2008/10/25  18:41

しっぽ通信 Vol.19  しっぽ通信

今年も残すところあと2ヶ月となりました。
一年て、ほんとに早いものですね・・・って毎年言っている気が。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

先日、友人宅へ向かう途中、こんな場所に立ち寄りました。

クリックすると元のサイズで表示します

大都会の小さな小さなコスモス畑。
夏には紫色の花が咲くこの場所、通るたびにホッとさせてくれます。
向こうに見えるは我が母校・四谷中学校(当時は四谷第一中学校) 
卒業式の日、先生&友人と写真を撮った校門前 
あれから数十年、門の中では当時と変わることなく、若さと希望に胸を躍らせる日々が
続いているのでしょうね  

先生はお元気だろうか?
同級生はどうしているだろう?
お母さんになって毎日子育てに追われているのかな?
バリバリ仕事をしているかな?
爽やかな秋風に吹かれながら、懐かしき友を想ってみました。

人は「あの頃はよかった・・・」と過去を振り返るけれど、未来の自分も今の自分をうらやましく
思っているかもしれません。
思い出の詰まった母校のある側が 過去 ならば、今の自分が立っているこっち側は 現在

大丈夫、花はいつだって自分が立つ「今この場所」に咲いています

黄花コスモス越しの風景が、私にそう語ってきました。
ポニーテールは振り向かない(懐かしき大映ドラマ・・・)
「四谷のしっぽ」も振り向かないんだぞぉ、おりゃ〜っと 
※「馬のしっぽ」と「四谷のしっぽ」をかけてみました。

クリックすると元のサイズで表示します

ビタミンカラーと言われる黄色は、有彩色の中でも1番明るい色。
光の屈折率が小さいので、飛び出たように見える「進出色」。
他の色の花より黄色の花の方が前にあるように感じられるのはそのせいなんですって。
「希望・幸福・健康・好奇心」のイメージを持つ黄色は
前に進もう 
と前向きな気持ちにしてくれます。

もうすぐ紅葉の季節、街中が黄色に包まれます。
秋は「希望」と「活力」に満ちあふれる季節なのかもしれません。
黄色のビタミンパワーをいっぱい、いっぱい浴びましょう。

土質を選ばない強い花「黄花コスモス」、花言葉は野生美
生命力にあふれ、飾ることなく咲き続けるその姿に、楚々とした強さを感じます。
人間もそう生きていきたいものです。
どんな場所でも、強く、やさしく、美しく・・・  
0

2008/10/5  12:13

ビーサンで去って行った君へ・・・  しっぽコラム/エッセイ

「赤い羽根共同募金にご協力をお願いしまぁ〜す!!」

先週、みなさんも耳にしたかもしれませんね。
私の職場付近では毎年、制服を着た女子高生が3人1組で街頭に立っています。
あ〜、もうそんな時期になったんだなぁ・・・
そう思っていると、私の前を歩いていた青年が彼女たちに近づいて行きました。
リュックを背負って、七分丈の短パンをはいて、ビーチサンダルをはいた男の子。
大学生かと思われます。

彼女達の前に来ると手に持っていた小銭を募金箱の中へ。
赤い羽根を受け取ると、彼女達に会釈をし、ビーチサンダルをペタペタさせながら
去っていきました。
私はちょっと ビックリ
なぜなら、今時の若い男の子が募金をしている姿を初めてみたような気がしたから。
毎年、サラリーマンの男性やご年配の方が募金する姿しか見たことがなかったから。
彼の風貌と募金という行為、頭を下げる行為が結びつかなかったから。

あの男の子は・・・
初めから募金しようと思って小銭を持っていたのかな?
コンビニで受け取ったおつりが邪魔くさかったのかな?
学生はそれほどお金を持っているわけではないし、募金なんてあまりしないだろうに。
あの青年は、いったいどんな人なんだろう?
「お名前だけでも・・・」
ときいたら
「いえ、名乗るほどの者ではありません 」
とか言うのかな?
私の頭の中でいろんなことが浮かんでは消えていきました。
理由はどうであれ募金し、彼女達にちゃんと頭を下げ去っていった男の子が清々しくもあり、
かわいくもあり、一日いい気分。

「最近の若者は・・・」という言葉、これって今に限らずいつの時代も言われ続けてきた言葉
なのだと思います。
私の世代も、私の親世代も、もっとずぅ〜っと前から・・・
各世代が一緒に生きているから出てくる言葉。
時に見た目の先入観から出る言葉だったりもするのかな。

世の中にはいろんな時代・環境を生きてきた人がいて、考え方もそれぞれ違うけれど、
様々な個性の中でも何が大切なのかという根本は1つなのだと思います。
それは「当たり前」のこと。
親が子どもを育てていく中で教えること、例えば
「ちゃんと挨拶をしなさい」
「みんなと仲良くしなさい」
「人のことを考えなさい」
「責任感を持ちなさい」
「感謝の気持ちを持ちなさい」 とか。
当たり前と言っちゃ当たり前のことが、大人になっても意外とできてなかったりするんですよね。
あの青年が頭を下げて行った何気ない姿に、そんなことを思ってみました。

ビーサンで去っていった青年と心地よい秋の風に、私の心も洗われました。
青年よ、ありがとう 
でも、そろそろビーサンは寒いかも 
風邪をひかないようにね。
若いから大丈夫か・・・

さてさて・・・
そろそろ、あれが届く頃なんだよな。
10月8日発売のあれが・・・
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ