わが家の台風の目*(りゅう)...小学5年の男の子。                                                  わが家のお笑いスター*...小学2年の女の子。                                 07’11月〜09’12月まで丸二年、師匠から離れた大阪での生活を経て、10’1月になんとまさかの札幌へ逆戻り!       再び師匠の元で稽古ができるようになって麗は大喜び! そしてオマケで桜も三味線始めました。            三人四脚、仲良くこれからも楽しんでいくよー!

ブログランキング

↓あ、ポチっとな。↓ にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事へ にほんブログ村 音楽ブログ 純邦楽・和楽器へ にほんブログ村 その他趣味ブログ 囲碁・将棋・麻雀へ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

2007/4/1

調弦  三味線

三味線って弦がたった3本なんですけど...

その3本に悩まされます


三味線ってビックリするくらい
音の狂いやすい楽器なんですよねー


先生いわく
「1曲ごとに微調整が必要になるよ」
とのことで


そんな楽器ですから
練習の時にケースから出すと
毎回音が狂ってます。
それが普通なんで 落ち込むことではないんですけど。


ただですね、
それで音を合わせるのが難しいっ。


うまく行く時は 
あっという間に調弦(チューニング)も終了しますが
できないときは ホントに音が合いません


最近は1人で調弦ができるようになった麗ですが
それでもやっぱり私がオッケー出さないと
微妙に狂ってたりするんですね。


が、その私がたまにわけわからなくなったりして。


今日はどうしても二の糸が合わなくって
練習開始までに手間取りました...
やっとのことで 「よし、じゃぁやってみて」
とはじめようとすると
また恐ろしく狂ってたり
「今 あわせたばっかりやん!!」
って 叫びたくなります


音を合わせるのが難しい上、
糸巻きの部分(ギターでいうところのペグ)が
これまた 笑っちゃうくらい調節難しくって。
ぎゅうぎゅうと固く押し込めちゃうと
麗が一人で糸巻きの調節できなくなっちゃうし
ゆるくしちゃうと
くるくるくるくる〜
とゆるんで 糸がびよんびよんになっちゃうし。

あーーーーーーーっっもうっ!!!
と 麗じゃなくても私も叫んじゃいそうです


で、結局今日は
なーんか違うような...と思いながらも
それで練習通しちゃいました。(ダメでしょ)
けど それ以上こちゃこちゃやってると
麗の練習意欲もなくなっちゃうなーと思ったので。


三味線の調弦は大変ながらも
興味深いところがかなり多く、
またこれから調べて発見していきたいなと思います
今日不調だった「本調子」ですが
「二上り」の音合わせはバッチリでした


やー でもホントのところ
音が微妙にでも狂ってると
いくら練習してても身にならない気がしますぅ。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ