わが家の台風の目*(りゅう)...小学5年の男の子。                                                  わが家のお笑いスター*...小学2年の女の子。                                 07’11月〜09’12月まで丸二年、師匠から離れた大阪での生活を経て、10’1月になんとまさかの札幌へ逆戻り!       再び師匠の元で稽古ができるようになって麗は大喜び! そしてオマケで桜も三味線始めました。            三人四脚、仲良くこれからも楽しんでいくよー!

ブログランキング

↓あ、ポチっとな。↓ にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事へ にほんブログ村 音楽ブログ 純邦楽・和楽器へ にほんブログ村 その他趣味ブログ 囲碁・将棋・麻雀へ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

2008/3/12

「タメ」だけにため息=3  三味線

三味線の練習っていうのは、
他のスポーツやら何やらと同じで
ウォーミングアップ、というものを
した方がいいらしい。


ということを
こないだチラッと聞きました。

「ま、若い麗には関係ないけどねっ!」

とも言ってましたけどw。


てことで、いつも練習始めるなりいきなり
じょんからをバシバシ弾き始めるので
(地味に撥練習して、とか言っても
 絶対聞くような年頃じゃないっスからね


「練習の最初は軽い曲から始めるといいらしいよぉ〜」

と言ってみたら、

「そっかー。う〜ん...う〜ん...」

と悩んだ末、さくらさくらを弾いてましたね。


2回くらい弾いたらもう飽きたみたいでしたけどw。


が、このさくらさくらはとても大切なんですよね。
このブログで何度も出てる
うちの会のオリジナル曲「来夢」には
途中でこのさくらさくらが入るんです。
間違うとかなり目立つ
なのできっちり弾かないと〜〜 なんです。
空バチって言うんですかね、
撥を打ったつもりで糸に当たんなかったりして
音が出ないと これまた目立つ
...ま、合奏なので実際はそんなに目立たないかもですが。


それに、国民皆が知ってる曲なので
間違うと皆にバレちゃうというオマケ付き


「来夢」さくらさくらを弾くのは
替手のパートの人達。
麗もその一員。でした。


が、今度から麗は本手のパートの一員になるらしく
そっちをちょっと覚えていかなければなりません。
まぁ...覚えること自体は難しくないと思いますが
似たフレーズの繰り返しなので、
激しく回数を間違えそうです。
これが一番コワイ〜〜〜っ


ま、がんばれ



あと、今日もがんばってたようなのが
じょんから「タメ」のところ。

ツッタカタッタ〜 ンッ タッタッタ

というのが私の思うところなんですけど
なんか...聞いてたら 麗は

ツッタカタッタ〜 ンッ タラッタッタッタ

...かな?

私のイメージする音より何か数が多い...


音が多い分(?)毎回同じに弾くのも難しいのか
あぁでもない こぉでもない...
とブツブツ言いながらやってるようです。


だいたい、その『ンッ』の感覚をつかむのが
まだ完全につかみきれてないんで、
弾けば弾くだけおかしくなるというか。


ま、がんばれw。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ