2014/3/30  18:02

大宮八幡神社(杉並区) & 深大寺(調布)  文京区/新宿/杉並区/国分寺/調布/立川/八王子

友人の Yoshimiさん と行く健脚シリーズ。

2014年一発目は、京王線の旅。

今回はこんなコースとなっております。

新宿駅
     (京王線・明大前駅で京王井の頭線に乗り換え 西永福駅下車)
大宮八幡神社
     (西永福駅から明大前駅へ、乗り換えて調布駅へ)
深大寺
 
天神通り商店街 (調布駅前)
 
布多天神社   (天神通り商店街突き当り)


京王井の頭線・西永福駅下車。

駅前の西永福商店街を抜けると大宮八幡神社への矢印案内板が見えます。

矢印に従って歩くと見えてくるのが、
(駅から徒歩7分くらい)

クリックすると元のサイズで表示します

大宮八幡神社 南参道

【アクセスマップはこちら】
http://www.ohmiya-hachimangu.or.jp/hachimangu/access.shtml

武蔵国三大宮の一つで、源頼義により建立されました。
都内でも3番目の広さを持ち、子育て・安産に御利益があるとされています。

東京のほぼ中央に位置するため「東京のへそ」と呼ばれています。

なぜこの神社に来たかと言いますと、実はこの神社、

小さいおじさんの目撃情報がある神社 なのです。

小さいおじさんといっても小柄なおじさまが参拝に来ているということではありません。
妖精と言われ、見るとよいことが起こると言われている、あのおじさんです。

さぁ、おじさん探しに出発パンチ^v ゜

クリックすると元のサイズで表示します

南参道を入ってすぐ左側にある 幸福撫でがえる石

かえるの形をした石、撫でてご利益をいただきます。

右側が頭、左側が体なのだと思われます。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                                  なでなで…
                               パワーをいただきっ!!
お花の帽子を頭にのせて…

かえるさんも春が嬉しいのでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

ではでは、中に入りましょう。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ハート型の 幸福がえる絵馬、かわいい。

おみくじは 中吉。

待ち人:支障(さしつかえ)があり来ず

とか書いてありますけど…

さしつかえって…おいっ。

強く生きて行かねば。

クリックすると元のサイズで表示します

本殿向かって左側にある 共生の木(ともいきのき)

カヤの木に犬桜が寄生し一本の木になっています。

左右の木がカヤ、真ん中から出ているのが犬桜。

ぱっと見るとわからないのですが、よぉ〜く見ると枝と葉がちがうのがわかります、

異なる2つの木がひとつの幹で結ばれていることから
縁結び、夫婦円満のご利益があるとされるご神木です。

見上げるのは、かなり首にきます…

共生の木の前にあるのが

クリックすると元のサイズで表示します

大宮稲荷神社

小さいおじさんはここの狐の台座で目撃されたらしいです。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

親狐の下に子狐。

おじさんは、ここかっ

それとも…

クリックすると元のサイズで表示します

こっちかっ

おじさぁ〜ん、いらっしゃいますかぁ〜

おじさんはお留守なのか、

それとも凡人の私には見えないのか…

クリックすると元のサイズで表示します

咲き始めた桜とたくさんの緑が、穏やかな時を演出。

クリックすると元のサイズで表示します

彩と影の共演。

クリックすると元のサイズで表示します

ジュウガツザクラ

バラ科サクラ属 10月中旬〜3月に咲きます。

花びらが長く、躍動感があって、おてんばな感じがする愛らしい桜です。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

多摩清水社

境内の多摩清水社からは御神水が湧き出ていて
ペットボトルなどに詰めて持ち帰ることができます。

昔は自然と湧き出ていたようですが、今はポンプでくみ上げているそうで
蛇口をひねると、龍の口から出てきます。

口あたりやわらかなお水でした。

クリックすると元のサイズで表示します
                          平成26年3月29日撮影

神社の隣りにある 和田堀公園

善福寺川の両脇には桜の木が続きます。

満開になったらきれいでしょうねぇ…

クリックすると元のサイズで表示します

3分咲きくらいかしら…


さて次は調布の深大寺を目指します。

京王線で 西永福駅明大前駅調布駅
                 
調布駅前のパルコ前からバスで深大寺入口へ。(バス乗車20分)

クリックすると元のサイズで表示します
                    平成26年3月29日撮影

深大寺へと続く桜並木。

もう少ししたらそれは美しい風景になります。

深大寺と言えば蕎麦。

数ある蕎麦屋の中から、今回選んだお店は

クリックすると元のサイズで表示します

湧水(ゆうすい)
 
http://www.yusui.co.jp/index.htm

ネットで調べてみたところ、一番評判がよかったお店です。

だから…

クリックすると元のサイズで表示します

やっぱり行列。

20分〜30分待ちと言われましたが15分くらいで入店。

お客さんの回転は早かったです。

クリックすると元のサイズで表示します

湧水天もり(¥1,350)

蕎麦も天ぷらも美味しかったです。

そばの茹で具合も丁度よく、コシがあり、
天ぷらは軽く、サクサク。

量はさほど多くないので、大盛りでもイケた感じがします。

クリックすると元のサイズで表示します

深大寺へと続く道は水車もあっていい感じ。

クリックすると元のサイズで表示します

参道で手作り市が行われていて、パン屋の前に子ヤギさんがいました。

看板ヤギです。

元気に動き回るのでうまく写真が撮れずに悪戦苦闘していたら
お店のお母さんが抱き上げて撮らせてくれました。

小さくてかわいい…

癒されるぅ〜

大きくならないで欲しい…

クリックすると元のサイズで表示します

深大寺参道には蕎麦屋、お土産屋、らくやきを楽しめるお店が並びます。

さっき蕎麦を食べたからなぁ〜、

しょっぱい物の後には甘いものが食べたくなっちゃうのね。

ということで…

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
      砂かけばばあ                  鬼太郎

妖怪焼き(250円)をいただきっ

調布と言えば水木しげるが住むゲゲゲの鬼太郎の街。

NHK朝ドラ「ゲゲゲの女房」の舞台になった場所です。

鬼太郎はつぶあん、

砂かけばばあはレディーなのでピンクの桜あん´з`

皮はがっつり餅で、ぶ厚い大福を食べているような感じ。

つぶあんは豆の風味がちゃんとして、意外とイケてました。

クリックすると元のサイズで表示します

深大寺へお参り。

クリックすると元のサイズで表示します

え゙ぇぇっ…2人揃って   がぁ〜ん

久々に引いたぜ  ´з` ふぅ〜

強く生きていかねばな…

深大寺は何度も来ていますが、必ず立ち寄りたい店…それが

クリックすると元のサイズで表示します

鬼太郎茶屋

カフェ、グッズショップ、妖怪資料館(有料)が入っています。

クリックすると元のサイズで表示します

屋根には鬼太郎の大きな下駄。

小学生の頃から鬼太郎ファンの私にはたまらない場所です。

奥のカフェはテーブルとイスに変わっていて、
私としては以前の畳にちゃぶ台、
古く薄暗く、妖怪が出てきそうな感じの演出の方が好きかも。

※でも、イスがぬりかべになっていたのはちょっとかわいかったです。

クリックすると元のサイズで表示します

タイムスリップしたような深大寺の落ち着いた雰囲気が桜にとてもよく合います。

クリックすると元のサイズで表示します

帰り道、参道にあるお店 あめや で赤駒(あかごま ※中サイズ1,500円)を買いました。
 
http://chofu.com/ameya/

わらで作った馬の民芸品。
愛する人や家族の無事を願うお守り。

万葉集巻第二十に記された

「赤駒を山野(やまの)に放(はが)し 捕(と)りかにて 
 多摩の横山 歩(かし)ゆか遣(や)らむ』

という歌にちなんで作られました。

昔は近辺の農家の嫁が作っていたそうですが
今ではこの店の女性店主さんだけが制作・販売しているのだそうです。

お店のおねえさんが言うには…
大事な人が戻ることを願うものなので玄関に飾ってください。
お守りですが1年経ったからといって返す必要はないので
ずっと飾っておいていいそうです。

さっき大宮八幡神社のおみくじで

待ち人:支障(さしつかえ)があり来ず

と出ちゃった人なのですが、大丈夫でしょうか…

と喉まで出かかるこのあたし。


※NHK朝ドラ「ゲゲゲの女房」では初デートで水木しげるが奥さんに
この赤駒を買ってあげるシーンがありましたね。
この店のそばまんじゅうもドラマの中に登場したそうです。
何個か買ってきましたが、素朴な味で懐かしい感じがするおまんじゅうでした。


深大寺は何度来てもいい所。

桜が終わると、お隣りの神代植物公園で見事な春バラが楽しめます。


調布駅まで戻り、最後に寄りたい場所が…

クリックすると元のサイズで表示します

ほぼ駅前にある 天神通り商店街

クリックすると元のサイズで表示します

こじんまりした商店街ですが、

鬼太郎ファミリーの像が置かれています。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

電柱には鬼太郎のマンガが…

クリックすると元のサイズで表示します

天神通り商店街の突き当りにある 布多天神社(ふだてんじんじゃ)

受験や就職にご利益があると言われています。

水木しげるも参拝に来ることがあるのだとか。

初期のマンガ『墓場鬼太郎』では、
この神社の奥に鬼太郎が住んでいるという設定になっているんです。

クリックすると元のサイズで表示します

正義の味方の鬼太郎さん、いらっしゃいますかぁ…

クリックすると元のサイズで表示します

神社で行われる市の繁栄と商売繁昌を祈願して建立された狛犬。

寛政8年(1796年)に建てられた市内では最も古いものだそうです。

今回も楽しかった…

健脚シスターズ、今年もいっぱい歩きます。


クリックすると元のサイズで表示します
                               〜深大寺参道〜
桜の季節がやってきました。

今年の桜たちは、どんなドラマをみせてくれるのでしょう。
2

2014/3/26  23:59

柔く 優しく  しっぽコラム/エッセイ

わたくし、園芸好きを公言しておりますが、

実は…

ジョウロを持っていませんでした。m(_ _)m

ペットボトルで水をあげたり
ペットボトルがない時はキッチンのボウル、
ひどい時には鍋であげていました。

鍋で水をあげているなんてご近所さんに見られてははずかしい…と
ささっとあげて、ささっと家の中へ。

「鍋はないわ…女子力なさ過ぎ…  ̄ー ̄

自分でもそう思いつつ、でも仕方がありません。
気に入ったジョウロが見つからなかったのですから。

水がたっぷり入って、大きすぎず、使いやすいジョウロ。
それでいてかわいく、素敵なビジュアルを兼ね備えたジョウロ。

探し続けること数年、とうとう見つけた理想のパートナー。
もうすぐ春だからとパステルカラーのピンク色をチョイス。
 
http://item.rakuten.co.jp/merci-p/sp-ups802/

水がたっぷり入るのに見た目がスリムでコンパクト。
持ちやすく、使いやすく、たたずむ姿形がかわいい…GOOD!´з`いいね、いいね。

ペットボトルで水をあげると ゴボゴボ っと音を立て、
水が激しく土をたたきつけ、溝ができたり、土が一方へ流れたり、
泥が足元にはねて
「わ゙ぁぁっ ◎o◎
と飛び跳ねたり。

ガーデニングなんて優雅な響きとは程遠く、痛みと激しさが伴います。

新しいジョウロは少し傾けるだけでシャワー口から水が軽く流れ出し
広く、大きく、緩やかな弧を描いて葉や土の表面にやさしく当たります。
流れ出る水は軽く繊細で ふわっ とした優しさを兼ね備えています。

ただそれだけのことなのに、
ストレスでカチンコチンになった心と体から
余計な力が解き放たれてゆくのを感じます。

ジョウロの先から詰まりなく軽やかに流れる感覚、
ささやかに響くサ〜っという音。

ただそれだけのことなのに、
胸の詰まりまで解消していくような気がして
かたくなだった自分の心に気付かされます。

クリックすると元のサイズで表示します

昨年、所沢ゆり園で購入したユリが、今年も芽を出しました。
      
http://angel.ap.teacup.com/yotsuyanoshippo/365.html

数日前にはまったく姿を見せていなかったのに
急に ニョキッ と。

新芽は若い力を蓄えた やんちゃ坊主。
やわらかく、柔軟性があるから、
有り余る力とともに、上に向かってぐんぐん伸びていきます。

ただそれだけのことなのに、
見ているだけで心がうずき、
新しい何かに出逢えるような気がしてきます。

花が咲いたらどこへ飾りましょうか。

他の花と一緒にどんなレイアウトで並べてみましょうか。

あれこれ想い描きながら、あせらず、怒らず、
暖かさにうたた寝をしながら、のんびり、まったり、余裕を持って、

待つ楽しみ を感じていたいと思う春でございます。
1

2014/3/8  23:45

ぐりとぐら展 〜松屋銀座〜  イベント

松屋銀座で行われている「ぐりとぐら展」に行ってきました。
(平成26年3月10日まで開催)

中川李枝子さん(文)と山脇百合子さん(絵)姉妹による絵本。
子どもの頃、誰もが読んで育った名作ですね。

誕生50周年を記念した展覧会です。

懐かしさが込み上げ、幼い頃に戻っていくような不思議な感覚がして
とっても楽しかったです。

http://www.matsuya.com/m_ginza/exhib_gal/details/20140227_gurigura.html
http://www.asahi.com/event/gurigura50/

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

会場に着いたら、
「入場規制してまぁ〜す!!4列で階段に並んでくださぁ〜い。」
なんと30分待ち。

すぐに入れると思っていたので、大盛況にびっくり。 じぇじぇじぇ

開店時間に来ればよかったな…
平日にすればよかった…

いろいろと思いながら30分くらいならすぐだろうと列の最後尾へ。

8階で行われているのですが、この時点で5階まで行列。

※ちなみに帰る時、最後尾は3階に到達していて、40分待ちになっていました。

クリックすると元のサイズで表示します

30分待ちと言っていましたが、20分で入口に到着。

クリックすると元のサイズで表示します

たまごの形をしたチケット。
2つ折りになっていて、開くと展覧会の説明パンフになっています。

かわいくて入口からテンションあがります。

※ちなみに…
 ぐりとぐらを最初に描いた時、まず博物館に行ってたくさんのネズミを見て
 その中からオレンジ色のネズミを選んだのだそうです。


会場にはぐりとぐらの歴史や、お話ごとの原画が展示され、
大きな絵本やお話に出てくる物がオブジェとして置かれていたりして
お話の世界に迷い込んだような素敵な演出になっていました。

※「そらいろのたね」「いやいやえん」など「ぐりとぐら」以外の作品も
  展示されています。

  こちらから会場内の写真をご覧いただけます。

http://www.huffingtonpost.jp/2014/02/28/guritogura_n_4874934.html

お母さんから読んでもらった人、
自分の子どもに読んで聞かせた人、
ちびっ子からお年寄りまで、みんなほんとに楽しそう。
大人は懐かしくて、みな自分の子どもの頃の話をしながら観賞していました。

本に載っている絵はきれいですが、原画は修正液で消した後が残っていたり
作成時のえんぴつ書きメモが残っていたりしてリアル感があり、
これが絵本で目にしていた絵になったんだなぁ…と感慨を覚えます。

感動したのが原画の黒ペンで描いた輪郭の線。
何の変哲もない線なのかもしれないけれど
ペンのタッチにやさしさがこもっているのがよくわかります。
印刷された絵本ではわからないと思います。
描き手の人間性まで見えてくるような気がしました。

保育士をしていた中川李枝子さんは、
子どもたちを喜ばせたくてお話を書き始めたのだとか。
「始まり」って、身近にあるほんの些細なことなのでしょうね。

長い時が経ってもまったく色あせない、素晴らしい世界だなと思いました。


出口のショップでポストカードをお買い上げ。
ほんとかわいくて、いっぱい買っちゃいました。
 
http://www.welci.jp/matsuya/user_data/gurigura/top.php

ポストカードを買うと、私はいつもこんな風に飾ります。
 
クリックすると元のサイズで表示します

障子の桟に一枚ずつ立てかけるだけなのですが、
我が家の場合、意外と落ちなくて、
地味な障子が華やかに楽しく変身、素敵なインテリアになっています。

立てかけているだけなので、取りかえも簡単。
いろんなカードを置いて、楽しんでいます。


我が家には私が小さい頃読んでいた
「いやいやえん」「ぐりとぐらのおきゃくさま」
この2冊が残っています。

長い時が経って、表紙はシミだらけになってしまったけれど
今でも開いては読み返しています。

「ぐりとぐらのおきゃくさま」では、
サンタさんがクリスマスケーキを作ってくれます。バースデー

スポンジにチョコレートがコーティングされ
たっぷりの生クリームと天使の人形がのった大きなデコレーションケーキ。
幼かった私はボリュームがあって もふもふ していて、
甘い匂いがふわぁ〜っと漂ってきそうなケーキの絵に
心躍らせたものでした。
 
http://image.search.yahoo.co.jp/search?rkf=2&ei=UTF-8&p=%E3%81%90%E3%82%8A%E3%81%A8%E3%81%90%E3%82%89%E3%81%AE%E3%81%8A%E3%81%8D%E3%82%83%E3%81%8F%E3%81%95%E3%81%BE+%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%AD

おいしそうな匂いに誘われて、森の仲間たちがぐりとぐらの家にやって来ます。

ぐりとぐらは
「おまえたちにはやらないよふんっ=3
と2人じめをするのではなく、皆に切り分け、振る舞い、
楽しいお茶会を開きます。

「ぐりとぐら」の絵本にはみんなで楽しく食事をするシーンがたくさん描かれています。

大きい動物さんも小さい動物さんも、
見た目も力も違う物同士が
ひとつの物を皆で分け、喜びを共有し、
みんな一緒におしゃべりをして、穏やかで楽しい時を楽しみ…

それを幸せと呼ぶのでしょうね。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ