わが家の台風の目*(りゅう)...小学5年の男の子。                                                  わが家のお笑いスター*...小学2年の女の子。                                 07’11月〜09’12月まで丸二年、師匠から離れた大阪での生活を経て、10’1月になんとまさかの札幌へ逆戻り!       再び師匠の元で稽古ができるようになって麗は大喜び! そしてオマケで桜も三味線始めました。            三人四脚、仲良くこれからも楽しんでいくよー!

ブログランキング

↓あ、ポチっとな。↓ にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事へ にほんブログ村 音楽ブログ 純邦楽・和楽器へ にほんブログ村 その他趣味ブログ 囲碁・将棋・麻雀へ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

2007/4/16

まずは覚えよう  三味線

とりあえず、ソーラン節
順調な感じなので
同じ調弦で練習できる外山節
練習に入ることにしました。


今のところ、唄が入るまでの
いわゆる前奏部分だけなのですが
左手が難しいというところはなく、
順調にいくかな〜と思っていたら
案外そうでもなく


要は、リズムですね。
今日は、麗は一生懸命がんばっていたのに
私がちょっとダメで根気よくつきあってられなくて
麗が自主練してましたけど
1人じゃ 新しい曲をするのはムリだな。
とわかりました
なので 明日っから私も気合い入れ直して
ちゃんと根気よく見てあげる予定です。
(今日は私が疲れすぎててダメでした


今週末はお稽古があるので、
それまでにひととおり最後までやってみる予定です。
でも、曲自体を覚えないとどうしようもないので
これは麗にまかせるしかありません。
鼻歌で歌ったりはしてるみたいなんですけどね、
弾くとなると感じが違うんですかね。


今は曲を覚えるのに必死で、
左手も覚えるのに必死なようで、
右手の撥までまったく頭がまわんないようで
撥さばきはおそろしいくらい.........


や、いいんです いいんです。
時々「撥がすごいことになってるよー」
とは言ってますけど。
曲を覚えるようになって、それからやっと
余裕が出てきて撥にも注意がいくようです。
ほほう、そんなもんなんですねー。
おもしろい発見です


そうそう、前回唄のお稽古に行った時に
唄の先生が麗の撥を見て
「ずいぶんすり減ってるねー
 練習がんばってるんだねー!」

と言われていたのですが、
私 全然そんなこと気付きませんでした。


そっかー 撥もすり減るんだ〜
(ってよく考えたらそりゃそうですが)
麗もよくがんばってるな
と思いました
何のことはない、単なる木撥なんですけど
手あかが染み付いたり、すり減ってたり
先生が麗用にと短くカットしてくれたり と
宝物だなぁこれ
と思える 今日この頃なのでした
0

2007/4/15

後回しにすると...  休日

誰だってそうですが、
イヤなものはやりたくないんです。


そりゃそうです。


が、そういうわけにもいきません。


今日の麗にそれがわかったかしら??


というのも、
昼過ぎまでさんざん家で遊んでいたのですが
午後になってパパが帰宅したら
まず間違いなく外出することになるので
そしたら帰宅は夕方〜夜になるので
そこから日課の学習と三味線の練習すると
とんでもなく大変になっちゃうから
何度も「早くやんなさいよ〜」
と言っていたのに。


「え〜〜っ今遊んでるんだから〜 
 あとで〜〜っ!!」



という返事。


何度言っても聞かないので、ほっとくことに。


そしてやっぱりパパ帰宅後、外出。


それから家に戻ったのが夜7時半頃。


私はそれから大慌てで
晩ご飯の支度を始めたのですが
麗は「さぁテレビ何見よっかな〜」
という感じだったので、


あっさりと冷たく
「何言ってんの。
 やることやってないじゃない。」

と 私が言うと もちろん
「今からなんてもうムリだよ〜」と。


これまでは、夜7時を回ると
ご近所さんにも迷惑になるから
三味線の練習はしてこなかったのですが
今日は特別。
ご近所さんに文句言われたら
あとで謝ろう。くらいの気持ちで
練習させました。もはや強制ですね


今の麗にはこのくらいしないと
「後回しにして 時間が遅くなったら
 もう練習や勉強しなくてもいい」

というおいしいことを
今から覚えさせたくはないので、
必要なこと、と判断したのでやらせたのですが


厳しすぎるかな〜 
と内心思いつつも
隣にいたパパも何も言わなかったので
わが家的にはこれでいい、
ということでしょうか


とりあえず、おしりを叩かれながらも(笑)
ちゃんと日課をこなしたあたりはエラいです
...私もがんばろう



0

2007/4/14

文字を美しく  勉強

オニのようにダイレクトメールがやってくる
「進研ゼミ」などの通信教育モノを
わが家では2人ともやっていません


ですが、学校から出る宿題と日記だけでは
いくらなんでもちょっとねぇ


というわけで 家庭学習をやっているわけですが


昨日、国語のワークを1冊分終えて
つくづく思ったこと。


字、汚すぎっ


1年生だからしょうがないかな〜
とも思っていたのですが、
ちょっとあまりにもどうよっ
ということで、
次の国語のワーク(2年生の)を買う前に、
「書写」的なことをする決意をいたしました。


といっても、新たに買ったわけではなく
麗が幼稚園ぐらいの時に買ってそのまましまって
忘れてたものが 最近発掘された、
というものなんですが


で、本日早速やってみました。
量的には たった1ページです。
が、私が小学生の時に
同じような宿題があって
字をきれいに書くと 
ものっすごい時間がかかったのを
今でも覚えてるので、これが限界です


本人も、じっくり字を書く
ということをしたことがないので
途中ちょっとイライラしてたっぽいですが
なんとかやりあげました。
クリックすると元のサイズで表示します
(左半分がお手本、右半分が自筆)


お、がんばったらできるやん


というのが私の感想です。

本気で疲れる作業だというのは百も承知ですが
それだけ集中してるということですし
字がきれいに書けるというだけで
人生得することいっぱいありますよね。


と 私は思います。


幼稚園上級〜小学低学年くらいまでなら
この本はかなりいいと思いますので
オススメです

清風堂書店出版部 井上洋子
 はじめてであう カタカナ習熟プリント

http://www.seifudo.co.jp/index.html

...今見たら「品切れ」ってなってました...
お近くの本屋さん(大きいとこ)で見つけたら
ラッキーかと。

0
タグ: 勉強 学習 習い事

2007/4/13

苦労してます  三味線

相変わらず 撥を打つ位置に苦労してます

クリックすると元のサイズで表示します
撥を打つ位置がわかりやすいようにと
先生に青い紙のテープ
(たぶんマスキングテープのようなもの)
を貼ってもらいました。
このテープの上で撥を打てるようになるのが
当面の目標です。


ちゃんと意識していると
まぁなんとか 格好ついてる感じですが
ちょっと油断してると
見事にテープより下の方を打ってます


たぶん、下の方を打ってる方が
手が楽だからなんでしょうね。
無意識に下がってくるということは。


もうこればっかりはホントに
体が覚えるまでしつこくやるしかないので
地味〜な練習を根気よくやっています。


というと聞こえはいいのですが
今日とかもダレダレで、「とりあえずやったよー」
的な感じではありました。
ま、毎日ピッとするのは難しいので
しょうがないかな と甘めに見てます。


それと、おもしろいことに
ソーラン節では撥の位置が安定してきたのに
こきりこ節になると てんでダメになったり
な〜ぜ〜
ソーラン節でも左手が忙しくなる時は
右手が不安定になりますけどねー。


それよりも今日はいつにも増して
兄妹ゲンカが激しくて(いつも口バトルですけど)
それに疲れました...
0

2007/4/12

星一徹バリ。  三味線

今日も楽しく...
    楽しく...
     楽し...く....


って あれ?


麗くん、今日の練習は楽しくできたのでしょうか?


正解は、どっちとも言えず
(ってなんじゃそりゃ!)


や、私は絶対楽しくなかった
であろうと思っているのですが、本人は
「や、楽しい。」
と言い張るので 「どっちとも言えず」
なのですが


普段の練習は 私が付き添って
(たまに放置)見ているのですが
パパの休みの時は パパも見ています。
私だけでも十分やかましいのに
パパが加わるとさらにやかましい。


なので、私は「黙っていよう!」
と思うのですが ついつい口が出ちゃいます。


そうなるとどうなるか?

って
そりゃー 練習してる方もイヤになってきますよ
わかっちゃいるけど 気になってしょうがない〜〜。


でも、いつも練習を見ている私としては
どのくらい練習したら疲れてくるとか
完璧にできなくても 
今日はこのあたりができたからとか
そういうのがだいたいあるのですが


どうやらパパは「しっかりきっちりさせたい」
みたいですねぇ。
星一徹バリです。(アニメ見たことないですけど)
パパの方針に横から口だすと
絶対こっちに矛先向くに決まってるし
私も横から口だされるとイヤなので
ま、黙っていますが
そんな両親の目の光ってる中で
ホント麗はよくがんばるな〜 と思って。


で、麗の顔つきがまったく無表情だったので
「...楽しい?」って聞いたんですけど
そしたら「楽しい!」って
ホントかよ〜 と思いながらも
結局いつもと同じくらいちゃんとやってました。
なんだかんだいって 
練習はがんばってるなぁと
成長してないのは親だけかもしれませんねー


今日の練習で気になったのは、
1つの音の勘所の位置がどうしても微妙にズレて
スッキリした音が出せない、ってことでした。
気になると そこばっかり気になって
耳につくので なんども
「ちがう〜! ちがう〜〜!!」となって
口やかましく言っちゃったんですけど、
別にそんなに言うことなかったと反省です
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ