2020/10/16

チリビーンズ英会話  英語

クリックすると元のサイズで表示します

寛大な友人から、彼女の経営する英会話教室でクッキングをするので食べに来てよい、というお誘いがあったのでふらふらと出かけてきました。

私の役目としては、おそらく本当の生徒さんが英語に詰まって先生の独壇場にならないよう英語で雑音を入れ、生徒さんにも「私にもあれくらいならできそうだ」と思ってもらうことかな、と勝手に解釈して(食べに)行ってきました。

メニューはチリ・ビーンズ。

思ったより簡単で、私にもあれくらいならできそう!と思いましたので書いておきます。

4人分材料:
牛ひき肉 400g
カットトマト缶1
大パプリカ1
大玉ねぎ1
ニンニク4片
オリーブオイル

インゲン豆缶詰1
チリ・パウダー
アップル・サイダー・ビネガー

レシピ:
1 玉ねぎは粗みじん切りくらいにしオリーブオイルで2分炒める
2 ひき肉と砕いたニンニクと塩を加えてさらに5分
3 ビネガー以外の材料を全部と水少々を加え30~45煮込む
4 火を止めてビネガーを投入、混ぜる

パンを添えて盛り付け



先生は「日本料理みたいに細かいことはないのでカンタンでーす」と言ってましたが、確かに!

ここでポイントですが。。。

「チリ・パウダー」とは、チリペッパーなどにクミン、オレガノなどが入っているミックスパウダーのことですので、くれぐれもチリペッパーと混同しない!目から鱗であるとともに、それさえあればメキシカーンなお料理はだいたい行けそうな、和食の醤油みたいなものと勝手に理解しました。これで大好きなタコがタコベルに行かなくても食べれる^^v

また、生徒さんになじみのない「アップル・サイダー・ビネガー」は普通のお酢でも代用できるのか?という質問が上がってましたが、私の感覚では米酢は相当強いので、本当に少量にしておいた方が身のためかと思いました。

ボナペティート!


追記 「英会話」の部分がすっかり抜け落ちてしまいました。先生がレシピ説明する途中で生徒さんたちになじみがない単語や食文化を解説してくれました。例えば stir (かき混ぜる)などレシピには頻出単語。
生徒さん達、私の想像とは違って皆さん積極的だしそこそこ話せるし、それにデザートをシャインマスカットやリンツのチョコなど持ち寄ってくださって素晴らしい方々でした。
1

2020/8/17

ヒマだ!BBC Leaning English  英語

コロナ転職してもう直ぐ1ヶ月、新しい仕事に少し慣れてきました。

・・・たいへんヒマでした!

もちろん、新しい環境のやり方は覚えなくてはなりませんが、なにせお客さんが少ないんですからやることがありません。システムも使ってないので覚える必要なし、システム代わりのエクセル表は社員さんが作ってるし、それで時給がちょっぴり前よりアップしたので文句もありません。

パート・バイトは社員さんが英語不十分な分を補うのに英語はできる人を使ってたようで、日本に外国人がいない今はその仕事がぜんぜんないので特にヒマなんですが、前代未聞の新コロナですから、いつ何時海外のお客さんが増え私のあやしい英語がバレる日が来るかわからないので、ヒマ時間にBBC Leaning Englishを見ることにしました。

例えば中級の上のニュース解説がリンク先の動画。これを聞いてからニュース(ほんの10秒くらい)を聞くと理解がカンタンになる仕組みです。ボキャブラリーと書き起こしも載っていて、至れり尽くせり。

クリックすると元のサイズで表示します

「インドでは映画のキスシーンが検閲でカットされるので、007でもライセンスto Killではなくライセンスto Kissをと揶揄される」というような内容なので、抵抗がな〜い。

サイトに行ってもどれだけコースがあるのかわからないくらい教材が豊富です。これなら私が一生かけても終わることはありえません。

今月下旬からひとりでシフトに入るようになるので、それは英語のとき!とスマホで猫の動画眺めて「かわい〜♡」とひとりニヤる合間くらいにはBBCにお世話になろうと思います。

そうそう、あと今のサービスアパートメントにはレストランがありシェフがいて、朝ごはんの賄いがありまして、もうこの1食に栄養摂取はお任せなボリュームです!

クリックすると元のサイズで表示します

〜英食足りて礼節を知る〜
1
タグ: 英語 語学

2019/11/7

イングリッシュ・ジャーナルのイベント  英語

新年の抱負に「英語を勉強するぞ」と掲げた今年もあと少しだけ残ってるうちに!

といい加減スタートするためのカンフル剤を求めて雑誌「イングリッシュ・ジャーナル」のイベント「EJ英語部:12月号発売記念!本場のイギリス料理を楽しもう」に行ってきました〜。

クリックすると元のサイズで表示します

場所は虎ノ門のブリティッシュ・ガストロ・パブ「Affen Bar」職場から徒歩圏内だったのもラッキーと申し込みしました。

編集スタッフさん2名と編集長、ゲストの川合亮平さんが15名(多分)の参加者をホストしてくださいました。

お料理はコースでスターターがビュッフェ式、ドリンクはパブ形式で各自買うスタイル。

さすがイギリスのドリンクが充実しており、私はサイダー(リンゴのお酒)にしました。

ピムズカクテルやシャンティもあるし、ウィスキーとジンの種類もたくさん。

クリックすると元のサイズで表示します

↑ 櫛が刺さっているのはスコッチエッグです。珍しい!

メインのフィッシュ&チップスは、イギリスと同じフィッシュでした。モルトビネガーも付いてきて

クリックすると元のサイズで表示します

塩&胡椒の入れ物が四角で変わってるな〜と思ったら、なんとレンガの模様入り透明プラスチックという!

ビネガーも塩も胡椒もたくさん振って本物の味です。

チップスの方はちょっと揚げたりない感が残念だったけどシェフたった一人で大量生産ですからお察しします。

クリックすると元のサイズで表示します

デザートはヴィクトリア・スポンジ・・・

まあ、通常はジャムとクリームがスポンジに挟まってますが、こういう出し方もできるんですね。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらがイベントの趣旨、最新号です。

ロンドン特集の取材が川合亮平さん。

リアム・ギャラガーは編集長企画です。ロックな編集長に「とてもお若いですね!」と1参加者の発言があったのですが、個人の容姿コメントに誰も反応しないという雰囲気が「いいね!」でした。

クリックすると元のサイズで表示します

私のお隣は翻訳者さん、お向かいは川合さんのファンの方、斜め向かいは啓発セミナーの講師をされてるという席で、イギリス料理のイベントなのでイギリス好きという共通の話題は尽きません。

ちょっと遠くの方では「キングスマン」ファンの方がいらしてお話しするチャンスがなかったのが残念。

ラッキーなことに川合さんが斜め向かいでしたので、勉強のことを少しお伺いしたら、毎日5時起きで勉強、シャドウイングは1時間だそうです!

私は5分くらいでもうついていけな〜い!となるので全くお話にもなりません。

ヒアリングマラソン、その他の英語マラソン、をされてる方もいらしたし、隣の翻訳者の方は当然1日中机で翻訳をされているそうで、

私の場合は「どうやる」「何をやる」のレベルではなくて、

「なんでもいいから勉強せよ」レベルなことが判明。


イングリッシュ・ジャーナルへの質問で、「他の英語雑誌と比べてイギリス特集多い印象があるし、俳優表紙も多いのは意識してですか」みたいのがあり、

編集長のお返事は「売れるからです。」

私もエディ・レッドメインとロケットマン表紙のは貢献しました!!

勉強してないけど・・・

クリックすると元のサイズで表示します

アルク出版社は50周年とのことで、記念コーヒーを編集長からお土産にいただきました。

アルクのマークってパックマンだったんだね、そういえば(違う)。

勉強熱心な皆さんの中で場のIQを下げてきましたが、映画とドラマの情報だけは提供することができました!
2

2019/1/30

ボヘミアン・ラプソディ脚本で英語  英語

クリックすると元のサイズで表示します

映画「ボヘミアン・ラプソディ」何度も見たのでだいぶセリフもわかるようになってきたんですけど、

映画の脚本サイトのことを思い出して検索したら出てきました!

気になってた部分にちょっとコメントして本日の英語のおべんきょう(ちょっと手抜き・・・「VICTORIA」は難しくて始めるのに気合いがないとできないんだもの)


はいはい、では日本語字幕は記憶に頼ってるので正確ではありませんので悪しからず。


冒頭フレディに出会う前のスマイルのブライアン&ロジャー

ROGER:I think he's right. That show was a load of bollocks.
奴が正しいかも。さっきのライブはだいぶクソだった。
BRIAN: Well, there was room for improvement, yeah.
   まあね、改善の余地はある。
ROGER:I've got better things to do with my Saturday nights.
I could give you their names.
ここの字幕、「女の子と遊んでた方がマシだな、土曜の夜なんだから。
紹介してもいいぜ」みたいな感じでしたよね?!私、それらしいことが聞き取れなくて、なんて言ってたんだろうと思ってたんです。そしたら、女の子、とは言ってないんですよね!直接言わない方が如何わしくていいですね、ロジャー!


その続きのフレディが声をかけてるところ

FREDDIE:Smile. Makes sense for a dental student.
スマイル。歯科専攻か納得。
    And you're astrophysics, aren't you?
    で君は天体物理学だったよな。
BRIAN:- Yeah.
    そうだ。
FREDDIE:- Makes you the clever one.
     頭いいバンドなんだ。
BRIAN: Yeah, I suppose it does, yeah.
    ふむ、そういうことだろうね。

ここの字幕、「君が賢い方だな」って感じでブライアンとロジャーを比べての発言だと読んだんですが、この脚本があってるとするとちょっと意味合い違うような。youはブライアンじゃなくてバンドのことじゃないのかなあ・・・


フレディのお誕生日の席のロジャーとフレディの妹カシュミア

ROGER: Kash... what are you doing later?
カシュ・・・このあと予定は?
KASH: Homework.
   宿題よ。 
FREDDIE PAPA:(CLEARS THROAT)咳払い
       
ROGER: Just making conversation.
この最後のロジャーのセリフには字幕がなかったですよね?!つけるとしたら、なんて言ってもらおう・・・「話ししてるだけだよ。」?


WE WILL ROCK YOUの足踏みをみんなでしてる時にフレディが登場

BRIAN: No Prenter? It's unusual to see you without your clone.
プレンターは?クローンなしで登場とは珍しいな。
FREDDIE: It's unusual seeing you be so bitchy.
     君のそういう態度もね。
ROGER: It's usually me.
    態度が悪いのはふつう俺。
このロジャーのセリフにも字幕がなかったと思うんですが・・・しかも声も聞こえなかったんですよね。えーこれ聞こえてたら可愛い。

アメリカ公演に恋人のディヴィッドと駆けつけたメアリーが楽屋裏に

FREDDIE: It's a pleasure to meet you, David.
会えて嬉しいよ、ディヴィッド。
DAVID: And you. And well done again.
    こちらこそ。ライブ成功ですね。
FREDDIE: And you.
     君もな。
ここ!
ディヴィッドのセリフ字幕は「頑張って」になってませんでしたっけ?!
こういうシチュエーションでの自然な会話にふさわしい日本語にしてあるとは思いますが、実は well done とコンサートの出来を褒めたディヴィッドに対してフレディが言ったAnd youは、彼がメアリーを取得したことに対する皮肉だと思うので、日本語でこれが分からなくなっててもったいないなああ!と見る度思うのでした。




4

2019/1/16

VICTORIA 0301で英語  英語

今年の抱負「英語をべんきょうする」続いておりますよ〜
シリーズ3の1回目だし、ちょっと丁寧にやってみた。というより、久しぶりにひとりになれた快感で集中してみた。

やっぱ勉強も好きな素材が1番。ということで単語の意味だけでなく誰の台詞なのか、とかコメントもちょっと入れて記録しまーす。


今日の単語(いっぱいあるぞ・・・):

odious tyrant; 憎むべき暴君 ← パーマストンがフランス王のことを言った

Order! ; 静粛に!(orderは秩序のある状態なので)← 議会がざわついてた時

ところで女王さまはマロングラッセがお気に入りだったようで、私も!!気をつけなくちゃ、ヴィクトリアの晩年の体型を考えると・・・
クリックすると元のサイズで表示します

grasp;把握

woeful;悲惨な 

↑ I'm afraid my grasp of protocol is woeful.と女王の新しい衣装係のセリフ
  彼女、ソフィーは既婚だけどパーマストンや下僕の注目を引いてる美女

precedence;順位、優位

marquis;侯爵

↑ whether a bishop should take precedence over a marquis.
これもソフィー。英国教会ではbishopというと主教。
  「お坊さんの大ボスは侯爵よりも偉いのか」で悩むと・・

vulgar;低俗な ← 馬車に乗り込むパーマストンのファンらしきご婦人を
          首相ラッセルが形容した

asset ; 資産 この場合はto やforがついて利点
        ← パーマストンが自分のことをこう呼んだ

depose; (自動詞だと)供述する
     (他動詞だと)退位させる 
      ヴィクトリアがフランス王をパーマストンが退位させたのかと冗談

make it my business; 引き受ける、必ず〜する
            ← パーマストンが女王に言ったセリフ

クリックすると元のサイズで表示します

flee;逃亡する ←フランス王が自国を逃げたことをこの言葉で

strapping; (口語で)がっしりした ← 新しい下僕のことを執事がこう形容した

abdicate; 放棄する、王位を捨てる ← これもフランス王の行動

クリックすると元のサイズで表示します

complacent; 自己満足した、無関心な ← マルクスを読んでアルバートが
          こうなってはいけないと妻に助言した言葉

sovereign ; 主権者、君主

両親の部屋にパタパタと入室して駆け寄った子供達、長女ヴィクトリアは、ママにはお辞儀をしたけどパパにはキスをしたことで、
クリックすると元のサイズで表示します
「私はお辞儀してもらえないのかね?」
クリックすると元のサイズで表示します
「だってパパは国王じゃないもの」

すご〜く微妙なことを子供だからズバッと言ってしまうのですね!そして王室のルールはそうなってるのか!

forcible; 強制的な ← これもマルクスの著書からアルバートが引用してた

Chrtists ; 19世紀イギリスの改革主義者

consolation; 慰め、慰める人 ← 女王の姉が、女王がこれを与えてくれたと

vouch for ;(個人的に)〜を保証する ← スケレットの紹介なら信用する、と
              女王が言った時にこの言葉が使われてた

instability ; 不安定

repercussion ; 反響、反動 ← アルバートが女王に忠実なことに対して、
         パーマストンがこれがなければいいが、と言った
        つまり女王の言いなりになって悪い結果を招くぞ、と。

diplomacy ; 外交

fickle; 気まぐれな ← えええっと、確かパーマストンが国民のことをこう言った・・・と思います。首相の方だったかな・・・わあん、記憶が^^;



やややや、よくわからない単語だらけ、さすが歴史ものです(涙)
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ