わが家の台風の目*(りゅう)...小学5年の男の子。                                                  わが家のお笑いスター*...小学2年の女の子。                                 07’11月〜09’12月まで丸二年、師匠から離れた大阪での生活を経て、10’1月になんとまさかの札幌へ逆戻り!       再び師匠の元で稽古ができるようになって麗は大喜び! そしてオマケで桜も三味線始めました。            三人四脚、仲良くこれからも楽しんでいくよー!

ブログランキング

↓あ、ポチっとな。↓ にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事へ にほんブログ村 音楽ブログ 純邦楽・和楽器へ にほんブログ村 その他趣味ブログ 囲碁・将棋・麻雀へ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

2008/6/10

読書☆  日常

日記書きそびれたので
日頃のことでも。


わが家、だいたい毎水曜日に
近所の図書館で本を借りてきます。クリックすると元のサイズで表示します
ちび桜クリックすると元のサイズで表示しますの絵本が中心なので
1回にだいたい20冊前後、
月で80冊くらいは借りてることにクリックすると元のサイズで表示します


でも、そんだけ読んでいても
1回読んで終わりの本もあれば
何が面白いのか 何度も何度も
読んで読んで読んでクリックすると元のサイズで表示します
と持ってくる本もあり。


どこかの大人が勝手に決めた『良書』
必ずしも子供の心にヒットするわけじゃないんですね。


でも今回は『良書』『子供のお気に入り
が合ったようですクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します


それがコレクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
【著作】 イギリス民話 原作/いもとようこ 文・絵
【価格】 定価1,365円
【サイズ】 28.6_22.5cm
【ページ】 32ページ
【発行日】 2006年04月
【出版社】 金の星社


超有名な本ですよねクリックすると元のサイズで表示します
単純な繰り返しの話が子供は好きですね。
ちび桜、ひとりでも読んでいてクリックすると元のサイズで表示します
私が読むように声を
パパぐま、ママぐま、こぐまに
変えていて 聞いてるとなかなかおもしろいです。クリックすると元のサイズで表示します


麗の本はちょっと読み応えのあるものが
最近は多いです。
でもおもしろくって すぐ読めそうなもの、
が 本を選ぶポイントになってますけど。
ちび桜用の絵本もしっかり読んでますクリックすると元のサイズで表示します


麗が最近読んでクリックすると元のサイズで表示します「おもしろかったー!」
と言っていたものを少し紹介。



クリックすると元のサイズで表示します 作: 富安 陽子
 絵: 大島 妙子
 出版社: 理論社
 税込価格: \1,365
 (本体価格:\1,300)
 発行日: 2002年


 爆笑してましたクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します




クリックすると元のサイズで表示します 斉藤 洋作
 原 ミノル絵
 税込価格 : \998 (本体 : \950)
 出版 : フレーベル館
 サイズ : 22cm / 107p
 発行年月 : 2000.5


最近、斉藤洋さんの本は
毎回1冊は借りてきて読んでいます。
シリーズものが多いので借りやすいかも。
すごく面白いみたいですし。


熱中しすぎて夜遅くまで読んでるクリックすると元のサイズで表示しますのは
感心しませんけど、
私自身、本を読む子供じゃなかったので
とりあえず 本を読む楽しさを
教えてあげられたらなぁ〜
と思う今日この頃です。





クリックすると元のサイズで表示します にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事へ にほんブログ村 音楽ブログ 純邦楽・和楽器へクリックすると元のサイズで表示します 
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ