2020/5/25

ビリヤニ好き  たべもの

クリックすると元のサイズで表示します

ついこの前までレストランのテイクアウトには惹かれなかったのですが、ついにビリヤニ食べたさのあまりデビューしました。

私が「ビリヤニ」というメニューを意識するようになったのは、2018年の春にカタール航空の機内食で食べたのが最初です。

それまでにもきっと、インドカレー屋さんとかで食べたことがあったような気もするのですが、「味付きのゴハン」くらいの認識だったのだと思います。

カタール航空は、ヨーロッパへ南回りで行くので時間がかかることだけが難点ですが、それ以外は最高のエアラインで機内食もそれにもれず美味しいんですね。

それで欲深い私は、食事の時間になると真剣にメニューを見つめ「Biryani」という知らない単語に引っかかったのですが、もしやそれは中東の秘密の食べ物かしら?という神秘に取り憑かれてしまったのです。

蓋を開けてみたら、なんのことはない長い米のチャーハンみたいなものでしたが、この長い米のパサパサ具合とオイルと軽めのカレー味と何かのスパイスがいい仕事をしていたのでした。

イスラム圏に広く広まるお料理のようで、南アジアから中東まで色々バリエーションはあるようです。

それ以来、ビリヤニファンになってしまい、時折無性にビリヤニが食べたくなるのですが、インド系レストラン以外でどうやって入手して良いのかわからず、アメ横のアジアン・マーケットにまで探しに行ってみましたが(冷凍食品でないかな〜という望みを抱いて)そこはアジアはアジアでも極東と東南アジア方面だったようで、中東はまた別の括りのようです。

結局近所のネパールレストランで「ビリヤニ弁当」なるものをテイクアウトしました。カレーを食べる時の楕円プレートに移したら、半分の量でもう1人前くらいに。

美味しいのでおかわりもしましたけど完食はぜったいムリな大容量でした。きのうのお持ち帰りピザもまだ食べきってないし貯金ならぬ貯食が。。。

そうそう、買っておいたパイナップルドリンクヨーグルトがあったのでこれがスパイシーなビリヤニにぴったりでした〜。
1

2020/5/21

ビオセボン&ピカール  たべもの

クリックすると元のサイズで表示します

2月のロンドンで気軽にオーガニックやベジ食品を楽しんで、日本でもああいうカジュアルで美味しいオーガニック屋さんがあればなあ、と思っていましたが、

職場からはまあまあ近場に「ビオセボン」というフランス系のオーガニックスーパーがあるので、家にまっしぐらに帰りたい衝動を抑えて行ってみました。

花のパリ出身というわけで隣国イギリスのお店に似てるところもあり、それプラス日本独自の食材も同じコンセプトで置いてあります。特にお弁当やデリつまりすぐ食べられるものは現地調理ですので日本的なものが多めです。

お隣は「ピカール」という冷凍食品専門店で店内でつながっています。ここもフランスからの輸入が多く、洋食がほとんどで素材、調理済みお食事系、デザートまで幅広い品揃えです。外国のスーパーの冷食売り場のみのショップという感じ。

ジャガイモと肉料理の幅広い品揃えに西洋のホコリを感じますね。。。

それぞれのショップから2アイテムずつ買いました。

クリックすると元のサイズで表示します

ファラフェルの元はイギリスからの輸入品でお湯を加えて丸めて揚げるだけ!・・・本当にはもう出来てる冷食で探したのですがそれはなかったので仕方なく・・・

できた!!!!!!!

クリックすると元のサイズで表示します

念願のココナッツシュガー(iHerbでも散々探してなかった)を買えたのでプレーンヨーグルトにかけてみました。・・・でも色の濃い方にしたらただのブラウンシュガーの味なんですが・・・ココナッツどこ行った?

クリックすると元のサイズで表示します

丸まったものが好きなんで、ミートボールとイモのセット、温めるだけ!

クリックすると元のサイズで表示します

そして赤い実のクランブル。カスタードもかけたかったのでそれは自分でプラスしました。

クリックすると元のサイズで表示します

うちの近所にはないちょっと旅行気分に浸れる食品、外食はできないしレストランのテイクアウトにはイマイチ気が乗らない私にぴったりでした。

ピカールはオンラインショップもあり、ヨーロッパ度はビオセボンより高いのでご興味があれば是非覗いてくださいませ。
1

2020/5/13

ジャムビスケットが食べたい  たべもの

コロナで休みが増えて以来、せっかくのお休みにお料理などに時間を使いたくないポリシーだったのですが、どうしてもジャムビスケットが食べたくなりました。

小麦粉 200g
砂糖 100g
バター 100g
卵 1コ
ジャム

材料が超シンプルなので重い腰も軽く♫
BBCのレシピで小麦粉はself rising flourだったのでベーキングパウダーを10gプラスしました。

クリックすると元のサイズで表示します

手で揉みこむ作業はフードプロセッサーにお任せで

クリックすると元のサイズで表示します

パン粉状になったら直径5cmの棒にして2cm幅の輪切りに

クリックすると元のサイズで表示します

中央にスプーンでくぼみを付けジャム投入

クリックすると元のサイズで表示します

とここまでは順調だったのだが、焼いたらどういうわけかジャムが溶けて広がってしまった(涙)

クリックすると元のサイズで表示します

どうもこれ用にわざわざ買ったジャムがアオハタ「丸ごと果実」という生感が売りのだったのが敗因かもしれません。

クリックすると元のサイズで表示します

こうなるはずだったのに!

クリックすると元のサイズで表示します

でも美味しかったです。手前の白っぽいのはちょっとスポンジケーキのようでもあり、奥のは2回目は温度高くして焼いたらカリッと香ばしくなりました。

でもね、

実は全て終わってから気づいたんですけど、私が食べたかったのはビスケットじゃなくてタルトだったみたい・・・(汗)

クリックすると元のサイズで表示します
Alice in Wonderland Queen of Hearts Jam Tarts

1

2020/2/12

ミンスクの台所  たべもの

ベラルーシ・レストラン「ミンスクの台所」に行ってきました。職場の近くで前から気になっていましたが、さすがの私でも一人では入りにくく夫を誘いました。

クリックすると元のサイズで表示します

実はこちらのレストランはすぐ近くの飯倉交差点から六本木1丁目駅に降りる坂にもう何年もあって、以前通りかかった時に見て「ディープなヨーロッパの森の匂い」がして気になっていたのが、1年ほど前に移転していたのでした。

リンク先サイトの写真の通りスタッフは東欧っぽい感じの女性たち、日本語も英語も堪能、ロシア大使館の目の前なのでロシア語もできるのかな!と思ってしまいました(笑)。しかし特にベテラン風の方は、旅館の仲居さん的ににこやかで柔らかい物腰ながらなんでもご存知で接客業の鏡のような方でした。

日曜以外の夕方のみの営業で、昨日は祝日のせいかテーブルの埋まり具合は半分以下、女性二人連れが3組、男女カップルが私たち以外に1組でした。

内装はヨーロッパの森の中のおばあちゃんち(妄想)感を打ち出していて、

クリックすると元のサイズで表示します

東欧のお土産物屋さんにありそうなインテリア?

クリックすると元のサイズで表示します

そしてお食事は、とても私好みでした!!!

こちらはビーツとニシンとポテトのサラダ。ニシンみは薄くてちょうど良かったです。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらは前菜の盛り合わせ。盛り付け凝ってる〜

クリックすると元のサイズで表示します

ふと後ろを振り返るとゴブラン織りのカーテンがね、50年は住んでるおばあちゃんち味を演出してて、またパチリ。

クリックすると元のサイズで表示します

メインは「ゴルショク」というつぼ焼き、中身は蕎麦の実のポルチーニ茸とクリーム煮。米より歯ごたえのあるリゾットみたいでした。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

パプリカの肉詰めも。

クリックすると元のサイズで表示します

ワインはベラルーシのはなくてグルジアワインがたくさん揃ってました。グラスでも頼める種類が多く、ボトルを見せてもらったら裏ラベルに見たことのないグルジア語が印刷されていて東欧の風を感じることができました(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します

この時点でお腹はいっぱいでしたが、珍しいレストランではデザートもどんなものか気になって仕方がなかったので、「小鳥のミルク」という名のチョコレートケーキにチャレンジ。クリームのところがレモン味で満足満足、満足以上です!苦しい〜〜〜

クリックすると元のサイズで表示します

ベラルーシは最北の内陸国家(ポーランドとロシアの間)らしいですが、おさかな料理も数種あって、サーモンのコロッケやサワークリームのグリルも食べたかったです。メニューのほとんどが食べてみたいと思うレストランってあまり行ったことがないので、ベラルーシに自分がこんなに親和性があったとは驚きでした。
1

2019/4/12

シュヴァルツヴェルダー・キルシュトルテ  たべもの

シュヴァルツヴェルダー・キルシュトルテ!!

この絶対覚えられない長い名前のドイツらへんのケーキ、

さくらんぼ酒入りのクリームとサクランボ入りのチョコレートケーキと

そしてこんな甘苦そうなゴシックロマンスな外見を知った時からどうしても食べたかったんです〜!!!

クリックすると元のサイズで表示します

それが日本にもお店のある有名な「デメル」でも売ってることを発見し、本来はドイツやオーストリア、スイスあたりで食べたいところ、一体いつそんな機会が訪れるのか待ってられなく、まずは日本で手に入るものとしては本場に近いであろうと食べてみました!シュヴァルツヴェルダー・キルシュトルテデビュー!

外観はこんな感じ!黒っぽい。

クリックすると元のサイズで表示します

これが中身!あれ?チョコレートケーキじゃない?!

クリックすると元のサイズで表示します

しかもチェリーが赤いのとダークのと2種類がふんだんにトッピングされてますので、濃厚なクリームを酸味で緩和するようです。

・・・・思ったより甘くない。

チョコレートスポンジじゃないのでチョコみも薄い。

ムムム、初シュヴァルツヴェルダー・キルシュトルテは高級店の日本製だから甘くないのか、私にはわからない。

東京にはあと広尾にもドイツのケーキの専門店があるらしいので、そこのも試してみなくては。

ドイツのケーキは甘くてチョコみたっぷりのはずというのは単に私の先入観なのか、是非とも解明しなくては。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ