わが家の台風の目*(りゅう)...小学5年の男の子。                                                  わが家のお笑いスター*...小学2年の女の子。                                 07’11月〜09’12月まで丸二年、師匠から離れた大阪での生活を経て、10’1月になんとまさかの札幌へ逆戻り!       再び師匠の元で稽古ができるようになって麗は大喜び! そしてオマケで桜も三味線始めました。            三人四脚、仲良くこれからも楽しんでいくよー!

ブログランキング

↓あ、ポチっとな。↓ にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事へ にほんブログ村 音楽ブログ 純邦楽・和楽器へ にほんブログ村 その他趣味ブログ 囲碁・将棋・麻雀へ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

2007/3/17

びよ〜〜ん  三味線

今日はお稽古日でした。


麗の使っている三味線と
先生の使っている三味線は
素人がパッと見て一緒のように見えて
実はまったく違うシロモノです。


今日は、先生のお三味線についている
「東サワリ(あづまさわり)」
なるものについて ひとこと。


これはですね、
三味線を構えたときに
1番上にくる弦(1弦または1の糸)を
開放弦(どこも押さえずに出す音)で
音を出したときに
かすか〜に 
弦に触れるか触れないかのところで
調節する 独特の装置のようです。


どんな音が出るって


音が「ビビる」んですよ。
びよ〜〜〜〜ん
って感じw。


しかしなぜだか その音が心地よいというか
ぐっとくるというか。


普通の音と東サワリのある音と
どう違うか 例えがないかと模索してたんですが


柳沢慎吾氏の十八番ネタの
タバコを使った刑事モノの無線ネタ。
前半のタバコケースを使った音が
普通の音で
あれの後半のビニールを使った音が
ビビる音ですね。


って こんなんしか思いつかなかった
私って一体...


この不思議な機能、
津軽三味線や民謡の三味線だけかと思っていたら
そうそう、ありましたありました。


インドの民族楽器、シタール
にもありました。
クリックすると元のサイズで表示します

このシタールという楽器、
名前や見た目にピンとこなくても
音を聴けばだいたいの人が「あぁ!!知ってるー!」
って言えるくらい 結構よく聞く音(楽器)です。
昔っから私 
この楽器の音色にとりこだったんですけれども
調べてみると
どうやら三味線のルーツはシタール
あるらしいというから 不思議な縁ですねー。


で、このシタール
胴の部分にジャワリという
これまたサワリと似た響きの
パーツがあってですね、
クリックすると元のサイズで表示します
素材は鹿の角らしいんですけども
これが やはり弦に触れるか触れないかくらいの
角度を調節して あの独特のビビった音が
出るらしいんですね。


ちなみに、このシタールを演奏すると
こんな感じ。
クリックすると元のサイズで表示します
私はずいぶん昔に偶然TVで演奏しているところを
見たことがあったのですが、
あまりの大きさにすごくビックリしたのを今でも覚えています。


このジャワリがルーツだとされる
東サワリ、人を魅了する音色なのですが
私もしっかり魅了されているので
毎週 先生の出す音色に
ほぉ〜〜〜〜っ
となっています(笑)。


麗の三味線にはこの機能がついていません。
いつか 三味線を替えたときに
今度のはついてると思いますが
開放弦の音だけで 津軽三味線を堪能できるような
そんな気分になってみたいと思いますw。


でも実際は
その東サワリの微調整
ってのが これまた難しいようです。


雄々しい音を出す楽器ではありますが
繊細な微調整があってこそ、なんですねぇ。
0

2007/3/16

練習  三味線

ふと思ったんですが

毎日毎日よくがんばって練習するなぁ〜

と ちょっと感心しました。

というのも、
私は幼少の頃にエレクトーンをやっていたものの
練習していたかと言われると
ま、やってませんでした

私の場合、両親が共働きで 
練習につきあってくれる人がいなかったから 
というのもあるような気がしますが
基本的には性格でしょう(キッパリ)。

親になった現在の私は専業主婦で
家事と育児の担当をしています(そりゃそうか)。

子供といる時間が長いので
どうしても「宿題は〜」「練習は〜」
と口やかましいのですが
そろそろ2年生になる麗も
少しずつ習慣化してきたようで
「宿題」
「学校の用意」
「三味線の練習」
この3つは基本的にバッチリとこなしてるようです。

習慣にするには3ヶ月かかるそうですが
それ以降は苦にならない 
と 聞いたことがあります。

子供なので習慣になるのに1年近くかかったような
気もしなくはないですが
それでも 三味線の練習ができなかったりすると
「あぁ〜 今日はできなかったな〜」
と言ってたりするので
忘れたわけではないようです。

逆に、これは親にとっても習慣となるわけで
何か忘れてたりすると
ちょっと気持ち悪かったりします。

三味線の練習は 私は聞き手なので
先生に指導されたことをチェックするのですが
あーだこーだ言うと
「もうっ ちょっと今だまっててよ!」
と 怒られたりもするので
タイミングが難しかったりもします

本人的には始める時間を決めてやってるようなので
これからもそれを守っていけるといいなぁ
と思ってます

そういえば この1年で
練習時間も5分とか10分から
最低30分、やる時はそれ以上になってます。
...といっても 途中の休憩が
やたらと長かったりもするんですが
0

2007/3/15

披露  三味線

仲良しのお友達が遊びに来ました

ここのブログも見てくれていたようで、
麗に三味線のバチの持ち方を教わっていましたが
やっぱり 指がひきつっていました(笑)。

麗は間違えながらも
とりあえず自分の弾ける曲を披露していました。
今一番練習していてお得意の
「こきりこ節」は わりといい感じで。

こうやって人前でどんどん披露していくことは
やっぱり大事だと思います^^。
人前で演奏することに慣れるためにも
みなさんどんどん我が家に遊びに来てくださいw。

今年は、ひょっとしたら
会のみなさんに混じってお祭りかどこかで
多くの人の前で披露することがあるかもしれません。
なくても 秋のおさらい会では
みんなと一緒に合奏したりすることになると思います。

「自分1人で弾いても楽しいけど
 やっぱり合奏って音がたくさんになってもっと
 楽しいよねー

と 本人が言ってるので
これからも楽しんでやってってくれればいいなーと。

土曜日のお稽古では
新しく「ソーラン節」を習う予定でいるので
麗はとても楽しみのようです
0

2007/3/14

目指すところ  こどもの習い事

最近の悪天候で どうしても家にこもりがち

ということで 今日は下の子を連れて
近所の会員制のキッズパークへ遊びに行きました。

午前中ということもあって
幼稚園にあがる前くらいの小さな子たちが
元気にきゃぁきゃぁ言いながら走り回ってて
かわいかったです

お母さん達が5〜6人くらいかな、固まって座って
談笑してたので 何かのサークルだったのかもです。

それで、聞くともなしに聞こえてくる会話がスゴかった..

「あなた、〜〜英会話スクールに
 通わせてるんだって?」

「私は 〜〜(会社名)の英語セットを
 フルセット買って毎日がんばってるわ。
 高かったけどすごくいいわよ!」

「やっぱり小さいうちから英語は必要よねー!」

「そういえば 〜〜ちゃんはピアノ始めたんでしょ?どぉ?」

「く○んの幼児教室もいいわよ。あとそろばんもねー」

なんだか うまく書けないですけど
そんな感じの習い事の話題だったんですけど
私、ちょっと離れたところにいたにも関わらず
圧倒されました

ぃゃ〜 でも、私は人とそういう会話をしないだけで
内容的にはついていけそうに思ったので
彼女たちと同じか〜 と思ったんですけど...
でも、彼女たちの中には あきらかに
「これはやらなきゃダメよ〜!」みたいに
習い事をたきつけるような感じの人がいたので
ちょっと疑問を持ちました。

麗が三味線以外にやっている体操教室では
私が見る限り ウルトラCの技をする子が
たっくさんいます。
毎日欠かさず練習に来て、将来は
オリンピック選手になるという目標の子もいます。

そんなスゴい子達の中に
もちろんクラスは別ですけど うちの子がいます。

残念なことに、うちの息子は運動能力が...
なので、
「人並みの運動能力になるように!」
という親の願いと、体を動かすのがとっても好きな
本人の意見が一致して 体操教室に通っているのですが
この「お互いの目標とするところ」がズレてると
もう ホントに悲惨だと思います。
とくに 親の期待が大きすぎるのがダメかと。

親が勝手にライバルを見つけて競わせるのも
ダメですね。
ライバルっていうものは 本人が見つけるもんです。
目標も 小さい子の場合は
いきなり オリンピックだのプロだのじゃなくて
がんばれば届くあたりの目標がベストです。
到達した時の喜びを親子で味わえます

偉そうなこと言ってますけどね、
私も毎日試行錯誤というよりも
凹んでばかりの方が多いですけれども。

さっき、麗が
「僕、三味線すごく大好き!
 難しい曲が練習して簡単になっていくところが
 すごく楽しいんだよねー!
 だから、大人になってもおじいさんになっても
 ずっと続けていくよ!」
と 突然言ってきました。

いや〜 それだけで私は満足ですよ^^。

...とか言いながらも
今これを書きながらうしろで三味線で遊んでる麗に
「遊んでないでちゃんとやりなさい!!」
って 言ってる私ですけどもw。
0
タグ: 子供 習い事 体操

2007/3/13

札幌の夏と言えば  三味線

タイトルのとこには 張り切って「日本一!」
なんて 掲げてますが
実際は ま、ご想像の通り 
まったりやってる今日この頃の練習です

札幌は、近年「YOSAKOIソーラン祭り」
クリックすると元のサイズで表示します
http://www.yosanet.com/yosakoi/
っていうお祭りが 夏の代名詞みたいになってます。
ちょうど 私が学生の頃に
同級生が創立メンバーとしてがんばってました。
スゴイ急成長を遂げたお祭りだと思います。

実は、私自身はそんなに興味なかったりするんですが
北海道の夏祭りはもう
どっこにいってもヨサコイ!ヨサコイ!ですよ。
きゃぁっ! 逃げ場がないわ!! くらいの勢いで。

とくにここ2、3年は踊り手さん達が
奇抜なメイクと衣裳を来て 
我が物顔で街を闊歩してたり
(いわゆる迷惑行為)
祭り開催日をうっかり忘れてでもしたら
交通規制にあうわ 爆音で子供がビビるわ
あんまりいいことないなぁ〜 って感じでしたが

「踊らにゃソンソン♪歌わにゃソンソン♪」

って ホントだねぇ と思ったのが
子供が幼稚園でよさこいソーランの踊りをした時です。
しかも親も踊らされました
祭りに参加したわけではなく、運動会での披露だったんですけど。
やってみなきゃ 楽しさはわかんないもんですね。

というわけで 道内の子ども達は
かなりの確率で
運動会でよさこいソーランの踊りを披露してると
思われます。
お祭りでの 完璧な踊りはもちろんいいけど
とにかく
一生懸命がんばってる子ども達の姿は微笑ましい

そういえば 私も幼稚園の時
「ソーラン節」を踊ったのをいまだに覚えてます。
なつかしの、アレです、アレ。
よさこいソーランは原曲わかんないくらい
アレンジすごいですからね。

そんでもって、三味線教室では
たくさんの方がよさこいソーランと
関わりがあることを知りました。
誰々さんはどこのチームで、
誰々さんはあそこのチームで、みたいに。
そしてなんと 
先生もチームの三味線をしてらっしゃるみたいで。

先程も書いたように、
やっぱりお祭りは参加してナンボなんですよね。
知人友人、ましてや先生や教室の方が
参加されてると聞いて
応援しないわけにはっ

ということで
これからはよさこいソーランが楽しみです

かといって ヤンキーみたいに変身して
態度が大きくなってしまう踊り手さんは
やっぱり許せませんけどね。
マナーをしっかり守って 楽しく


そうそう。
何が言いたかったって
麗が新しい曲「ソーラン節」
にチャレンジすることになりました
ってそれが言いたかっただけなのに
こんないろいろ書いちゃって
0
タグ: 三味線 子供 音楽



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ