2022/3/27

オックスフォード オンラインツアー  イギリス

昨日はブログの更新と、それと久しぶりの旅行会社主催オンラインツアーに参加してリアルタイムオックスフォードを体験したおかげで、世の中から分断されていたように孤独な穴に落ちていた気分が、地面に這い上がってきたような気分になれました。

旅行会社はHISで、今回は90分のロングコース、実際はなかなか終わらなくて100分はオックスフォードにいれました。お値段が3000yen代でちょっと高いかな・・・とも感じましたが、何事も体験するまでその価値は未知数ですね。

下の3枚のPDFが、ツアーの申し込み後に来たメールに添付されていてわかりやすかったです。

クリックすると元のサイズで表示します

街の中心地なので私もほとんど歩いたことのあるルートで、「久しぶり、街!」と懐かしい熱い気持ちに。

クリックすると元のサイズで表示します

出発地は「ハリーポッター」でも有名なクライストチャーチ・コレッジ。ツアー中数カ所でハリポタのロケ地は紹介されました。やはりファンの分母が大きい。

クリックすると元のサイズで表示します

さすが旅行会社のガイドさんツアーですので、自分ひとりで行った時には見逃していたり知らなかった歴史を聞けて勉強になりました。

そして、気持ちが上がった理由には、今のイギリスの街がコロナがないかのような回復を見せていたこともあります!

誰一人としてマスクしてないし、観光客らしき人たちも街を歩いていましたし、土曜日の昼(日本時間21時=イギリス時間12時)ということもあり、天気も晴れということもあり、混雑具合が「コロナってなんだっけ?」な空気だったのです。

日本ではコロナ前からマスク着用の人は多かったので、しばらくは原則マスクは続くのでしょうが、あの暑い夏がやってくる頃にはもっとゆるい社会になっているといいと思います。
0

2022/3/2

シャーロック・ホームズの建築  イギリス

クリックすると元のサイズで表示します

こんな本を読んでおりました。

よく海外小説を読むと想像力・・・というかその基本となる知識がなさすぎて文字に書かれたシーンが想像できないという事態に陥ってしまいます。

しかしイギリスものならば、通算7年ほどロンドンに住んでたならば多少その他の国よりはリアルにその場の空気を感じることも・・・たまにはありますが、それでも私の想像力のなさゆえ「ヴィクトリア時代のホームズの家も外も暗かった」としほとんど闇しか頭に描けなかった私に朗報だったのが本書。

各建築物が登場したコナン・ドイルの原書の要約(結末はネタバレなしがほとんど)と、ジェレミー・スコットのドラマ「シャーロック・ホームズの冒険」と21世紀のドラマ「シャーロック」のシーンも盛り込んで「こんな建物だったはず」という外観と間取り図を解説してあるので、想像できなかった場面を手取り足取り教えていただけるような本です。

建築物を図に起こすという作業は、本に書いてあることをパズルのピースのように脳内三次元空間にはめていくようなもので、しかもピースは全部はないので本に書いてない部分は建築の知識や登場人物の個性、時代背景などを考証しDIYで仕上げるという、楽しそうながらたいへんなお仕事。

そして聖典ピースに時折矛盾が出現するのですが、それは、書いたということになっているワトソン君の間違ったということになっています!

ところで実は、この本を読みたいと思ったのは、過去に著者の北原尚彦さんにお会いできてサインもいただいた思い出でがあったので、出版ニュースをご自身のツイで拝見し一方的な義理を感じたからでもあります。

その北原さんがこの本を出したきっかけというのが巻末に出ていて、それが『ミッフィーの早引き人体解剖用語ハンドブック』をめぐる騒動だったという話もまたとてもおもしろかったです。

ファン心理がきっかけで手に取った、この本もまた別の本のきっかけとなっているんですが、そちらはまた別の機会に・・・




1

2021/8/26

ぽすくま英国切手  イギリス

ここ数日、日本郵便と英国政府観光庁のキャンペーン#POSUKUMAinUK をツイッターで見ていてもう絶対この切手が欲しくなってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

ぽすくまちゃんはクマ好きとしてはもちろん好きでこんな1円切手シートも持ってるのですが
クリックすると元のサイズで表示します

最初は日本でありがちな紅茶と童話好き女性(私のことか)狙いの商品かとそんなに気持ちは入らなかったのですが、ぽすくまが実際に英国各地を旅する写真がどんどんアップされてリアル感に引き込まれ・・・



#POSUKUMAinUKのタグを検索すると旅行気分が味わえます。というより旅行に行けなくて歯ぎしりをさせられコロナが終わったら日本からの怒涛の観光客を呼ぶぞという英国政府の罠にまんまとかかります。

クリックすると元のサイズで表示します

9月15日発売!

1

2021/6/29

イギリス切手研究会切手展  イギリス

「マーリン」のドラゴンフィギュアをイギリスの業者さんから購入した時、こんな切手が貼られて着ました。女王様のお年から年代物の切手と思われ、こんな紙の切手を貼って送ってくれる業者さん自体長い商売を続けておられるのかなぁと、ご老人がドラゴンに切手を貼ってる姿を想像して勝手に幸せになりました。

クリックすると元のサイズで表示します

でも見たことない切手だったので気になっていたら、最近、下のような催しを見つけました。謎が解けるかもしれません!

クリックすると元のサイズで表示します

場所は目白の切手博物館という、これまた聞いたこともない施設。場所柄、人混みに揉まれることもなさそう、ということで行ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します

地味な外観に、かなり目立つポストが・・・ここに投函したら呪われないのでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

このイベントは、常設展とは別のスペースで開催されていました。

クリックすると元のサイズで表示します

どうやら、英国切手収集家による研究発表会のようで、身内ムードや会員でなくとも切手愛好者の方々ばかりと思われました。

うーん、私の持ってるのに似てるけどやっぱり違う。

クリックすると元のサイズで表示します

けど別の勉強にはなった・・・かも・・・

クリックすると元のサイズで表示します

1971年にイギリスの貨幣が10進法に変わった時に同じ切手をシリングからペンスに変えて市民に浸透を狙ったとか、

50ペンス硬貨は世界初の7角形だとか。

クリックすると元のサイズで表示します

ヴィクトリア女王の時代に切手は初に発行され、その印刷インクの色でペニーブラックと呼ばれ人気だとか

クリックすると元のサイズで表示します

しかし私のと同じ切手は見つかりませんでした。

家でネットで調べたら「POSTAGE REVENUE」と書いてあるのは収入印紙兼切手のことだとあり、大英帝国圏にはよくあったらしい。でも現在のロイヤルポストのサイトを見ても販売されてないし、謎は謎のまま、現在もドラゴンを運ぶのに使用することは可能であるという事実があるのみです。
1

2021/6/16

HISブラ散歩ゴーストツアー  イギリス

クリックすると元のサイズで表示します

ちょっと久しぶりに旅行会社のオンラインツアーに参加しました。「ゴーストツアー」というテーマにそそられまして・・・

ゴーストというとBBCドラマ「ゴースト〜ボタン・ハウスの幽霊たち」の田舎の家に住み着いた、生存していたのがそれぞれ時代の違うゴーストたちを思い出すんです。(*アマプラでシリーズ1が、huluでは2まで見れるようです)

そんなお屋敷なら田舎に行かずとも、ロンドンのお屋敷町メイフェアがあるではないか、というH.I.Sの企画です。

今回の散歩コースはこちら

クリックすると元のサイズで表示します

字が小さくてすみません、図はクリックで少し拡大します。

マーブルアーチは12~18世紀にタイバーン処刑場があったとのことでそこがスタート地点です。歴史のお勉強にもなります。

メイフェアという地区は、観光客にもおなじみオックスフォードストリートとハイドパークとピカデリーに挟まれた、メジャーながらも、高級ホテル、高級レストラン、高級ブティックのある、高級住宅街です。

つまりロンドン貧民だった私にはほぼ縁のないところでしたが、唯一、ご用があって週2ペースで通っていた縁もあります。それが地図内にこれ見よがしに記入したバレエ教室です^^ 懐かしいです。

さてツアーは、幽霊が出るという噂のある家の前を通ったり、戦争の犠牲になった動物を祀った銅像のある公園などを抜けて、バークレースクエアまでの散歩です。

・・・何を勘違いしてたか私はお屋敷に入れるような期待をしていたので、ちょっと当てが外れましたが、「散歩」とついたツアーです中には入りませんね。でも途中で教会には入りました。無人でした。

また高級ホテル「コンノート」前には高級車が複数停まっており、その中の1台の運転手さんが、カメラを向けられてるH.I.Sガイドさんにドアを開けてくれていました。たぶん暇していたので冗談コントをしてくれて、雇い主さんを迎えるように「どうぞ」と車内に促してくれていました。そういう働く人のゆとりにロンドンを感じます^^

しかし、このツアー日本時間22時で、私は21時まで仕事してそれから帰宅しての参加だったので、不覚にも私は途中で居眠りしてしまいました!やはりオンラインでライブとはいえ、受身のイベントにすっかりリラックスしすぎ・・・

この後の散歩ツアーシリーズは、6/18がピクニック6/27がコッツウォルズです!どちらも21時スタートで、私はお仕事で参加できませんが、ご興味のある方、個人的なお勧めはコッツウォルズです。車がないと行きにくいからです。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ