2007/12/31  11:44

年末のごあいさつ  グルメ

2007年もあと一日となりました。
大晦日、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

今年4月から始まりましたこのブログ、
一週間に一度・・・
ヘタすると2週間に一度しか更新されないこのブログ・・・
いつも遊びにきていただきまして、ありがとうございました。
来年も、どうぞよろしくお付き合いください。

さてさて、昨日、友人と年内最後のお食事会。
今年オープンした東京駅の駅中『Gransta』、新しくなった大丸へと行ってまいりました。
年末の東京駅、そりゃごった返していましたよ。
帰省する人、旅行へ行く人、地方から東京へ来た人・・・
みんなキャリーケース引っぱってるもんだから、歩きにくいのなんのって。
東京バナナ売り場には行列ができておりました。
そうか、やっぱり東京バナナなのか。

まずは大丸10階『茶寮 都路里』へ。
有名な京都のお茶屋さんですね。
私はよくカレッタ汐留内の店に行くのですが、大丸東京店にも入ったとのこと。
『都路里』といえばいつも行列ですが、この日は昼ごろ行ったのがよかったのか空いていまして、すぐに入れました。

クリックすると元のサイズで表示します

まずは、年越しそば。
関西風薄味の茶そば(¥781)。
ん゛、シンプル。
来年も、細く、長〜くいきましょう。

クリックすると元のサイズで表示します

『都路里』に来たら、これですよね。
抹茶パフェ、その名も『特選都路里パフェ』。(¥1,401)
マジうまです。
何がおいしいって、中に入っている抹茶アイス。
濃いの、濃いのよ、奥様・・・
そして、上に乗っかっている抹茶生クリーム、これまたうまいのよ、奥様・・・
ほうじ茶パフェなどもあります。
写真を撮っていたら、あっちこっちでシャッター音が。
隣りのおじさんも写メしてました。

汐留店では持ち帰り用のカップ抹茶アイスが売られているのですが、
大丸店は、売っていませんでした・・・残念。
その代わりと言ってはなんですが・・・
大丸東京店オープン記念の限定パフェ『古都パフェ』(1,401円)なるものがありました。

ちなみにこの抹茶アイスはナポリアイスが製造しています。
ナポリアイスとは四谷にあるアイスクリーム屋さん。

丸ビル前では、クリスマスに引き続き、こんなイルミネーションが・・・

クリックすると元のサイズで表示します

ツリーはお花(ビオラ)でできていて、道にも敷き詰めてあります。
冷たい風にゆらゆら揺れるビオラが、とてもけなげ。
今年も暮れていくのだなぁ・・・としみじみ。

年末は何かと忙しいのに・・・
忙しいのに・・・
忙しいはずなのに・・・
『華麗なる一族』の一挙再放送なんてするものだから、あたしの予定はくるいっぱなし。
見ちゃうじゃないのさ。

みなさんの2007年はどんな年でしたか?
来年も、楽しい1年となりますように

では、よいお年を・・・
0

2007/12/24  11:23

Merry Christmas!!  クリスマス/イルミネーション

Merry Christmas

今年もやってまいりました、クリスマス。
みなさまいかがお過ごし?

クリスマスといえばケーキ。
今年のクリスマスケーキは『サロン・ド・テ アンジェリーナ』にしてみました。

クリックすると元のサイズで表示します

写真奥がモンブラン、手前右が『フローリー』、左が『ピュルテ』
いつもはモンブランしか買わないのですが、クリスマスということで他のケーキにもチャレンジ。

【モンブラン デミサイズ¥473】
アンジェリーナといえば、モンブラン。
超有名ですよね。
私がこれまで口にしたケーキの中で、一番感動した味。
メレンゲ台の上に、濃い牛乳味の生クリーム、その上に渋皮入りの栗ペースト。
まず、これらを別々に食し、それぞれの味をお確かめください。
その後、3つを同時にお食べください。
絶妙なバランス。
この生クリームは、ほんとおいしい。
クリームの全く甘くないところが、この絶妙なバランスを生んでいるのではないかと思います。
友人も、友人のお母さんも、我が家の母&兄も絶賛のケーキです。

【フローリー ¥525】
カスタードクリーム&バタークリーム&フルーツが混ぜ込まれたクリームがはさまったフランス風ショートケーキ。
このスポンジは、しっとり、ふんわり、やわらかく、キメが細かい・・・かなりポイント高いです。
今まで食べたスポンジの中で、No.1です。
おいしかった。

【ピュルテ ¥546】
赤ワインパウダー入りのビスキュイの上に、ホワイトチョコレートのムース。
ムースの中には苺のジュレが隠れています。
全体的にホワイトチョコレートの味なので、食べているとやや飽きてくる感が。

今年の『サロン・ド・テ アンジェリーナ』クリスマスケーキは2種類。
1つは、毎年恒例モンブランのホールケーキ『モンブラン ドゥ ノエル(¥3150)』。
もう1つは、生クリームのショートケーキ『フレーズ ドゥ ノエル(¥3150)』。
生クリームが超おいしいアンジェリーナですから、ショートケーキはかなりいけてるのではないかと思われます。

みなさんは、クリスマスにどんな思い出がありますか?
子どもの頃は毎年、親戚の伯母夫婦がケーキ&お菓子を持ってきてくれまして。
それが楽しみでね・・・
そしてケーキ上の『Merry X’mas』と書いてあるチョコプレートとサンタの砂糖菓子、どっちがどっちを食べるか兄ともめるわけさ。
うちの家族&伯母夫婦でささやかなクリスマスパーティーをするのが、毎年の恒例で。
伯母夫婦には子どもがいませんでしたので、我が家だけでなく、小さい子どものいる親戚の家には毎年ケーキを届けていたそうです。
ありがたいことです。
今は2人とも亡くなりましたが、クリスマスが来るたびに思い出しますね・・・

幼稚園の頃、同居していた祖母の部屋にお泊りするのがマイブームでして。
その年のクリスマスも祖母の部屋で寝入っておりましたら、夜中に起こされまして。
見ると、窓のところにプレゼントが置いてあるではありませんか。
そして祖母は
『今さっき、サンタさんが来たんだよ。』
と言うわけ。
箱を開けると、くまの縫いぐるみが入っていて。
『わぁ〜、あたしが欲しいって言ったぬいぐるみだぁ〜』
って、子どもな私は大喜びだったわけだね、これが。

ちょっと大きくなってからふっと思い出したの・・・
クリスマスのちょっと前、三越のチラシを持って祖母が私にきいたのさ。
『この中でどれが欲しい?』
そして私はこう答えたのさ。
『この、くまの縫いぐるみが欲しい。』と・・・
数日前に起こったそんな出来事は私の記憶からすっかり消えており、サンタクロースが来たのだと疑わなかった、そんなかわいい時代が私にもありました。

四ツ谷駅の横に『イグナチオ教会』という大きな教会があります。
クリスマスにはミサが行われ、誰でも参加することができます。
出入り自由、後ろで見るだけでもOKですよ。
この教会の鐘は、毎日町中に響き渡っているのですが、クリスマスの時はこれでもかってくらい鳴り響きます。
毎年、それを聞きながら一杯

では最後に、クリスマスレシピを1つご紹介します。
前回ミシガンでのクリスマスの話をしましたが・・・
ミシガンのおばあちゃんが作っていたパーティー用のディップ。
超おいしかったのでみなさんも作ってみて。

【材料】
クリームチーズ 適量
小口ねぎ 適量

@フードプロセッサーにクリームチーズを入れ、練る。
A小口ねぎのみじん切りを加え、更に練る。

※クリームチーズが緑色になるくらいまで練ります。
※もし硬いようなら、牛乳などでのばして軟らかくしてください。
 お好みの調味料で味を付けると、さらにおいしいと思います。

完成!!
簡単でしょ。
クリームチーズとネギという組み合わせが、意外と合うんですよ。
あまり思いつかない組み合わせですよね。

このディップをいろんなものにつけて食べます。
例えば、ポテトチップ、トルティーヤチップスなどなど。
(カロリーがちょっと心配ですけれども・・・)
パンとか、蒸かしたじゃがいもなど、いろんなものに付けられますので、ぜひぜひお試しください。
大人の味です。

2007年もあとちょっと。
年賀状も出したぞ。
換気扇も洗ったぞ。
いつでも来いっ、2008年!!
その前に、当たれっ、年末ジャンボ!!

てな感じで、残り数日を過ごしてまいりたいと存じます。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ