2007/11/25  19:29

しっぽ通信 Vol.8-A  しっぽ通信

どうも、しっぽです。
寒い・・・
では、では、明治神宮散策の続きを。

参拝を終え、参道脇の道を進みます。

クリックすると元のサイズで表示します

深呼吸をしながら、森林浴。
鳥の声を聞きながら、森の奥へ、奥へと。

そこに広がっているのが・・・

クリックすると元のサイズで表示します

明治神宮の中で、私が一番好きな場所。
代々木のドコモビルがそびえる、なんともよい景色。

芝に座って本を読む人、
ゴロリ〜ンと寝転んでいる人、
芝をかけまわる子ども・・・などなど

ちなみに私は『ゴロリン派』。
空がデカイ!!
最高に気持ちがよろしいのでございます。
お弁当持参がおすすめ。
春夏は緑の芝となり、秋はトンボが飛び回ります。

この広場にあるのが、『宝物殿』

クリックすると元のサイズで表示します

明治天皇と昭憲皇太后がお使いになっていた日用品などが展示されています。
以前訪れた時、昭憲皇太后のピンクのドレスが展示してありまして。
その前に立ったとき、そのドレスが動き出しそうな不思議な感覚にとらわれまして。
物にはその人の魂が宿るってことかいね?
ちょっとこわくて足早に立ち去りました。

クリックすると元のサイズで表示します

広場入口には、こんなお池もあります。
水を眺めていると、心が落ち着きますね・・・

明治神宮は、他にも見所がございますよ。
御社殿近くにある御苑には、菖蒲園、蓮の花が咲くお池、湧き水の井戸もあります。
こんな都会の中で感動です。

帰る頃にはオーラぴかぴか。
ありがたき森の力。
明治神宮散歩でした。

今年もカウントダウンが始まりました。
でも、世間はまだまだイベントだらけ。
街中がきれいに輝く季節。
クリスマスは、もうすぐそこ・・・
0

2007/11/18  18:06

しっぽ通信 Vol.8-@  しっぽ通信

どうも、しっぽです・・・
すっかり寒くなりました。
みなさんお風邪などひいていませんか。

つい先日、有給休暇を取りましてね。
新宿へお出かけついでに、明治神宮をお散歩してまいりました。
ここは、私にとって特別な場所でして。
日々のストレスで
『おやっ、オーラがくすんでるかも・・・』
と思った時に行く場所。
なぜかというと、これでもかってなぐらいに木があって、
一歩足を踏み入れると鳥の声しか聞こえないから。
外は代々木、原宿、表参道、人や車が行き交っているというのにこの森は別世界。
どこかに旅行へ来たような、そんな錯覚におちいります。

人間は自然からパワーをもらって生きています。
オーラを癒すには素晴らしくよい森なのでありまするぅ〜

私はいつも神宮外苑から千駄ヶ谷駅前を通り、北参道口から入ります。
神宮外苑から歩いても10分〜15分くらい。
入口には自転車置き場もあります。

クリックすると元のサイズで表示します

明治神宮は明治天皇と昭憲皇太后をお祀りする神社。
鳥居には菊の御紋
陛下、お邪魔いたします。ペコリ〜

一歩踏み入っただけで、空気がガラッとかわります。
砂利をジャリジャリ踏みしめながら、まずは参拝。
参道を歩くと、神聖な気持ちになります。

クリックすると元のサイズで表示します

御社殿に到着ぅ〜
外国人の観光客がけっこう多いですね。
行くと結婚式をやっていることが多く、白無垢姿のお嫁さんを目にします。
この日も結婚式をしておりましてね。
平日に・・・?
どういう理由で・・・??
といろいろ想像しながら
『どこのどなたかは存じませんが、これから2人でがんばって!!』
と巨人の星の明子姉さんのように陰ながら応援してみました。
ちなみに・・・
この日のお嫁さんの白無垢には、神田うのちゃんのようなフリルは付いていませんでした。

神社に来ると、ついつい人が書いた絵馬を見てしまいません?
みんな何をお願いしているのかなぁ・・・って。
この日もちょっと拝見。

みなさんはお参りした時、どんなお願い事をしますか?
家族が健康でありますように?
彼氏、彼女とずっと一緒にいられますように??

私は、自分のことはぜったいお願いしません。
世界が平和で、みんなが幸せになれますように・・・と。
何でかといいますとね、小学生の時にこんなことがあったんです。

七夕集会で、各クラス1つお願い事を発表することになりまして。
クラス全員が短冊に願い事を書いて、その中から1つクラスのお願い事を
決めることになったわけ。
子どもですからね、みんな自分のことを書くわけさ。
ゲームを買ってもらえますように・・・とか
将来、○○になれますように・・・とかね。

そんな中、1人だけ
『戦争がなくなりますように』
って書いた友人がいましてね。
先生は、
『みんな自分のことを書いた中、これはみんなのことをお願いしています。
 だからこれをクラスの願い事として集会に出します。』
って。

その時、私の短冊には
『犬を買ってもらえますように!!』
って書いてあったわけで、
はは・・・ははは・・・
もう顔に縦線、ちびまるこちゃんの世界です。
そりゃ〜ね、反省しましてね。
私の友人はなんて偉いんだろうって思ったんです。

絵馬を見ますとね、ほとんどの人が自分のお願い事なのね。
この日は時期的に
○○大学に合格できますように
というのが多かったかな。
そんな中、素晴らしい絵馬が3つほどございました。

クリックすると元のサイズで表示します

どこのどなたかは存じませんが・・・
あんたはエライ!!

クリックすると元のサイズで表示します

どこの『まりなちゃん』かは存じませんが、
とてもよい子になるでしょう・・・
一生懸命書いている姿が目に浮かびますね。

クリックすると元のサイズで表示します

私はかつてこんなに素晴らしい絵馬を見たことがありません。
書いた人がどんな方なのか、想像できますよね。
きっと、きっと愛情溢れる素晴らしい方なのでしょうね。

この3人に、『しっぽ大賞2007』を差し上げます。
どこのどなたかは存じませんので、賞品は送れません・・・ごめんなさい。

みんなが幸せになれますように・・・
みんなというのは自分も幸せになれるということ。
自分や身内のことだけでなく、まったく知らない人たちも幸せになれますようにと願える心の余裕を持ちたいものです。

明治神宮散策は、まだ終わらないのよ。
ここからが本番。
次回をお楽しみに。

今年もあと1ヶ月。
空気のにおいが年末っぽくなってまいりました。
忘年会もありますからね、風邪などひかず、万全の状態でのぞんでくださいましね。
0

2007/11/11  18:05

夏野&小夏 青山店  お散歩

今日も遊びに来てくれてありがと。
『青山・表参道のしっぽ』も今回が最終回。
最後は、青山通りから表参道へと参ります。

表参道ヒルズ手前、伊藤病院の角を右に曲がると突き当たり手前にあるのが
『夏野&小夏』。

『夏野』はお箸&箸置き&漆器のお店。
『小夏』は子ども食器のお店。

【お店のHPはこちらから】
http://www.e-ohashi.com/natsuno/shop/konatsu.html

クリックすると元のサイズで表示します

入口にあるのが『夏野』、奥に見えているのが『小夏』。
まずは『夏野』からいってみよう

お店の外も中も箸だらけ。
子ども用の箸なんて、
『うわっ、短っ』

って感じで、かわいいのなんのって。

お箸といいましてもね奥が深くてね・・・
用途に応じて、納豆箸・豆腐箸・ラーメン箸・パスタ箸・・・パスタ箸
組み立て式の携帯箸なんてのもあります。

形だけでも、丸・四角・五角形・八角形・・・
素材だけでもいろいろあんの。
自分にしっくりくる形&素材をお選びください。

箸と同じくらいいっぱい置いてあるのが箸置き。
世の中には、こんなにたくさんの箸&箸置きがあんだな・・・と感心します。

続いて、『小夏』へGo!!

クリックすると元のサイズで表示します
天井のつるし飾りがすごいでしょっ
(写真をクリックするとよく見えるかと思います)
これも売り物。

つるし飾りをくぐって、くぐって・・・ジャングルを進むのであります。
ところ狭しと子ども食器が並び、ぶつかって割ってはいかんぞ・・・と
『そろぉ〜り』ね。

子ども用だからね、お茶碗もカップもちっちゃいの。
大人でも使いたくなるくらいかわいいもんで、

『おっ、このカップはグイ呑みにいいぞ!!』

と、健全な子ども食器がお酒のお供にもなりまするぅ〜。

このお店、¥200で食器に名前を入れてくれます。
先日、友人の子どもが1歳のお誕生日を迎えましてね。
うさぎさんのお皿に名前を入れて送ったところ、すっごく喜んでもらえて。
名前入れは、3週間〜1ヶ月くらいかかると言われましたが、1週間ちょっとで出来上がりました。
(送る前に写真を撮っておけばよかったな・・・)

子ども食器とはいえ、日本全国の有名焼き物なんですよ。
ちなみに私が購入した、うさちゃんのお皿は有田焼。
お皿と同じ柄のスプーンを付けて、名前を入れてもらっても¥2,000くらい。
(スプーン等にも名前を入れてくれます)

そもそも、この『小夏』・・・
子どもの頃から、いいものを与えて育てましょう

というコンセプトがあるそうです。

突然ですが・・・
みなさんは『いろは歌』を全て言えますか?
以前、とある授業で『いろは歌』を言えない若者に出会ったことがあるのね。
『え〜、あたし知らな〜い!?』
とか言っちゃって。
歌の意味がわからない人は結構いると思うのですが、歌自体は何となく言えますよね?
ビックリして
『そういう時代なのか・・・』
と思ったことがあるんです。

大丈夫ですか?
みなさん、ちゃんと言えます?

大切なものは、意外と自分のすぐ近くにあるって言いますよね。
でも人間は、ついつい遠くを遠くを見てしまうんです。
ここには何もない・・・よっしゃ、遠くへ行ってみよう!!ってね。
実際遠くへ行ってみると何もなくて、大切なものは自分のすぐ近くにありました・・・って。

外国のことには興味を持つけど、自分の国のことはよく知らない・・・
外国語は一生懸命勉強するけど、日本語はちゃんと使えない・・・
近くにあり過ぎて、あえて気にしないというのか、おろそかにしてしまうというのか。

文化や習慣も、そうだと思うんです。
当たり前すぎて、その良さに気づかないんですよね。
小さい頃から自分の国の文化に触れさせることって、すごく大事だと思いませんか。
教え諭すというよりも、日常生活の中で自然とそれに接し、身につけ、それが持つ良さに気づくということ。
小夏のコンセプトは、そういうことに通じているようにも思います。

友人が言うに
『おもちゃをもらっても、こどもはすぐに飽きる・・・』と。
おもちゃは増える一方・・・
処分にも困る・・・
『子ども=おもちゃ』という発想はやめましょう。

小夏の食器は、
それほど高くもなく、
お洒落で、
気が利いていて、
世界に1つだけみたいな感動もあり、
贈り物にかなりおすすめです。
食器は大きくなっても使えますからね・・・割らない限りは
子どもだけでなく大人の人にもぜったい喜ばれますよ。

銀座、東京駅新丸ビルにもお店がありますが、私は青山店が好き。
箸&食器以外に、和小物もあります。
ちりめん素材のクリスマスオーナメントなどもあります。
今年のツリーにいかがですか。

人間は整理整頓されて置いてあるよりも、いろんな物がごちゃごちゃ無造作に置いてある方が
テンション&購買意欲があがる生き物らしいですよ。
何かいいものを見つけてやるぞぉ〜みたいな。
確かに、旅先のお土産屋さんは楽しいですものね。
上を向いても下を向いてもテンション上がりまくり。
夏野&小夏はそんなお店。
みなさんも、表参道でジャングル探検してみてね。

花市場、キルフェボン青山店、夏野&小夏・・・
と、私が必ず立ち寄る3件をご紹介しました。
『青山・表参道のしっぽ』は、これでおしまいっ
解散っ
0

2007/11/4  11:50

キル フェ ボン青山店  グルメ

花市場からLa Placeの広場を通り抜けるとすぐ、
にぎやかな青山通りから細い道を入ったところに静かにたたずんでいるのが・・・
キルフェボン青山店。
新鮮なフルーツたっぷりのタルトのお店。
もぅ〜、超有名ですね・・・
小さなカフェスペースもございます。
キルフェボンとはフランス語で『なんていい陽気なんだろう』という意味。

クリックすると元のサイズで表示します

なんて素敵な入口。
白壁にブルーの扉と窓・・・これが目印。
では、では、中に入ってみましょう。

ショーケースに並ぶタルトの美しいこと、美しいこと。
フルーツの新鮮さがよくわかります。
見るだけでもいい気分。
『目の保養』に最適。

タルトは、1ピース¥500くらいから¥700くらい。
上にのっているフルーツによっては1ピース¥1300なんてものあります。
一度だけ、ホールで買っている人をみたことがありますけど・・・
1ピースがいいお値段ですからね、ホールで買ったらそりゃかなりの金額ですよ。
これぞ、究極の大人買い・・・ムリ、ムリ。
駄菓子屋の大人買いとは違うのよ・・・

以前、某テレビ番組で南海キャンディーズの山ちゃん&しずちゃんが
『全国の超人気ケーキベスト100を食べつくす』
という、見ているだけでも胃がウッとなりそうな企画を放送しておりまして。
そこで見事1位に輝いたのが、キルフェボンの『季節のフルーツタルト』でした。

私の中では第1位であるアンジェリーナのモンブランがすでに出てしまったので、

『ってことは、1位はキルフェボンだな・・・そうだ、そうに違いない!!』

と、二時間ドラマで鍛えた推理力で見事大当たり!!
それを見て友人と銀座店のカフェへ行き、さっそく注文したのでございます。

数種類のフルーツがのり、うわぁ〜キレイって感じ。
どのタルトもフルーツが新鮮なんですよね。
まわりを見ると皆『季節のフルーツタルト』を食べていて、

『あ〜、みんなあの番組を見てきたんだね・・・日本人はミーハーだからね。』

と話しながらいただきました。

『お前達もな!!』

と言われてしまいそうですけれども。
おそるべしテレビの力。

タルト以外にクッキーやパウンドケーキも売っています。
私のおすすめはパウンドケーキ(ホールタイプ1050円)。

クリックすると元のサイズで表示します

ガトーショコラ、イチジク、紅茶、オレンジ、キャラメル・・・など数種類ございますが、しっとりしていてなかなかおいしいんです。
ちなみに・・・
この箱はCDケースの幅にぴったりで、私はCDを入れて使っています。

私のおすすめは『イチジク』。
上にのっているイチジクのコンポートだけではなく、スポンジにも種が練りこまれていて、食べるとプチプチ歯にあたりクセになります。
ガトーショコラもしっとりしていて、生クリームを添えて食べたい感じ。
オレンジもしっとり、爽やかな香りでおすすめです。
紅茶味は、やや香りが弱いかな・・・って感じでした。

かわいい箱に入っていて、手土産におすすめ。
その他、スティックタイプや一口タイプもございます。
お試しあれぇ〜

キルフェボンは店員さんがとても親切。
明るく、やさしく、親切なおねえさんがいっぱい。
先日、母が手土産用のパウンドケーキにまよっていると、

『どんな方にお持ちになるんですか?』
『イチジクのケーキはめずらしいので、喜ばれるかもしれませんよ。
 イチジクはコンポートになっていますのでクセはありませんから、
 イチジクが苦手な方も大丈夫ですよ。』

って、そりゃ親切に説明をしてくれまして。
こんなおばちゃんに親切にしてくれて、ありがとね・・・
『今日は、これで帰りなさい・・・』
と、仕事帰りのタクシー代でも手に握らせたくなるくらい、親切です。

その帰り道、

母 『この店の名前、キルフェボ・・・ネ?だっけ?』

母よ・・・
キルフェボンである。
Quil fait bon
最後に「e」など付いていない・・・

手土産を渡す時、間違っても

『奥さん、このケーキ屋ご存知?キルフェボネよ』

とか言うんじゃないぞ・・・と。
もし間違えたら

『何よ、知ったかぶりして』

と言われるのがオチだぞ・・・と。
店の名前はちゃんと覚えてから持って行け・・・と。
よ〜く注意しておきました。
非常にオシイところまでいってるんですけどね。
でも母よ、間違ってる・・・

おばちゃんにはお洒落な名前すぎて、覚えられないらしい。
お店のおねえさんがこんなに親切にしてくれたのだから、お店の名前だけでもちゃんと覚えて
あげて欲しい、そんな今日この頃です。

間違ってインプットすると、アウトプットする時に恥じかきますよ〜
でも母のことなので、『キルフェボネ』といって渡したのではないかと思います。

店員さんは皆、バンダナをかぶり、髪の毛を全てその中にいれています。
それだけでも清潔感のあるお店だなぁ・・・って好感が持てますよね。
黄色いバンダナをしている人が、接客ナンバー1に選ばれた方だそうです。
お店に行ったら、黄色いバンダナの人を探してみてね。

日本の接客教育は、ほんとに素晴らしい。
アメリカなんて、平気でガムをクチャクチャ噛んでますからね。

『客の前で、ガム噛むなぁ〜!!
  日本だったら、あんたクビだぞぉっ!!』


と何度思ったことでしょう。
でも英語で言えないから、言わないでおいてやるぞ・・・まいったか、こらぁ
みたいな感じで。
日本の接客サービスばんざぁ〜い

キルフェボンはいつも混んでいるイメージがありますよね。
銀座店のカフェなんて2時間、3時間待ちは当たり前・・・ですもんね。
休日の青山店は、開店からお昼過ぎ頃までは比較的すいています。
(営業時間AM11:00〜PM20:00 年中無休)
開店前から列ができていたりします。
カフェを利用したい方は、開店時に行くことをおすすめします。

キルフェボンでは、毎月20日に『キャンドルナイト』を実施しています。
PM8:00〜PM10:00の2時間、電気を消し、ロウソクの明かりのみとなります。
Stop温暖化の一環でもあるようですが、ロウソクの明かりのもとお茶をしながら
ゆっくりとした時間を感じてみるなんて素敵ですね。
その日限定のタルトもあるよ。

ドラえも〜ん
最近、心に潤いがないんだよぉ〜・・・
何かいい方法はないかなぁ・・・

パパパパッパパ〜ン

はい、キルフェボネ〜

あっ、違った・・・

キルフェボン〜 

キルフェボンで潤い補給。
なんて素敵な場所

青山店のお隣りには、抹茶カフェやおそばの増田屋さんもございます。

次回は、『青山・表参道のしっぽ』最終回。
ヒントは『素晴らしき日本の文化』です。
日本には、こんなにたくさんの○○○○があったのね。
お楽しみに〜。

次回も、また来るのよぉ〜
ぜったい来るのよぉ〜

そして『キルフェボネ』でインプットしちゃダメよぉ〜
お店にたどり着けない場合がございます。
くれぐれも、気をつけてぇ〜
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ