2011/2/28  22:12

しっぽ通信 Vol.47  しっぽ通信

暖かいと思ったらまた寒くなる、それは春が近い証拠だそうです。

先日、市ヶ谷の靖国通りにある海苔屋さんの前を通ったら
地面にたくさんの虹が出ていました。虹
午後3時すぎ、差し込んだ西日がお店の壁ガラスにあたり
ガラスがプリズムとなり地面にたくさんの虹を映し出していたんです。
色が濃く、それはそれは見事な虹があっちこっちに。

そうか・・・虹は地面にも出るのか。

仕事帰り、マスクをして歩いていたらメガネがくもりました。
そのまま街灯を見上げたら、まぁ〜るい虹が見えました。○
ドーナツ型の虹

車のライトに目を移すとやっぱりまぁ〜るい虹。虹
私にしか見えていない虹。
おもしろくって仕事帰り毎日のようにメガネをくもらせ
虹を見ながら遊んでいます。

クリックすると元のサイズで表示します

プランタン銀座横のワゴン販売でこんなの買っちゃいました。
お部屋につるし、ガラスに日が当たると虹ができて
運気を取り込むというものらしい。

日曜の朝、部屋に差し込んだ光にかざすと無数の虹が・・・
キラキラしたものを部屋に下げると運気があがるといいますが
効果あるでしょうか。

虹、見るだけで心が躍るのは何でだろう。
カラフルだからかな。
それとも・・・
めったに目にすることができないものだからかな。

まだ目にしたことのない何か、
この春、そんな何かに出会えるでしょうか。
心が躍る何かに。
0
タグ:  

2011/2/27  14:03

冬の京都F 〜知恩院/都路里〜  北海道/京都/箱根

※ここまでの旅は左のカテゴリー「京都」をご覧ください。

清水寺からぷらぷらと円山公園まで戻り、
公園のお隣りにある知恩院へ。

クリックすると元のサイズで表示します

三門が立派でねぇ。
国宝でございます。
荘厳で迫力あります。

門の上層は仏堂となっており非公開ですが、
この日は特別公開をしていました。
時間がなかったので見られませんでしたが・・・

【知恩院はこちらから】
http://www.chion-in.or.jp/chion-in/04_meiho/index.html

クリックすると元のサイズで表示します

門をくぐりさらに奥へ。
この階段、実はかなりキツイんです。
一段の高さがあり、息切れ。

のぼりきった所にあるのが・・・

クリックすると元のサイズで表示します

御影堂

床は木の節目がボコボコしています。
ほこりひとつ落ちていない床、お掃除が行き届いております。

知恩院には七不思議があるらしい。
そのひとつが、この建物の軒裏にある「忘れ傘」。
軒裏に傘が置きっぱになっているんです。
案内板の所で私も見上げてみましたが
どこにあるのかよくわかりませんでした。

【知恩院の七不思議はこちらから】
http://www.chion-in.or.jp/chion-in/04_meiho/fus.html

クリックすると元のサイズで表示します

自販機でこんなのが売っていました。
飲んだらご利益あり?

円山公園から八坂神社を通り四条通りへ。

クリックすると元のサイズで表示します

八坂神社の門を見ると京都に来たなって感じがします。

クリックすると元のサイズで表示します

四条通の都路里本店で抹茶パフェをいただきました。
上にのっている抹茶クリームはねっとりしていて美味、
カステラも白玉も抹茶アイスも全て美味。
いつ食べてもおいしいね。

本店は改装中らしく別の場所で営業していました。
都路里は東京でもよく行きますが、やはり本店に行かねばな。

私達が行った時は2人くらいしか並んでいなかったのですが、
帰る時には階段をぐるっとすごい列になっていました。
店内もお客さんがいっぱい、さすが人気のお店ですね。

クリックすると元のサイズで表示します

鴨川が穏やかに、穏やかに流れていました。

午後18時5分京都発のこだまで東京へ。

さようなら 京都  T_T

素敵な時間をありがとう。ハートx2

1泊2日の短い旅でしたが充実した、いい旅でした。

1日って言うのはいろんなことができるのだと実感。
いい旅をした後は気分がいい。
すごい歩いたのにぜんぜん疲れない。

そして・・・
仕事のストレスを一度も思い出すことがありませんでした。
どこへ行っても素晴らしさに圧倒されて、
東京の生活のことなどすっかり忘れていました。

全国に小京都と呼ばれる所はたくさんありますが
小京都はあくまで「小」なのだとつくづく思います。
京都はスケールが違う・・・

京都には何度か行きましたが、
お寺に興味もなく、仏像に興味もなく、歴史に興味もない私が
京都ってこんなに素晴らしいんだと思えたのは初めてです。

私が年をとったからかな。

それとも・・・

日々の生活にそうとう疲れてるのかな '_'; ほよ?

現実に息詰まった時はまた京都に足を運んでみようと思います。
京都は一人旅でもぜんぜん大丈夫ですので
週末にぷらっと行くっていうのもありですね。
閑散期に行くとホテルも安いですし、
観光客も少ないのでゆっくりと散策ができます。

もうすぐ桜の時期です。
桜が咲き乱れる京都に皆さまも足を運んでみてはいかがでしょうか。

家族で、友達同士で、ひとりで、
一緒に行く人によって、見えてくる京都の姿がちょっと違うかもしれません。

ということで・・・
母娘京都二人旅はこれにておしまい。
 
0
タグ: 京都 知恩院 鴨川

2011/2/27  12:04

冬の京都E 〜清水寺方面〜  北海道/京都/箱根

※ここまでの旅は左のカテゴリー「京都」をご覧ください。

高台寺を後にして清水寺方面へ向かいます。

クリックすると元のサイズで表示します

えなりくん発見

笑顔が大事なのだぁ〜

クリックすると元のサイズで表示します

一念坂
二寧坂
産寧坂

と京都を代表する風景が続きます。

おみやげ屋さんもたくさん並び歩きながらあちこち立ち寄ってしまいます。
行きにいろいろ見て、どれを買うか検討し、
帰りに買って帰るというのはいかがでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

舞妓さん発見
でも本物の舞妓さんではなく観光客のお嬢さんたちです。

さすがに舞妓の格好をする勇気はありませんが、
お着物をビシッと着付けて京都の街をキリッと歩いてみたい気はしますね。

クリックすると元のサイズで表示します

あっちこっち寄り道をしてようやく清水寺に到着

ちなみにこの日の目的は清水寺ではなく別のお寺だったのですが
閉まっていました ガ〜ン
清水寺は何度も来ているので入ることなくそのままもとの道を戻り
円山公園横にある知恩院へ向かいました。

帰り道、京都北山の店があり、
たまたま試食をした

お濃茶ラングドシャ

【お濃茶ラングドシャはこちらから】
http://www.malebranche.co.jp/gift/chanoka.php

これが、これが、これが 美味

お濃茶のほろ苦い風味とパリッとしたホワイトチョコがベストマッチ。
食べた瞬間おみやげに決定。
美味しいものは一口食べた瞬間に美味しいんです。

この店のすごいところは試食なのに一枚をそのまま配っているんです。
お店のお姉さんにきいたところお店は大阪と京都にしかなく
お濃茶ラングドシャは京都限定販売だそうです。
インターネットでお取り寄せもできます。

京都駅の伊勢丹や新幹線改札を入った所のおみやげショップにも
売っていました。

帰ってきてから数人に配ったのですがかなり好評でしたので
おみやげにいかがでしょうか。

さて、ぷらぷら歩いて円山公園に着き、お隣りの知恩院へ

次回へ続きます。
0

2011/2/27  11:02

冬の京都D 〜高台寺〜  北海道/京都/箱根

※ここまでの旅は左のカテゴリー「京都」をご覧ください。

安井金比羅宮の前の坂をのぼると・・・

クリックすると元のサイズで表示します

ねねの道にぶつかります。

そこにあるのが高台寺

豊臣秀吉没後、その菩提を弔うために秀吉夫人の北政所(ねね)が
開創したお寺です。

【高台寺のHPはこちらから】
http://www.kodaiji.com/index.html

ねねの道は清水寺に行く時に何度も通ったことがありますが
高台寺はいつも素通りしていたので、初めて行ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します

その名のとおり高台になっていて景色もいいです。

クリックすると元のサイズで表示します

空が広〜い *^_^*

クリックすると元のサイズで表示します

枝垂れ桜が咲いたら、このお庭もさらに素敵でしょうね。

お寺をめぐっていると
このお寺は男性だな
このお寺は女性だな
と思うのですが、高台寺は女性ですね。

清楚で清らかな雰囲気が漂っています。

開山堂の天井は絵も消えかかっていて
あえて完璧に修復せず自然なままにしている感じがすごくいいです。
そこに立つと、長い年月を経て現在にいたっているのだと実感します。

クリックすると元のサイズで表示します

霊屋

秀吉、ねねの木像が安置されていて
ねねさんは木像の台座の下に土葬されたとガイドさんが言っていました。
今でも台座の下に眠っているそうです。

境内には傘亭、時雨亭という茶席があるのですが、
大阪が焼け落ちる光景をねねさんはここから見ていたと言われているそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

竹林が落ち着いた雰囲気をかもしだしていました。

私の中でねねさんはとてもチャーミングなイメージがあるのですが、
あの時代、女性にとっても大変な時代だったでしょうから、
ねねさんも様々な面を持ち合わせた女性だったと思います。

ねねさんはまわりからとても慕われていたそうですから
きっと素敵な女性だったのではないでしょうか。

境内を歩いていると当時のねねさんの想いが伝わってくるような
そんな感じがするお寺でした。

クリックすると元のサイズで表示します

高台寺を後にして清水寺方面へ進みます。

次回へ続きます。
0

2011/2/26  21:44

冬の京都C 〜安井金比羅宮〜  北海道/京都/箱根

※ここまでは左のカテゴリー「京都」をご覧ください。

二日目は祇園方面へ向かいます。

京都はバスが便利ですが、京都の地下鉄に乗ったことがないので
今回は京都駅から地下鉄で四条駅へ。
そこから八坂神社方面へ歩いてみました。

クリックすると元のサイズで表示します

おいおいっ、思わず突っ込んでしまいました。
無計画で賞を差し上げます。

八坂神社手前を右に曲がると

クリックすると元のサイズで表示します

花見小路

京都らしい街並みが続きます。

クリックすると元のサイズで表示します

一本裏に入るととても静かな路地。

花見小路の突き当たりにあるのが建仁寺
その裏辺りにあるのが

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

安井金比羅宮

悪縁を切り良縁を結びます。

ガイドブックを見てぜひ行きたいと思っていたんです。
なぜなら・・・こんなのがあるんです

クリックすると元のサイズで表示します

お札にお願い事を書いて手に持ったまま穴をくぐり、
お札を貼ります。
そうすると悪縁が切れると。
悪縁とは男女の悪縁、ギャンブルとの悪縁、酒との悪縁、病気との悪縁などなど。

ねっ、やってみたいでしょ。

クリックすると元のサイズで表示します

横においてあるお札は志として100円以上を入れてくださいとのことです。

クリックすると元のサイズで表示します

この穴、通れるかな。
つまってレスキュー隊出動なんてことにならないかな。
よ〜く確認して・・・

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
 一人旅のお兄さん              私もチャレンジ
 リュックを背負ったままGo           ほとんど貞子状態
 チャレンジャーです。            ♪来る、きっと来る〜♪
                         貞子必死でございます。

ただくぐるだけなのに、息切れがする・・・
ちなみに、小太りな母も通り抜けできましたので
たいていの方は大丈夫です。
若い人もご年配の方も皆チャレンジしていました。
みなさまもぜひ一度。
悪縁をばっさり切っちゃってくださいませ。

安井金比羅宮の前にある坂道をのぼると
「ねねの道」にぶつかります。
八坂神社から清水寺方面に行くときに通る道です。

ねねの道にあるのが高台寺。

次回へ続きます。
0

2011/2/26  20:02

冬の京都B 〜東福寺/三十三間堂〜  北海道/京都/箱根

※ここまでの旅は左のカテゴリー「京都」をご覧ください。

伏見稲荷大社を後にして東福寺へ向かいます。

実は私、東福寺の官長・福島慶道さんにお会いしたことがあるんです。
福島慶道さんは毎年アメリカの大学をまわって禅の指導をしていらっしゃって
私がいた大学にも来てくださったんです。
講演をしたり、皆で座禅を組んだり、書道のパフォーマンスをしたり。
小柄な方なのに筆を走らせる姿は力強く、
お偉い方なのに気さくで、にこやかで、
日本人の私達にお扇子をくださいました。
だから一度東福寺に行ってみたかったです。

【追記】
私が東福寺を訪れて10日後、福島慶道さんがお亡くなりになったと
ニュースで知りました。
世の中にはたくさんの宗教があって信仰も人それぞれ違うけれど、
皆が手を取り合っていくことが大切なのだと話されていたことを
今でも覚えています。
一期一会、あの時の貴重な経験に感謝。
ご冥福をお祈り申し上げます。

さて・・・

JR稲荷駅からお隣りのJR東福寺駅へ。
(京都駅〜東福寺駅〜稲荷駅)

東福寺駅の改札を出た所に散策マップが置いてあります。
ぐるっとまわる道順が矢印でかかれていて曲がる場所の目印なども
書いてあるので一枚もらっていくと便利です。

クリックすると元のサイズで表示します

東福寺までは風土保存地区のため石垣の風景が続きます。
京都は閑散期で金曜日だったせいもあり人がほとんどいなかったので
街並みもゆっくりと堪能することができました。

クリックすると元のサイズで表示します

東福寺の手前に臥雲橋があります。
屋根つきの橋です。
マディソン郡の橋みたい・・・
いい味出てます。

クリックすると元のサイズで表示します

臥雲橋の横は東福寺で、紅葉や楓越しに東福寺の回廊が見えます。
紅葉の時期はそれはそれは美しい光景が広がります。

【東福寺の紅葉はこちらから】
http://tabitano.main.jp/7tofuku2.htm

クリックすると元のサイズで表示します

東福寺 本堂

大きくて立派。
皆、格子戸越しに天井を見上げます。
そして格子からデジカメを突っ込んで天井を一枚パチッと。
なぜかというと、天井には龍がいるから。

クリックすると元のサイズで表示します

蒼龍図

凛々しい・・・

臥雲橋から見えた回廊(通天橋)には参拝料を払って入ります。

クリックすると元のサイズで表示します

通天橋

何て素晴らしい。
床がまっ平らではなく途中高低差があるので奥行きが感じられます。
左右はモミジ、楓、秋は見事でしょうね。
秋は観光客も多く、チビッコも走り回りゆっくりと見られないかも。
そしてこんな写真も撮れないかも。

心のMAXを10とすると
この回廊を見た瞬間一気に4くらいまであがり、
回廊を歩きながら静かに5、6、7・・・と満たされてゆき
9ぐらいでその場を後にする。

全てが満ちるちょっと手前でその場を後にする。
余韻を残して次回につなげる。
それが私の美学。

クリックすると元のサイズで表示します

開山堂へと続く階段も素敵です。

クリックすると元のサイズで表示します

開山堂

色がはげている扉や壁に歴史を感じます。

クリックすると元のサイズで表示します

開山堂の前に座ってお庭を鑑賞。
静かな空間に木が風でザワっと揺れる音が響きます。
心落ち着く・・・
日々の生活ではなかなか感じられない時の流れ。

クリックすると元のサイズで表示します

日が差して床に映し出された格子模様。
時の流れが穏やか・・・

クリックすると元のサイズで表示します

方丈庭園(有料)

時間が止まったかのよう。
海、山、島・・・
働かせるのだイマジネーションを・・・

クリックすると元のサイズで表示します

裏は市松模様の苔のお庭です。

東福寺を大満喫して次は三十三間堂に向かいます。
東福寺から三十三間堂は歩いて20分くらい。

東福寺駅でもらった地図を見ながら
通り沿いの商店街を抜けて、ぷらぷら歩きます。
途中を左に曲がると三十三間堂に到着。

クリックすると元のサイズで表示します

三十三間堂

母が行きたいと言うので何があるのかもわからないままついて行き、
拝観料が600円と知り高いなと思ったのですが、
お堂に入って見上げた瞬間

すごい ◎o◎

と声をあげてしまいました。

100メートル以上あるお堂にたくさんの千手観音。
圧巻です。
行かれたことのない方はぜひ行ってみてください。
おすすめです。

【中は撮影禁止なので写真はこちらからご覧ください】
http://sanjusangendo.jp/

三十三間堂から京都駅までは歩いても15分〜20分くらい。
すぐそこに京都タワーが見えているので、駅までぷらぷら歩きました。

一日目の夜、京都駅の伊勢丹に入っている
洋食屋の西櫻亭に行ってみたのですが、
メンチカツとハンバーグの肉汁にビックリ。
メンチカツなんてナイフを入れた瞬間にジュワって。
細かいパン粉で衣がカリッ、サクッ。
すごく美味しかったです。

さすが洋食の名店ですね。
それっぽい物をそれっぽく出しているような店とは違います。
東京のお店にも行ってみようと思います。

【西櫻亭はこちらから】
http://r.gnavi.co.jp/c050000/
http://www.nichioh.jp/restrants/seioutei.htm

次回はこの旅二日目です。

お楽しみに・・・
0

2011/2/22  23:11

冬の京都A 〜伏見稲荷大社〜  北海道/京都/箱根

※ここまでの旅は左のカテゴリー「京都」をご覧ください。


一日目、京都駅に着いて、まずどこへ向かったかというと パンチ

京都駅からJR奈良線で2つ目の稲荷駅(京都駅から5分)。

改札を出ると目の前にあるのが・・・

クリックすると元のサイズで表示します

伏見稲荷大社

全国にあるお稲荷さんの総本宮です。

私は子どもの頃から赤坂の豊川稲荷によく散歩に行っていて
お稲荷さん好きなんです。
コンちゃん好きなんです。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

お稲荷さんのコンちゃんはいつみても凛々しいんですよねぇ。
ダラダラしているコンちゃんなんて一匹もいません。
神様にお仕えしているんですものね。

なぜここに来たかというと・・・
ガイドブックで千本鳥居なるものを見たから。

それが、これ 

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

企業などが奉納した鳥居が延々続き、その下をくぐって進みます。
迫力あります。
くぐりたい、くぐりたい、テンションMAX 

伏見稲荷大社は山にあって、鳥居が延々と続いています。
山をぐるっと一周するお山めぐりは2時間くらいだそうです。
お時間のある方はチャレンジしてみてください。

【大社マップはこちらから】
http://inari.jp/e_taishamp/

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

おもかる石

お願いをしながら灯篭の上にある石を持ち上げて

想像していたより軽ければ叶いやすく
想像していたより重ければ叶いにくい


チャレンジした人は口々にこう言っていました。

「想像していた重さと変わらないかも・・・」

皆あまりしっくりきていない様子。

こういう石って小さくても重たいんだろうなと思って
私も持ち上げてみましたが、けっこうな重さでしたが
想定内って感じで。

つまり・・・

人生は想像するより難しくもなく、簡単でもない

そういうことでいいかい? いいね?

次行ってみよぉ〜 

クリックすると元のサイズで表示します

ここにも鳥居がいっぱい。
小さいもので三千円くらいだったかと思うのですが、
購入して名前を書いて奉納することができます。

クリックすると元のサイズで表示します

絵馬もコンちゃんバージョンです。
自分で顔を書きます。
おめめラブラブなコンちゃんからヤクザなコンちゃんまで
個性的ですね。

クリックすると元のサイズで表示します

この場所に来た時、ふと我に返りました。
あっ、空気がいい・・・
左側には水が流れ、そして木の香り。
何だかものすごく神聖な感じがしました。
神様の山ですから。

なのに・・・

原付にのったまま鳥居をくぐっていく人もいました。
お〜い、兄さんや、それってありなの?
お山には家もあるので、住民の方でしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

稲荷山一帯、お稲荷さんだらけ。
こういう光景ってなかなかないですよね。

よい縁を結ぶお稲荷さん、
目が良くなるお稲荷さん、
足腰が良くなるお稲荷さん、
などいろんなお稲荷さんがありました。

コンちゃん、また来るからね バイバイ
と挨拶をして伏見稲荷大社を後にしました。

次に向かうは 東福寺

東福寺駅は稲荷駅のお隣りにあります。
(京都駅〜東福寺駅〜稲荷駅)

次回へ続きます。

※今回の旅は左のカテゴリー「京都」からご覧ください。
0

2011/2/20  13:38

冬の京都@ 〜大阪・伊丹空港/京都駅〜  北海道/京都/箱根

母と二人で冬の京都へ行ってきました。
母娘で旅をするのは10年ぶり。

日々の生活に息詰まりを感じた時は、´_`
自分の居場所を離れてみる。
どこかに飛ぶ。
長い人生を生きていくには、それも必要です。

行きはたまっていたマイレージを使って飛行機で大阪・伊丹空港へ。飛行機
そこからバスで京都へ移動。

1日目 伏見稲荷大社〜東福寺〜三十三間堂
2日目 祇園・花見小路〜建仁寺〜安井金比羅宮〜高台寺〜清水寺方面〜
     知恩院〜八坂神社

帰りはぷらっとこだまエコノミープランを使って
新幹線で帰ってきました。

1泊2日の短い旅でしたが朝早く出発したので二日間まるまる使って
けっこうまわれ、見ごたえがあり、充実した旅となりました。

【羽田空港から伊丹空港へ】
まずは羽田空港へ。飛行機
朝からすごい雨。
足元びちょびちょでした。

空港には東京のお土産が大集合。
これから旅立つというのにすでにお土産を買ってしまいそうな勢い。

デパートでは行列のスイーツも羽田空港では並ばず買えると
きいたことがありますが、本当なんだと実感。
堂島ロールなんて三越で行列なのに、
羽田空港ではすぐ買える状態でした。

空港に遊びに行って、飛行機を見て、スイーツを買って帰る
ってのも楽しいかも。

クリックすると元のサイズで表示します

朝8時発 ANA15便、
「東京よ、さらばじゃ バイバイ
ということで、飛行機は海岸線を飛びます。

大阪城が見えてくると・・・

クリックすると元のサイズで表示します

大阪・伊丹空港に到着〜

到着後は徐々に日が差してきました。

クリックすると元のサイズで表示します

空港から京都駅まではバスで移動(大人¥1,280)
京都駅まで55分となっていましたが45分で到着しました。

【リムジンバスはこちらから】
http://www.okkbus.co.jp/timetable/unchin.cgi?rosen=itm_kyt&mode=

【京都駅構内】
クリックすると元のサイズで表示します

駅にはデパート、ホテル、劇場、お土産屋さんなど
いろんなものが入っています。

クリックすると元のサイズで表示します

駅構内には観光案内所があり、地図付きのフリーペーパーなどが
置いてあるので、ガイドブックを持たずに行ってもぜんぜん大丈夫です。
相談カウンターもあってわからないことはスタッフの方がおしえてくれます。
パソコンも置いてあります。

クリックすると元のサイズで表示します

駅の天井は鳥の巣のよう。
吹き抜け空間が開放的で気持ちがいいですね。*^_^*

写真左上に注目 No.1!
向こうまで伸びているこれ、空中回廊なんです。
こう見ると、ほんとうに空中ですね。

通勤時、電車の広告にこれが出ていて
京都が一望できると書いてあったので行ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します

長い長い回廊。
夜はイルミネーションが。
合間に何箇所か展望スペースがあって、そこは天井の骨組みはないので
京都の風景をゆっくり堪能することができます。

クリックすると元のサイズで表示します

展望スペースから見える京都タワーのライトアップ。
近頃、東京スカイツリーが何かと話題だからでしょうか
京都タワーがやけにのっぺりして見えました。
このくらいシンプルでいいんです。

がんばれ京都タワー!!
東京スカイツリーに負けるな!!

とエールをおくってみました。

【ホテル】
さて・・・今回のホテルは

天然温泉 花蛍の湯 ドーミーインPREMIUM京都駅前

【花蛍の湯 ドーミーインPREMIUM京都駅前はこちらから】
http://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/104701/gallery.html
http://www.hotespa.net/hotels/kyoto/
http://www.jalan.net/yad324045/

ネットで見つけた温泉付ホテルです。
私はツインで一泊朝食付7千円(1人)でとったのですが
このホテルが実に素晴らしく快適。
顧客満足度NO.1に輝いたと書いてありましたが納得です。

何が素晴らしいって・・・

大浴場は温泉、サウナ付、浴場内にも琴の音が流れています。
花蛍の湯という名のとおり露天風呂の一角にある竹に電飾がついていて
静かに点滅するので蛍がいるかのよう。
内湯は適度にぬるくややぬるっとするお湯、
露天風呂は適度に熱めで朝は果実湯となります。
(りんごが浮かんでいました。)
適度な温度なので長く入っていられます。

チェックイン時、女性は大浴場入口の暗証番号が渡され
その番号を押さないと大浴場に入れないようになっています。
(番号は毎日変わるそうです)
セキュリティー万全。
大浴場内に洗濯機が置いてあり、無料で使用できます。
(洗剤も無料ですが、乾燥機は有料です)

部屋に用意されている館内着とスリッパでホテル内を歩き回ってOKです。

部屋のドアを開けたら、横に洗面台。
ユニットバスではないんです。
洗面台がトイレと一緒になっているとポットに水をくむのも
衛生的に抵抗があるので嬉しい限り。
洗面台の水は磁気電解水を使用していると書いてありました。
大浴場があるので部屋のお風呂に浴槽はなくシャワーだけ。
トイレとシャワー室は扉で仕切られていて衛生的。

部屋にはプラズマクラスターの加湿空気清浄機があり、
ベットには各社対応の携帯充電器。
置いてある日本茶のティーバッグは京都のお茶屋さん辻利。

夜9時〜、無料でラーメンのサービスがあり
朝食はバイキング形式で京都のおばんざい、京漬物などが並び、
ご飯はツヤツヤもちもち、湯豆腐、湯葉刺しもありました。
朝食はどれもおいしくてビックリしました。

ホテル1階にローソンがあります。
各階にサービスコーナーがあり電子レンジなども置いてあります。
1階にパソコンコーナーもあるので無料でインターネットもできます。

経済的に許されるならこのホテル住めるぞ・・・と思ってしまいますね。
一人旅の女性、出張のビジネスマンも泊まっていました。
これだけの内容でこの安さ、素晴らしいです。
(時期により金額は異なります)

京都に来たときにはここを常宿にしたいと思いました。
駅前ですし、かなりおすすめの宿でございます。

さて次回から何回かに分けて京都の旅をおおくりいたします。

お楽しみにバイバイ

※続きは左のカテゴリー「京都」からご覧ください。
0

2011/2/13  15:08


※今回のお散歩は左のカテゴリー「六本木/芝公園/新橋」からご覧ください。

増上寺を後にして次に向かうは愛宕神社。
一度行ってみたかったんです。
愛宕タワーをめざして行けばたどり着ける・・・はず。

途中、東京プリンスホテル前を通ったら
ル・パン・コティディアン
というベーカリーレストランを見つけました。
ベルギー発祥のベーカリーで今年1月にオープンしたばかり、
日本初上陸の1号店だそうです。

広々していて、かわいくて素敵なお店。
今回は時間がなかったので中には入りませんでしたが
近いうちにまた行ってみます。

【お店の情報はこちらから】
http://www.lepainquotidien.jp/
http://ameblo.jp/kongaripanda/entry-10744176344.html
http://r.tabelog.com/tokyo/A1314/A131401/13120999/

さて、愛宕神社はどこかいなと・・・

近くまできているのに出世の石段が見当たらず、
ぜんぜん違うところを一周してしまいました。
迷った時は原点に戻れということでもう一度同じ道を行くと
ようやく見つかりました。

クリックすると元のサイズで表示します

パワースポットとしてテレビでもおなじみの「出世の石段」

※階段がキツイ方は道をはさんだ所にエレベータがあり、
 境内までのぼれます。

【愛宕神社のHPはこちらから】
http://www.atago-jinja.com/

クリックすると元のサイズで表示します

この階段ですか・・・
これをのぼると出世する・・・かも。

【出世の石段の由来はこちらから】
http://www.atago-jinja.com/meisyo.html

一番上に人がいっぱいいるのがわかると思うのですが
これ、テレビのロケをしているんです。

誰が来てるんだろ。
パワースポットだから島田秀平かな・・・
と思いながらのぼる、のぼる、そして・・・のぼる。

この階段、テレビで見ていた感じでは段数が多いだけだろうと思っていたのですが
一段の高さがあるので、ここをかけあがるのは相当大変です。
しかも、かなりの傾斜。
普通にのぼるのも息がきれて、足がぷるぷるします。
大変ですが出世のためでございますよ。No.1!

ようやくのぼりきって、スタッフさんに
「こちらからどうぞ」
と誘導され、ふと顔をあげたら・・・なんと

目の前に・・・

タモリさんが立っていました。

「あっ、タモリ・・・」

横にはNHKの久保田アナ。

「あっ、ブラタモリ・・・」

そう、NHK「ブラタモリ」のロケ中だったんです。

タモリさんてアルタにいる人っていうイメージが強くて
その辺の道を歩いているイメージがないので
すごく不思議な感じでした。
本物かしら・・・と思って。
にこやかで穏やかそうで紳士で素敵なおじさまでした。ハートx2

皆、ほんとうに楽しそうにロケしていました。
スタッフも爆笑しながら撮ってましたよ。
絶えず笑い声が聞こえてくるって感じで。

スタッフも出演者も仕事としてやっているわけですが、
ここまで和やかに楽しそうにできるのはいいチームであり
だからこそいい番組ができるんだろうなと思いました。
仕事はチームワークが大事ですね。

このブログで何度か「タモリさんを尊敬している」と書いてきましたが
ブラタモリを見る度にロケに遭遇している通りすがりの人たちがうらやましく
いつかどこかで偶然出くわさないかなぁ・・・
出くわしたらいいなぁ・・・
ずぅ〜っとそう思って見ていたのですがまさか現実になるとは。

カメラに映らないように隠れてロケをみていましたが、
来たからには参拝せねば。
カメラが微妙にこっちを向いているけれど
参拝にきていた数人にまぎれて手を合わせてきました。

クリックすると元のサイズで表示します

社殿はとても落ち着いた雰囲気。
私はこういうこじんまりした神社が好きです。

クリックすると元のサイズで表示します

味があってとても素敵でした。
またどこかでブラタモリのロケに遭遇しますように 拍手´_`

クリックすると元のサイズで表示します

社殿の前には「招き石」があります。
石をなでなですると福が身につくそうです。
なでなで・・・

普段お守りは買わないのですが、
出世の石段の上でタモリさんに遭遇したという縁起のいい日を記念して
ちりめん素材で紅白の梅がついた携帯ストラップ式おまもりを買いました。
すごくかわいいです。

タモリさんと遭遇した興奮も冷めやらぬまま
愛宕神社から新橋駅へ向かいました。
汐留のビル群をめざして行けばたどり着けるはず。

頭の中ではブラタモリのエンディングテーマ「MAP」がグルグルまわりつづけ

「たそがれMAP  星空MAP  」

今回は完全なひとり散歩なので歌いたい放題、やりたい放題。

以前、友人と愛宕神社に行こうと思ったら
友人が熱を出し中止、

それからしばらくして別の友人と行こうと思ったら、
その友人も体調不良で中止、

愛宕神社が来るなと言ってるのかしら・・・と思っていたのですが、

あの時もし予定通り行っていたら、この日私は愛宕神社に行かなかったし
タモリさんと遭遇することもなかったと思います。

タモリさんと遭遇したこともスゴイけれど、
私がこの日、この時間に、この場所を訪れる確率、
(計算の仕方はよくわかりませんが・・・)
それがスゴイんです。
自己満足 *^_^*

タモさんLOVEハートx2

ひとりで突然ぷらっと出かけたわりに、
素晴らしい結末を迎えた今回のお散歩。

行き先を決めない、地図を持たない、風まかせの散歩、
いろんなものに遭遇して、結構楽しいです。

花粉をしっかりガードして、皆さまもぜひやってみてください。
1

2011/2/8  21:56


ベーカーバウンスでお腹を満たし、
東京ミッドタウンから、さてどこへ行くか。'_';

東京タワーが近いはず。東京タワー
六本木交差点の交番で東京タワーはどっち方面かきき、
ぷらぷら歩いていくとすぐにタワーが見えてきました。

タワーが見えたらその方向にただ歩いていけばいいだけ。東京タワー
道なんかわからなくてもたどり着けます。

クリックすると元のサイズで表示します

下から眺める東京タワーもいいですねぇ。
私は東京タワーが大好きです。

エレガントで美しいこのフォルムが好き
大都会に凛と建つ姿が好き
夜景の中で一番目をひく姿が好き
光を放ち、血が通っているような生命力を感じる姿が好き

東京タワーは土日祝日に外階段からのぼることもできます。
これ一度やってみたくて。
のぼった人にはノッポン公認の認定証がもらえるそうです。
そのうち行ってチャレンジしてきたいと思います。

この日はお天気がいまいちだったのでタワーにはのぼらず
お土産コーナーを見学。
東京土産っていろいろありますねぇ。
カレーラスクかぁ・・・気になるねぇ¬_¬ 

クリックすると元のサイズで表示します

タワーショップの一角に「三丁目の夕日」のジオラマがありました。
よくできてる・・・

【東京タワーのHPはこちらから】
http://www.tokyotower.co.jp/333/index.html

東京タワーのお隣りにあるのが・・・

クリックすると元のサイズで表示します
もみじ谷もみじ

紅葉の時期はきれいなんでしょうね。
都会の中にこういう空間があるとホッとします。
この日は保育園児のみなさんがお散歩中でした。

もみじ谷のお隣りにあるのが・・・

クリックすると元のサイズで表示します
増上寺 

東京タワーとの2ショットがいいですねぇ。
桜の蕾がふくらみ始め、春が近いことをおしえていました。
桜が咲いたらここから見える風景もまたちょっと違うんでしょうね。

増上寺を出て、今度は愛宕タワー方向へ。
出世の石段で有名な愛宕神社へ向かいます。

出世の石段の上であの方に遭遇したんです。
私が尊敬し、大好きなあの方に。

言いたいけど、まだ言わない NG

お楽しみに・・・バイバイ ̄ー ̄

※続きは左のカテゴリー「六本木/芝公園/新橋」をご覧ください。

0

2011/2/6  13:06


先日、ひとり散歩に行ってきました。

今回の散歩はスタート地点だけを決めて、その後の行き先は決めず、
地図も持たず、自由に、風にまかせて好きな方向に歩くというもの。

風に吹かれてその時の気分で歩いた結果

六本木・東京ミッドタウン〜東京タワー〜増上寺〜愛宕神社

というコースになりました。

そして、最後の愛宕神社ですごい人と遭遇しました。
私が大好きなあの方です。
お楽しみに・・・

さて、お散歩は六本木の東京ミッドタウンからスタート。

六本木は雑然とした街というイメージがありますが
東京ミッドタウンは近代的で広々していて別空間ですね。ビル

なぜ東京ミッドタウンかというと・・・No.1!

前々回ご紹介した恵比寿のハンバーガー店「ブラッカウズ
笑っていいともでコブクロがこの店のことを話していた際、
カツサンドが美味しいお店の話もしていたんです。

その時、黒田くんが
「カツが美味しいというより、ソースが美味しいんだという結論に達した」
と話していたんです。

テレビの力というものはすごいもので、その後お店を訪れる人の多くが
カツサンドを注文しているという話をチラッと耳にしました。

食べたい・・・食べたい・・・

やると決めてもやらない女ですが、
食べると決めたら食べる女です。 パンチ とりゃ〜

その店が・・・

クリックすると元のサイズで表示します
Baker Bounce (ベーカーバウンス)

ハンバーガー、サンドウィッチ、ステーキなどのお店。
店内の雰囲気もアメリカンな感じです。
テイクアウトもできます。

【お店の情報はこちらから】
http://bakerbounce.com/
http://r.tabelog.com/tokyo/A1307/A130701/13037373/

メニューを見るとカツサンドがなかったのでお店の人にきいてみたところ

「ランチメニューの中にはないけれどカツサンドもご用意できます」

ということでした。
こいつもテレビを見て来たのかとバレバレですね。べぇ〜

お茶を頼んだ時、ホットはあるかときくとアイスしかないと言われたので、
アイスでいいかと思ったら
「じゃぁ、氷は入れないでお持ちしましょうか?」
と、お店のスタッフさんも親切でとても感じがよかったです。

クリックすると元のサイズで表示します
スペシャルカツサンド(¥1,113)

けっこうなボリューム
半分で十分だなって感じ。
手で持ってかじってみたけれど食べにくかったので
ナイフとフォークでいただきました。

そして・・・うまい *^_^*

食パンにカツ、コールスロー、トマトがはさまっています。
薄めのカツですが出来立てサクサク、
キャベツもたっぷり。
肉が厚ければいいというものではなくて、
重要なのは全体のバランスなんだなと思いました。

ソースが直接かかっているのではなくて
パンの中にそぼろがはさまっていて、それにソースの味がついているんです。
だから味がクドくない。
普通のウスターソースじゃなくて、何か入ってるな・・・
っていう味。
ソースが美味しいと言っていた意味がわかる気がしました。

ボリュームがあってお腹パンパン

歩いて消化するぞぉ〜パンチ

ということで、次回へ続きます。バイバイ´з`

※続きは左のカテゴリー「六本木/芝公園/新橋」をご覧ください。
0

2011/2/5  19:32


ブラッカウズのハンバーガーでお腹を満たし代官山方面へ。

めざすはキルフェボン代官山店
行けばわかるだろうと思って場所を調べずに行ったのですが
なかなか見つからず。
携帯で地図を見ながらようやくたどりつきましたが、
静かな住宅街にひっそりとたたずんでいました。

銀座店とか青山店のような華々しいオーラがなく
「お店やってる?」
と不安になりのぞきこむと、お客さんも数人しかいない・・・

銀座店も青山店はいつもごった返しているし
ティールームも3時間待ちとかなので
もしかして代官山店は穴場なのかしら・・・

続いて向かった先は・・・

クリックすると元のサイズで表示します

EATALY

【お店のHPはこちらから】
http://www.eataly.co.jp/top/welcom.html

EATとITALYをかけてますな。No.1!
ワイン、パン、パスタ、ハム、チーズ、ジャム、はちみつ・・・
高品質の食材を扱うイタリアンフードマーケットです。

イートインコーナーもあり店内はおいしい匂いが漂っておりました。
パンが美味しそうだったので買ってみましたが、かなり大味でした。

次に向かったのは・・・

クリックすると元のサイズで表示します

シェ・リュイ代官山店 

パン、ケーキ、お菓子が並び、カフェスペースもあります。
代官山ラスクは有名ですね。

今回は代官山ラスクの黒ゴマ味をお買い上げ。
ゴマの風味がきいています。
食感も味もあっさりしたラスク。
ガトーフェスタハラダのラスクみたいなコクはない感じ。

買うにあたりレジのお姉さんにいろいろ質問をしてみましたが
自分の店の商品をいまいち把握していない様子。
そしてそんなに深く答える気もない様子。
売る気はあるのか・・・おいおい

【お店の情報はこちらから】
http://www.chez-lui.com/
http://www.chez-lui.com/shop/daikanyama.html
http://www.imp-shop.jp/

クリックすると元のサイズで表示します

シェリュイのまるまる太ったスイートポテト
まんまる○
お店のオススメだそうです。

次に向かったのは・・・

クリックすると元のサイズで表示します

Picassol

ざっくりまぜた手作り感たっぷりの
スコーン、マフィン、パウンドケーキのお店です。
やさしい甘さで、ホッとします。
卵、砂糖、油を一切使用していないものもありヘルシー。

8年くらい前に一度立ち寄ったことがあり、
素朴な味にホッとした記憶があったので今回も行ってみました。

【お店のHPはこちらから】
http://www.picassol.com/#/contents=1

クリックすると元のサイズで表示します

とても小さなお店ですがお客さんがひっきりなしに入ってきます。
今回はロールケーキをお買い上げ。なると
ざっくり、しっとり、ぺたっとしたスポンジが心和みます。

シンプルですがいろんな味があるのでどれにするか迷います。

クリックすると元のサイズで表示します

この日の収穫

シェリュイの代官山ラスク
EATALYのパン
Picassolのロールケーキ

食べ物ばっかり '_';

さて、帰るぞぉ〜 パンチ
ということで恵比寿駅に向かって歩き
駒沢通りをひょいっと横に入ると

クリックすると元のサイズで表示します

恵比寿神社

こんな所に神社が・・・
ちょっとびっくりしました。

今年も楽しいことがいっぱいありますように・・・
おいしい物がいっぱい食べられますように・・・拍手´_`

代官山ってほとんど行かない場所ですが、
素敵なお店がたくさんあるけれど人が多いわけでもなく、
静かな時間が流れている街だなと思いました。

美味しいものいっぱいの恵比寿・代官山散歩でございました。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ