2021/12/13

BELFASTアメリカで配信開始etc.  コリン・モーガン

クリックすると元のサイズで表示します

なかなか浮上できない間に、コリン・モーガン界隈でいろいろアップデートがありました。

まずタイトルの、北米での「BELFAST」配信開始。アメリカAmazonで日本からも見れたりするのか・・・?しましま家ではそもそもWi-Fiがつながってないので(見込みも未定)どなたかお試しになってみてください。

と、指をくわえて太平洋の彼方を見つめる我々日本の民にも、3月全国公開の公式プレスニュースが発表されました!

北米で配信開始に伴い動画や写真が飛んでくるので、いかに3月までネタバレ地雷を踏まずに過ごすか・・・ビリーの出番はそう長くないので下手すると小間切れ動画で出演シーンを全部見てしまうことなどになるまいか、おののき中。


またオーストリア映画「Corsage」の初動画が制作会社Film AGのインスタにて公開されました。ちょっと憂鬱なイメージの食卓シーンでしたが・・・まだお馬さんやベイ・ミドルトンは出し惜しみされております!


ちょっとニュースが途絶えていた「Genuine Fakes」の製作Green Eye Productionsからはノベライズ本の発売キャンペーンで、購入されるとコリンとピーター・ファースのサイン入りが当たるかも?!という。サインが当たるかは別にしても企画が1歩前進ということですね!よかった〜


潜伏中の息継ぎは以上です^^;





1

2021/11/26

コリンが今度はTerry Pratchett  コリン・モーガン

コリン・モーガンのオーディブル「This Thing of Darkness」も頭の中ほぼDarknessなまままったく聞き終わっていないのに、別のオーディオ・ブックの企画/進行中ニュースがリリースされたので、潜伏を破り息継ぎと称して引越しパッキングをサボっています。心は焦りに焦りまくってます。

TERRY PRATCHETTの「DISCWORLD」という全41作もある中で「RINCEWIND/WIZARDS」というシリーズをコリンが、他の作品もラインナップにありビル・ナイが担当する作品もあるということで、人気作家なのだと推測できるのですが

クリックすると元のサイズで表示します

・・・・TERRY PRATCHETTになんとなく聞き覚えがあるなと思ったら、

ニャンと、「グッド・オーメンズ」をニール・ゲイマンと共著した人でした!!!

ドラマを視聴済みの人には「SFファンタジーにユーモアを取り入れた人」の意味を感覚で理解できるでしょう。まだご覧になってないなら、ぜひアマゾン・オリジナルのこのドラマをお勧めです。

ということで、同じ作家原作のドラマを一つ知ってるというだけで、垣根がグーーーンと低くなったように感じ余裕をかましているのは・・・それは「This Thing of Darkness」を聞いているとすぐに幽体離脱するかのようにアウェイしてしまう苦行を味わっているからです。

「グッド・オーメンズ」の作風だとすると、(ブラック)ユーモアのマトルーシュカ状態ワールドなんですが、コリンにとっては「BELFAST」のヴィランに次ぐまた新境地で楽しみです。

原作の日本語訳もあるようで、さて、どうしますか・・・
0

2021/11/9

BELFAST 日本公開日  コリン・モーガン

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ちょっと文字が小さく見づらいですが、

JAPAN OPENS 18-MAR-2022

と書いてあります!

えむさんがコメントにて「日本は3月18日」と教えてくださいましたので、配給会社Focus Features公式に記載されているのを発見しました。

まだニュースにはなってないので、ググっても出てきませんし日本公式未発表ですので変更の可能性はあれども、まあ公開はあるでしょうってことで、来年3月までコロナその他の何かにも負けず元気で生きぬきましょう!!!

アカデミー賞は3月27日発表のようですので、18日ならちょうど公開中ということで、受賞したら興行的にも期待され、私たちの予想通りの運びとなってますね、フフフ。

しかしね、こういうメジャー映画でのコリンデビューがヴィランとは。予告編でもあの悪の笑顔とロケットパンチが映画館で流れるんですね〜。そしてコリン新発見の方が過去作を遡った時に妖精に出会うと・・・それも、フフフ。
0

2021/11/4

This Thing of Darknessとミント  コリン・モーガン

クリックすると元のサイズで表示します

11月4日発売  
コリン・モーガン朗読オーディオブック

ハリー・トンプソン著
原作2005年出版

19世紀の南米〜海が舞台の歴史小説で、colins grandmaさんに教えていただきましたがタイトルはシェイクスピア「テンペスト」のプロスペロの台詞に由来しているのだそうです!そこでやっとの事モチベーションがムクリ。

やっぱりこれも・・・久しぶりのイアフォン生活に突入される方全世界で発生中でしょうか・・・聞き取れるかどうかはこの際深く考えないのが一番です。


ところで、表紙でどうしてもこのミントを思い出してしまいます〜

クリックすると元のサイズで表示します

全然違う船でしたね・・・
1

2021/10/23

BELFAST トレイラー第2弾コリンパーンチ  コリン・モーガン

予告編第2弾が公開されてます。ほとんどは第1弾と大幅に違うイメージはないながら、

コリンパンチが繰り出されたのがすごいアップデートです。



パンチシーンもすごいけど、その後のニヤリがまた、ケネス兄貴の大好きなハリウッド・スパゲティ・ウエスタン映画由来のヴィラン=ビリー・クラントンのお決まりなんでしょうか?!
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ