2011/2/27  14:03

冬の京都F 〜知恩院/都路里〜  北海道/京都/箱根

※ここまでの旅は左のカテゴリー「京都」をご覧ください。

清水寺からぷらぷらと円山公園まで戻り、
公園のお隣りにある知恩院へ。

クリックすると元のサイズで表示します

三門が立派でねぇ。
国宝でございます。
荘厳で迫力あります。

門の上層は仏堂となっており非公開ですが、
この日は特別公開をしていました。
時間がなかったので見られませんでしたが・・・

【知恩院はこちらから】
http://www.chion-in.or.jp/chion-in/04_meiho/index.html

クリックすると元のサイズで表示します

門をくぐりさらに奥へ。
この階段、実はかなりキツイんです。
一段の高さがあり、息切れ。

のぼりきった所にあるのが・・・

クリックすると元のサイズで表示します

御影堂

床は木の節目がボコボコしています。
ほこりひとつ落ちていない床、お掃除が行き届いております。

知恩院には七不思議があるらしい。
そのひとつが、この建物の軒裏にある「忘れ傘」。
軒裏に傘が置きっぱになっているんです。
案内板の所で私も見上げてみましたが
どこにあるのかよくわかりませんでした。

【知恩院の七不思議はこちらから】
http://www.chion-in.or.jp/chion-in/04_meiho/fus.html

クリックすると元のサイズで表示します

自販機でこんなのが売っていました。
飲んだらご利益あり?

円山公園から八坂神社を通り四条通りへ。

クリックすると元のサイズで表示します

八坂神社の門を見ると京都に来たなって感じがします。

クリックすると元のサイズで表示します

四条通の都路里本店で抹茶パフェをいただきました。
上にのっている抹茶クリームはねっとりしていて美味、
カステラも白玉も抹茶アイスも全て美味。
いつ食べてもおいしいね。

本店は改装中らしく別の場所で営業していました。
都路里は東京でもよく行きますが、やはり本店に行かねばな。

私達が行った時は2人くらいしか並んでいなかったのですが、
帰る時には階段をぐるっとすごい列になっていました。
店内もお客さんがいっぱい、さすが人気のお店ですね。

クリックすると元のサイズで表示します

鴨川が穏やかに、穏やかに流れていました。

午後18時5分京都発のこだまで東京へ。

さようなら 京都  T_T

素敵な時間をありがとう。ハートx2

1泊2日の短い旅でしたが充実した、いい旅でした。

1日って言うのはいろんなことができるのだと実感。
いい旅をした後は気分がいい。
すごい歩いたのにぜんぜん疲れない。

そして・・・
仕事のストレスを一度も思い出すことがありませんでした。
どこへ行っても素晴らしさに圧倒されて、
東京の生活のことなどすっかり忘れていました。

全国に小京都と呼ばれる所はたくさんありますが
小京都はあくまで「小」なのだとつくづく思います。
京都はスケールが違う・・・

京都には何度か行きましたが、
お寺に興味もなく、仏像に興味もなく、歴史に興味もない私が
京都ってこんなに素晴らしいんだと思えたのは初めてです。

私が年をとったからかな。

それとも・・・

日々の生活にそうとう疲れてるのかな '_'; ほよ?

現実に息詰まった時はまた京都に足を運んでみようと思います。
京都は一人旅でもぜんぜん大丈夫ですので
週末にぷらっと行くっていうのもありですね。
閑散期に行くとホテルも安いですし、
観光客も少ないのでゆっくりと散策ができます。

もうすぐ桜の時期です。
桜が咲き乱れる京都に皆さまも足を運んでみてはいかがでしょうか。

家族で、友達同士で、ひとりで、
一緒に行く人によって、見えてくる京都の姿がちょっと違うかもしれません。

ということで・・・
母娘京都二人旅はこれにておしまい。
 
0
タグ: 京都 知恩院 鴨川

2011/2/27  12:04

冬の京都E 〜清水寺方面〜  北海道/京都/箱根

※ここまでの旅は左のカテゴリー「京都」をご覧ください。

高台寺を後にして清水寺方面へ向かいます。

クリックすると元のサイズで表示します

えなりくん発見

笑顔が大事なのだぁ〜

クリックすると元のサイズで表示します

一念坂
二寧坂
産寧坂

と京都を代表する風景が続きます。

おみやげ屋さんもたくさん並び歩きながらあちこち立ち寄ってしまいます。
行きにいろいろ見て、どれを買うか検討し、
帰りに買って帰るというのはいかがでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

舞妓さん発見
でも本物の舞妓さんではなく観光客のお嬢さんたちです。

さすがに舞妓の格好をする勇気はありませんが、
お着物をビシッと着付けて京都の街をキリッと歩いてみたい気はしますね。

クリックすると元のサイズで表示します

あっちこっち寄り道をしてようやく清水寺に到着

ちなみにこの日の目的は清水寺ではなく別のお寺だったのですが
閉まっていました ガ〜ン
清水寺は何度も来ているので入ることなくそのままもとの道を戻り
円山公園横にある知恩院へ向かいました。

帰り道、京都北山の店があり、
たまたま試食をした

お濃茶ラングドシャ

【お濃茶ラングドシャはこちらから】
http://www.malebranche.co.jp/gift/chanoka.php

これが、これが、これが 美味

お濃茶のほろ苦い風味とパリッとしたホワイトチョコがベストマッチ。
食べた瞬間おみやげに決定。
美味しいものは一口食べた瞬間に美味しいんです。

この店のすごいところは試食なのに一枚をそのまま配っているんです。
お店のお姉さんにきいたところお店は大阪と京都にしかなく
お濃茶ラングドシャは京都限定販売だそうです。
インターネットでお取り寄せもできます。

京都駅の伊勢丹や新幹線改札を入った所のおみやげショップにも
売っていました。

帰ってきてから数人に配ったのですがかなり好評でしたので
おみやげにいかがでしょうか。

さて、ぷらぷら歩いて円山公園に着き、お隣りの知恩院へ

次回へ続きます。
0

2011/2/27  11:02

冬の京都D 〜高台寺〜  北海道/京都/箱根

※ここまでの旅は左のカテゴリー「京都」をご覧ください。

安井金比羅宮の前の坂をのぼると・・・

クリックすると元のサイズで表示します

ねねの道にぶつかります。

そこにあるのが高台寺

豊臣秀吉没後、その菩提を弔うために秀吉夫人の北政所(ねね)が
開創したお寺です。

【高台寺のHPはこちらから】
http://www.kodaiji.com/index.html

ねねの道は清水寺に行く時に何度も通ったことがありますが
高台寺はいつも素通りしていたので、初めて行ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します

その名のとおり高台になっていて景色もいいです。

クリックすると元のサイズで表示します

空が広〜い *^_^*

クリックすると元のサイズで表示します

枝垂れ桜が咲いたら、このお庭もさらに素敵でしょうね。

お寺をめぐっていると
このお寺は男性だな
このお寺は女性だな
と思うのですが、高台寺は女性ですね。

清楚で清らかな雰囲気が漂っています。

開山堂の天井は絵も消えかかっていて
あえて完璧に修復せず自然なままにしている感じがすごくいいです。
そこに立つと、長い年月を経て現在にいたっているのだと実感します。

クリックすると元のサイズで表示します

霊屋

秀吉、ねねの木像が安置されていて
ねねさんは木像の台座の下に土葬されたとガイドさんが言っていました。
今でも台座の下に眠っているそうです。

境内には傘亭、時雨亭という茶席があるのですが、
大阪が焼け落ちる光景をねねさんはここから見ていたと言われているそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

竹林が落ち着いた雰囲気をかもしだしていました。

私の中でねねさんはとてもチャーミングなイメージがあるのですが、
あの時代、女性にとっても大変な時代だったでしょうから、
ねねさんも様々な面を持ち合わせた女性だったと思います。

ねねさんはまわりからとても慕われていたそうですから
きっと素敵な女性だったのではないでしょうか。

境内を歩いていると当時のねねさんの想いが伝わってくるような
そんな感じがするお寺でした。

クリックすると元のサイズで表示します

高台寺を後にして清水寺方面へ進みます。

次回へ続きます。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ