2016/5/29  12:18

神代植物公園 春のバラフェスタ2016  文京区/新宿/杉並区/国分寺/調布/立川/八王子

春バラの季節がやってきました。

昨年、京成バラ園で素晴らし過ぎる風景を観てしまった今、

http://angel.ap.teacup.com/yotsuyanoshippo/417.html

次はどこへ行こう…

観応えのありそうなバラ園はどこだろう…

ということで今年は神代植物公園に行ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します

JR吉祥寺駅、JR三鷹駅から神代植物公園経由のバスが出ています。

吉祥寺はただでさえ人が多いので、お隣の三鷹駅前からバスに乗ることにしました。

神代植物公園のバラフェスタ期間中、バスも増発運行。

三鷹駅から約20分で神代植物公園に到着。

クリックすると元のサイズで表示します

バラ園を目指して歩いて行きます。

クリックすると元のサイズで表示します
          カルミア(ツツジ科)

入口入ってすぐのつつじ園には様々な種類のつつじが植えられています。

コンペイトウのような形をしたカルミアは北アメリカとキューバに分布する常緑低木です。

クリックすると元のサイズで表示します

カルミアの蕾はアポロチョコレートのようで、とてもかわいいです。

クリックすると元のサイズで表示します

池には水連がたくさん浮いていました。

クリックすると元のサイズで表示します

小ぶりで愛らしく、日の光に透けて、透明感にあふれています。

クリックすると元のサイズで表示します

さらに進んで行くと、しゃくなげ園がありました。

こちらもちょうど見頃ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
               ブルーサファイヤ

クリックすると元のサイズで表示します
                  花香殿

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
           サンライズ                      面影

しゃくなげも様々な品種があって素敵。

やさしげ、可憐、妖艶…

花の雰囲気と名前を照らし合わせながら観賞する楽しいひととき。

クリックすると元のサイズで表示します

バラ園に到着。

噴水を挟んで左右にバラが植えられています。(409品種 5,200株)

クリックすると元のサイズで表示します
                            平成28年5月14日撮影

湿度を感じる初夏の空気、そこに漂うバラの香り。

太陽の光が降り注ぎ、温められた空気が
甘く香水のようなバラの香りをさらに引き立て、息苦しさすら感じさせます。

少し胸が苦しくなるこの匂いがしてくると

「春バラの季節がきたんだな…」と実感します。*^_^*バラ

クリックすると元のサイズで表示します

ピンクの園でうっとり…

クリックすると元のサイズで表示します

振り向けば白の世界。

クリックすると元のサイズで表示します

左側が「アンジェラ」、右側が「つる桜霞」

2種使いで造られています。

クリックすると元のサイズで表示します

        クリックすると元のサイズで表示します

バラ園に必ずあるのがバラソフト。

半分観終わったところで、恒例のソフトクリームタ〜イム。

クリックすると元のサイズで表示します
               ピエールドゥロンサール

        クリックすると元のサイズで表示します
               クイーン・オブ・神代

         神代植物公園50周年を記念して名付けたバラ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
             ダブル・デイライト

クリックすると元のサイズで表示します
         ポンポネッラ

今回一番印象に残ったバラ ポンポネッラ

破裂音の名前がかわいかったのと

クリックすると元のサイズで表示します

放射線状に花が咲き、ブーケみたいでかわいかったから。

「ポンポネッラ」とちょっと発音しにくい所もクセになる感じです。

クリックすると元のサイズで表示します
                 ふれ太鼓

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
           マジョリカ                     チョコフィオーレ

             クリックすると元のサイズで表示します
                        ファラオン

                 縁が黒っぽい感じが妖艶です。

               クリックすると元のサイズで表示します
                          ムーンスプライト                 

クリックすると元のサイズで表示します
       つるリトル・アーティスト 

クリックすると元のサイズで表示します

大温室へ行ってみよぉ〜。パンチ^▽^

改修工事が終わり改修前の2倍 約1300種を展示しています。

クリックすると元のサイズで表示します
   コスツス バルバツス(ショウガ科)

コスツス バルブス…ちがう¬_¬

コスツス ババル…ちがう

カナカナすら読めていない…

おそらく一生正しく覚えられないであろう名前の植物が植えられています。 あ〜ん

               クリックすると元のサイズで表示します
                           斑入りバナナ

クリックすると元のサイズで表示します
             食虫植物

底には消化液が溜まり、内壁は虫さんが滑ってのぼれないようになっています。
口部分は内側に生えたトゲがねずみ返しになっています。

残酷…

植物というよりはこれ自体が虫っぽい…

クリックすると元のサイズで表示します

芝生広場を散策。

新緑の季節、芝の感触もふわふわ、やわらかくていい感じ。

クリックすると元のサイズで表示します

芝にカメラを置いてパチリ。

シロツメクサの陰から若い二人にエールを…

お二人がいい具合に入ってくれました。

クリックすると元のサイズで表示します

かえで園

ここは紅葉の時期とってもきれいだと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

秋が楽しみ…*^_^*

クリックすると元のサイズで表示します

せせらぎの小路

水のせせらぎが心地よく、緑が茂り、旅行に来たような錯覚に陥ります。

クリックすると元のサイズで表示します

ちびっ子たちは生き物探しに夢中。

クリックすると元のサイズで表示します

のんびり雑木林を散策。

神代植物公園は雑木林が素晴らしいです。

クリックすると元のサイズで表示します

武蔵野の自然を満喫し、お隣の深大寺へ。

クリックすると元のサイズで表示します

公園の出入口 深大寺門を出ると茶店が数件。

クリックすると元のサイズで表示します

横の坂道を下った所が深大寺。

クリックすると元のサイズで表示します

坂の途中、雰囲気のある道があったので入ってみたら

クリックすると元のサイズで表示します

延命観音がありました。

中にある大石には延命観音が彫られています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

昭和41年秋田県象潟港の工事の際、海底の大石を引き上げたところ
表面に延命観音が彫られていることが判明。
第3代天台座主・慈覚大師円仁が自ら刻まれたと伝えられるもので
翌年、深大寺に寄進されました。

なぜ海に沈んでいたのだろう…¬_¬

そんなことを考えながら深大寺へ歩いて行くと、池の周りに人だかりが。

何かと思ったら

クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します

かるがも一家がいらっしゃいました。

かわいい…うじゃうじゃしてる

ちびっ子かるがも8羽、お母さん大変だ、こりゃ。

クリックすると元のサイズで表示します

おみくじは 大吉  いいぞ、いいぞ

クリックすると元のサイズで表示します

参道を散策しましょう。

クリックすると元のサイズで表示します

深大寺は何度来ても風情があっていいですね。

深大寺に来たら必ず立ち寄る場所、鬼太郎茶屋へ。

鬼太郎好きにはたまらない場所です。
 
http://angel.ap.teacup.com/yotsuyanoshippo/386.html

お土産を買って、バスでJR吉祥寺駅へ。

ということで…

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

本日の収穫

・鬼太郎の好きなビーフカリー&妖怪しるこ (鬼太郎茶屋)

・ローズジャム (神代植物公園)

※鬼太郎カレーは国産牛を使用、レトルトにしては肉がたくさん入っています。
 レトルトカレーランキングでも上位に入る本格派です。
 
http://youkai-honpo.com/products/detail.php?product_id=1


クリックすると元のサイズで表示します

妖怪しるこに湯を注ぐと、妖怪が浮かび上がってきます。

何が出るかな、何が出るかな…

クリックすると元のサイズで表示します

はいっ、鹿児島からお越しの一反もめんさん いらっしゃ〜い。

ひらひらしているから浮きやすそう。

一反もめん 「またバラの時期に、ばいばぁ〜い」

クリックすると元のサイズで表示します

空の底、青を見上げる蕾がひとつ。

夢見る乙女は色を変え、やがて大きく花開きます。バラ


【京成バラ園】
http://angel.ap.teacup.com/yotsuyanoshippo/417.html

【旧古河庭園】
http://angel.ap.teacup.com/yotsuyanoshippo/318.html

【国際バラとガーデニングショー】
http://angel.ap.teacup.com/yotsuyanoshippo/391.html
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ