2017/7/23

シャーロック 0403  シャーロック

クリックすると元のサイズで表示します

0402で盛り上がった気持ちで迎えた最終エピは、おきまりのドーンと重い展開が待っていました。

・・・わかってた、わかってたけど辛かった・・・シャーロックを執拗に追い詰める監禁された実の妹のユーラス、子供の頃はあんなに愛らしく、変装のヒッピーちゃん、金髪黒縁メガネ、知的セラピストもそれなりだったのに、素顔が髪ボーボーの狂気の形相ってちょっとかわいそうじゃない?

だってね、それぞれが変なりに魅力的なホームズ兄弟の妹なんだから、彼女ももう少しかわいい妹だったら、私も怖がらずストーリーに入り込めたんじゃないかと思います。

(しかしそこはホラー大好きなゲイティスさんですから無理ですね(笑)

でもね、面白いことに、英語版を見たときの感想では、まだそんなこと感じる余裕がなかったんです。あの時は恐ろしさと意外な展開に振り回された後の安堵、メアリーの「Miss me?」遺言のオチ、大団円ぽいフィナーレにただ心を震わせていたようです。

初見と2度目の感想がこんなにも違ってくるエピも初めてです。

落ち着いて見た後、
ーなんでホームズご両親は若き日のマイクロフトにまんまと騙されて娘が死んだと信じていたのか、とか
ーじゃあワンコの赤ひげはいなかったの? とか
ーマイクロフトがちょっと情けなさすぎに描かれてなかった?
 でも成長したシャーロック目線だとああなのかな? とか。

それと英語版で見たときに大感動キュンした、モリー「I love you」のシーン、日本語版ではストーリーは滞りなかったけど、肝心のその言葉がサラ〜〜っと通り過ぎてしまい拍子抜けしてしまいました。


しかし!英語でも日本語でも変わらぬ大喜利を見せてくれたのがモリアーティー。回想シーンのはずが、この存在感は嬉しいです。

Brake free!!

クリックすると元のサイズで表示します

この登場の曲がクイーンで盛り上がったことは英語版感想の方に書いたのですが、昨日ふと思い出したのが、そのクイーンのBrake Freeのpvとシャーロックのこのエピの映像演出で、共通しているものがあったことなんです!

シャーロックに、飛行機から語りかけてくる小さな女の子がいました。あの子は実はユーラスのインナーチャイルドみたいなもので、知能が高いゆえに他の人達は皆眠っているように見える世界から、どう着地したらいいかわからず助けを求めていたんですね。

シャーロックが助けに来た時に、ユーラスの世界が外界に向かって開いたことを、白いボックスの側面がぱかっと四方に倒れて、まるでユーラスが孵化したような演出になっていました。

あと同じことが、シェリンフォードの焼け崩れた家に過去の記憶から戻った時にも起きたと思います(ちょいうろ覚え)。

つまり白いボックスはファンタジーと現実のボーダーなんですね。

クイーンのpvでは、不満を抱えた主婦を演じていたフレディ・マーキュリーが、ファンタジーの世界に入り込み、ニジンスキーの牧神の衣装とポーズで現れた時に、同じ白いボックスの壁が倒れて現れていました。

モリアーティーの登場にこの曲を使うと決めた時、誰かがpvを見てこのアイディアを思いついたんじゃないでしょうか^v ゜


そして英語日本語版に共通して言えるのは、

シャーロックがかっこいい事です。

やっぱりそれに尽きる。エピ2で脚本上仕方ないとはいえ、汚い荒れたシャーロックを見せられたので、その後にスーツをビシッと着て髪型も顔もちゃんとメイクさんがやってくれたシャーロックは見ていて安心します。

シャーロック・ホームズは目立たないアイテムを身につけてはいるけどオシャレさんって事に100年以上前からきまっているんですものね、こうでなくては!
4

2017/7/18

シャーロック 0402  シャーロック

クリックすると元のサイズで表示します

英語版を見たときの感想はコチラ

基本、日本語版の感想も同じですが、もう日本でのテレビ放送を持ってネタバレ解禁とみなし(いつもあまり自制してない方ですが、シャーロックはネタバレを避ける方が多いと思いテレビ放送までは心がけてはいたのです)少し細かい感想を付け足したいと思います。

まず

「獲物は放たれた!」

シャーロックが部屋でガンを撃ちまくるシーンのセリフです。
「ヘンリー五世」のセリフから「シャーロック・ホームズ聖典」に引用された「The game is afoot」の部分ですよね〜

*そこの少し詳しい解説はコチラ

英語版「SHERLOCK」では「The game is on!」のセリフとなって日本ファンにも有名ですけど、今までこのセリフの日本語版はなんだったのかしら?と気になって仕方ありません。

「ゲームは始まった!」だったかしら?それだと、今回のシャーロックがわめいていた「獲物は放たれた!」とリンクしないし、それがわからないとセリフの面白さが伝わらなくて歯がゆいなぁ。


シャーロックの薬でやつれて無精髭ボーボーの顔はあまり見たくないのですけど、ベッドに無抵抗の状態でやつれて寝ている顔は好きだと思い出しました。

思い出したというのは、つまり前にも見たということ。シリーズ3でジャニーンがお見舞いに行った病院での顔です。あの時も確か無防備に横たわってジャニーンのいいようにされてましたっけ。ああ、素敵だった。

今回のシャーロックは、退院してからも左目の出血が止まってなかった(眼球の痣?)特殊メイクすごかったですね?リアル・・・


それから日本の放送日のもったいなかったところは

「誕生日おめでとう」

英国ではちょうど聖典ホームズの誕生日とされている日が放送日だったため、このセリフが粋なサプライズだったわけです。


しかしハドソンさんは良かったですね!今回はセリフもいっぱいあったし、絶好調で涙が出そうでした。私も誰かに「あなたはバカでいいのよ、可愛いから」って言いたい!ハドソンさんを目指して年をとりたいけど、ロンドンの中心部に不動産を持つのは今や終わりなきインフレで無理そう・・・せめて人格だけでも!





3

2017/7/9

シャーロック 0401  シャーロック

クリックすると元のサイズで表示します

日本語吹き替えで初めて見ました。(あ、当たり前だ、初放送ですもの)

年始に英語版見てからたったの6ヶ月余りとは思えないくらい忘れてましたが、シャーロックは相変わらずかっこよかった。

薄々気づいてたけど、ベネディクト・カンバーバッチは黒髪キャラが一番かっこいいと思います。シャーロック、ジョン・ハリソン、ドクター・ストレンジ、み〜んな黒い髪でしょう?私がもともと黒髪×青い瞳の組み合わせが好きなせいでしょうか。

さてシリーズ4ともなると、シャーロックをめぐるキャラ達とその描き方の変化も激しかったです。

シャーロック本人の変化に関してはこれまでの流れに自然でスムーズに見ていられるのですが、

これまでのシャーロックの流れと違うなあと改めて思った箇所がいくつかありました。

言い換えると、あれ?と思ったのは、

・マイクロフトの役割がかなりお笑いに比重が増えた

・にも関わらず、物語はダークにダークに・・・

・メアリーも重い。重いよ!

つまり裏を返すと、私は「シャーロック」に

・かっこいいマイクロフトもっと見たい

・テンポよく軽妙なストーリー展開

・女性キャラ モリー、ハドソンさん、ジャニーン大好き〜!
( 彼女達はシャーロックのこと大好きだけどけっこう意地悪)

を求めているってことですね。

メアリーはなー、ジョンの奥さんだから彼女達目線とは違うのは当たり前なんですけどね。そしてメアリーの男前なところも好きなんですが。



それと、疑問に思ったのは、ネタバレますが



シリーズ3でシャーロックにわずかな命の可能性を見て弾丸を撃ち込んだくらい、弾丸のプロのメアリーが、なぜシャーロックを守るために自分の心臓を差し出したのか?ということ。

体の他の部位でシャーロックをかばうことは不可能だったのだろうか。

ジョンと我が子を残して自分がいなくなることはOKだったのか?

うーむ。うーむ。。。







3

2017/6/29

憧れの人  シャーロック

クリックすると元のサイズで表示します

ツイッターでもつぶやいたのですが、新しいオシゴトの場所でお見かけするステキな女性がいます。

私は昔ファッション業界にいたせいで、人を見たり覚えたりする時は服の印象から入る癖があるのですが、

仕事でその方のお洋服をクリーニングに出すのに相談に乗った時、知らないブランドタグなのに、素材と仕立てが明らかに高級なお洋服だったので印象に残りました。派手ではないけど、地味とかベーシックなデザインでもないのです。

ご本人の外見は、小柄で華奢、髪はショートだけど品のある感じで、声は柔らかく快活な話し方。

お年は70歳くらいと見受けられ、他にも「いわゆるオバちゃんぽくない年配の女性」は数多いけれど、内側から滲み出る華やかさがあり、

私も年齢を重ねたらこういう人になりたい、と思って

あ!誰かに似ている・・・

そうだシャーロックのハドソンさんと中の人ユーナさんだ!

と思い至ったのでありました。

ファッション誌も今は幅広い年齢層向けが揃っていて、「おしゃれな大人の女性」も多い昨今ですが、

どうも根がひねくれているのか、私の趣味が悪いのか、

さりげなくおしゃれな大人の女性になりたいとも思わない私へ朗報でした。

だって、ねえ、年齢は間違いなく大人だけれど、

ティルダ・スウィントンみたいになりたいけれど、あの顔と身長があるわけでもないし、

ロールモデルがなくさまよう子羊だったのですもの。

それに、転職活動をしていて感じたのですが、面接でどんな自分をプレゼンしたらいいかもとても迷っていたのです。

プライベートで会う人達相手にはそんなこと考えたことないけれど、履歴書持って面接ですと、まず「年齢に相応しい落ち着きが必要なのかな?」とか「謙虚にした方がいいかな?」とか、精神的にも臆病な子羊だったかもしれません。

それ自体、落ち着いても謙虚でもない私に無理だったのですね。

これからは自分の好きなタイプの人を目指せば自分も幸せになれそうだと気づいて嬉しくなってしまいました。

将来、オシゴトの女性やユーナさんみたいになれるように、毎日元気でハッピーに過ごしたいものです。



4

2017/1/16

SHERLOCK 0403  シャーロック

やっと私が見たかったかっこいいシャーロックが帰ってきました!
エピ自体もモファティスの思いがいっぱい込められているなあと感じました。

クリックすると元のサイズで表示します

ストーリー全体を語るつもりはないですが、バラバラと感想を書きますのでネタバレます

S3で謎として残されてたThe East Windとホームズ兄弟のThe other、そしてRed Beardがちゃんと大きな布石になっていたのがすごかったです。

それが子供時代に返るという。

その子供時代の動画に出てきたマイクロフトの巨体と食べっぷりには感動すら覚え。

マイクロフトの住む家に飾られたご先祖様たちの肖像画が、ちゃんとマイクロフト似なのやシャーロック似なのがいたのも鋭かった。そんなに古い家柄だったのね。

シャーロックの好きな遊びは「海賊ごっこ」とは何かで知った(S1に出てたかな?)けど、これもこんなに絡むとは。シャーロックはYellow Beardだったとは。

The East Windの神様という意味を持つ第3のホームズ兄弟ユーロスがモリアーティと組んでいて、彼女が221Bボーイズとマイクロフトをゲームにはめ込む・・・という設定が、最初は現実離れした芝居がかりすぎて鼻についてしまったのですが、ふとアーサー・コナン・ドイルの聖典ホームズそのものがそういうシリーズだったと思い出してから「ああ、これはシャーロック・ホームズだった」と納得しました。

シャーロックの音楽はこれまでも意味深い使われ方でしたが、今回はなんとモリアーティ登場でクイーンの「Break Free」!しかもモリアーティはイアフォンで聞きながらポーズを決めながら着陸して、絶対あれはフレディ・マーキュリーに憑依してました。

しつこいですが、この曲はイギリス人なら誰でも知ってる、クイーンが全員女装して現れるのが有名なPVがありまして、特にフレディはヒゲのままピンクのニットを着て掃除機をかけるのです。

別のシーンで掃除機かけてたハドソンさんは別のヘビメタらしき曲を聴いていましたけれど♩

今回のジョンで好きだったところは、拳銃を突きつけた相手の肩をパタパタするところでした。散々かっこいいことを言いながら。その挙句の果てに「I can't. Sorry.」なんですか?!あれは。最高。

モリーちゃんのI love you.の言い方にはハートが溶けました。
あんな風に・・・あんな風に・・・

シャーロックが棺叩き割るのわかります。

次の作戦で、「1人を選び、もう1人は殺せ」とユーロスに言われたシャーロックに、マイクロフトが悪態を突き出した嫌われ作戦には泣けました。しかも芝居が下手なのでバレバレという。

結局ユーロスは、シャーロックがジョンと出会う前になりたかった高機能ソシオパスであり、シャーロックは愛に欠けた彼女に愛を与えたことにより、ユーロスと自分自身を救ったのだと思いました。


クリックすると元のサイズで表示します


しかしメアリーの使い方の上手さが憎過ぎました。
確かに他のキャラが語るよりも、自分の命を犠牲にしたやり手の殺し屋でジョンの奥さんがThe Baker Street Boysって言葉で締めるのがいいのかな。そんなにメアリーに大役回したの?って違和感もあったのですけど、

ハドソンさんにはいつもちょっとイカれて「お茶飲いかが?そこにヤカンあるわよ」とかって言って欲しいし、

レストレードはシャーロックに「ありがとう」って言われて「Good One」って言葉が素直に出てきちゃって、ここは0101のラストを思い出さないわけがないでしょうねえ?でもこれだけで彼の存在感はぴったりだし、

何よりもシャーロックがレストレードに「見かけほど強くないんだ」とマイクロフトへの思いやりを示したところで、

メアリーがらみで揉まれて成長したね・・・と思ったのでした。


ただ字幕が出なかったので聞き取れた範囲なので、細部まで台詞がわかればまたもっと何か別に言いたいことが出るでしょう。

今エピで一応のところ「シャーロック」は終わってもいいように作ってありましたが、聖典もホームズが死んでもシリーズ復活した経緯があるので、時が満ちたらまた作れると誰もが思っているのではないでしょうか。できることならハドソンさんがお元気なうちに。


クリックすると元のサイズで表示します


ところで「Radio Times」が最後のシーンで死体を演じたのはポール・ウェラーだと書いてました。マーティン・フリーマンの友人としての出演とのことですが、それにしてもせっかくのポール・ウェラーなんだから顔くらいもっと出してくれたらよかったのに(笑)

それとユーロスを演じたシアン・ブルックがベネディクトの「ハムレット」のオフィーリアだとNYのまゆみさんのつぶやきで知り、早速ハムレットのパンフレットで確認してびっくり!!舞台では金髪だったし全く違う雰囲気だったけどパンフのキャスト写真ではまぎれもなくユーロスの顔でした。

0402でもジョンのメル友役とカウンセラーとエリザベスと3人の女性を演じてすっかりジョンもシャーロックも私たちも騙されてしまいましたが、すごい女優さんですね。


2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ