2010/2/28  12:40


バンクーバーオリンピック フィギュアスケート女子シングル
うちの真央ちゃんは大丈夫だろうか・・・
職場の昼休み、皆でテレビを見つめました。

全てが完璧なキムヨナちゃん、
それに果敢に挑んだ真央ちゃん、
採点基準に疑問がないわけではないけれど、
気迫とハイレベルな素晴らしい闘いに胸が熱くなりました。T_T

総合力の勝利

キムヨナちゃん、あの容姿がかもし出す雰囲気、
しなやかで水が流れるような動き、
最初から最後まで一本の線でつながっているかのような
とぎれることない間の取り方、
プログラムの構成、
品のいいコスチューム、
全てが彼女のイメージにぴったり合って、無理がなく
一つの作品として成り立っていたような気がしました。

多くの観客の前で、期待を背負い演技をする、
緊張、プレッシャーを全く感じないなんてことはありえない・・・

それでもその動揺を他人に悟らせないクールさ。´з`
堂々とした受け答えと本番に強い精神力
今の採点基準の中でどうすれば確実に点がもらえるか。
金メダルを取ることに的をしぼった戦略も完璧 
総合的に見た時、キムヨナちゃんは納得の金メダルだったかなと思いました。

ひとつひとつの要素を積み木のように積み上げて、
客観的に見た時に

「バランスが悪いからこの部分は捨てて、こっちと入れ替えよう」

と時にこだわりを捨て、全体的なバランスを調整し・・・
スポーツは頭脳戦なのだとあらためて感じました。

勝つ者がいれば、負ける者がいる。
タイトルを取る者がいれば、それを奪い取る者がいる。
嬉し涙を流す者がいれば、悔し涙を流す者がいる。
ルールの中で闘う勝負の世界

総合力 No.1!

外見は気にするけれど内面が整わないのは、残念、
内面は素晴らしいのに外見に意識がいかないのも、残念、
遊ぶことばかりに気が行って、働くことがおろそかになっても、残念、
頭がよくても、仕事が出来ても、まわりから信頼されないのは、残念、

総合的にみてバランスが取れているかどうか

無理がないかどうか。

ひとつの物として成り立っているかどうか。

そして・・・

無難」以上であるかどうか

それが整った時、何かを成し遂げられるのかもしれません。

ただ・・・
実際に終わってみるとキムヨナちゃんの世界最高得点より
真央ちゃんのトリプルアクセルの方が記憶に残ったような気がします。

他の人が出来ない大技を高い完成度まで持っていき、
挑戦し、成功する。
それは評価されるべきこと。
何事も現行にとらわれていては発展にはつながらない
そう感じます。

真央ちゃん、私たちも泣いちゃったよ。
あなたの演技と勇姿は素晴らしかった・・・
胸を張って日本に帰っていらっしゃい。
0

2010/2/21  20:38

しっぽ通信 Vol.35  しっぽ通信

今月は東京にも雪がたくさん降りました。雪
寒い寒い毎日もようやく終わりを告げ、
春らしい陽気になるとのこと。

窓を開けたら・・・

クリックすると元のサイズで表示します

お隣りの窓に春のブーケ。
チューリップ 

窓ガラスで霞んでいるこの感じ、
春がそこまで来ているけれど、でももうちょっとお待ちを
そんな雰囲気をとてもよくかもし出しています。
この花が街中を飾る日も、もうすぐです。

ついこの間お正月だと思っていたら、もうすぐ3月・・・
時の流れは速いですねぇ´_`

花粉が来ています。
皆さまも花粉ブロックで乗り切りましょう。

0

2010/2/14  0:19

アニヴェルセル表参道  結婚式

2010年2月13日(土)職場の同僚の結婚式。
場所はANNIVERSAIRE表参道(アニヴェルセル表参道)

前を通る度、奥に見えるチャペルが気になっていたので 結婚式
とても楽しみにしていました。
こんな素敵な所だと招待された方もテンション上がります。

こういう所はウエディングプランナーさんたちもキリッとしていて
さすがですよねぇ。

この日は雪がチラつきとても寒い一日でした。雪

【HPはこちら】
http://www.anniversaire.co.jp/index.html

クリックすると元のサイズで表示します

受付には二人の名前入りのプレート。
鏡になっています。

受付横には新婦のドレス色宛てクイズコーナー。
紙に自分の名前を書いて色が書いてある箱に入れます。
当たった人の中から抽選で一人記念品がもらえると。

ピンク、黒、赤、
黒はないだろぉ〜ということで散々悩んだ挙句
我がチームは女子3人はピンク、男子1人が赤に応募。
答えは披露宴のお色直しで。

チャペル内はカメラマン以外撮影禁止とのことで内部の写真は
撮れませんでしたが、鮮やかなステンドグラスとパイプオルガン、
素敵なチャペルでした。結婚式

【チャペルの内部はこちらから】
http://www.anniversaire-w.jp/space/chapelle/index.html

いままで出席した友人の結婚式で全て泣いている私、
新婦とお父さんが入ってきた瞬間感極まる・・・
早すぎっ 

牧師さんがこんなお話を。

愛とは 自慢しないこと
愛とは 高慢にならないこと
愛とは 自分の利益を求めないこと
愛とは 人のために動き、与えるもの

やけに大きくうなずく女が一人。
納得 No.1!

後半、聖歌隊の女性がソロで歌ったのが
サウンドオブミュージックのナンバー「全ての山に登れ

全ての山を登りなさい、自分が知っている脇道も小道も探りながら
 すべての虹を追いなさい、自分が愛を傾けられる夢を見つけるまでは


修道院長がマリアを励ますこの歌。
私の大好きな歌、感動しました。

クリックすると元のサイズで表示します

式が終わるとフラワーシャワー&ブーケトス。
すっごい寒かったのでブランケットを貸して下さり、
女性はそれを肩にかけて花びらを投げました。
でも一番寒かったのは肩をだしていた新婦だったかも・・・

右側にあるカフェのお客さんたちも渡された小さな鐘を鳴らして
祝福してくれました。
ちなみに二人の初デートはこのカフェだったそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

式が終わると披露宴会場へ。
会場の壁には新郎新婦の子どもの頃から現在にいたるまでの写真。
それを見ながら開宴を待ちます。
人に歴史あり

クリックすると元のサイズで表示します

新郎&新婦席。
お花がきれい・・・
始まると後ろのカーテンが上がり、夜景が見えます。夜
窓の外はテラスになっているので夜景をバックに写真も撮れました。

クリックすると元のサイズで表示します

ウエディングケーキ
新婦のお母様が作ったとか手伝ったとか・・・

クリックすると元のサイズで表示します

招待客のテーブルにもお花
春ですねぇ・・・
やはりすごくいいお花を使っている感じがしました。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
   赤座海老とタルト            季節のポタージュ

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
   真鯛のポワレ           グレープフルーツ味のシャーベット
                      (メイン前のお口直しだそうです)

クリックすると元のサイズで表示します
 牛フィレ肉with赤ワインソース      

クリックすると元のサイズで表示します

デザートビュッフェ  

お色直しを終えた新郎&新婦、クイズの答え発表の瞬間、
ドレスの色が何色か皆扉をみつめます。
扉が開くと・・・いドレス姿の新婦。
会場どっと沸きました。

赤かなって思ったんだよな・・・迷ったんだ私は、
でもピンクに入れちゃった。
記念品は新郎の友人が当てました。
赤に入れた我がチームの男子は勘はすごいけれどクジ運はないらしい。    

クリックすると元のサイズで表示します

キャンドルサービス
でもキャンドルではない・・・

ビー玉&ドライアイスみたいなのが入ったグラスに液体を注ぐと
いろんな色に発光、青、赤、緑・・・次々と色を変えます。
何の化学反応
それともビー玉に仕掛けがあるはて?

新郎&新婦が退場した後はスクリーンに
二人からのメッセージビデオが流れます。
槇原敬之の曲「僕が一番欲しかったもの」にあわせて
招待客一人一人の名前とメッセージが順番に映し出されます。
感動してまた泣きました、私。
マッキーさんの曲がすごくよく合ってました。

新婦が「全てが大満足だった」と言っておりました。
よかった・・・

帰りのエレベーターが途中の階で開くとなんと田中健さんが
立っていたらしいです。
私の場所からは見えなかったんですけど・・・

新婦はご両親への感謝の手紙の中でこう言っていました。

お父さんとお母さんが喧嘩をしているのは見たことがない

お父様もお母様も穏やかそうで、とってもいいお顔をなさっていて、
いい家庭で育った子は彼女のように心の健康な人に育つのだと思いました。
頭がよくて、おおらかで、控えめで、笑顔がかわいくて・・・

帰り道、空から白いものが。
街灯の明かりが落ちてくる雪を照らしていました。
見上げながら彼女のことを思い出して目がウルッと 
嫁に出した嬉しさとさみしさと・・・って親かっ

雪が降る日に結婚した人は幸せになれる・・・

彼女の進む道を暖かな光が照らしますように

彼女のこれからが穏やかでありますように

クリックすると元のサイズで表示します

いっぱい撮った写真をCDに入れて彼女に渡そうと思い、
パソコン印刷をしたものにシールをペタペタ、デコッてみました。
CDケースに入れる表紙ラベルです。
細かい作業・・・ふぅ〜

心を込めて・・・´з`
2

2010/2/7  13:13


東京に雪が降りました。雪
夜から降り出した雪はあっという間に街を白く染め、
私たちの息も心も白く染めてくれました。

積雪も場所によって様々。

まだ誰も踏み入っていないまっさらな雪。
軽く、やわらかく、触れることさえためらうほど繊細。
無垢な少女のようにやさしく微笑みます。

誰かに踏みつけられ土で汚された雪。
上から押さえつけられ、さらに硬くなり、
固まったその心は自らを解きほぐす術を見失います。

上から落ちた雫に打たれ穴のあいた雪。
心にぽっかりとあいた穴のよう。
ただそこにたたずむだけ。

やがて日差しが街中を照らし始めると彼らはキラキラと輝き、
何事もなかったかのように溶け姿を消していきます。
穏やかで暖かな日差しに心を許したかのように・・・

姿を変えた彼らはどこかに流れ、土を潤し誰かの成長を助け、  
寒くなればまた固まって、
暖かな日差しを受ければまたとけてどこかへ流れ・・・
何度も何度も繰り返し、いつしか自らの役割を知るのでしょうか。

北風と太陽 台風VS晴れ
旅人は暖かさにコートを脱ぎ・・・

傷ついた心はぬくもりに心をひらき、
鎧を脱ぎ捨て、一歩を踏み出し・・・

積もった雪と人の心はとてもよく似ています。
0
タグ:  積雪 東京



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ