わが家の台風の目*(りゅう)...小学5年の男の子。                                                  わが家のお笑いスター*...小学2年の女の子。                                 07’11月〜09’12月まで丸二年、師匠から離れた大阪での生活を経て、10’1月になんとまさかの札幌へ逆戻り!       再び師匠の元で稽古ができるようになって麗は大喜び! そしてオマケで桜も三味線始めました。            三人四脚、仲良くこれからも楽しんでいくよー!

ブログランキング

↓あ、ポチっとな。↓ にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事へ にほんブログ村 音楽ブログ 純邦楽・和楽器へ にほんブログ村 その他趣味ブログ 囲碁・将棋・麻雀へ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

2007/3/29

バチ練。  三味線

バチ練。


「バチの練習」を略してみましたw。


いや、そのくらい今日はバチ練な日でした。


ソーラン節ももう
左手の動きはほぼ問題ないので
あとはバチの動きです。


今は演奏技術といっても
左手の指の動かし方(運び?)がほとんどで
(鍵盤楽器でも最初は指使いをかなりやりますもんねー)
まだバチの方は 
基本動作のみです。


基本動作があるってことは
応用動作もあるってことで
先生やプロの方の演奏をよくよくじぃ〜〜っと見てると
バチの動きも
ただ単純に糸を弾いてるだけじゃない
ってことが よくわかります。


お稽古の時、他の方のお稽古風景を見学していると
よく「マエバチ」なんて単語も出てきます。
これは見ているとわかるのですが
普段バチを打つ位置よりも棹よりの場所で
バチを打つことを意味するようで
「前撥」「後撥」を使い分けることによって
音の強弱なんかをつけているようです。
強弱だけではなく 音そのものが
棹側と胴の下側で変わってきます。


この間拝見した浅野祥さんは
バチを打つ位置だけではなく
演奏中にバチの持ち方も変えていて
私には神業にしか見えませんでしたよ
プロの方がみんなそうなのかどうなのか
私にはわかりませんが(何せ素人なもんですいません)
そゆことされる方、とりあえず少なそうとは思います。
(ってなんてアバウトな)

ま、そんな領域に達する以前に
麗は基本中の基本を今練習中です
おとついより昨日、昨日より今日、
すこ〜しずつですが ちゃんと前進しています
うんうん、それでいい、それでいい


ちなみに、今がんばってるのは
『スクイ』と呼ばれる技術です。
手首や指だけでバチを返しちゃうので
それをしないように、っていう練習です。


麗は練習中にうるさく言われるのはイヤなようですが
(そりゃ誰もみんなそうでしょうけど)
ほったらかしにされるのもイヤなようで
適当にちゃんと見て誉められる
ってことを1番の楽しみとしているようです
口ぐせは
「今のどうだった?!」 と
「スゴイ? スゴイ?」です(笑)。


かわいいでしょ、うちの息子(笑)。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ