2012/11/25  23:34

カレッタ汐留イルミネーション2012 リュミエの森  クリスマス/イルミネーション

今年もやってまいりましたこの季節。

このブログでも毎年ご紹介しているカレッタ汐留のイルミネーション。クリスマス
 
http://angel.ap.teacup.com/yotsuyanoshippo/225.html
http://angel.ap.teacup.com/yotsuyanoshippo/293.html

今年も行ってまいりましたぁ〜 

今年はカレッタ汐留10周年を記念して
今話題の3Dプロジェクションマッピング
 
http://www.caretta.jp/event/Illumination2012/about.html

※3Dプロジェクションマッピングとは
建物の壁面、窓などの形状に合わせて様々な映像を投影して、立体的に表現する技術。

東京駅新駅舎完成の際も話題になりましたよね。
 
http://www.youtube.com/watch?v=N-3yJLTU9OQ&feature=related


ショーは6分間、20分ごとに実施されていますので
何度でも見ることができます。

【動画はこちらから】
http://www.youtube.com/watch?v=LIpCRbtreg8&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=PnN_aR50DGc
http://www.youtube.com/watch?v=fP9JlLS0tQo&feature=related

クリックすると元のサイズで表示します

雪の結晶がきれい。

カウントダウンが映し出されたら、いよいよショーのスタート。

クリックすると元のサイズで表示します

建物に赤いリボン、デパートのCMではありません…

リボンがかかるとあちこちから「きれい〜」と声が上がっていました。

続きましては…

クリックすると元のサイズで表示します

ジンジャーマンの登場。

お菓子の家でジンジャーマンが遊びます。

クリックすると元のサイズで表示します

雰囲気はガラッと変わってシンデレラの世界へ。

壁がぐるっとまわって3Dに見えます。

壁に映るシンデレラと王子様のシルエットが素敵。

12時になり走るシンデレラ、追う王子様。

カレッタ汐留の中にある階段を本当に2人が走っていくように見えます。

一見の価値ありです。

すごい技術ですねぇ。拍手◎o◎

クリックすると元のサイズで表示します

この2人、日本人だよね…ってな感じのシンデレラ&王子。

黒柳徹子さんのような玉ねぎ頭のシンデレラ…

ダンスはうまいけどやけに大げさで、このシーンだけは子ども番組みたい。

ショーの質がやや下がって私的には…減点。NG

クリックすると元のサイズで表示します

2人が躍る横ではシルエットが。

ほんとうにダンスパーティーが行われているみたい。

クリックすると元のサイズで表示します

緑と海。

ウミガメなどが泳ぎます。カメ

クリックすると元のサイズで表示します

最後は泡がブクブク〜

シャボン玉も飛びます。


普通はショーを見てそのまま帰っていくのでしょうけれど…

私はプロジェクションマッピングとやらが気になって仕方なく、
窓の裏側はどうなっているのかと見に行ってみると

クリックすると元のサイズで表示します

網戸の網みたいなのが下がっていました。

ここに向こうのプロジェクターから映しています。

こんな網であんな風に見えるなんて…すごい。

こうなると、この網がヒジョ〜に気になるぅ〜

クリックすると元のサイズで表示します

裏側からも見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

6分間という短いショーですが技術的にもとても楽しめます。

毎年のことながらカレッタ汐留のイルミネーションはかなり完成度が高いので

皆さまもぜひ見に行ってみてくださいね。
1

2012/11/11  16:34


細い路地が入り組み、古い家が軒を連ねる町でお隣さんは親戚のような存在です。
老後は海の近くでと両親が引っ越して行くと、ひとり残った私の所に
隣りのおばさんが度々顔を出してくれるようになりました。

彼女はいつも玄関からではなく我が家の出窓からやって来ます。
少しのお菓子、庭で咲いた季節の花を持って窓をコンコンとたたき、
窓越しに植木の話をして「じゃあね。」と笑顔で帰って行きます。
ひとりで暮らす私をさりげなく気にかけてくれていたのでしょう。
私が幼い頃から、数十年のお隣りさんです。

そんな彼女が亡くなりました。
いつかはこういう日が来ることをわかっていましたが
私には突然のことでした。

長い通院生活の中、

「お加減はいかが?」

なんてことはききませんでした。
会う度にそれを尋ねられることがどれだけストレスになることでしょう。

植木の手入れをしながら聞こえてくる彼女の歌声で
今日は元気だな、よかった…
最近声が聞こえてこないな、大丈夫かな…

もう長いこと、母も私もそうやって彼女の体調を判断していました。

亡くなったとの知らせをもらい母と二人、最後のお別れをしにおじゃましました。
お隣りにおじゃまするのは小学生の時以来。

廊下はこんなに狭かったかしら…

そうではなく、私が大きくなり過ぎたのです。
その感覚は長い月日が経ったこと、彼女が年をとったことを物語っていました。

「眠っているみたいね…」

ベットに横たわる彼女を見て、母がそうつぶやきました。
彼女の名前を呼びながら泣き出す母の横で私も感情がこみ上げ涙を流しました。

すべすべした肌、穏やかな顔で眠る彼女を前に
いつもと何ら変わりないような雰囲気を感じながら、
でも間違いなくその時が来たのだ…
冷たい彼女の頬がそうおしえていました。

母と私が泣く横で、ご家族は穏やかな表情を浮かべていました。

ここに1枚の写真があります。
子どもだった兄と私、犬を抱えた彼女が写っています。
母が玄関先で遊ぶ兄と私を撮っていたところに彼女が犬を連れて通りかかったのです。

彼女は今よりもずっと若く元気で、兄と私は幼く…
子どもは成長し、大人は年老い、
それが時の流れ、世代交代というものなのでしょう。

もうこの窓をたたいてくれる人はいないのです。

心にぽっかりと穴があいた、今年春の出来事でした。

それからしばらくして、プランターの花に水をあげようとした私はハッとしました。
彼女がいつもたたいてくれた出窓の真向かいに一本のオニユリがたたずんでいたのです。

クリックすると元のサイズで表示します

「おばさんだ…」

見た瞬間そう思いました。

クリックすると元のサイズで表示します

細く、長く、我が家の出窓を見つめながら咲くその姿が
スレンダーだった彼女の姿と重なったのです。

こんな所にユリなんてあったかしら。
あれば気づくはずなのに…

クリックすると元のサイズで表示します

不思議に思いながらも、花が好きだった彼女がユリになって
今でも私を気にかけてくれているのかもしれないと心強く思い、
アスファルトの隙間から生えるその根元にそっと水をかけました。

クリックすると元のサイズで表示します
5
タグ: 路地 お隣り ユリ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ