2014/6/15  11:52

バラの挿し木研究室  ハーブ/花/ガーデニング

職場の同僚のお母様から挿し木用のバラ枝をいただきました。

バラの挿し木は難しいというイメージがあるのですが
挑戦してみることにしました。

週に一度の園芸タイム。

土曜日の午後、実験研究室のような雰囲気が漂いました。


【用意するもの】

・バラ枝
・鹿沼土、赤玉土、挿し木用の土(いずれかひとつ)
・メネデール(植物活力素)
・ルートン(発根促進剤)
・ナイフ(枝切り用/よく切れるもの)


初心者はマニュアルに忠実に…いきます。

クリックすると元のサイズで表示します

・メネデール(植物活力素)を水で薄める。

・バラの枝を斜め切りにし、
 切ったらすぐメネデール液につけ一日置く。

(バラは2秒で水を吸わなくする粘膜が表面を覆うと言われているらしい…)

          クリックすると元のサイズで表示します

切り口にルートン(発根促進剤)を付ける。(ダマにならないように)

クリックすると元のサイズで表示します

・事前に土に穴を開けておき、枝を植える。

※土は雑菌の少ない清潔な土(鹿沼土、赤玉土、挿し木用土)を使うのが
 成功のポイント。

あとは…

根付けぇ〜

と念を送る。


どうか、うまいこと根付いてほしいものです。

そして

「また園芸の腕上げたねぇ〜。」

と言われてみたい今日この頃でございます。

そんな日を妄想しながら、自由研究は続きます。


       クリックすると元のサイズで表示します

我が家のバラは咲き終わり、続いてユリが開花しました。

サムールという、すかしゆりの品種です。

昨年、所沢ゆり園で購入したこのユリ、
 
http://angel.ap.teacup.com/yotsuyanoshippo/365.html

昨年の1.5倍の背丈できれいに咲いてくれました。

ユリには すかしゆり と ハイブリッド があります。

【すかしゆり】
・花が上向きに咲く
・芳香なし
 
http://xplala.aa0.netvolante.jp/summ/home309/gallery1.html

※花びらと花びらの間に隙間があり、透かして背景が見えることから
 「すかしゆり」と名付けられました。

【ハイブリッド】
・下向きに咲く花が多い
・芳香あり
  
http://www.uchiyama.info/hana/hana/hana/yuri/

華やかさのあるハイブリッドとは異なり、

すかしゆりはシンプルで清楚、とても優しげな雰囲気を持っています。

所沢ゆり園楽園、とても素晴らしいお花畑ですので

この夏、皆さまも足を運んで、
色と香りの風景を楽しんでみてはいかがでしょうか。
  
http://www.seibu-group.co.jp/railways/enjoy/rec/yurien/


園芸をしていると汗をかく季節になりました。

庭仕事の醍醐味を肌で感じるちょっといい季節です。


【翌年、きれいに開花しました】
http://angel.ap.teacup.com/yotsuyanoshippo/418.html
1

2014/6/1  22:39

最後の日に・・・  イベント

土曜日の夕方、新宿へ買い物に出てみたら

高島屋の屋上庭園に何やら人だかり。

この日、建て替えにより国立競技場が最後の日を迎え、

上空をブルーインパルスが飛ぶとのこと。

あと20分ほどで飛んでくるということなので、

みていくことにしました。

クリックすると元のサイズで表示します

「あっ、来た来た」

「どこ、どこ??」

「サンシャイン(池袋)の方から飛んできてる。」

「あぁぁ、ほんとだ。」

そんな会話でざわついております。

クリックすると元のサイズで表示します

6機がまっすぐ隊列を成して、空を旋回。

大都会の上空を飛ぶ姿はなかなか観られません。

クリックすると元のサイズで表示します

目線の高さを一直線、

その後、各機がそれぞれの方向へ。

きれい、感動

でも、私の携帯では、撮影がキビシ〜

何がすごいって、

定刻通りにやって来て、
定刻通りに帰って行く…

計算されつくされたショーに、再び感動

クリックすると元のサイズで表示します

下には新宿御苑と神宮外苑の緑が広がり、
向こうには東京タワー、スカイツリー、六本木ヒルズも見えています。

国立競技場ではさよならセレモニーが行われ
客席にたくさんの人が座っているのが見えました。

乱れることなく旋回するブルーインパルスの姿は、

長い歴史の中で多くのドラマを生んだ競技場に、
敬意を込め、功績を讃え、
その人生を労っているようで、とてもドラマチックでした。

この競技場も新しいと言われた時代がありました。

時は廻り、終わりが訪れ、

また新たな命が吹き込まれ、いつかまた終わりがやってきます。

そうやって、ひとつひとつ歴史が作られていくのです。

誰かの心に哀愁と感謝の念を残し、惜しまれつつ別れの時を迎える、

何て理想的な最後なのでしょう。

子どもの頃、競技場の中の水泳教室に通ってたっけな。
行くのが嫌で仮病を使ったら、すっごい怒られたっけな。
帰り道、有名なアスリートの人たちがいたっけな。

散歩をしている時も、サイクリングをしている時も、
競技場はいつもどっしり構えてたな。

ドラマチックな飛行と、初夏のぬる〜い空気の匂いに
遠い昔を思い出す、夕方の出来事でした。夕日
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ