わが家の台風の目*(りゅう)...小学5年の男の子。                                                  わが家のお笑いスター*...小学2年の女の子。                                 07’11月〜09’12月まで丸二年、師匠から離れた大阪での生活を経て、10’1月になんとまさかの札幌へ逆戻り!       再び師匠の元で稽古ができるようになって麗は大喜び! そしてオマケで桜も三味線始めました。            三人四脚、仲良くこれからも楽しんでいくよー!

ブログランキング

↓あ、ポチっとな。↓ にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事へ にほんブログ村 音楽ブログ 純邦楽・和楽器へ にほんブログ村 その他趣味ブログ 囲碁・将棋・麻雀へ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

2007/12/17

地道にいくべし☆  三味線

津軽三味線の全国大会を1日中聞いて、
気分がすっかり「じょんから」モードになった麗。


当然?
今日の練習で『じょんから』をやりたがったのですが
新しく始めた『虎じょさま』も とりあえずは
できてるけどまだまだ中途半端だし、
ひとつひとつ 撥をしていかなくてはだし、
会のオリジナル曲も 今なかなかできてないし
やることいっぱい!!


なので それを説得するのに時間がかかり
また ふくれっ面になってるので
練習っていう感じでもなかったですけど...


じょんからの一段は、練習というよりは
なんとな〜く ちょろちょろ弾いていたら
なんとな〜く それっぽく弾けてきてはいるみたいですが
そのへんでやめてもらわないと ホントに
変な覚え方をしてしまいそうでコワいんです。


急がば回れ


ですよ。
早くやりたい! 次の曲したい!!
って 思えば思う程、足場を固めていかなくては。


ということで、
昨日は練習時間中に
「足もとをしっかりさせるっていうのはね...」
と 積み木のお城を例えに説明してたりしたのでしたw。


「そっか....わかった!」


と言ってくれたものの、きっと今日は忘れてます


麗の先生がよく言ってました。


「曲を弾くのは簡単なことだけれど、
 やっぱり撥ができてなければ
 どんだけ弾けたって ダメさぁ。」



って。


それを胸に刻んで、
たくさんの曲より
たくさんの撥!!



と思い、麗にはつまらなくてツライかもですが
同じ曲をしっかりできるようになって欲しいなと
そう思ってます。


あとは、弾いていなくてもしっかり耳で聴くように
たくさん曲を聴くといいと思うんですが
引っ越してきてからは ちょっと環境も違うので
なかなか音楽を聴くというような感じではないのが
ちょい難点ですかね。
札幌では何をするにも車行動だったので
よく車の中で聴いていたんですが
引っ越してからめっきり車に乗らなくなりました。
何か方法を考えねば〜〜〜。


うん、そうだ。
『虎じょさま』『会のオリジナル曲』
ちょっと専念しよう。
イライラしないでできるようになれるかが課題


ゆっくり、じっくり、丁寧に...。

0

2007/12/16

全国津軽三味線コンクール☆大阪大会  イベント・ライブ

というわけで、初めて
津軽三味線の大会
を見てきました〜





堺市の市民会館で行われたのですが
高速でサクサクッと行けて
案外近いもんだと思いました
(30分ちょいくらいかと)


行くともう始まっていて、寿年の部が行われていました。
いろんな年代の人が津軽三味線に親しんでいることや
大会にチャレンジしてみよう!という意気込みが感じられ
ちょっと感動...


大会って音を出してから何分間、って
時間が決まってるんですね。
なので、時間がオーバーすると無情にも
アナウンスで
「お時間です。ありがとうございました。次...」
って入るんですね。
調弦に戸惑っていては
自分の力を十分に発揮しないままに終わってしまうな
と思いました。


寿年の部、壮年の部と続き...
いよいよ お目当ての少年少女の部!!


どんな感じかな〜と思っていたら...
始まってみて絶句っ


レベル高っっっ!!!


いや〜...
きっとスゴイに違いないとは思っていたけど...
言葉が見つからない...


数人、HPやブログでちょくちょく拝見してる方も
出場されていたので、
その方たちを中心に見ていたのですが、
いや、もう!!
すばらしー! すばらしー!!
ブラボー!! ブラボー!!


何をどうやれば、どんだけやれば
あんなにできるようになるんだろうと
不思議にさえ思えましたが
まぁ...麗の今のペースでいけば
あと3年がんばっても届かない距離に思えました


審査の方法とかも知らないですし、
知った所で素人の私が判断できるもんではないんですが
やっぱり「おぉっ!」
思った人は上位に入っていました。
とくに...少年少女の部で優勝した女の子は
青森からエントリーしたみたいなんですけど
すべてにおいて ズバ抜けたものがありました。
準優勝の男の子は、各地の大会で
賞をいろいろ獲ってるスゴ腕の持ち主で
優勝した子が音のパワーと迫力に秀でてると例えるなら
彼は澄んだ音を出す、また別のタイプの奏者だと思いました。
や、あくまで素人の個人的見解ですけど。


書き出したら止まらないんですけど
もうホントに皆すごかったです。


お昼を食べて、一般女子が終わった所で
もう子ども達も限界で私も体調がイマイチだったので
盛り上がるに違いない
一般男子 と
合奏A を惜しみながらも帰宅
見たい人、チームがいたんですけどねぇっ


地方の大阪大会でこんなにスゴイ人達が出るんだったら
本場・青森の大会って 一体どんなだろうと
怖くも思えてきました
でもやっぱり観に行きたいなぁ〜青森


そうそう。
会場から息抜きにホールに出た時に
ばったり KUNI-KENさんのお兄さん(KUNIAKIさん)と遭遇してかなりビックリしました
...や、向こうは私のこと知らないんですけどね(笑)
その後、会場内で弟のKENJIさんも見かけた気がしました。
KUNI-KENさんのお父さんは確実に発見しました(*´艸`)
きっとお弟子さん達が出場されていたのですねー。


それで、行ってみて思ったのですが
麗が大会に出るのは やっぱり急がなくていいな
と思いましたw。
大会に照準を合わせて練習をするのも
目標があってすごくいいと思うのですが
今の状況じゃムリかなぁと。
や、まず予選とか通過しなきゃですけど(*´艸`)。


うちの先生が『やってみるか〜!!』


って言うまでは ま、いいですw。


先生、結構ノリが軽いので
ある日突然言い出すかもしれないので
いつでも覚悟はしておかないとダメですけど。
団体で出たいな〜〜。


...って私はいつだって応援ばっかりですけどね
0

2007/12/15

大人のモラル☆  イベント・ライブ



今日は ちび桜ちゃんの通う幼稚園、
そして地域の小学校、中学校の
合同のコンサートがありました。


小さい会場は、もうびっちり満席!!
私と麗も座れなくて、一番後ろで立って見ていました。


ちび桜は 入園(転園)して間もないのに
ホントよくがんばって歌ってました
かわいくってしょうがなかったです(←親バカ)


そんな幼稚園児や、小学生、中学生...
みんなホントに練習をがんばってきた子たちばかりです。
間違ったりしても「ふれあいコンサート」だけに
微笑ましいものだったのですが...

隣にいた麗がひとこと。


あのね、ステージに出て演奏してる人たちがいるのに
どうして大人はこんなにうるさくしてるんだろうね。
どうしてちゃんと静かにできないんだろうね。



いやもう まったくそうです。


大人の私語が多すぎて うるさいんです
私もすごく気になってました。


自分の子さえ見れたらそれでいいんか!!


と 思いました。


麗もじっとしてられない子なので
しかも今回は席もなかったし、
決して偉そうに言えるものではないんですが


子供に言われる大人ってどうよ


ですよね。


大人の行動、子供はしっかり見てるな。
と思いました。
0

2007/12/14

歳末☆  三味線

本日は、わたくし事ながら
1日中バタバタ
忙しい日でありました。


それで、夕方も麗の三味線の練習につきあえないので
自宅の1階で自営業をしている
祖父母の店の奥の事務所で練習して
ばぁばに聴いてもらってて〜〜


と とっても放任しておりました(笑)


ちなみに、私は
商店街の歳末大売り出しのガラガラ抽選会のところで
福娘をやっておりました(*´艸`)
すると、抽選会場に母(ばぁば)がやってきて

「麗が下(店)で練習するって言ってるんだけど...
 私じゃわかんないから アンタ行ってきて!」

と、急遽 麗の練習の監督と
店番をすることに。


店番...
私 ぜんっぜんできないのに
母も思い切ったことを言う...


しょうがないなぁ〜と店に戻ったら
かなり手前から三味線の音が聞こえて来ました(笑)


しかも店にギャラリーがっ!!(爆)


近所の人たちが
「ほぉ〜っ! ほぇ〜〜っ!!」
と言いながら お店で見ていて、
お店の外で わざわざ足を止めて見ていく人達もいて
なんだかすごい妙な光景で笑えました。


や、ついでに買い物もお願いしたい所ですが(笑


一番驚いたのは、
家の裏にある 居酒屋さんのおじさん。
私が子供の頃から顔は知っていても
しゃべったことないんですが


麗に
『なにか弾いてみせて』
とリクエストしたうえ、
かなり誉めてくださり、しかも
「これだけ弾けるんだったらヤメたらもったいない!」
(や、ヤメるだなんて一言も言ってませんがっ?!w)
と、おじさんが通ってるらしい
近所の津軽三味線&民謡の教室
とてもすすめてくださいました。


実はそのお教室、すでに調べ済みでした。
家から割と近くでやってるんだ〜
と思ってましたので。


でも、札幌の先生から離れる気が
まったくない
ので 誘っていただいたことをとてもありがたく思い、
さらに麗はこれからもがんばっていけるといいなぁ!
と思いました。


師事する先生がこれから変わることがあるとすれば
それは今の先生から そう言われた時だと思ってます。


...ただ、せっかく始めていた民謡については
先生を探さないとかなぁ〜〜 とは思っていますが。
水面下でいろいろ探してみます。


今日は思いがけず ご近所さんとの交流がありました。
いっぱい声をかけてもらって よかったね、麗!!
練習の内容としては 結〜〜〜〜〜〜構ボロボロ
だったけど、
家の中での練習では得られない経験をしたね


うん、今日は楽しかったです!!
0

2007/12/13

虎じょさま☆  三味線

『虎じょさま』


.............。


この聞き慣れない言葉。
それこそが 今度の新しい曲名


 とらじょさまから なにかってもらった
  おしろい なないろ じゃのめがさ



これが歌詞。
...わかりません...


が、
この曲が青森県の唄だということで
その点を考えて読んでみると

 虎じょ様が あなたに買ってあげたのは
 おしろいと七色の蛇の目傘よ


と そんなところでしょうか??
誰かっ!!
解読お願いしますっ!(ってそんな大層な...w)


で、肝心の曲はどんなのかというと
繰り返しの多い曲のようですよ。
ワンフレーズを弾けるようになると
ほぼ弾けたも同じくらいの感じでしょうか。


というのも、
麗、今日チャレンジしてみて(ひとりで)
その繰り返しのフレーズのところが
殆どできるようになったみたいなので
あとは ちょっと違う所だけ、のようです。
や、私見てなかったので
ハッキリとは言えないんですけど
曲を覚えるのはすんなりいけそうかと。


曲の感じは やや「じょんから」に通ずるものが
あるようなところもあるものの
繰り返しが多い という点では
「津軽甚句」に似てるような気もします。


「繰り返しが多い」ということは
「繰り返す回数を間違う可能性が高い」
とも言えることで
(実際「津軽甚句」の繰り返しを かなりの頻度で間違う麗...
やや心配な私


ま、とりあえずは何とかなるでしょうが...


それよりも やっぱり
ちゃんとできてないところを指摘した時に
麗が「ちゃんとやってるってばっ!」
と 反抗してくるあの態度。


ここだけの話ですが
ホントにムカつきます
ちゃんとできてたら言うかぁっ (屮゚Д゚)屮!!


...と思いつつ
心に余裕があるときは ぐっと我慢ガマン。


「自分でできてると思っていても
 なかなかできないもんなんだよ〜」



と 今日は大人な態度で言えた! よし!!

と 自分を誉める小さな器の私なのでした(笑
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ