2020/3/13

ティム・ウォーカー:ワンダフル・シングス@V&A  イギリス

期間中にロンドン行けたら絶対見たい!と思っていた企画展に間に合いました。
 
Tim Walker:Wonderful Things

ティム・ウォーカーというのはファッション写真家なんですが、正道を行く他の大物と違いニッチな私の需要をあらゆる角度から満たしてくれる、ファンタジーで乙女でかっこよくてエロいオタクなセンスのアーティストです。

そして、英国ドラマ/映画ファン的には、ベン・ウィショー主演の短編映画「The Muse」の監督でもあります。


The Muse (TRAILER) directed by Tim Walker from W on Vimeo.



キュートでダークな写真とセット的な背景やオブジェの入り口はこちらですよ。

クリックすると元のサイズで表示します

最初は普通のファッション雑誌ぽいけど、上の壁が溶けてますね・・・

クリックすると元のサイズで表示します

よく見るとどれも作りこんだセットが背景です。

クリックすると元のサイズで表示します

ここは「The Muse」コーナー。

クリックすると元のサイズで表示します

俳優さんのポートレートも多いんですよ。あ、ティモシー・シャラメくん。

クリックすると元のサイズで表示します

あ、大好きなダニエル・ディ=ルイスのこの写真!

クリックすると元のサイズで表示します

右の阿修羅男爵は、ダンサーのマイケル・クラーク。

クリックすると元のサイズで表示します

壁紙もドレスも家具も花柄。

クリックすると元のサイズで表示します

乙女パンク。。。

クリックすると元のサイズで表示します

巨大カタツムリは得意じゃないんですけど、紫色のボンボンのさくらんぼがカワイイ。

クリックすると元のサイズで表示します

君もドラゴンズ。わかる。

クリックすると元のサイズで表示します

ティルダ様の黄色いお部屋。

クリックすると元のサイズで表示します

その遠景。

クリックすると元のサイズで表示します

これは、ナポレオン・ボナパルト君ですよねえ。なんで私の好きなものを知っているのか・・・

クリックすると元のサイズで表示します

アリスみたいに小さくなって彼の世界に写り込んできました。

クリックすると元のサイズで表示します

何かこの世界のお土産が欲しくて、マフラーを買いました。アクリル製って好きじゃないけど彼の世界には合ってなくもない。Tシャツよりコーディネイトしやすく活躍してます。

クリックすると元のサイズで表示します
2

2020/3/12

見覚えのある犬  イギリス

クリックすると元のサイズで表示します

この緑の地はオックスフォードのクライスト・チャーチ・メドウ。

このピッタリした服を着たワンコが視界に入った瞬間「いた!」と閃き

嬉しくて飼い主様が追いつく前に焦って写真を撮りました!

でもなんでこのワンコに親しみを感じたのかは、後で思い出しました。

この犬とそっくりさんじゃないですか。

クリックすると元のサイズで表示します

ポール・スミスのパンツの柄です。


日本のワンコで服を着てる子は、飼い主の日本人に似て小型でなんとなくずんぐりむっくりの子がダボめの、時に幼稚園児のようなキュートなお洋服を着てる、というイメージが私の中にあるのですが、

イギリスの犬はやはり飼い主さんに似て四肢が長く、しかもイギリス人の定番色、ネイビーだし、スポーツウエアふうにフィットしてオレンジ色のワンポイント・・・なんかアスリートなお犬くん。

この子のおかげで10分は気分が高揚しました。(10分後に別の何かで興奮してたから)
1

2020/3/9

Made in UK カツカレー  イギリス

時差ボケがきつくて調子が悪く(体の時差調整能力って1日1時間なんだとか。そしたら日英の時差は9時間なので9日間滞在した後は体がイギリス時間に完璧になったところ!)、頭が回らないので軽いネタから行くとします〜

「この近くでカツカレーどこにあるかな?」

2ヶ月くらい前に、職場のイギリス人のお客様から聞かれた時、ハハーン、カツカレーがイギリスで広まってるのかな?と思ったのですが、

「チキンカツカレー味ポテチ」まで発見!

クリックすると元のサイズで表示します

この商品のポイントは、高級スーパー(百貨店ふう)M&Sのオリジナルということなんです。カツカレーといえば日本ではどちらかというと庶民の味、それがはるばると海というか空を超えると「日本食」という枠でオシャレな食べ物として優遇されてるではありませんか。

そして地下鉄のポスターには、「ナスカツカレー」まで!

クリックすると元のサイズで表示します

いや、でも、揚げなす大好きの私はこれ食べたいです。揚げなすをカレーにトッピングして食べたこともあるし、それにカリッカリの衣が・・・

どこの国でも外国のお料理を取り入れると自己流発展するものですが、

カツカレーがこんなに一気に広まるとは、

これもネット社会のスピードなのでしょうか?

フェイスブックやインスタにカツカレーがドロドロと流れているのでしょうかね?!
1

2020/3/8

イングランド旅Feb-Mar2020日程  イギリス

クリックすると元のサイズで表示します

今回の旅は舞台「A NUMBER」でロジャー・アラムとコリン・モーガンの共演を見るのが目的だったんですが、

せっかくロンドン行くなら少し足を伸ばして・・・とオプションを考え始めたら全部の日に計画的でない予定を入れてしまっため無駄な動きマックス、まるでこの旅が私の人生の縮図のようでした!


<欲張りおバカさんの全日程はこちらです>

2/27 成田〜ロンドン

2/28 V&A 「Kimono展」&「ティム・ウォーカー展」
「A NUMBER」(ソワレ)

2/29「A NUMBER」(マチネ) 夜友人とディナー

3/1 オックスフォード オリオル・コレッジ泊

3/2 オックスフォード
  「A NUMBER」(ソワレ) 

3/3 ブリストル「The Red Shoes」〜ストラウド泊

3/4 ストラウド〜バイブリー
   〜オックスフォード キーブル・コレッジ泊

3/5 オックスフォード〜ロンドン 義弟/友人とパブ

3/6 ロンドン発
3/7 羽田着


これから数回、各パートを書いていきますね〜

うっとおしいでしょうけど、お読みくだされば嬉しいです^^;

1

2020/3/7

ブリティッシュ・エアウェイズの旅  イギリス

イングランド10日間の旅から帰ってきました。

10日間しか使えないので東京から飛ぶ私には直航便が効率が良くその中でも乗った瞬間からイギリス領土(?)なBAことブリティッシュ・エアウェイズにしました。というのは、機内映画やドラマが充実しているからです。

機内安全ビデオからして、おお!これは動画を見たことがある!

クリックすると元のサイズで表示します

サー・イアンたちだけでなく、オリヴィア・コールマン、ジリアン・アンダーソン、ナオミ・ハリス、マイケル・ケイン、ジム・ブロードベントetc.オールスターキャストです。

これ、コミック・リリーフのチャリティが絡んでいるので出演が叶ったのでしょうね。是非ともシリーズ化して他の俳優さんも出してください!

お金を寄付する袋もイヤホンの入ってた袋を再利用するようになっていて、環境への配慮の広がりを感じました。

しかしなんと!私の席のイヤホンの音は絶不調で、せっかく日本未公開の「エジソンズ・ゲーム」見逃してた「ヴィクトリア女王 最期の秘密」「ジョジョ・ラビット」が見れる!と喜んだのも一瞬のこと、音が途切れるので頭が疲れてしまい帰りの飛行機に期待、と相成りました・・・トホホ。

でも「エジソンズ・ゲーム」のニコラス・ホルトはエキセントリックなくらい洒落者の紳士を演じてるので見てるだけで目の保養でしたよ!

ところでお食事はと言うと、「サーモン」を注文したらなんと「味噌煮」が!

クリックすると元のサイズで表示します

小鉢も「おからとひじきの煮物」や「つくね」が入ってるし日本食の普及は年々進行している感じ。ちなみに2度目は「チキン・レッグ」にしたら「照り焼き」でした。

飛行機  飛行機  飛行機  飛行機  飛行機

話は飛んでロンドンからの便

ヒースローのターミナル5はBA専用になっているせいか、チェックイン効率がびっくりするほど良いです。

私の知る他の空港は空港会社によってカウンターが分かれますが、何せBAしかないんですから、どこでもいいのです。何便でもどこ行きでもAll Zones。

クリックすると元のサイズで表示します

チェックインの手順が書いてあります。(しかしそれに気づいたのは2まで終わってから・・・えへへ)

クリックすると元のサイズで表示します

1 はまずパスポートを読み取らせて航空券を発券。

クリックすると元のサイズで表示します

そのボーディングパスが、紙が薄くてペラペラで、成田で発券したのとこうも違う!上が成田、下がヒースロー。

クリックすると元のサイズで表示します

こんなに折れちゃうのでいいのか・・・いいならどこのもペラペラにすれば紙の節約になるのでは。

そして発券したら、ステップ2の荷物を預けるエリアへ。ここも基本セルフです。

搭乗券をスキャンすると荷物の容量も機械が知っているので、2個のスーツケースの計量と同時にあの持ち手につけるテープがペロリンと出てきて自分でそれをバッグにつける。自分の控えは下の写真のレシートみたいなやつ。

クリックすると元のサイズで表示します

荷物がベルトコンベアで吸い込まれていくのを眺めながら、すべての行き先あてのカバンがこうして1カ所にチェックインされて、果たしてどうやって仕分けをしてそれぞれの行き先の飛行機に積み込まれるのか不安になりました・・・

クリックすると元のサイズで表示します

私のカバンはちゃんと羽田で出てきたんですけどね!

クリックすると元のサイズで表示します

で機内食はパスタにしたら大正解!大好物のレッドペストのグリル。

クリックすると元のサイズで表示します

BA頑張ってるけど、やっぱりご飯の炊き具合とか照り焼きソースの煮詰め具合がいまいちなので洋食のレベルの方が期待できます。

エコノミーの席でもwifiサービスがあるとのアナウンスが流れたので、機内モードなのになおかつwifi接続という私のスマホ画面上初のことが起きたんですけど、アナウンスには続きがあって

クリックすると元のサイズで表示します

「ロシア上空では不安定でございます」

イギリス飛び立ってから「北欧の上をひとっ飛びそのあとは延々とロシア」な旅路では1度もwifi接続はかないませんでした。アナウンスはロシアに着く前にして欲しかった。

そして楽しみにしてた映画は、「ナイヴズ・アウト」「ビッグ・フィッシュ」などを見ようとしたんですが、スクリーンが古すぎて音もイヤホンの片方が出たり出なかったり。

クリックすると元のサイズで表示します

このフォントを見れば古さも一目瞭然。。。

まだ行きの飛行機の方がスクリーンの方がよかった。BAも最新技術を取り入れたのが早すぎて既にガタがきている。スマホなど解像度の良い画面になれた目にはとても数時間も見つめていられるものではなかったです。

後方の客室乗務員が全員男性で、しかも俳優のマット・ルーカス似の人がひとりいて(ふたりもいたら映画「不思議の国のアリス」になってしまう)その人がめっちゃくちゃ丁寧な接客とアナウンスでお茶目だったので、映画に恵まれなかった分は彼に楽しませてもらいました。BA古くなっても人の力が残ってた!
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ