2011/3/27  11:45

冬のフォトコンテスト2010-2011で賞をいただきました。  フォトコンテスト

秋のフォトコンテストに続き、冬のフォトコンテストで

冬の行事部門賞

をいただきました。
ありがとうございます。

【フォトコンテストの結果はこちらから】
http://www.qlep.com/sp/photo/

今年のお正月に行った鎌倉の鶴岡八幡宮

クリックすると元のサイズで表示します

ここは観光地だから毎日たくさんの人が訪れますが
こんな大行列はお正月ならではの光景。
並んでの参拝はあきらめて、写真だけでもとパチリ 

迫力ある一枚となり、お気に入りの一枚だったのでとても嬉しいです。

毎日手を合わす人もいれば、困った時の神頼みの人もいて、
でもお正月には皆、神様の所に足を運んでお願い事をして。

人間というのはいったいどれだけの願いを持っているのだろう。
そこにどれだけの数の人生があるのだろう。
お願い事の数と感謝の数はどちらが多いのだろう。

参拝者の後ろ姿にそんなことを思ってみるそんな一枚です。

自分を表現する方法は多々あり、人によってその方法は様々ですが、
私にとっては写真を撮ることなのかなと思う時があります。

四角いフレームの中に写し出された一瞬に見える

喜び、哀しみ、躍動感、様々なドラマ

これからもそんな瞬間を見つけていきたいと思います。
そしてそれを皆さんにお伝えできればとても嬉しいです。

撮りためた写真がかなりの量になり、どう整理するか検討中ですが、
お気に入りの写真を集めてフォトブックを作ってみるのも楽しいかも。

写真に言葉を添えて、心を添えて、

そんな作品を作るのが今の私の夢でございます。

もうすぐ桜の季節、皆さんもカメラを片手に様々な風景を
撮ってみてはいかがでしょうか。

そして素晴らしい一瞬に胸を焦がしてくださいませ。
1

2011/3/21  11:09

しっぽ通信 Vol.48  しっぽ通信

今回は何からどう書けばいいのかわからず先週は更新を見送りました。
節電もあり必要以上にパソコンは使わずにいたこともありますが
あのがれきの山、涙を流す人たちの姿に書き出しの言葉が
見つからなかったから。

謹んでお見舞い申しあげますと共に
 一日も早い復旧を心よりお祈り申しあげます。

テレビにもインターネットにもそんな言葉が踊っているけれど
形式的でどこか人ごとのように思えてしっくりこない・・・
この言葉に腹立たしくなるのは救援物資もうまく届かない状況に

どうにかならないのか

と思うもどかしさからでしょうか。

現実はきれい事ではないことをテレビが映し出していました。

3月11日(金)午後2時46分
その日、その時間、私は東京・市ヶ谷の職場で仕事をしていました。
仕事をしながら同僚と話していたら徐々に揺れ始め
突如大きな横揺れに。

今まで生きてきた中で一番大きく、一番長い地震。
引き出しは開き、物は落ち、倒れ、隣りのビルはガラスが割れました。

だからといってパニックになるわけでもなく
あっ、書類が散乱した・・・
あっ、何か倒れた・・・
あっ、信号機がすごい揺れてる・・・
起こっていることをひとつひとつ冷静に見ていました。

地震がおさまり窓の外を見ると、ビルの中から次々と出てくる人、人、人。
初めて見る光景。
お濠沿いの公園は避難した人でいっぱい。
避難訓練は何度もやったけれど、ほんとうに避難したのは初めて。
その間も余震が続き、携帯は通じず。

会社で待機するためコンビニは買出しにきた人たちであふれ
あっという間に棚から商品がなくなっていきました。

JRも地下鉄も全て止まり、車は渋滞し進まず、
帰る術を失った人たちは家族と連絡もとれぬまま
家を目指してただひたすら歩きました。
靴屋でスニーカーを買い、はきかえてまた歩き出す。
(職場の同僚は遠い人で6時間〜7時間歩き続けたそうです)

あ〜、これが帰宅困難者か。
テレビでは何度もシュミレーションを見たけれど、
とうとう現実になったのだと。

前を歩く若いお嬢さんは半べそ。
直下型地震がきたら道もふさがって家にも帰れないかもしれない。
道がわからなかったら交番できけばいい。
疲れたら休めばいい。
とりあえず足を前に出していればいつか着く。
こんなことくらいで泣くんじゃありません。パンチ

私は職場から家が1駅なので40分くらいで家に到着。
家がちゃんと建っていたことにホッとしました。
ガスメーターが点滅していたので復旧作業をして
部屋の電気をつけるとすぐに隣りのおじさんがやってきました。

大丈夫だったか。
お父さんとお母さんには連絡がついたか。
ガスの復旧作業はしたか。
ガス漏れはしていないか。

それを確認しておじさんはいつもと変わらぬ笑顔で帰っていきました。

遠い親戚よりも近くの他人

この言葉は本当です。

会社に泊まった人、駅で足止めをくらった人、
がんばって歩いたけれど途中の小学校で一泊した人、
私のまわりでもいろんな人がいました。

休みが明け月曜日、電車が止まっていたので徒歩で出勤。
昼休みにコンビニへ行くと棚はまだガラガラ。
おにぎりすら売っていない状態。
この時、あれっ何かおかしいかもと気づきました。

仕事帰りにスーパーに行っても米はない、
ミネラルウォーターはない、
トイレットペーパーはない、
パンはない・・・

もしかして私、のんびりし過ぎ
そう思ったけれど、元の状況に戻るのは時間の問題だと思ったので
特にあわてず。

計画停電が始まり街中は人も少なく、暗く、
こんな東京初めて見ました。

そんな中、一箇所まぶしく輝く店。
中にはパチンコを打つ客が多数。

こんな時もパチンコなのか・・・

ひとりぼそっとつぶやいてみました。

この日スーパーに立ち寄ると棚に食パンが。
久々に食パンが買えただけなのに気持ちがほっこりしました。

幸せというのはこんな些細なことなのかもしれない・・・
食パンを一斤かかえ夜道を歩きながらそう思いました。

雨、風、寒さをしのげる家があって、
温かいご飯があって、
温かいお風呂があって、
温かい布団があって、
心配してくれる誰かがいて、

豊かさの中では気づかずに理想を追って高望みをしてみるけれど
自分はもうすでに幸せの中にいるのかもしれないと。

家を流され呆然とする人、
安否のわからない家族を探す人、
家族を守れなかったと自分を責め泣き崩れる人、
自分も苦しいのに被災者同士でいたわり合う人たち、
日本のために命をかけて任務にあたっている人、
その帰りを待つ家族、

その姿を見ていたら買い占めやらパニックやら
デマに惑わされるなんて情けない・・・

「不安を解消するためについ買ってしまうんです。」

一人の主婦がテレビでそう話していました。

「みな自分が自分がって買っていきます。」

お店の人もそう話していました。

情けない。´_`
大きな被害もなかった地域で物が無いなら無いなりに
考え工夫すればいくらだって対応できます。
協力し、分け合ってきり抜ければいい。
豊かさの中でそれを忘れてしまっていたような気がします。

パニックになるから冷静な判断ができなくなって
誤った行動を起こすのだと今回の地震で実感しました。

そもそもテレビがパニックなんていう言葉を
使うこと自体混乱のもとです。

時は流れています。
この状況にもいつか終わりが来ます。
だから・・・

大丈夫だパンチ

それまで私ができること。
募金節電仕事をしながら今までどおりの生活を送ること
そして、時を待つこと

ということで24時間テレビのサイトから募金をし、
東京都が受付している救援物資の窓口へ家にあるものを送ることにしました。
(各都道府県で受付をしているようです)

【東京都受付の救援物資はこちらから】
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2011/03/20l3hd00.htm

東京の大地震はまだこれからだと思うし、原発問題も心配だけれど
私は冷静でいようと思います。
どんなに買いこんだって一瞬で命を落としたらそれまでですから。

不安に対する考え方は人それぞれですが、
私自身は騒がず、冷静に、それでいいと思っています。

テレビでは映さないだけでほんとうはあのがれきの中に
まだたくさんの遺体が横たわっているはず。
家族のもとに帰れない遺体もいっぱいあるはず。
生き埋めになっている人もたくさんいるはず。
テレビで見ている以上の惨状なのだと思います。

多くの命が助かり、支援物資がすみやかに被災者に届き
被災地の早い復興へとつながりますことを心から願っています。

桜の蕾は日々ふくらんでいます。
何事もなかったかのように・・・

その姿に希望が見えるような、心和むような、せつないような。

今年の桜はいつもとは少し違って見えるような気がします。
0
タグ: 地震

2011/3/6  22:19

リゴレット ワイン&バー 〜新丸ビル〜  グルメ

友人のまゆさんと行く、おいしいもの大好き倶楽部

今回は東京駅 新丸ビルに出没 ビル

新丸ビル7階の リゴレット ワイン&バー

ワインも楽しめるイタリアンのお店。

【お店の情報はこちらから】
http://r.gnavi.co.jp/a634272/menu5.html

クリックすると元のサイズで表示します

この写真は店内ではありません。
レストランフロアの通路なんです。
各店舗、通路にもテーブルがあって、
なかなかおもしろい造りになっていました。

同じフロアにある他のお店と違って、
ランチタイムの店内はお客さんでいっぱい。
ひっきりなしにお客さんが入ってきます。
人気のお店なのがよくわかります。

メニューを選んでいると背後からいきなり

Happy Birthday to you 

花火がついたケーキを片手にお店のお兄さんが向かった先は
来店していたカップルの席。
彼女が誕生日でサプライズだったみたい。

お客さん全員で拍手。
ぜんぜん知らない人だけど、なんか嬉しくなりますね。

しっかし、お店のお兄さん歌めっちゃうまかった。
採用するときに歌のオーディションとかあるのかなとか思って。

1500円のランチ
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
       前菜                 寄せ豆腐のサラダ

前菜は左上から
さつまいものチーズ和え、エビ、牛肉と鹿肉のペースト

サラダは葉っぱがバリッとしっかりしていて、きれい。

クリックすると元のサイズで表示します

小柱と菜の花のパスタ

春っぽい。
あっさり系のパスタと思いきや味はしっかりめ。
鷹の爪が入っていてペペロンチーノ系なお味でした。

クリックすると元のサイズで表示します

イチヂクのケーキショートケーキ

イチヂクの種がプチプチ、素朴なケーキです。
飲み物付です。

クリックすると元のサイズで表示します

新丸ビル7階にはテラスがあり外に出られるようになっています。
皇居二重橋方面がよく見えました。
夜は夜景がきれいかも。

夜景を見ながらワイン飲みたぁ〜い カクテル

一日中歩き回り、花粉をいっぱい浴び、
目がシバシバ風邪

春近し・・・・
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ