2009/3/29  10:46

薄桃色の秘めた想い  四谷

クリックすると元のサイズで表示します

春の風薫る、桃色の道。

木の根本から顔を出した幼い枝がゆらゆら。
 「何をしているの?」
尋ねると、彼らはこう答えました。

 「早く大きくなりたくて背伸びをしているんだ。

大人への好奇心は、いつしか夢と憧れへ。
はやる気持ちは、ただひたすら上へ上へ。
大きな根を張ることを知らぬまま・・・

薄桃色のひらひら達が、私を追い越していきました。
 「なぜそんなに急いでいるの?」
尋ねると、彼らはこう答えました。

 「遠くの世界をいっぱい、いっぱい見たいんだ。」

一箇所にはとどまれない・・・
若さと夢と憧れは追い風にのって、人々の間をすり抜けていきました。

ふと見ると、立ち尽くしている薄桃のひらひら達。
 「どうしたの?」
尋ねると、彼らはこう答えました。

 「誰かの肩にのって遠くへ行こうと思ったら、
   風に吹かれて落ちてしまった 

希望は向かい風に打ち消され、前に進むこともできずにいました

風に巻き上がり、あてもなく地面をさまよう薄桃のひらひら達。
 「どうしたの?」
尋ねると、彼らはこう答えました。

 「迷子になって、どこに行けばいいのかわからない・・・

好奇心は現実を知り、いつしか戻る道を見失っていました

開かぬまま散った薄桃の蕾たち。
 「どうして?」
尋ねると、彼らはこう答えました。

 「風の強さに耐えられなかった。きれいに咲きたかったのに・・・

自分の弱さと限界は、無念という名の哀しみへ
しっかりした自分の根を持つべきことを知るのです

それぞれの人生は、春の風に吹き上がり大空へ・・・
大都会の小さな空にも
大きな大きな薄桃色のスクリーン
を描き出します。

風に吹かれ、歩き、迷い、さまよい・・・
好奇心旺盛で、あわてんぼうで、やんちゃで、繊細で、けなげ・・・
そこに映し出される彼らの姿は、どこか私たち人間に似ています

だから毎年、話がしたくなるのです。
彼らが描くスクリーンに自分を映しながら・・・

今年も四谷の桜は艶やかに・・・。
【四谷の桜はこちらをご覧ください】
http://angel.ap.teacup.com/yotsuyanoshippo/119.html
http://angel.ap.teacup.com/yotsuyanoshippo/120.html
http://angel.ap.teacup.com/yotsuyanoshippo/121.html
http://angel.ap.teacup.com/yotsuyanoshippo/122.html
http://angel.ap.teacup.com/yotsuyanoshippo/56.html
http://angel.ap.teacup.com/yotsuyanoshippo/57.html
http://angel.ap.teacup.com/yotsuyanoshippo/2.html
0
タグ:  四谷 四谷の桜

2009/3/7  16:30

グランドセントラルオイスターバー&レストラン丸の内店  グルメ

仕事が忙しくないうちにと有休消化に精を出し、今回は友人とランチへ。
雨続きの毎日、久々の晴れ間に花粉もたくさん飛んでおりましたわ

OYSTER BAR & RESTAURANT 丸の内
もう10年も前、私はニューヨークに行きました。
そしてGRAND CENTRAL STATION内のこのレストランへ。
ニューヨークに行ったらぜったい行こうと思っていたので。
んで、行ったらさ・・・年末年始で閉まってやんの  ありゃま

アメリカ人よ・・・
年末年始も働けぇ〜、こらぁ〜 
そんな哀しい思い出のあるお店。
ニューヨークが本店、品川が世界2号店、そして丸の内店が3号店だそうです。

【お店のHPはこちら】
http://www.oysterbartokyo.com/index.html

クリックすると元のサイズで表示します

お店に入ると、黒スーツに身を包み、仕事ができそうなキリっとした女性が
席へと案内してくれました。
お店の中はニューヨーク本店の雰囲気そのまま。
私たちは フライドオイスターHALF&HALF Style(1300円) とやらをご注文。
要するに、日本スタイルのカキフライ&ニューヨークスタイルのカキフライが
両方のっているというもの。

クリックすると元のサイズで表示します

まずはクラムチャウダーかサラダを選びます。
私たちはクラムチャウダーにしました。
カップに入れたチャウダーを目の前のお皿にドロ〜ンと入れてくれます。
袋に入ったパイを 『おりゃ〜っ』 と入れて食べました。
濃厚でおいしかった・・・

クリックすると元のサイズで表示します

続きましてぇ〜、メインのカキフライでございます。
下にフライドポテトが敷いてある辺り、いかにもアメリカっぽい。

左から3つがニューヨークスタイル、右2つが日本スタイル。
何が違うかと言うと、衣が違うの。
日本のカキフライはパン粉をまぶして揚げますが、
ニューヨークスタイルは粉をまぶして揚げてあると。
醤油ぅ〜こと です。
ニューヨークスタイルの方が食べやすい感じですね。
ふっくらしていておいしかったです。

この店、何が素晴らしいかって、最後のコーヒーと紅茶。
カップがものすごくちゃんと温めてあるんです。
飲み終わってもまだ温かいくらいに。
そこまでちゃんと気を使っていることに感動。

味噌汁などの汁物がぬるい状態で出てくると、料理の印象も悪くなりますよね。
客の立場にたって、ひとつひとつにこだわる大切さ・・・
それを感じた時、入店した時のキリっとした女性店員さんの雰囲気と重なって
ちゃんとしてるかも、この店・・・
と思ってみたのでございます。
本店の歴史も背負ってますものね。
んで、コーヒー自体もすごくおいしいの。
今度は夜に行って、大好きな牡蠣をたらふく食べたいと思います。

キルフェボン銀座
お買い物を楽しんだ後、キルフェボン銀座でティータイム
平日だというのに2階ティールームは一時間待ち。
ウェイティングリストに名前を入れて、一時間後に戻ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

チリ産トンプソンのタルト(1ピース630円だったかな?)
硬くパツパツの皮が新鮮さを物語っています。
甘みと酸味がいい感じ。
トンプソンて種もなく皮のままパクっといけるから私は大好きです。
パツっとした皮の食感がたまりません。
スパッとカットされた断面からもよくわかりますよね。

葡萄の下はサワークリームとカスタードクリームを混ぜたクリーム。
3月〜4月の期間限定タルトです。
私はアッサムティーと一緒にいただきました。
濃い目の紅茶がおいしかったです。

【キルフェボンのHPはこちらから】
http://www.quil-fait-bon.com/menulist.php?tsp=1

1階へ降りてくると、ブラックペッパー味のクッキーを発見。
食べてしばらくするとブラックペッパーの香りが。
ビールください 
と言いたくなる大人味のクッキーです。

昨年、友人の家に行った時、旦那さんへの手土産に持っていった
キルフェボンのパウンドケーキ ←こちらをクリックしてご覧くださいませぇ 
旦那さんはとても気に入ってくださったらしく、友人は2箱買って帰りました。
このパウンドケーキはおいしいし、大げさでもなく、手土産にオススメですね。

そうそう・・・
銀座のH&Mものぞいてきました。
あれだけ話題になる店ってどんなもんかと。
平日だったので混んではいませんでしたが・・・
確かに安いけれど・・・私は買いたいとは思わなかったかな。
なぜあんなに行列するのか、徹夜組まで出るのか・・・わかりません。
(好みというものは人それぞれ違うので、私の好みに合わなかったってことでしょうけれど)

私たちは巷の情報に左右されながら、欲求を満たす場を求めながら生きてるっぽいな
よく言えば好奇心・探究心? 
悪く言えば、満足知らずの新しい物好き
でもその情報に流されちゃった方が幸せになれる気がしますね。
変に疑問を持ち始めると、非常におかしな物に見えて純粋に楽しめなくなるから。

でもさ・・・
話題だからと手に入れてみても、質が良くなかったり、それほどおいしくなかったり。
期待が大きすぎて、たいてい裏切られるような気がします。
並ぶのが面倒くさい私は、並んでまで欲しくないって感じ 
それを手にした友人たちも口々に言うの 「並ぶほどではないよ」と。
理想&期待を満足させてくれる物なんて、そんなにいっぱいあるんだろうか???
テレビに映し出される行列に、影響されやすい人間の姿が見え隠れするような気がします。

人は・・・
話題だから 並ぶのか?
それが欲しいから 並ぶのか?
みんなが並ぶから 並ぶのか?
徹夜で並ぶこと自体が楽しいから 並ぶのか?
手に入れても裏切られるから次を追い求めるのか?

世の中には、幸せなこと、質のよい物、おいしい物はたくさんあります。
たった一つ、自分に合う、心から満足できるものがあれば、他を追い求める必要も、
情報に惑わされることもない。
それを見つけることができない、満足できない、無い物ねだりの現代人・・・

一時のブームが去ると、何事もなかったかのように人も散っていき、
そして新しいブームへ乗り換え、そこにまた行列ができる。
豊かで物に囲まれていても、どこか虚しく感じます。

よい物を扱う店には、ブームに関係なく常に客が集まってきます。
それが 本物 
それを見極めるのは、そんなに難しい事ではないと私は思いますよ。

理想&期待は、ほどほどに・・・
0

2009/3/1  13:23

IKEA船橋へ行ってきました  分類なし

行ってまいりました、IKEA船橋。
オープン以来、一度は行ってみたいと思っていたスウェーデンの家具屋さんです。
【お店のHPはこちら】
http://www.ikea.com/jp/ja/

クリックすると元のサイズで表示します

JR京葉線「南船橋駅」前 
団地&高いマンション、あとは・・・空き地。
わっ、土地がいっぱい余ってるぅ・・・って感じで。
昔のお台場を思わせる、そんな場所にIKEA船橋店はあります。
こういう場所でないと作れないのでしょうね、こういう巨大なお店は。

土日はかなり混むそうですが、この日は平日だったのでお客さんも少なく
ゆっくり見てまわれました。
2階がショールーム&レストラン 
ショールームに展示してある生活雑貨は1階で売っています。

お店に入口に置いてあるショッピングリスト&えんぴつ&メジャーを持って
2階のショールームへ。
やっぱり安いですよ。

買う気もないのにベッドの硬さを確かめ、『おっ、いい硬さだぞ』と。
買う気もないのにソファーの座り心地を確かめ、『こりゃ、座りやすいぞ』と。
買う気もないのに枕の寝心地を確かめ、『もうちょっと硬いほうがいいかなぁ』と。

キッズコーナーでは縫いぐるみとかすごい安かったです。
気に入った家具についている商品名&棚・列番をメモし、最後にたどり着くのがここ
セルフサービスエリア」。

クリックすると元のサイズで表示します

すごい広いの・・・
こっちからあっちまで全力ダッシュしたくなる。 おりゃ〜っ
よい子はマネしないようにね。
悪い子もマネしないように・・・

この棚から希望の商品を自分でピックアップして奥のレジへ。
上の棚なんて、大変そう・・・
自分のことは自分でやるのだぁ〜
それでいいのだぁ〜
不明なことはお店に置いてあるパソコンで検索。
だから買い物中お店のスタッフにはほとんど出くわしません。
人件費を削減すれば物は安くできるのだぁ〜

人間はどうして倉庫型店舗にテンション上がるのだろう 
この天井の高さと開放感が財布の紐をゆるめるのかもね。

クリックすると元のサイズで表示します

レジを出たところにあるのがスウェーデンフードマーケット
試食が出ていたこのクッキー、おいしいの。
おいしさのあまり、3回くらい試食しちゃいました・・・ごめんなさい。
1箱850円くらいだったかな。
IKEAファミリー会員(入会費・年会費無料)になると650円くらい。
オーツ麦の生地にチョコが挟まっています。
6枚入り(298円だったかな?)もあります。

ジンジャーブレッドでお菓子の家が作れるセットとかも売ってました。
子どもの頃読んだお菓子の家のミニチュア版。
楽しそう・・・

クリックすると元のサイズで表示します

今回はキャンドル(36個パック599円)2種類をお買い上げ。
グリーンアップル&ベリー系でとってもいい香り。
2パックも買ってしまったので、職場の同僚、友人に配っております。
そしてしばらくはキャンドルナイトを楽しみたいと思います。
ローズ、バニラ、パッションフルーツの香りもありました。

そして・・・ヘビのにょろ吉(99円)も。←特別出演ということで・・・
肩にのせて散歩に行きたいくらい愛嬌のあるかわいいヤツです。
にょろ吉くんで金運アップ!!
ニョロッと

ちなみにレジでの紙袋は 有料 です。(小15円/大20円)
マイバックを持って行くことをおすすめいたします。

安いから、食器とかいっぱい買いたかったなぁ・・・
レストランもすごくきれいな感じで開放感がありました。
【レストランはこちらから】
http://www.ikea.com/jp/ja/store/funabashi/restaurant
私はまた行ってみようと思っています。
車で行くのが一番いいね。

海浜幕張駅前の三井アウトレットパークにも寄ってきました。
友人は23000円のバッグを7000円くらいでゲット。
春色のかわいいバッグ。
今や服だけではなく電化製品のアウトレットショップも人気ですよね。
インターネットでは食品のアウトレットショップもあるし、
街中にはスイーツのアウトレットショップもあるとか。
売れ残り、キズ物、型落ち、箱が付いていない、シールがヨレている・・・
ちょっとした原因でこれだけ安くなるんですからビックリしますね、ほんと。
在庫としてかかえているよりも、安くても売った方が利益にはなりますもんね。

幕張って私は行かない街。
ディズニーランドとか行く時も思うんですけど、あの辺りって工場とか高層ビルが多くて、
生活感があまり感じられないですよね。
漂っている空気がどこか違う。
だからかな、普段の外出よりも疲労感が。

IKEA船橋、私は一日遊べると思います。
次回はリュックサック背負って行ってみよ。
0
タグ: IKEA 船橋 幕張



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ