わが家の台風の目*(りゅう)...小学5年の男の子。                                                  わが家のお笑いスター*...小学2年の女の子。                                 07’11月〜09’12月まで丸二年、師匠から離れた大阪での生活を経て、10’1月になんとまさかの札幌へ逆戻り!       再び師匠の元で稽古ができるようになって麗は大喜び! そしてオマケで桜も三味線始めました。            三人四脚、仲良くこれからも楽しんでいくよー!

ブログランキング

↓あ、ポチっとな。↓ にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事へ にほんブログ村 音楽ブログ 純邦楽・和楽器へ にほんブログ村 その他趣味ブログ 囲碁・将棋・麻雀へ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

2007/6/12

悩める母  三味線

最近、困ってることがあります


それは、
練習にイマイチ身が入らない
ってことです


「弾く」という点だけみると
とりあえずは まぁ...できてるような。


でも、それ以上がないんですよ。
向上心の停滞、とでも言いましょうか。


それが「あぁやっぱりな。」
と思ったのが、
今日あった唄のお稽古での出来事でした。


家で「とりあえず」弾いてる曲も
例えば完全に間違うこと無くできるかといえば
それはできていないし、
連続で弾いたりすることもあんまりしないので
慣れてないんですね。


なので、
じゃぁ伴奏に合わせて唄ってみましょう
というシーンになって、いざ伴奏やってみても
うまくいくハズが無いんですよ


しかも今日は三味線の先生が
所用で大幅に遅れて来られるということで
唄の先生&生徒だけのお稽古だったんですね。


三味線の先生がいなくて痛感したのは
いつもいかに皆が
うまく先生にリードされて弾いてるか
ってことでした。


もちろん、麗しかり。
麗がつまったところはもう1人の方がカバーして下さって
なんとかなっていたものの
毎日の練習の仕方に問題あり。
と 見ていてつくづく思いました


今までは、過去の曲を忘れる速度が
あまりにもスゴイスピードなので
それを防ぐ為にも 過去の曲も必ず1度は
毎日弾いていくようにしていたんですが
それがあるからか、なんだか全体が雑になってきた感があり
曲数もちょっとずつ増えてきたので
無理が出てきたのかな〜 なんて思ったりして。


毎日、練習の仕方とかは
試行錯誤ではあるのですが、
また考える必要がありそうです。
練習時間は限られているので、
曲数を増やすのではなくて
例えば1日3曲まで、とかにして
中身を濃くしていった方がいいかな?
と思ってます。


あと、ずっと練習を見ていたら
つい口をはさみたくなってくるので
ここ数日耳だけで聞いていたのですが
やっぱりそれもあんまり良くなさそう。
「見るけど あんまり口出さない
っていうのが良さそうです
...夕方時間は私も非常〜〜に忙しかったりもするのですが。


今日のお稽古の反省点などを
終わったあとに麗と話して、
どこを改善したらいいか話してみました。
今日は、の方は今までで一番大きな声で唄えたので
そこらへんはちゃんと誉めておきました


なんだかんだ言っても
三味線弾くこと自体は好きな麗なので
そこんとこをとりあえず誉めまくって
弾くこと自体に自信を持たせてあげたいなー
とは思ってます。


...常にあれこれ悩むネタには困らない
 私なのでした
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ