のフランスが舞台。
貧困、革命、愛、正義、尊厳など動乱期の社会情勢、
その中で必死に生きる民衆の姿を描いた作品。

1987年の日本初演から現在にいたるまで
東宝演劇史上最多の上演回数を更新し続けています。

ニューヨークで観たのを最後に20年ぶり今回が4回目の観劇。
演出や衣装が以前とは少し変わっていて新鮮な気持ちで舞台を見つめていました。

このミュージカルは最初から最後まで全て歌で進んでいきます。
台詞を全て歌で表現していて
メロディーで各人物の心情の変化を表していると言われています。

聴いていると歌詞の内容とメロディーが連動していて
怒り、哀しみ、葛藤、愛が伝わってくるのがわかります。

クリックすると元のサイズで表示します

【この日の出演者】

ジャン・バルジャン   佐藤 隆紀
ジャベール        伊礼 彼方
ファンテーヌ        濱田 めぐみ
エポニーヌ        屋比久 知奈
マリウス          内藤 大希
コゼット          加藤 梨里香
テナルディエ       駒田 一
マダム・テナルディエ  谷口 ゆうな
アンジョルラス      木内 健人

濱田めぐみさんは劇団四季時代から尊敬している俳優さんです。
濱田さんのファンテーヌが観たくて、今回は濱田さん出演日にしぼって
チケットを取りました。

20年前、私はまだ若かったので

革命に立ち向かう若く勇敢なアンジョルラス
恋に落ちるマリウスとコゼット
愛するマリウスに振り向いてもらえないエポニーヌ

の目線で観ていたのを覚えています。

でも今回は

過去の過ちに追われ、生きづらさを感じながらも愛と信念を貫くジャン・バルジャン
貧しさの中、我が子を想いながら息を引き取るファンテーヌ
法を順守し、職務に忠実、それが神の道だと信じながら
ジャン・バルジャンを執拗に追う警官ジャベール 

この3人の目線で観ている自分に気づきました。

長い年月が流れ、私も年をとったのでしょう。

学生たちと戦いに参加したジャン・バルジャン。
若者たちはみな銃弾に倒れ、
ジャン・バルジャンは疲れ切ったように座りこんで歌います。
神を頼るしか方法がないかのように。

傷を負ったマリウスをコゼットの元に帰して欲しいと
ジャン・バルジャンが神に歌う「彼を帰して」
 
【動画】
https://www.youtube.com/watch?v=McxhfNR1234

疲れ切った中に愛情がにじみ出てくる歌い方が絶妙で、
4回目にして初めて涙があふれマスクの中がビショビショでした。

曲も、ストーリーも、俳優さんたちも、オーケストラの演奏も
全てがドラマチックで、何度観ても心が震える素晴らしい作品です。


さて…

日比谷シャンテ、東京ミッドタウン日比谷で

「レ・ミゼラブル」
レストラン&カフェコラボキャンペーン


というのをやっていると知り、後日行ってみました。

対象メニューを注文するとレミゼ登場人物の舞台衣装がデザインされた
コースターがもらえます。

メニューにはレミゼにちなんだ名前が付けられています。
 
https://www.hibiya.tokyo-midtown.com/jp/event/upload/lesmiserables_cp.pdf
https://www.hibiya-chanter.com/special/?id=36

ファンにはたまらない…

クリックすると元のサイズで表示します

ゆとりの空間 日比谷店 (日比谷シャンテ2F)

料理家 栗原はるみさんのオリジナルレシピがいただけるカフェレストラン。

こちらの対象メニューは…

賛同する民衆たち
列に入れよ!スイーツの列に

(栗原さんちのデザート盛り合わせ)

劇中歌「民衆の歌」

列に入れよ 我らの味方に
   砦の向こうに憧れの世界

にかかっています。

チーズケーキ、シフォンケーキ、アイスクリーム、冷凍マンゴー
杏仁豆腐、紅茶ゼリー(アールグレイ)

お母さんが作ってくれたデザートプレートって感じでした。

入りましょう、スイーツの列に!! ぱくぱく

クリックすると元のサイズで表示します

ベーカリー&カフェ JEAN FRANCOIS (東京ミッドタウン日比谷)
 
ジャン・バルジャンの運命を変えたパンでつくった
バゲットサンドセット


クリックすると元のサイズで表示します

パンを1つ盗んで捕まり、脱獄を繰り返し19年服役していたジャン・バルジャンの
やりきれなさが伝わってくるようです。

彼を想い、しっかり噛みしめながらいただきましょう。

ハム、カマンベールチーズ、たっぷりの粒マスタードがはさまったバゲット。

マドレーヌは 愛と信念のマドレーヌ という名前。
まさにレミゼです。
はちみつが入っていてしっとり、オレンジの香りも爽やかで美味しかったです。

クリックすると元のサイズで表示します

会計時にコースターがもらえます。

銀色の封筒に入っていて、誰のコースターが出るかは開けてみないとわからない…

私はジャベールが欲しかったのですが

クリックすると元のサイズで表示します

コゼットとマダム・テナルディエでした。

貧しいファンテーヌは娘コゼットをテナルディエ夫妻にあずけ工場で働き、
給料を送金しますが、トラブルに巻き込まれ思うようなお金がつくれません。

マダム・テナルディエは自分の娘エポニーヌをかわいがり
コゼットにはつらくあたり、いじめます。
そんな二人が出るとは、ある意味「おぉぉ〜」ですね。


娘を想いながら息を引き取るファンテーヌにジャンバルジャンは
「私が育てる。約束する」
と言ってテナルディエ夫妻の元へ。
自分の娘としてコゼットに無償の愛を注ぎます。

別人として生きていても、罪人という過去の過ちは消えることなく
容赦なく彼を追ってきます。

法律を守ることが神の道だと信じる警官ジャベールは
不覚にもジャン・バルジャンに命を救われ、
マリウスを家に帰したら出頭するから猶予が欲しいという彼の願いを
受け入れてしまいます。

罪人なのに人助けをし、愛を注ぐジャン・バルジャンの姿と
彼を執拗に追う自分の姿。
ジャベールの正義は揺らぎ、星に向かって歌い、
セーヌ川に身を投げ自殺します。
 
【動画】
https://www.youtube.com/watch?v=BbR2TDmMa3I

星に歌いかける姿に彼の別の顔が見えるような気がします。

冷徹に見える彼にも人間らしさと苦しさがあったのかも。
鎖につながれていたジャン・バルジャンと同じように
ジャベールにも心に重たい鎖がからみついていたのかも。

苦しさの中で 誰を想い、誰のために生きるのか…

彼らの愛と、葛藤と、生きづらさが胸をしめつけ、

観劇から1ヶ月近く経ちますが、私の心はまだ震えています。
2

2009/2/25  13:33

ロックミュージカル「スーザンを探して」  舞台/ミュージカル/映画

クリックすると元のサイズで表示します

タダチケットあります 第2弾
今回は日比谷のシアタークリエ・ロックミュージカル
スーザンを探して

シアタークリエという名前、私は初めて耳にしました。
この劇場は2005年に閉館した芸術座を建て替え、
2007年に新しくオープンした劇場、宝塚劇場の
真向かいにあります。
(日比谷シャンテとは連絡通路でつながっているそうです)

劇場は地下にあります。
座席数611席、大きくもなく、小さくもなく、私は好きです
このぐらいの劇場。
こじんまりしていて、きれいでとてもいい劇場です。

【あらすじ】
ロバータ(保坂知寿)は平凡な主婦。
浮気性で調子のいい夫との生活に退屈感と疑問を感じています。
ある日、新聞で「どうしようもなくスーザンを探している」という
個人広告を見つけます。

スーザン(香寿たつき&真琴つばさのWキャスト)と恋人のジェイは
個人広告で連絡を取りあっていて、ロバータは毎回それを読むことが
楽しみになっていました。
自分の誕生パーティーでも心満たされないロバータは、ロウソクを
吹き消す瞬間こう願います。

何かが起こりますように・・・

スーザンとジェイが待ち合わせることを知ったロバータは、
スーザンに会いたくて彼らの待ち合わせ場所に行きます。
スーザンは盗みはするし、無銭飲食はするし、奔放な女、
でも自分に正直。

ひょんなことからロバータはスーザンに間違われ追われるはめに・・・
スーザンを追いかけていくうちに、ロバータはいつしか自分の
進むべき道を見つけだしていくのでした。

【詳しいあらすじはこちらから】
http://www.tohostage.com/susan/index.html

人間は心を持っているから、心が満たされることを望み、
お金や物に囲まれていても、心が満たされなければ関心は
外へと向かい・・・
それは 好奇心か? 向上心か? はたまた無い物ねだりか?
そして「自分探し」へGO・・・だね。

若者がよく口にする「自分探しの旅」ってどこか都合の
よさそうな言葉に聞こえて、私はあまり好きではありませんが、
狭い世界で行き詰った時、旅に出ないと気付かないことって
確かにありますよね。

外の世界がいいと思うときもあるし、やっぱり
今までの場所がよかったと気付く場合もあります。

違う世界を見るから、自分を変えられる時もあります。
ロバータもそんな感じだったのでしょうか。

舞台を観る時、私は俳優さんよりも演出家が場面転換を
どうもっていくかを見ています。
今回は、回り舞台に組まれたセットが話の進行・時間経過とともに
回転し、俳優さんの動きにあわせて場面転換していくんです。
セットが入れ替わるまでお客さんが待たされる、いわゆる
「暗転」というものはないんです。
だから話の展開がものすごくスムーズに進んでいきます。

宮本亜門さん演出の舞台を観た時も場面転換がものすごくよく
考えられていて感心した記憶があります。
映像の世界とは違って、ひとつの場所を複数の場所として見せる
舞台演出、観客を飽きさせないアイデアが私の心をくすぐります。
こちょこちょ・・・っと。

ロバータ役・保坂知寿さんの舞台を観たのは、10年ぶり。
劇団四季時代「クレイジーフォーユー」のポリー役ははまり役でしたね。
独特の歌声に懐かしささえ感じました。

スーザン訳の元宝塚男役トップ・香寿たつきさん、かっこいい・・・
スラリとした長身に、衣装を着こなし、かっこいい立ち姿。
当たり前ですが、歌めっちゃ上手い。
バレンタインにチョコあげたいって感じ?!
女子高にいたら、後輩達はそりゃ大変でしょうね。
見た感じ、背後の会話を聞いていた感じ、会場は宝塚ファンの方が
ほとんどだったようにお見受けいたしました。
宝塚のことはさっぱりわからない私のトンチンカンな会話が聞こえて
しまうといけないので、大人しくよい子で座っておりました、私。

杜けあきさん、ベテランの貫禄、すばらしい存在感。
安心して観ていられるというのはこういうことですね。
華があって、そこだけ明るいって感じ。
脇を固めている俳優さんたちも歌がすごくお上手で素晴らしかったです。
ロックミュージカルだから私はついていけないかな・・・と思ったのですが、
セリフも時にきわどく、笑いに富んだ楽しい舞台でした。

でもさ、空席が目立つのよね・・・
石原都知事にでも訴えたら、各公演・当日の空席を安くする
新システムでも作ってくれるだろうか?

幕間の休憩時間、劇場案内のお姉さんが
「ゴミがございましたらどうぞ」
と通路をまわっていました。
ゴミ袋を持つでもなく、手渡されたカップをそのまま手に持って、
お姉さんたちは笑顔で通路をまわってるわけ。

サービス社会の日本、そしてどんどんわがままになっていく客たち。
奥に座っている人たちはゴミを捨てに行くのに通路へ出るのも
大変だけれど、だったらロビーで飲めばいいじゃん?
休憩時間に捨てられなかったら、ちゃんと管理して帰りに捨ててけぇ 

ゴミぐらい自分の責任で捨てさせなよ・・・
いいよお姉さんそこまでやらなくて・・・
そこまでする必要があるのか?
と若干腹が立ったのは私だけ?
そりゃ現代人の筋力は衰えますね。

タダチケットあります 第3弾 をお楽しみに。
予定は未定でございます 
0

2009/1/18  13:50

ビヨンセな放課後  舞台/ミュージカル/映画

仕事帰り、ビヨンセをみてきました。
ビヨンセ来日してんの?
いえいえ・・・
日本にもいるじゃないですか和製ビヨンセ「渡辺直美ちゃん」が

有楽町・国際フォーラムにある「ごはんミュージアム」。
お米で作った商品を売っていたり、お米のことを勉強できたり、
お隣りにはレストランも併設されています。
そのイベントスペースでお笑いライブ「よしもとごはん笑」が
行われています。(夕方6時から45分間)

しかも 無料  わおっ

「国際フォーラムでよしもとの無料ライブやってるらしいよ」
友人がおしえてくれたのが昨年の今頃。
ブレイクし始めたエド・はるみさんが出るというので見に行ったんです。
グ〜グ〜グ〜ダンスを見るために。
ホップ・ステップ・ジャンピング〜
それ以来2度目です。
和製ビヨンセ・・・そりゃ生で見てみたいですよねぇ。

クリックすると元のサイズで表示します

この日はビヨンセ(渡辺直美)、ジョイマン、フルーツポンチ、
少年少女、くまだまさし という顔ぶれ。
みなさんテレビで活躍されている芸人さんばかりでした。

トップバッターはビヨンセ。
ピンクのドレスに不敵な笑みを浮かべ、ふてぶてしく登場。
そして・・・ものすごいダンス 
歌いながらものすごい顔となり、爆笑でした。
口パクなのにずぅ〜っと見ていると本当に歌っているように見えて、
ビヨンセに見えてくる・・・気がするんですよね。

「少年少女」のジワジワくる笑い・・・嫌いじゃないかも。
「くまだまさし」体をはってがんばってます。彼の人柄に一票!!

ライブ終了後にはお米クイズ大会があり、当たったお客さんには
よしもとグッズ&出演者のサイン色紙がもらえます。
この日はチビッコがすごく多く、彼らに全部持っていかれました。

クリックすると元のサイズで表示します

会社帰りのOL、サラリーマン、お母さん&チビッコ、
ご年配の方たちも皆爆笑。
通りすがりに見ていく人など、立ち見を含め200人くらい
いたんじゃないかな。
お客さんがみんな温かいんだ・・・
芸人さんたちはこういう舞台を重ね大きくなっていくのだねぇ 

「笑い」は体の免疫力を高め、病気の治療にも使われていますね。
ストレスでどよぉ〜んとしていても爆笑するとスッキリ
また頑張っていけそうな気がしてきませんか?

笑い」は、私たちの生活に必要なもの。
それを生み出し、人を楽しませる人たちって影でがんばって
いるのでしょうね。
でもそれを表に出さないのが「芸人さん」、忍耐力がないと
できない職業。

短い時間の中に、どんなペースで、どれだけのネタをつめ、まとめるか。
観察力、創造力、構成力、いろんなことが必要とされる職業ですね。

スケジュール&出演者は「ごはんミュージアム」のお店に置いてある
パンフレット、ホームページで確認できます。
始まる直前に行っても、途中からでも立ち見で十分よく見えます。

45分間のお笑いライブ、日ごろのストレスを 吹き飛ばせぇ〜い
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ