わが家の台風の目*(りゅう)...小学5年の男の子。                                                  わが家のお笑いスター*...小学2年の女の子。                                 07’11月〜09’12月まで丸二年、師匠から離れた大阪での生活を経て、10’1月になんとまさかの札幌へ逆戻り!       再び師匠の元で稽古ができるようになって麗は大喜び! そしてオマケで桜も三味線始めました。            三人四脚、仲良くこれからも楽しんでいくよー!

ブログランキング

↓あ、ポチっとな。↓ にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事へ にほんブログ村 音楽ブログ 純邦楽・和楽器へ にほんブログ村 その他趣味ブログ 囲碁・将棋・麻雀へ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

2007/4/16

まずは覚えよう  三味線

とりあえず、ソーラン節
順調な感じなので
同じ調弦で練習できる外山節
練習に入ることにしました。


今のところ、唄が入るまでの
いわゆる前奏部分だけなのですが
左手が難しいというところはなく、
順調にいくかな〜と思っていたら
案外そうでもなく


要は、リズムですね。
今日は、麗は一生懸命がんばっていたのに
私がちょっとダメで根気よくつきあってられなくて
麗が自主練してましたけど
1人じゃ 新しい曲をするのはムリだな。
とわかりました
なので 明日っから私も気合い入れ直して
ちゃんと根気よく見てあげる予定です。
(今日は私が疲れすぎててダメでした


今週末はお稽古があるので、
それまでにひととおり最後までやってみる予定です。
でも、曲自体を覚えないとどうしようもないので
これは麗にまかせるしかありません。
鼻歌で歌ったりはしてるみたいなんですけどね、
弾くとなると感じが違うんですかね。


今は曲を覚えるのに必死で、
左手も覚えるのに必死なようで、
右手の撥までまったく頭がまわんないようで
撥さばきはおそろしいくらい.........


や、いいんです いいんです。
時々「撥がすごいことになってるよー」
とは言ってますけど。
曲を覚えるようになって、それからやっと
余裕が出てきて撥にも注意がいくようです。
ほほう、そんなもんなんですねー。
おもしろい発見です


そうそう、前回唄のお稽古に行った時に
唄の先生が麗の撥を見て
「ずいぶんすり減ってるねー
 練習がんばってるんだねー!」

と言われていたのですが、
私 全然そんなこと気付きませんでした。


そっかー 撥もすり減るんだ〜
(ってよく考えたらそりゃそうですが)
麗もよくがんばってるな
と思いました
何のことはない、単なる木撥なんですけど
手あかが染み付いたり、すり減ってたり
先生が麗用にと短くカットしてくれたり と
宝物だなぁこれ
と思える 今日この頃なのでした
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ