2019/1/30

ボヘミアン・ラプソディ脚本で英語  英語

クリックすると元のサイズで表示します

映画「ボヘミアン・ラプソディ」何度も見たのでだいぶセリフもわかるようになってきたんですけど、

映画の脚本サイトのことを思い出して検索したら出てきました!

気になってた部分にちょっとコメントして本日の英語のおべんきょう(ちょっと手抜き・・・「VICTORIA」は難しくて始めるのに気合いがないとできないんだもの)


はいはい、では日本語字幕は記憶に頼ってるので正確ではありませんので悪しからず。


冒頭フレディに出会う前のスマイルのブライアン&ロジャー

ROGER:I think he's right. That show was a load of bollocks.
奴が正しいかも。さっきのライブはだいぶクソだった。
BRIAN: Well, there was room for improvement, yeah.
   まあね、改善の余地はある。
ROGER:I've got better things to do with my Saturday nights.
I could give you their names.
ここの字幕、「女の子と遊んでた方がマシだな、土曜の夜なんだから。
紹介してもいいぜ」みたいな感じでしたよね?!私、それらしいことが聞き取れなくて、なんて言ってたんだろうと思ってたんです。そしたら、女の子、とは言ってないんですよね!直接言わない方が如何わしくていいですね、ロジャー!


その続きのフレディが声をかけてるところ

FREDDIE:Smile. Makes sense for a dental student.
スマイル。歯科専攻か納得。
    And you're astrophysics, aren't you?
    で君は天体物理学だったよな。
BRIAN:- Yeah.
    そうだ。
FREDDIE:- Makes you the clever one.
     頭いいバンドなんだ。
BRIAN: Yeah, I suppose it does, yeah.
    ふむ、そういうことだろうね。

ここの字幕、「君が賢い方だな」って感じでブライアンとロジャーを比べての発言だと読んだんですが、この脚本があってるとするとちょっと意味合い違うような。youはブライアンじゃなくてバンドのことじゃないのかなあ・・・


フレディのお誕生日の席のロジャーとフレディの妹カシュミア

ROGER: Kash... what are you doing later?
カシュ・・・このあと予定は?
KASH: Homework.
   宿題よ。 
FREDDIE PAPA:(CLEARS THROAT)咳払い
       
ROGER: Just making conversation.
この最後のロジャーのセリフには字幕がなかったですよね?!つけるとしたら、なんて言ってもらおう・・・「話ししてるだけだよ。」?


WE WILL ROCK YOUの足踏みをみんなでしてる時にフレディが登場

BRIAN: No Prenter? It's unusual to see you without your clone.
プレンターは?クローンなしで登場とは珍しいな。
FREDDIE: It's unusual seeing you be so bitchy.
     君のそういう態度もね。
ROGER: It's usually me.
    態度が悪いのはふつう俺。
このロジャーのセリフにも字幕がなかったと思うんですが・・・しかも声も聞こえなかったんですよね。えーこれ聞こえてたら可愛い。

アメリカ公演に恋人のディヴィッドと駆けつけたメアリーが楽屋裏に

FREDDIE: It's a pleasure to meet you, David.
会えて嬉しいよ、ディヴィッド。
DAVID: And you. And well done again.
    こちらこそ。ライブ成功ですね。
FREDDIE: And you.
     君もな。
ここ!
ディヴィッドのセリフ字幕は「頑張って」になってませんでしたっけ?!
こういうシチュエーションでの自然な会話にふさわしい日本語にしてあるとは思いますが、実は well done とコンサートの出来を褒めたディヴィッドに対してフレディが言ったAnd youは、彼がメアリーを取得したことに対する皮肉だと思うので、日本語でこれが分からなくなっててもったいないなああ!と見る度思うのでした。




1

2019/1/16

VICTORIA 0301で英語  英語

今年の抱負「英語をべんきょうする」続いておりますよ〜
シリーズ3の1回目だし、ちょっと丁寧にやってみた。というより、久しぶりにひとりになれた快感で集中してみた。

やっぱ勉強も好きな素材が1番。ということで単語の意味だけでなく誰の台詞なのか、とかコメントもちょっと入れて記録しまーす。


今日の単語(いっぱいあるぞ・・・):

odious tyrant; 憎むべき暴君 ← パーマストンがフランス王のことを言った

Order! ; 静粛に!(orderは秩序のある状態なので)← 議会がざわついてた時

ところで女王さまはマロングラッセがお気に入りだったようで、私も!!気をつけなくちゃ、ヴィクトリアの晩年の体型を考えると・・・
クリックすると元のサイズで表示します

grasp;把握

woeful;悲惨な 

↑ I'm afraid my grasp of protocol is woeful.と女王の新しい衣装係のセリフ
  彼女、ソフィーは既婚だけどパーマストンや下僕の注目を引いてる美女

precedence;順位、優位

marquis;侯爵

↑ whether a bishop should take precedence over a marquis.
これもソフィー。英国教会ではbishopというと主教。
  「お坊さんの大ボスは侯爵よりも偉いのか」で悩むと・・

vulgar;低俗な ← 馬車に乗り込むパーマストンのファンらしきご婦人を
          首相ラッセルが形容した

asset ; 資産 この場合はto やforがついて利点
        ← パーマストンが自分のことをこう呼んだ

depose; (自動詞だと)供述する
     (他動詞だと)退位させる 
      ヴィクトリアがフランス王をパーマストンが退位させたのかと冗談

make it my business; 引き受ける、必ず〜する
            ← パーマストンが女王に言ったセリフ

クリックすると元のサイズで表示します

flee;逃亡する ←フランス王が自国を逃げたことをこの言葉で

strapping; (口語で)がっしりした ← 新しい下僕のことを執事がこう形容した

abdicate; 放棄する、王位を捨てる ← これもフランス王の行動

クリックすると元のサイズで表示します

complacent; 自己満足した、無関心な ← マルクスを読んでアルバートが
          こうなってはいけないと妻に助言した言葉

sovereign ; 主権者、君主

両親の部屋にパタパタと入室して駆け寄った子供達、長女ヴィクトリアは、ママにはお辞儀をしたけどパパにはキスをしたことで、
クリックすると元のサイズで表示します
「私はお辞儀してもらえないのかね?」
クリックすると元のサイズで表示します
「だってパパは国王じゃないもの」

すご〜く微妙なことを子供だからズバッと言ってしまうのですね!そして王室のルールはそうなってるのか!

forcible; 強制的な ← これもマルクスの著書からアルバートが引用してた

Chrtists ; 19世紀イギリスの改革主義者

consolation; 慰め、慰める人 ← 女王の姉が、女王がこれを与えてくれたと

vouch for ;(個人的に)〜を保証する ← スケレットの紹介なら信用する、と
              女王が言った時にこの言葉が使われてた

instability ; 不安定

repercussion ; 反響、反動 ← アルバートが女王に忠実なことに対して、
         パーマストンがこれがなければいいが、と言った
        つまり女王の言いなりになって悪い結果を招くぞ、と。

diplomacy ; 外交

fickle; 気まぐれな ← えええっと、確かパーマストンが国民のことをこう言った・・・と思います。首相の方だったかな・・・わあん、記憶が^^;



やややや、よくわからない単語だらけ、さすが歴史ものです(涙)
1

2019/1/8

ONE VISION  英語

あした義理の両親が来るもので、きょうは仕事から帰ってずっと家の片付けと掃除、お布団敷きなどなどで、ドラマも見れない英語の勉強もできないで、キーーーーッ!

となりましたので、
せめて掃除の気合入れにCDからあいぽんに入れたQUEENのアルバム「A Kind of Magic」から1曲を取り出し、わからない単語チェックだけでもやります。

このアルバムは、ライブ・エイドで調子づいたクイーンの曲で、めっちゃ明るくめっちゃ仲良しぽくて好きです。

One Vision
Queen

One man one goal one mission,
One heart one soul just one solution,
One flash of light yeah one god one vision

One flesh one bone,
One true religion,
One voice one hope,
One real decision,
Wowowowo gimme one vision

No wrong no right,
I'm gonna tell you there's no black and no white,
No blood no stain,
All we need is one world wide vision
One flesh one bone,
One true religion,
One voice one hope,
One real decision,
Wowowowowowo

I had a dream,
When I was young,
A dream of sweet illusion,
A glimpse of hope and unity,
And visions of one sweet union,
But a cold wind blows,
And a dark rain falls,
And in my heart it shows,
Look what they've done to my dream

Vision,
Give me your hands,
Give me your hearts,
I'm ready,
There's only one direction,
One world and one nation,
Yeah one vision

No hate no fight,
Just excitation,
All through the night,
It's a celebration wowowowo yeah

One one one
One flesh one bone,
One true religion,
One voice one hope,
One real decision

Gimme one night,
Gimme one hope,
Just gimme,
One man one man,
One bar one night,
One day hey hey,
Just gimme gimme gimme
Fried chicken

Songwriters: Brian May / Freddie Mercury / John Deacon / Roger Taylor
One Vision lyrics © Sony/ATV Music Publishing LLC

今日の単語;やさしい単語がほとんどですが、調べるとスッキリする単語もありました!知ってる意味ではピンとこない時は、別の意味もあるものです。

glimpse :1ちらりと見ること、2それとなく感づくこと

unity:1単一であること2一致団結

excitation:励起(れいき)刺激、興奮

ちょっとー、最後のexcitationはexciteに関することとは予想できましたけど、「励起」って日本語の方がよっぽど見当もつきませんです。はい。


PVも、ボヘミアン・ラプソディのアレを自ら再現してるかと思うとおふざけ満載で絶好調です。よろしかったら、ぜひ。

2
タグ: 英語 語学

2019/1/6

新年の抱負・英語  英語

ドクター・フーのお正月スペシャルも「RESOLUTION」ですが、私も元旦に実家近くの神社に行ってお守りを選ぶのに、迷った末「学業成就」をいただいて参りました。

クリックすると元のサイズで表示します

これまでは、いつ死ぬかわからないからとにかく絶好調で生きられるよう総合的なやつ、またはお金がないと始まらないので『金運開運』にしていたのですが、

去年くらいから、自分の英語力が情けないという思いが強くなり、このままではいけない!それには勉強するしかないのだな。と思うようになりました。

今は家の鍵にこのお守りをつけていますので、毎日帰宅して鍵を取り出すたびに「英語勉強」と思い出すのでお守りは効果がすでにあります。

さて、では何をどう勉強するのか?

試しに仕事で暇な時間(フロントデスクに座っていて事務仕事がない時はひたすらお客さんが来るまでヒマです)に英文を読んで知らない単語を書き出しました。

クリックすると元のサイズで表示します

左上のメモは、New York Timesの「ブレグジット」の記事からで、「北アイルランドとアイルランド共和國の国境あたりに住んでる羊飼いがUKがEU離脱したらぶちあたる仕事上の困難」についての冒頭から出てきました。この新聞、難しい単語がやたらと出てくるので知らない単語ばかりで、『アイルランドの記事なら興味津々で読める!』と思ったのも大間違い・・・

ただ1番下の「Oblivious」はそんな人間の問題は知らず呑気に草を食む羊の様子を形容した単語で、ハリーポッターの忘却術の呪文「Obliviate」を知っていたのでカンタン!

右下のメモは、The Radio Timesの13代目「Doctor Who」に関するファンの意見をまとめた記事から。こちらは語彙も難易度の高いものは少ないながら、こういうのも出る。

最後のesteemなどは、self-esteemという表現で「自己評価」というのはわかるけど単体で知らなかったので調べたら、動詞として「〜を高く評価する/尊敬する」という意味も出てきました。そういえばestimationでビジネスでは「見積もり」として使うな、と思い出し。体型的に単語を把握すると頭の中が整理されます。


しかし職場で忙しい日にはこれはできなかったし、行き当たりばったりという気も否めない。やらないよりはいいだろうけど。


そこで思い出したのが、去年の夏、著者様から直接購入し、メッセージまで書いていただいた本。

クリックすると元のサイズで表示します

これをやればいいのね!と思い出して1章分を聞きました。

昨日「マイ・ジェネレーション ロンドンをぶっとばせ!」を見たところなので、

Section3の Beatles Magical Mystery Tour の章を聞きました。

これはロンドン市内のビートルズ縁の地を訪ねるツアーガイドの方のまさに案内スピーチから。3カ所がCDに収録されていまして、

♪トライデント・スタジオ:ビートルズがアビーロードのスタジオよりも設備が良いというのでホワイトアルバムを収録するために68年に使用したところ。

*ここはなんとクイーンも数年後にデビューアルバムの録音に使っていて、その様子も映画「ボヘミアン・ラプソディ」で再現されていましたので、なんともタイムリー!これだけで、今日、この本を開いてよかったと思えましたハート

♪公衆男子トイレ:Not Only, But Alsoという人気コント番組に出演したジョンの回について逸話。なんとその番組の出演者はピーター・クックとダドリー・ムーア。ラジオドラマ「キャビン・プレッシャー」にもその名は登場しましたし、有名なコメディアンであることは今の英国俳優さん周りでもよく名前を聞きます。

♪ロンドン・パラディウム:「サンデー・ナイト」というこれまた当時の人気番組が収録されたシアター。ビートルズが出演した時、ファンガール達が大勢つめかけて、テレビでは一般の人が初めてビートルズを見、シアターの向かいには新聞社があってファン達が大騒ぎするのを目の当たりにし、初めてポップ・ミュージックが新聞記事となり「ビートルマニア」という言葉が生まれたそうです。

ということが、本に対訳が通いているのですぐにわかります。えへへ。

語注もあるので、そこから知らなかった表現を抜き出し

commissionaire; 守衛

salute;敬礼する 
   (乾杯するという意味かと思いましたがそれはイタリア語)

at the tops of their voices; ありったけの大声で
               (甲高い声かと思いました)

と、こんな感じで1章分を聞き、読んで終了。

今この本はKindle版も出たとのことですので、英語の教材にお悩みの方はどうぞご参考に!

これからも自分のモチベーション維持のためにレポさせていただきます。


2
タグ: 英語 語学学習

2018/11/19

エリオット先生の発音講座  英語



最近youTubeで見つけた英語学習チャンネルをご紹介します。

もうとっくにご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね。

私は4、5日前に偶然見つけてなかなかオススメです。

他に特に英語学習チャンネルは知らないのですけれども、エリオット先生は「発音」のスペシャリストです。

実は私もイギリスに住んでた時、発音に特化したコースを受講したことがあります。

その時に習った英語の発音用語も出てくるし、私が授業でやったように投稿が構成されているのでこの方は専門教育を受けた人だとわかります。

例えば母音、二重母音、子音、からキッチリ教わり、それらが文の中でどう変化するか。日本語にはない母音を体系的に知るだけでもスッキリします。

発音に特化した先生のチャンネルなので基礎発音の投稿を始め、それだけではなく、現代的なイディオムやイギリスでよく使われる表現、それから私はまだ見てませんがIELTSという英国やニュージーランドなどに留学するための能力テスト対策のアドバイスもあり多岐にわたっているようです。

エリオット先生のチャンネルがいいのは、ネイティブじゃない学習者にわかるスピードで延々と話してくれるので、私がロンドンの学校で受けたような英語だけでの授業がカンタンに聞けることです。

私がここ数日聞いた限りでは、初期にはスピードが遅めですので、古い投稿から聞いていくと発音の基礎も学べて、しかも英語だけで理解する喜びも味わえると思います。

私はこれを少し聞いて耳慣らししてから英語ドラマを聞いてみたり、あと眠れない時にこれを聞いてたら眠れるかと思ったんですが昨夜はちょっと逆効果でした。

眠れない時は、本当の英語ドラマやオーディオブックなど聞き取れなくて意味がわからなくなるので速攻眠くなります!!

1
タグ: 英語 語学 youtube



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ