わが家の台風の目*(りゅう)...小学5年の男の子。                                                  わが家のお笑いスター*...小学2年の女の子。                                 07’11月〜09’12月まで丸二年、師匠から離れた大阪での生活を経て、10’1月になんとまさかの札幌へ逆戻り!       再び師匠の元で稽古ができるようになって麗は大喜び! そしてオマケで桜も三味線始めました。            三人四脚、仲良くこれからも楽しんでいくよー!

ブログランキング

↓あ、ポチっとな。↓ にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事へ にほんブログ村 音楽ブログ 純邦楽・和楽器へ にほんブログ村 その他趣味ブログ 囲碁・将棋・麻雀へ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

2007/3/12

三味線のドレミ♪  三味線

わたくし、幼少の頃「エレクトーン」というものを
少し、ほんの少したしなんでおりました。
なので ずっと音楽の授業は大好きだったし
ドレミの音符読みもちゃんとできたし。
(今はどうだろう...)

三味線だって わからない分野と言えど
ドレミがわかりゃぁ ある程度大丈夫でしょ
って思ってましたが。

甘かった。

なんだこりゃっ

いえいえ、今ではなんとか読めるようになりました。
でも すぐに読み方忘れてしまいそうな勢い...

うーん、そういえば昔
ドラムのバンドピース(楽譜)を見たときに
同じ思いをしたことありました。
あれもですね、パッと見わかんないですもん。

音楽とは ドレミだけではない

ということを知った私なのでした。
うーん 奥が深い。

もひとつスゴいのは、本来 津軽三味線というものは
独特な節回しこそあれ 
アドリブでできてるものなんだそうです。
ゆえに、楽譜なんてものは 最初からないっ!
ってことです。
お師匠さんの音を聴いて、見て、
それで自分のものにしていく 
というスタイルなんだそうです。

これはまさしく JAZZ そのものですよねぇ。
アレンジ天国!
俺は俺のスタイルでいくぜっベイベー(←?)
って感じでしょうか。 (ちょっと違うような...
和ジャズですね、和ジャズ。 

今、基本の真っ最中をがんばってる麗は
たくさんの曲を弾いていって、
まず三味線そのものを体の一部としないとダメですね。
今日もさんざん 構え方がちがう〜
と私に言われてましたけど
(まだそんな段階...w)
0
タグ: 三味線 子供 音楽



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ