2007/9/23  16:09

イチョウ並木(神宮外苑)  四谷

こんもり山を過ぎると、そこにはね・・・
イチョウ並木がございまして。
ドラマにはしょっちゅう出てくるから、すっかりお馴染みね。
ほんとよくロケに遭遇するの。

クリックすると元のサイズで表示します
みなさまぁ〜、こちらをご覧くださいませぇ〜

こちらの並木は大正12年に完成いたしましてぇ〜、
現在は、樹齢100年でございまぁ〜す。
全部で146本、現在では高さが最高28m。
空へ向かって高くそびえるそのお姿は、気品にあふれているのでございまぁ〜す。

突き当たりは、国道246青山通り。
左に行くと赤坂、右に数分歩くと表参道でございます。

本日は、刈り込みが済んだばかりで、ちんちくりんでございまぁ〜す。
(どうなのよ、これ・・・さっぱりし過ぎじゃない?!)

※いつもは、緑のトンネルなんですけどもね。
 上から差す木漏れ日がキラキラしましてね、
 ほんと素敵な休日。

 こんもり山でオフロードを楽しんで、次はイチョウのトンネルをかっ飛ばすわけです。
 そりゃ、最高なんですのよ。
 トンネルを抜けたときには、体に付いた悪いものが全て払われた気がするのです。
 緑の風が、身も心もきれいにしてくれるんですね。
 いやぁ〜、爽快、爽快

 私の母が言うには・・・
 早朝散歩をしていた時、この並木でガチャピン&ムックに遭遇したとか。
 2人が朝散歩をするというコーナーがあったらしくて。
 2人に近づいた母は、

 母 『うちの子供が大好きだったのよぉ〜。握手して!?』
 
 というと、ムックの口の奥から

 ムック 『お母さん、毎朝散歩してるんですか?』

 という、おじさんのような声がしたそうです。(汗)
 ムッ、ムック
 風邪ひいてたのかな・・・
 そうだ・・・そうに違いない
 ムックだって忙しくて、声がおかしくなる日もあるんだよ。
 
 こんな感じで、この並木では、いろんな人と遭遇するのでございます。
 
クリックすると元のサイズで表示します
みなさまぁ〜、こちらにお集まりくださいませぇ〜

正面に見えますのが、絵画館でございまぁ〜す。
皆様、このイチョウ並木には、遠近法が使われていることをご存知ですか?
ここに実際にお立ちいただくと、おわかりいただけるかと存じまぁ〜す。
青山口から、背が高い順に植えられておりまして、
地面も青山口から絵画館寄りでは約1m下がってるのでございまぁ〜す。

春・夏は、緑がまぶしく、
秋は、一面黄色の落ち葉でうめつくされ、
冬は、雪化粧・・・気分だけでも冬ソナ。
とにかく一年中きれいなのでございまぁ〜す。

紅葉の時期は、ほんと別世界。
1年の中で一番多くの人が訪れるのではないでしょうか。
時期になりましたら、みなさんにもお見せできればと思います。
日中はものすごい人なので、我が家はいつも早朝にくるのでございまぁ〜す。

※平日は車道となっているこの道。
 日曜、祝日には、歩行者天国となります。
 ローラーブレードをしてる人やら、なにやら、いろいろです。
 春には、植込み(並木の入口辺り)に小さな小さなレンゲ畑が出現します。
 すごくかわいいですので、みなさんも来年探してみてね。 

そうそう、この並木沿いには、よさげなお店がございますのよ、奥様。
ん〜だば、ちょっとお茶でも・・・行ってみます?

四谷のしっぽ・食べすぎバスガイドでした。
では、また次回。
現地集合、現地解散でお会いしましょう。
ごきげんよう

家に着くまでが遠足ですよ。
解散っ
0

2007/9/15  20:51

しっぽ通信 Vol.6  しっぽ通信

みなさんは『言葉の力』を信じますか?
何よ、突然?

5月に『若葉キリスト教会』をご紹介しましたが・・・
日曜学校を卒業して20年あまり・・・
近くに住んでいても先生のお姿をみかけることはなかったのに、
ブログに書いた途端、やたら出くわすのであります。

はじめは仕事帰り。
私の前を1人のおじさんが歩いていたのです。
特に気にせず後ろを歩いていると、
先生のお家に入っていったのです。
『あれっ、先生かい』

そうです、先生です。

それからしばらくして・・・
朝、駅前を歩いておりますと、
あるご夫婦が私を追い越す。
私、ハッとする。

そうです、先生です。

何にビックリしたかって・・・
お二人が私を追い越す瞬間、先生の匂いがしたのです。
顔なんて見えないのに、その匂いで
『あっ、先生』

と気づいたのです。

ほんとに一瞬。
その一瞬で、記憶がグルグルまわりまわって先生にたどりついたのであります。
いつも先生の横でお話をきいていましたから、無意識に覚えていたのですね。

やっぱり人間て動物なんだわ・・・とか思っちゃう。
警察犬として再就職できるだろうか?
キャリアアップしちゃおうかな・・・

そんでもって、つい先日。
教会の横を通ると・・・
先生が植木の手入れをしていました。
おぉぉぉっと、またかまたなのか

昔から先生はとてもハツラツとしていましたが、今も変わらずお元気そうでした。
先生、あなたの教え子『なんちゃって修道女』は、今日もがんばってますよぉ〜

しかし、なぜにこんな出くわすかね。
神様のお導きかい?

カフェで友人とお茶をしていた時のこと。
とある人の話をしていたのであります。
『今、どうしてるかなぁ〜』
と思っていましたら。
店を出て数十秒後、その人とバッタリ会いました。
そりゃ、ビックリでしょう。

『私、〜になる』
と言い続け強く願うと、本当に願いが叶うといいます。
言葉を文字にしたり、口にしたりすることは不思議な力が生まれるのかもしれませんね。
ということは、めったなことを口にしてはいけないということです。

小学校6年生の頃、担任の先生がこんなことを言いました。

『不言実行よりも有言実行です』 と・・・

そして、教室の片隅には、

『有言実行』

と書かれた紙が貼られていました。
口にしたことを実行する・・・勇気のいることです。
なかなか難しいですわよ、奥様〜。
言葉を大切に

みなさんの夏はいかがでしたか?
空気が秋っぽくなりました。
体調にはお気をつけくださいましね。
0

2007/9/9  8:14

こんもり山(神宮外苑)  四谷

はじめて物語から、ただいま帰ってまいりました。
疑問に思ったことは、調べてみよう。
散歩中、いつも肩にはモグタンを

ではでは、さらに森の奥へと進みまぁ〜す。

御観兵榎を過ぎるとすぐ、山が見えてきます。
うわっ、超低っ・・・

クリックすると元のサイズで表示します

頂上に、ベンチが1つございましてね。
そこから休日のサイクリングを楽しむ人達を眺めるのが好き。
平和ですなぁ・・・とまったりしてしまいます。

わたくし、この山に来ると必ずやってしまうことがございまして・・・
子どもの頃から始まり、いい歳になった今でもやってしまうんですけれども。

自転車で

ぐわぁぁぁ〜

っとのぼるんですね。
そうすると落ちている小枝がパキパキ音をたてまして。

そんでもって、

ぐわぁぁぁ〜

っと下るんですよ。

そりゃ〜見事な立ちこぎで。
『わたくし自然を満喫しております』
みたいなね。
モグタンを肩に乗せ、荒々しく、たくましい女性が1人オフロードを楽しむわけですよ。
時にモグタンはズルッとずり落ちながら耐えるわけです。

この山を登る時は、足元に注目
いろんな植物が顔を出していますからね。
この日は、昨年落ちたどんぐりがあっちこっちに芽を出し、新たな生命を育んでおりました。
森は、こうやってできていくのですね。

生命はめぐるぅ〜
     The circle of life〜

                  by ライオンキング

チビッ子達も、この森の営みを見て、感じて大きくなって欲しいですねぇ。
それを教えてあげるのが大人の役目なんですけれども、今や大人もそれがわかってなかったりする訳です。

生命がめぐりめぐって、今があるのですね。
それを実感する、そんな場所。
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ