2021/1/13

バンクシーの壁画めぐりin ブリストル  イギリス

クリックすると元のサイズで表示します

旅行に行けない時のせめてもの愉しみ、オンラインツアーにまたちょっと久しぶりに参加しました。

タイトルどおりの、主にブリストルの街にあるバンクシーの壁画を巡るという企画です。

ブリストルへは去年行ったけど、バンクシーの出身地ということでグッズ(無許可のようです)をあちこちで見ましたが、本物の壁画は街中を歩いてもぜんぜん見つけられなかったのでどこにあったのか見てみたい!

それと実は世界で唯一の美術館と本人のコラボ企画展に2009年に私は訪れているので、懐かしいよ〜な参加でもありました。

第1の目的が「旅の中でバンクシーを発見する」という旅行会社ならではへの期待が高かったのですが、それはちょっとマップ上で位置を確認したくらいで、作品の周りの写真と動画のみで、「街」まではあまり見れなかったのが不満でした。

その代わり、バンクシーに関してはまず基礎知識のような講座が最初の30分かけてあり、かなり勉強に。

そして良かったのは、私が見た2009年の企画展の紹介と、2015年にブリストルから近い海岸の田舎町で39日間のみ、1日4000枚しかチケットが発売されなかった「デズマランド」の紹介もあったことです。



美術館の方は無料、デズマランドは入場料3ポンドで、大企業や権威を嫌うバンクシーの姿勢が公開の仕方にも表れてました。

彼の異名「ロビン・フッド」というのも、今や有名になった彼の作品は高額で売れるので、ブリストルのユース・クラブが資金難で潰れそうになるとクラブのドアに絵を描いてくれて、それを売ったお金でクラブが維持されたり、公立小学校のハウス(班)名にバンクシーという名のハウス(通常、偉人の名前)ができたと小学生がインスタで報告したら、ある日突然小学校の壁に絵が描かれていて手紙が添えてあった、という庶民の味方なせいで、ブラックユーモアが効いた作風だけでなく人柄まで好きになってしまいました。

ブリストル市のサイトにコラボ展のアーカイブ写真や動画がたくさん載っているので是非ごらんください!



1

2020/12/18

The Show Must Go On !  イギリス

在ロンドンの友人が一時帰国でステキなお土産を持ってきてくれました。

ジャン!

クリックすると元のサイズで表示します

こちらは、コロナ禍で営業できないロンドン/ウエストエンドの劇場をサポートするためのチャリティで販売されているグッズです。

バッグ以外にもTシャツやパーカ、ノート、マグ、バッジ、カードなど、日本からも注文できます。

→ サイト

このデザインはウエストエンドで人気のミュージカルのロゴから一文字ずつ集めたもので、でも記憶力のない私には、どこかで見たような気はすれどどの文字が何のミュージカルだかさっぱり・・・

とはいえ、劇場サポートチャリティなんて私にぴったりのありがたいお土産(涙)。
2

2020/12/12

ケルティック・クリスマス・コンサート  イギリス

12/13追記:DAY2は職場で仕事しながらですが見れました。そしてKILAというバンドが良かったです。彼らは今日本でも公開されている「ウルフ・ウォーカー」というアイルランドのアニメ映画の音楽も担当しているとのことで、気になってたアニメ、さらに見たくなりました!コリン・モーガンも演奏する楽器バウロン奏者も見れましたし、ケルティック音楽ってヒーリング効果もありそうで今、心に体に優しい音です。

アイルランド伝統音楽を含むケルティック・クリスマス・コンサートがオンラインで開催されるので、ご都合つく方はのぞいてみてください。

クリックすると元のサイズで表示します

「オンライン・ケルティック・クリスマス」DAY1
2020/12/12 [sat]
17:00カウントダウン・スタート
19:27終了予定

「オンライン・ケルティック・クリスマス」DAY2

2020/12/13[sun]
17:00カウントダウン・スタート
19:15終了予定

時間限定公開のようですが、再公開の日も来年予定されているようです。詳しくはリンク先をどうぞ。


ケルト音楽というと、アイルランドだけでなくウェールズやスコットランドにも広がる文化で、精神文化、ファンタジーや伝説の世界をイメージさせます。

もうずいぶん前になるのですが、イングランド、グラストンベリーに行ったことがありまして、ケルト音楽演奏と踊りを見ました。薄暗いパブで妖精のように踊る女性ダンサーの魔法にかかりそうでした。あの町はイングランド1のパワースポットと言われていて、町中にニューエイジ的なショップに溢れ、何と言ってもアーサー王が埋葬されているアヴァロンとはここではないかという伝説があります。

ロックの有名なバンド、レッド・ツェッペリンはケルト音楽の影響もありアルバムジャケットにも北アイルランドのジャイアンツ・コーズウェイの風景を使っています。

クリックすると元のサイズで表示します

ここにも私は運良く訪れたことがあり、六角形の岩を登りながら脳内にはツェッペリンの曲が鳴り響きましたとも。

というわけで、今回のオンラインコンサートも見たいのですが、今日は成田空港に娘を迎えに行くので無理、明日は仕事なので職場でこっそり見れるかどうか・・・
1

2020/12/8

コリンデール英国空軍博物館オンラインツアー  イギリス

クリックすると元のサイズで表示します

リアル海外旅行ができない旅行会社さんの主催するバーチャルツアーも私にとって4回目は、

「名機スピットファイアを生んだ英国空軍の集大成 ロイヤル・エアフォース・ミュージアムのハイライト解説 」

と長い名前の【オンライン体験ツアー】に参加してみました。

前回参加した「クイーンツアー」と同じ「みゅう」という旅行会社主催だったのですが、ガイドさんが同じ方でビックリでした。UKロックと空軍・・・どちらの詳しい知識もある方がいらしたとは・・・!スクリーン上のチャットに書き込みできるので、思わずご挨拶してしまいました。

形式はガイドさんが現地で撮ってくれた博物館の写真を見ながら飛行機やパイロット、航空機デザイナーのお話を聞いたり、つべ動画でエリザベス二世のお父さん「英国王のスピーチ」主役のジョージ6世の式典を見せてくれるというものです。今の現地がライブで見て聴けるような臨場感はないのですが、その分情報量が多いです。

時間制限もあるのでアクセスは自分で調べないとなりませんでしたが、個人的にはその辺もガイドしてくれるといいのに・・・と思ったけど「みゅう」の商品であるツアーに参加してくださいということですかね、失礼しました。

場所はロンドン北部で、公式で調べたら地下鉄の駅から徒歩10分ですのでひとりっぷで行くことは可能です!

クリックすると元のサイズで表示します

ここのコレクションは何と言っても空軍機。イギリス軍だけでなくドイツやアメリカの飛行機もハンガーに格納されています。

今年はダンケルクを含む「バトル・オブ・ブリテン」80周年を空軍としての歴史上のハイライトとして祝っているのですが、コロナで一時閉鎖の後、ちょうどこのオンラインツアーの翌日に再開しています。

スピットファイヤー、サンダーランド、メッサーシュミット、と飛行機の名前を拾うだけで精一杯の私ですが、名前にハリケーン、タイフーン、テンペストと豪風が揃うのには笑ってすみません。でその後いきなりモスキート(蚊)とか出てくると弱そう・・・と思ったり。お気に入りはサラマンダーです。ファンタジー映画ぽくて。

それと、現在の高級車メーカーが軍用機のエンジンを作っていたのは聞いたことがあったのですが、ロールスロイス社が作っていたのが「マーリン・エンジン」というのを知り、そしてマーリン・エンジンは他のエンジンに比べ飛び抜けて優秀なモデルだったと聞いて、コリン・モーガンがミサイルにまたがって飛んでいる図が脳内に浮かんで楽しかったです。

クリックすると元のサイズで表示します

この博物館、なんと入場無料!です。寄付も募っています。私はオンラインショップで上のクマちゃんを購入しました。かわいそうな2020年モデル。。。
1

2020/12/1

オンラインクイーンファンツアー  イギリス

クリックすると元のサイズで表示します

去る11月24日、クイーンの故フレディ・マーキュリーが虹の橋を渡って29年目にロックダウン中のイギリスで開催されたオンラインツアーに参加してみました。

ツアー名も長い「ブリティッシュロック伝説のチャンピオンの軌跡をしのぶ」。この日は満員御礼となり、12月23日に追加が来ましたのでまだ体験のチャンスが!ご興味のある方はリンクへ飛んでみてください。

他の会社のも含めオンラインツアーに参加してみての印象は、ライブなら臨場感とともに「今」の遠い土地の様子をスクリーン越しに見れて、なおかつガイドさんつきなのでハズすことはない。ただし、本物の旅に比べたらテレビのようにお任せで安全快適すぎるのは致し方ない、といった感じです。費用は\1,000~1,500くらいですので、興味のあるツアーならピンポイント情報として妥当なお値段かと思います。

コロナでオンラインツアーがすべてライブとは限らないんですが、ガイドさんが実際にこのツアーのために歩いて録画してきた動画や、取材された画像や動画が盛り込まれており、実際に旅行に行ってきた友人の話を聞くような親密さがいいです。

さて、撮影や録画は禁止されているツアーレポ、今回は、クイーンにゆかりの地巡りなので、行った所をリストアップしますね。

@Wenbley  ライブエイドの開催されたウェンブリースタジアム周り
 1985年〜今昔の姿を写真などで。
 客席の写真、ブライアンとロジャーの前列にチャールズ皇太子とダイアナが。
 駅前のライブ映像あり

AEventim Apollo 元ハマースミス・オデオン。
 私はまだここが「ハマースミス・オデオン」時に近くのノボテル・ホテルに
 泊まるツアーに参加したことがあり『これが有名なHOか〜』と感動

BThe Rutland Arms 映画「ボヘミアン・ラプソディ」でクイーンが
 ジョン・リードに出会ったシーンに使われたパブ。
 ハマースミス・オデオンから徒歩7分。

CMetoropolis Studio  アルバム「イニュエンドゥ」の録音スタジオ
 他の曲のPVロケにも使われた

DHard Rock Cafe Mayfair クイーンメンバーの持ち物が飾られている
 ・・・ブライアンやフレディの何かがあったのですけどここ眠気Max

EGarden Lodge フレディ最後の家。個人宅ですのでさらりと
 とはいえ、塀の周りを歩いた動画あり。今なんとグーグルmapでは
 その姿が見られなくなっているのを発見しました。
 最寄駅はアールズコートなんですが、その付近には安いB&Bが多いと聞き
 1991年(フレディの亡くなった年)ごろ泊まったことがありますが
 若気の至りで私史上もっとも怪しくボロい宿でした。
 
↓ 徒歩で北上

 Stafford Terrace ガーデンロッジからも近いフレディ初めての一人暮らし
 高級なフラットでした

↓ ケンジントンを歩く

 Richard Young Gallery ロックフォトグラファーのギャラリー

↓ 

 The Champion/ Notting Hill Gate フレディご贔屓のパブ
 地下にマーキュリーラウンジがある。

FShezan/Knighsbridge フレディお気に入りの高級インドレストラン

Gロンドンを出てウェールズのRockfield Studios
映画「ボラプ」にも出てきた「オペラ座の夜」制作スタジオ。
 羊さんなどいる農場の真ん中にあるスタジオ、スタッフにもよく取材を
 されていてかなり詳しいレポとスタッフさんからのメッセージ動画も。

クリックすると元のサイズで表示します

ナビゲーターは、ロックに詳しいTetsu Tagikaさん、淡々としたガイドが通常の日本のテレビやイベント司会と違って心地よかったです。

リストのみじゃつまらん!という方は是非12月のツアーに参加されてみては?
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ