2011/9/30  12:32

しっぽ通信 Vol.54  しっぽ通信

ほのかにキンモクセイの香りが漂うようになりました。*^_^*
秋でございますねぇ。

え〜・・・パソコンがぶっ壊れました。
最近調子悪いなぁ・・・
と思っていたら、とうとう電源を入れても立ち上がらなくなり・・・
力尽きたようでございます。

買って半年で2回修理に出し、
数年前にはCDドライブが壊れ、
その後も ブウォ〜ン という鈍い音を出し続け、
ハラハラしながら使うこと5年あまり。

動きが鈍くなる度に、

「君はそんなに弱い子なのか。寿命にはまだ早いぞ。もっとがんばれ!!」

とたたかれ、揺すられ・・・ バイバイ`へ´
虚弱体質の彼はさぞかしつらかったのではないかと。

「頼む、そろそろ隠居させてくれまいか・・・@〜@

彼はそう訴え続けていたに違いありません。
機械にはアタリ、ハズレがあるといいますがハズレだったようでございます。
手間のかかる子でございました。

とはいえ、彼は自らの体にムチを打ちながらブログの更新、年賀状作成と
私の創作活動を懸命に支えてくれました。

感謝の気持ちを込めて

「もうがんばらなくていいんだよ・・・」

そう声をかけ、彼は引退となりました。

いやっ、でももしかしたら何かの拍子に立ち上がるかも・・・
とりあえず手元に置いておくか・・・

やさしい声をかけながらも、まだまだ働かせる気なのでございます。

パソコンが使えずブログの更新はできないし、書き物はできないし
この1週間ほど調子が狂いっぱなしでした。
書くということは私の生活の一部になったのだと実感しております。

私にとってパソコンは創作活動の相棒。
新しい相棒はなかなかいいヤツです。
うまくやっていけそうな気がしています。

心機一転

彼とタッグを組み、今後もシコシコ創作活動に励んでまいりたいと思います。
1

2011/9/18  18:41

片岡鶴太郎展&北海道展&北の国から展  イベント

一年に一度も行かない街、池袋へ行ってきました。

何でかというと・・・
池袋・西武百貨店で行われているこれをみに。

クリックすると元のサイズで表示します


片岡鶴太郎展 墨牡丹

普段、絵に興味なんか持たない私なのに、
数ヶ月前からムショ〜に鶴ちゃんの絵が見たくなって。
でも、デパートで行われている個展は地方をまわっていたので
東京に来たらぜひ行こうと待って、待って、待って、

とうとう来ました、鶴ちゃんが東京に きたぁ〜

それ行けってな感じです。

入口には有名人からたくさんのお花が届いていました。

クリックすると元のサイズで表示します

「ひょうきん族」を見て育った私にとっては
「鶴太郎さん」というより「鶴ちゃん」なんです。

かつて「マッチでぇ〜す」なんてやっていた芸人さんが
こんなに素晴らしい画家になるなんて、
あの当時いったい誰が想像したでしょう。

人の才能という物は本人の知らない所に眠っていたり
するのかもしれません。

会場はご年配のマダムたちが多かったように思います。
混んでいるわけではないのですがひっきりなしにお客さんが
入ってくる感じでした。

屏風に墨で書かれた牡丹の絵は黒い部分と少し色づいた部分の
バランスが見事でした。

どの絵もやさしくて、素朴で、鶴ちゃんの人柄がよく出てるなと
思いました。
筆を持ち作品に向かっている時の鶴ちゃんの真剣なまなざしが
何ともいえないんですよね。
芸術家の目だなぁ・・・といつも思います。

帰りにポストカードを買って来て障子の格子に置いて飾ってみました。
なかなかいいインテリアになります。

【片岡鶴太郎HPはこちらから】
http://www.kataoka-tsurutaro.com/


【秋の大北海道展】
西武に行ったら、次は東武、
池袋・東武百貨店の「北海道展」へ。

クリックすると元のサイズで表示します

北海道展は人気ですね。
人でごった返していました。

チラシに載っていたこれを買ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します

はちみつバター(¥609)

はちみつ&バター、カロリー高そう。
でも美味しいに決まってる。

パンに付けて食べてみましたが、
はちみつのやさしい甘さとバターの風味がたまりません。
美味しい?
なんてきかないで。

美味しいに決まってる・・・

北海道へ旅行に行った時、美味しくてハマッたお菓子がありました。

「北菓楼」のバウムクーヘン&北海道開拓おかき

この日も出店されていたので迷わずお買い上げ。
美味しいものは食べた瞬間、美味しいんです。

周りにシロップが染み込んで、しっとりふんわりしたバウムクーヘン。
油っこくなくさっぱりしたおかきに鮭、ホタテ、スルメなどが混ざっています。

私は開拓おかきの「イカ味」がすきなのですが、この日も

「イカ味はないの?」
「イカ味は夕方の入荷となります。」

という会話が延々続いていました。
イカ味大好き同好会でも作れそうな感じでございました。
おかきと一緒に入っているスルメの味と食感がクセになるんですよねぇ。

美味しいものは皆知ってるんだなと思うくらい列が途絶えることなく。
北菓楼、おすすめでございます。

【北菓楼はこちらから】
http://www.kitakaro.com/


【北の国から展】
北海道展の一角ではドラマ「北の国から展」が行われていました。
放送開始30周年。

クリックすると元のサイズで表示します

純君も蛍ちゃんもかわいかったなぁ・・・とつくづく。

富良野でロケ地めぐりをしたことがありますが、
ドラマそのまんまの町でした。
こちらをご覧ください。
http://angel.ap.teacup.com/yotsuyanoshippo/71.html

クリックすると元のサイズで表示します

会場にはこれまでのシリーズのパネル展示、グッズ販売、
小道具の展示がありました。

あんなことも、こんなこともあったよねぇ・・・
この家族と一緒に年を重ねてきたようなそんな気になりますねぇ。

クリックすると元のサイズで表示します

五郎さんのドカジャン&帽子がありました。
「黒板」という刺繍入りです。

グッズ売り場で面白いものをみつけました。
その名も・・・

クリックすると元のサイズで表示します

子供がまだ食ってる途中でしょうがラーメン

あの名場面のラーメンですね。
商品名の下に

しょうがはお好みで御用意ください

と書いてあります。
しょうがラーメンだと思う人がいるってことですかね。

話のネタに買ってみて、それほど期待していなかったのですが
美味しかったです。

ポークエキス、カツオエキス、チキンエキス、
煮干粉末、カツオ粉末、椎茸粉末が入っていて
食べた感じは魚介系の味がします。
北海道産の小麦粉を使った麺はつるつるです。

このラーメンを販売している 富良野とみ川
ではあの名場面を体験することができるとか。
(平成23年6月〜10月末迄)

お願いしたら
「閉店なんで」
と言ってラーメンをさげにきてくれるのかな。
そしてお客は叫ぶのよ。

子供がまだ食ってる途中でしょうがぁ〜

でも私は五郎さん役よりも

「お兄ちゃん、食べよ・・・」

とやさしく声をかけた蛍ちゃん役がやりたいです。
妹の方がしっかりしている黒板さんご一家でございます。

あんなラーメン屋の女将がほんとうにいたら誰でも叫ぶな。

【富良野とみ川はこちらから】
http://www.furanotomikawa.com/


きいてみたら展示物は写真を撮ってもいいというので撮らせていただきました。

クリックすると元のサイズで表示します

最終シリーズ「遺言」で使われた書道セット

横には使い古されたような筆と硯が置いてあります。

「おいらが死んだ後、純も蛍も勝手にやれ」

って書いてあります。

クリックすると元のサイズで表示します

ドラマの企画書

クリックすると元のサイズで表示します

ロケ日程表

クリックすると元のサイズで表示します

第1回〜第3回までの台本

小道具展示もグッズも少ししかありませんでした。

北の国から展の裏からはラベンダーのいい香りが。
ラベンダーで有名なファーム富田が出店していたので
入浴剤、ラベンダーティーをお買い上げ。

ラベンダーティーは紅茶の中にラベンダーがブレンドされています。
ラベンダー畑に香るふわっとした空気を感じてリラックスできます。

ファーム富田は私も行きましたが、ラベンダーの質の高さに驚きました。
ラベンダー自体も大きくしっかりしていて
石鹸などのお土産も香りの質がいい・・・

【ファーム富田はこちらから】
http://www.farm-tomita.co.jp/
http://shop-hanabito.net/web_shop/

芸術の秋
食欲の秋

大満喫の一日でございました。
0

2011/9/14  23:05

文京区散歩A〜北野神社(牛天神)〜  神楽坂/文京区/グルメ

【文京区散歩@ 文京シビックセンター&ムミーンカフェ&出世稲荷】
http://angel.ap.teacup.com/yotsuyanoshippo/275.html



文京シビックセンター、ムーミンカフェ、出世稲荷

をまわり最後に目指すは 北野神社 

先日インターネットで遊んでいたらこの神社が
東京のパワースポットとして紹介されていて
ヒジョ〜に気になっていたんです。

ここは 牛天神 と呼ばれていています。

私は丑年なので牛にまつわる神社があると

「行っといた方がいいかな。」

と思ってしまうのですが、
この神社にヒジョ〜に気になる物があるんです。

文京シビックセンターの展望室に置いてあった文京区散策マップにも
この神社が載っていて、東京ドームからも近かったので
行ってみることにしました。

東京ドームとラクーアの間の道を飯田橋方向に歩きます。
小石川後楽園の塀沿いをどんどこ、どんどこ行くと三叉路にぶつかります。
三叉路の右の道を進んで少し行き右へ曲がるとある・・・はず。

※東京ドームから歩いて10分ぐらいです。

裏道、住宅街、
それらしきものはないけどなぁ・・・
神社らしき匂いもしないけどなぁ・・・鼻くんくん
誰かにきかないとダメかなぁ・・・

と地図を片手にキョロキョロしていると
向こうに鳥居のような物が。

クリックすると元のサイズで表示します

あった・・・ 北野神社

こじんまりした神社でした。

クリックすると元のサイズで表示します

緑、階段、のぼり・・・神社っぽい。*^_^* いいね、いいね

クリックすると元のサイズで表示します

おみくじを結ぶ所も牛さんです。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

こじんまりしていてとっても素敵な社殿です。

クリックすると元のサイズで表示します

この社殿の前には狛犬ではなく、牛さんが座っています。

かわいい、愛嬌があります。

さて・・・
私が気になっていた物は社殿の前にあります。

クリックすると元のサイズで表示します

撫で岩 ねがい牛

牛の形をした石・・・なのだそうです。

そう言われてみればそう見えるし、
言われなければそう見えないし
みたいな感じですが、左側が牛の顔の部分なのだとか。

石の横にある説明書きによると・・・

源頼朝が腰掛けた石で、撫でると願いが叶います。
左側の口元より撫でながらお願い事を唱える・・・らしいです。

なぜ牛で、なぜ願いが叶うと言われているのか。
文京区散策マップの説明書きによると・・・

源頼朝が奥州へ征討の途中、この地で休んでいると、
夢の中に牛に乗った菅原道真が現れ、2つの願いが叶うことを告げました。
お告げの通り子ができ、平氏討伐を果たしたため
1184年、この地に社殿を造ったと言われています。
夢で道真の立った跡にあったという牛の形をした石が
この「ねがい牛」だそうです。

【詳しくはこちらをご覧ください】
http://www.ushitenjin.jp/keidai/index.html#negaiushi


私もなでなでしながらお願い事をしてきました。
丑年女、パワ〜アップしたでしょうか。

よ〜し、帰るぞぉ〜 パンチ

と飯田橋駅に向かって歩いていると、撮影部隊に遭遇。
そこにはひときわ輝きオーラを放つ女性が一人。

なんと、観月ありさちゃんでした。
ドラマ「華和家の四姉妹」のロケ中だったようです。

かっ、輝いている・・・
照明が当たっているわけでもないのに
ありさちゃんの所だけ明るい。
あんなにオーラがきれいな人、久々に見ました。
一般人には出せませんねぇ、あのオーラは。

内側からあふれ出るようなきれいなオーラを見ながら

パワースポットめぐりをしたから運気が上がるというわけでも
いいオーラが出せるというわけでもなく、
ご利益は本人の心のあり方の上に成り立つものかな。
お願いばかりして何もしなければ、きれいなオーラも出ませんものね。

そんなことを思った今回の散歩でした。

文京区は文豪も多く住んだ所で歴史的な名所も多く
散歩するにはなかなかよさげでございます。

またあっちこっち行ってみようと思っております。

今回の 文京区散歩 はこれにておしまい。
0

2011/9/11  17:27

文京区散歩@ 文京シビックセンター&ムミーンカフェ&出世稲荷  神楽坂/文京区/グルメ

美容院で雑誌を読んでいたら  美容院

東京23区の区役所食堂ランキング

というものが載っていました。
見事1位に輝いていたのが文京区役所。

文京区役所と言えば
東京ドームの横にある文京シビックセンターに入っています。

文京シビックセンターと言えば高い建物、
メニューや味の他に食堂からの眺めもよく1位。

※区役所の食堂は一般の人も利用できます。(平日のみ)

25階に無料の展望室があると書いてあったので
一人でぷらっと行ってみました。

私が一人でぷらっと出かけるとテレビのロケに出くわす。

今年2月、愛宕神社でブラタモリのロケに遭遇しましたけれど

http://angel.ap.teacup.com/yotsuyanoshippo/238.html

今回は某ドラマのロケに遭遇。
あの女優さんに出くわしました。
お楽しみに・・・

今回の散歩は・・・

文京シビックセンター ムーミンカフェ出世稲荷北野神社

というコースとなっております。

さて・・・

文京シビックセンターの25階へ。
カルチャースクール帰りのマダムたちで
エレベーター内はかなりうるさかったです。×o×

エレベーターをおりた瞬間驚きましたよ。
これが無料なのかと。

クリックすると元のサイズで表示します

330度見渡せる展望室になっています。
スカイツリーもよく見えます。

新宿副都心、スカイツリーなど、
東京の名所はほとんど見えるのではないかと思ってしまうほど
ぐるっと見渡せます。

富士山、筑波山も見えるそうですが 
この日は残念ながらみえませんでした。
冬になって空気が澄んでくるとよく見えるかと思われます。

夜景はさぞかし美しいことでしょうね。
夜は20時30分まで開いています。

ちなみに・・・

窓が斜めになっているのは
館内の光が窓ガラスに反射しないように夜景を意識しているから
だそうです。

テーブルもあるのでお昼ご飯を買って来てここで食べることもできます。

【展望室はこちらから】
http://www.asobi-map.com/civic.htm
http://www.date-navi.com/yakei/civiccenter.html
http://www.city.bunkyo.lg.jp/sosiki_busyo_shisetsukanri_shisetsu_tenbo.html


クリックすると元のサイズで表示します

スカイツリーの足元には浅草・アサヒビール吾妻橋ビルの
金色オブジェが見えました。

クリックすると元のサイズで表示します

池袋方面の眺め

ジオラマみたい・・・

向こうに見えている一番高いビルは池袋のサンシャインビル
右に広がっている緑は小石川植物園。

東京ドームの隣りにある小石川後楽園と小石川植物園は別物なのだと
この時初めて知りました。

クリックすると元のサイズで表示します

走る車はミニカーのよう・・・

クリックすると元のサイズで表示します

スカイツリーボーイズ

たのしそうにスカイツリーを眺める姿がかわいかったので
後ろからこっそり撮ってみました。

ボーイズたちは逆行でシルエット。
なかなかいい写真が撮れました。

サンキュ〜ボ〜イズ 


椿山荘・スカイレストラン
クリックすると元のサイズで表示します

展望室の一角に椿山荘がやっているスカイレストランがあります。
この日はここでランチ 

「窓側にしましょうね。」

と言われ案内されると・・・

クリックすると元のサイズで表示します

こんな景色が広がっていました。

東京ドーム&東京ドームシティーアトラクションズ ジェットコースター
(私は世代的に後楽園と呼びたいのですが・・・)

右に目を移すと小石川後楽園の緑が広がり、
ビルの間からは武道館も見えました。

クリックすると元のサイズで表示します

和風ハンバーグ(¥1,200くらい)

なかなかおいしかったです。
椿山荘なだけあって丁寧に作ってある感じがしました。

プラス200円でドリンクバーが利用できます。

家族連れやカルチャースクール帰りのマダムたちで
かなりにぎやかですが、これだけの眺めが楽しめるならいいかな。

お腹もいっぱいになったところで次に向かうはお隣りのラクーア。


ムーミンカフェ
クリックすると元のサイズで表示します

ラクーアの中にあるムーミンカフェ。
一度行ってみようと思っていたお店です。

ムーミン&フローレンがお出迎え。
(私は世代的にフローレンじゃなくてノンノンと言いたいのですが・・・)

カフェ&レストラン、雑貨店、ベーカリー
入口は別々ですが、中でつながっています。
土曜日で人も多く、店は狭いので雑貨はあまりゆっくり見られませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します

人気のお店らしくカフェは列ができていたのであきらめて
ベーカリーでパンを買いました。

ガラスに人がいっぱいうつっていますが・・・
お店の前にあるイベントステージでgirl next doorの
シングルリリースイベントが行われていました。
あまり人がいなかったので後ろの方でちょこっとだけ見てきました。

でも私はムーミンの方が気になるわ・・・

クリックすると元のサイズで表示します

ベーカリーの前ではムーミンパパさんが・・・

パパさん、残暑でぐったり・・・

クリックすると元のサイズで表示します

ムーミン(カスタードクリーム入り)&ミィ(黒ゴマ餡入り)

ミィがつぶれてしまった・・・

いいお値段の割りにパン生地はホットケーキミックスのような
お子様向けの味でした。

試食したバケットなどの本格的なパンはなかなかおいしかったです。

さて、次に向かった先は・・・

文京シビックセンターの展望室に置いてあった文京区散策マップに

出世稲荷

という文字を見つけました。
しかもラクーアの車道を挟んだ隣りにあると。

それらしき物はないけれど・・・

と地図を片手に歩いているとビルとビルの間に道が。

のぞいて見ると・・・鳥居がある・・・


出世稲荷
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ビルの間にひっそりとたたずむ小さな稲荷神社。
一角に遊具があって、でも人気(ひとけ)が・・・ない。

ここがなぜ出世稲荷かと言うと・・・

文京区・春日という地名は春日局の名前からきています。

3代将軍家光の乳母・春日局が幕府に願いこの地を拝領。
お付の御下男たちをここに住まわせたそうです。

春日局と言えば大奥の総取締りとして力を振るった人物。
彼女の出世にあやかって出世稲荷と呼ばれているそうです。

町に歴史あり・・・

あまり知られていないパワースポットなのかもしれません。

次に向かったのは 北野神社(牛天神)

次回へ続きます。 バイバイ*^_^*
0

2011/9/4  20:47


「日が短くなりましたねぇ。最近、暗くなるのが早くなりましたよね。」

通っているカイロプラクティックの先生が言った。

「えっ そう・・・なんですか

ギックリ腰に襲われてから、腰の事しか気にしていなかった私は
そんな事まったく気づいていなかった。

自分の事ばかりに気を取られていると
周りの変化に気づかないものだ



仕事帰り駅前を歩いているとおまわりさんとおばあさんがしゃがみこんでいた。
その横には自転車のハンドルを握った小学生の男の子。
少年の自転車とおばさんがぶつかり、
足を痛めたおばあさんは立ち上がれなくなってしまったらしい。

多くの人と自転車が行き交う大通り、状況は秒単位で変化する。
止めていた自転車を出そうとして接触したのか、
よそ見をしてハンドル操作を誤り接触したのかは不明だけれど、
少年はおばあさんの姿に気づかなかったのかもしれない。

自分の事ばかりに気を取られていると
周りの変化に気づかないものだ



さて、話は数ヶ月前にさかのぼる。
夜、家の電話が鳴った。
出てみると20代くらいの若そうな青年の声がした。

「もしもし、ナオだけど。」

いかにも今風の若者らしい、ややかったるそうなしゃべり方をしている。
家族にも、親戚にも、知人にもナオ君なんて人はいない。
間違い電話だ。

「どちらへおかけですか

と返すと、

「何言ってんの。」

彼は間違い電話ではないとなれなれしい口調で言い張った。

この時、私の頭の奥の方で

「これって、もしかして・・・あれじゃないだろうか。」

ある事が思い浮かんでいた。

私の兄の名前の漢字はそのまま読むと「ナオ」だけれど
兄は違う読み方をする。
たいていの人は「ナオ」と読む。

もしや、これって・・・

オレオレ詐欺 じゃない

一応名前は名乗っているので正確には「オレオレ詐欺」ではなく
「振り込め詐欺」と言った方がいいのかもしれない。
とうとう我が家にもきたのだ。

個人情報保護法なんてものがあっても、
大学の名簿なんてものは簡単に出回ってしまうだろうし、
名前にフリガナなんてないだろう。

ちなみに兄は家族思いのやさしいヤツで
品のないしゃべり方などしない男だから
仮に正しい名前を言ったところで本人ではないことはバレバレ。
そんなでも年老いた親はだまされてしまうのだろうか。

そっちからかけてきて何だその言い方は、
マナーがなってないだろうとイラッとした私は

「はっ

と怪しむように言った。
しばらくの沈黙の後、電話を切られた。

誰かの名前を名乗って電話をかけてくるならば
まず本人だと信じ込ませることが第一歩だろう。
それもできずに詐欺師になろうなんて百年早いぞコラッ。パンチ´_`

法を犯そうとしているというのに
なぜしょっぱなからコケるんだ君は・・・
情けないやら、切ないやら。

何て残念な子なのだろう・・・

犯罪だなんだと言う前に詰めの甘さに腹が立った。

だまされたフリをしていたら、
あの会話はどういう展開を迎えたのだろう。
振込口座をきいて、警察に持って行くというのもありだったかな。

「あっ、お兄ちゃん
 お小遣いが足りないから私の口座に振り込んどいて。」

と言ったら、オレオレなお君はどんな反応をしただろうか。
非常に気になるところだ。

きっとオレオレなお君は何をやってもしょっぱなからズッコケる
男なのだろう。
詐欺集団のボスに
「まったくおまえは使えないなぁ」
と怒られてはいないだろうか。
そういう人にはしっかり者の姉さん女房がいいと思うぞ。
オレオレなお君の嫁の心配までしてみた。

オレオレなお君は知らないのだ。
誰かのために動き「ありがとう」とわざわざ電話をもらえる喜びを。
「またあなたにお願いしたいのだけれど」と言ってもらえる喜びを。
人に必要とされる喜びを。
誰かの役に立つ喜びを。
腹が立っても、イライラしても、面倒くさくても
仕事をやり遂げた後に飲むビールが格別に美味いという事を。ビール

それを知らずに一生を終えるのは何だか惜しい気がする。
彼はいつ気づくのだろう。

信頼、やりがい、喜び・・・

楽を求め、自分の得ばかり考えていては
得ることができないものがたくさんある



夕方注意して見てみると、前より暗くなるのが少し早くなっていた。

また季節が変わる。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ