2012/6/17  16:31

明治神宮御苑 花菖蒲 清正井 ・ BEN&JERRY’S  青山/表参道

有休が取れたので、明治神宮の花菖蒲を見に行ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

菖蒲田のある御苑には北門と東門があります。

今回は東門からおじゃま。

クリックすると元のサイズで表示します

木の香りが漂い、歩きながら森林浴。

心を整えるのには最適な、ほんとうに素晴らしい場所です。

クリックすると元のサイズで表示します

御釣台(おつりだい)と南池。

御釣台は明治天皇のご意向で作られ、
皇后もここで釣りを楽しまれたそうです。

御釣台のすぐ近くで何やら人だかり。

近寄ってみると…

クリックすると元のサイズで表示します

タヌキ

タヌタヌおった…

これだけ自然に囲まれた場所ですからタヌキの一匹や二匹
そりゃいますよね。

まだ幼い顔をしたきれいなタヌキでした。
人間をこわがる気配もなく、こっちに近寄ってきたり
まったりと日向ぼっこをしてみたり。

さて、本日のメインイベント
菖蒲田に到着。

クリックすると元のサイズで表示します

楽園への入口…

クリックすると元のサイズで表示します

周りは木に囲まれ、余計な建物など見えない…

素晴らしき緑の世界、東京にいることを忘れてしまいます。

6月中旬から下旬が見頃ですが、2012年6月14日現在
まだ蕾がいっぱいありましたので7分〜8分咲きといったところ。

クリックすると元のサイズで表示します

いやぁ〜、きれい。

菖蒲が持つ落ち着いた雰囲気と彩りに心和みます。

クリックすると元のサイズで表示します

菖蒲の世話をする人たち。

この方たちのおかげで、こんなにきれいな菖蒲が楽しめます。

感謝、感謝。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

もはやここは東京ではない…

菖蒲を楽しんで、次に目指すは清正井(きよまさのいど)。

パワースポットブームの火付け役となった井戸ですね。

一時期は整理券を配っていたというほどすごい人気でしたが

最近は落ち着いたような感じです。

クリックすると元のサイズで表示します

朝9時半過ぎ、私ひとり

厳密にいうと、警備のお兄さんと2人。
(井戸の所に警備の人が立っています)

ひとり写真を撮りまくってみるが…気まずい…

あまりに気まずくて、

「最近、人は少なめですか?」

とお兄さんに無理やり話しかけてみました。

お兄さんが言うにはお昼頃から人が増えてくるとのこと。
あの口ぶりでは以前のものすごいごった返した感じはなく
ブームは落ち着いたといった印象でした。

クリックすると元のサイズで表示します

ここから湧き出た水が菖蒲田へと流れています。

きれい、雰囲気からして神秘的。

この井戸を携帯の待ち受けにすると運気アップ。

そして…

この水に触れるとさらによいそうです。
私の後から数人がきましたが、
皆さん写真を撮り、水に触れていました。

明治神宮御苑は自然に囲まれ

心を休め活性化させるにはとてもよい所です。


帰りは北門から出て明治神宮本殿へ参拝。

その後、表参道へ。

パンケーキで行列のできるエッグスンシングスへ行ってみたら…
 
http://r.tabelog.com/tokyo/A1306/A130601/13105121/

平日の午前10時半過ぎで、すでに行列。

平日でも開店時間に来ないとダメだな…

ということでクジけて、次の店へ。

開店まで新潟のアンテナショップで時間をつぶしていると

「平日の朝限定、笹団子半額でぇ〜す。」

何、何、笹団子好きよ。

ということでお買い上げ。

笹団子片手に並んだのが…

クリックすると元のサイズで表示します

BEN&JERRY’S

日本初上陸、アメリカ・バーモント州発祥のアイスクリーム屋さん。
表参道ヒルズにあります。

そして私は、知っています。
ここのアイスクリームが美味しいということを。

実は、私、バーモント州を訪れた時にここの工場見学をしたことがあり
日本初上陸と聞いてぜったい行こうと思っていたのです。
アメリカではハーゲンダッツと並びプレミアムなアイスクリームです。

アメリカは夕食後、ほぼ毎日アイスクリームを食べながら
家族でビデオ(映画)を見るというのが定番。
かつてホームステイ先で毎日そんな生活を続けていたら
1年間で8キロ増。´Д` あ〜こわい、こわい、こわいね。

食事は断然日本の方が美味しいけれど、
アイスはアメリカの方が美味しいんです。

クリックすると元のサイズで表示します

平日の開店時間に行ったので5分くらい並んで店内へ。
(平日の午前11時から12時くらいが比較的空いてるらしいです)

並んでいる時点でおねえさんがオーダーを取ってくれるので
お店に入ったらオーダーシートを渡せばOK。

クリックすると元のサイズで表示します

バニラキャラメルファッジ(上)&フィッシュフード(下) ¥550

よくばって2種類にしてみました。

茶色 on 茶色

もう少し彩を考えてチョイスすべきでした。
さっき買った笹団子をトッピングってのはどうかしら。

ここのアイスはチョコやナッツやフルーツなどの具が
ゴロゴロ入っているのが特徴で
動物の形をしたチョコが入っていたり、とてもかわいいんです。
私が食べたフィッシュフードにはお魚の形のチョコが入っていました。

そしてアメリカのアイスだけあって味がしっかりしています。
シングルでもけっこう量があるので満足できます。
食感もなめらかです。

創業者のベンとジェリーは中学時代の同級生。
運動音痴で食いしん坊、ちょっぴりイケてない二人は意気投合。
高校卒業後、ベンは数々のバイトをクビになり
ジェリーは医学部の受験に2度失敗。
そんな人生を変えるべく、5ドルでアイス作りの通信講座を受け
バーモント州にアイスクリームショップを開きました。
それが美味しいと評判になり、アメリカでは誰もが知るアイスクリームになりました。

人には向き不向きというものがあり、
でも一人ひとつは、必ず向いていることがあります。
時間をかけてでもいいからそれを見つけて、行動を起こすことです。

自分が笑顔になれることで、誰かを笑顔にできるように。

アメリカの片田舎、緑の匂いが薫っていた日々を思いながら
懐かしいアイスを食べる…

楽しかったこと、どうしていいのかわからず失敗したこと、
当時の懐かしい思い出が少しずつ押し寄せて
私の心をキュッとしめつけたのでした。
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ