2020/1/12

ケンジントン・マーケット  イギリス

「ボヘミアン・ラプソディ」や「ロケットマン」のおかげで70年代ロンドンの音楽とファッションが新鮮な21世紀です。

クイーンのフレディ・マーキュリーのガールフレンド、メアリーが働いていてフレディも足繁く通ったブティック「BIBA」は今も大きな本が何冊も出ていて私もちょっと購入して写真を眺めることができるのですが、

そのフレディ・マーキュリーと同じクイーンのロジャー・テイラーが店を出していた「ケンジントン・マーケット」となると写真もあまり見つかりません。

クリックすると元のサイズで表示します

かろうじて見つけた中で、私の頭の中のイメージに近いのがこの2枚。

クリックすると元のサイズで表示します

というのも、その名の通りマーケットですので、「ケンジントン・マーケット」という看板は表通りケンジントン・ハイ・ストリートに出ていますが、中はフリマのように区画が細かく区切られていて家賃を払えば多分誰でも出店できた形態なので、その実態は常に変わって全体をまとめて記録に残した人も団体もいないのでしょう。

wikiによれば1990年代後半まで存在。

私も80〜90年代には多分ロンドン行くたびに寄っていて、でも最後の頃はさすがの私でもマニアックすぎた感(時代遅れに見えた)があって行かなくなってしまった。

それで廃れてなくなったのではなくておそらく入っていた建物のリノベで再開発後に家賃が高騰したのじゃないでしょうか。今では綺麗なビルになっていますので。

でも今考えると、初めてのロンドンで1番ディープな夢見ていたロンドンを感じたお店がココでした。不思議の国ワンダーランドでした。古着屋、オリジナルを売るデザイナーさん、それよりもう少しちゃんと作ったりセレクトしているブティック、ヘアサロン、カフェなどがひしめき合ってました。

80年代にロックファンのためのガイドブック「ロンドンに行きたい」という本があって、そこに出ていた他のカムデン、コベント・ガーデン、キングス・ロードあたりの地域にももちろん行ってみましたが、ケンジントン・マーケットが1番ギュギュッと「トーキョーにはないロンドンらしさ」が詰まってました。

向かいに「ハイパー・ハイパー」という似たようなファッションアーケイドもできたのですが、そちらはもっと新しく小綺麗で、亡霊も住んでそうなケンジントン・マーケットのような迷路感もなく。

あの当時の様子を見るにはネットでは足りなくて、当時のi-Dなどのストリート系カルチャー誌の古本を集めないとならないのかな。誰かやってネットにアップしたら喜ぶ人は私だけじゃないと思うんですが。。。
2

2019/12/1

プリンセス・ダイアナ  イギリス

「ザ・クラウン3」はドラマとしてもよくできてたし、エリザベス二世中心の再現フィルム的にも興味深いものでした。

特に自分でも驚いたのは、領地ハイグローブブランドの商品以外には良い印象を持ってなかったチャールズ皇太子を、ジョシュ・オコナーという俳優さんが演じたことで一気にチーム・チャールズになってしまったこと・・・笑!

内気で神経質なのに自己顕示欲も強いという、知性よりも感性で行動してしまうタイプの次期権力者とは、それはエリザベスママじゃなくても、どんな組織のトップでも心配でしょう!

それをジョシュさんが演じると、つい「そうだ!チャールズかわいそうじゃない!両親冷たい!」と思わせる力がありました。しかも彼目線でまずカミラを出す。ううう〜む・・・だが、カミラのよさまでは私には伝わってこなかったぞ・・・

しかしそれより、「3」の進行状況ニュースを聞いたときにはダイアナ妃のキャストも決まっていたので、公妃も登場すると思っておりましたが、そちらは「4」を待て状態。

そんなことで、ネットフリックスのダイアナさんドキュメンタリーに目が留まりました。実は「ロケットマン」でエルトン・ジョンのことを少し知って、彼がダイアナと親友だったと言ってたので、そちらルートでも気になっていたのもあります。

実はエルトン・ジョン、チーム・チャールズは今までは有名でありながらもスルーしていた私にとってパンドラの箱。無意識でも負のパワーを感じていたのか。

とにかく、今配信されているドキュメンタリーは2作品

「ストーリー・オブ・ダイアナ」(2017)パート1〜2

亡くなってから20年後に作られアメリカでテレビ放送された4時間番組で、主な語り手はダイアナの弟スペンサー伯爵。ロイヤルバレエの元ダンサーなども近い友人として語っている。セレブ情報雑誌「People」協力。チャールズとダイアナの別居前くらいまでのパート1が「ザ・クラウン」的に楽しめますが、パート2は彼女の王室なしでの自分探しとパパラッチ加熱の話になりちょっとヘビーでした・・・SNS以前のセレブは人に写真を撮られるしかなかった、という時代を思い出させられました。

このドキュメンタリーにも登場した、ダイアナの個人企画による、つまり王室への相談なしに、自分に好意的なジャーナリスト/アンドリュー・モートンを宮殿に呼びインタビューを受けて語った話が元になっているのが、

「ダイアナ妃の告白」(1991)

チャールズ皇太子との出会いから語られています。

庶民のプリンセスと言ってもやっぱり貴族。

クリックすると元のサイズで表示します

なんと最初はダイアナのお姉さんとお付き合いしてたとのこと・・・
このお姉さんのドレスがとてもダサくて好き!この時代の(70年代後半〜80年代)ファッションを見るのにもこの番組は相当面白いですよ!

クリックすると元のサイズで表示します

この羊のニットも出てきました!!!

クリックすると元のサイズで表示します

こちらが当時のケンジントン宮殿。ああ、そういえば私も今年はここへ行ったのですが、ショップにダイアナの何かもありました。その時は全く興味がなくてよく見てもいなかったのですが。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし「ザ・クラウン」はエリザベス女王が主役ですので、個人よりも王室と国を優先する彼女に反抗するチャールズは異端児として描かれていて、その異端児にも王室全体にも個人で反抗したダイアナはやはりなかなかの人だったのだと今気づきました。
1

2019/11/28

Britboxに向けてマーリンが配信終了  イギリス

「マーリン」がネットフリックスの配信を12月で終了・・・

クリックすると元のサイズで表示します

と言ってもアメリカの話だと「What's on Netflix」というサイトに書いてありました。

BBCは「マーリン」だけでなく大部分の番組を現行の契約終了に伴いネットフリックスから撤退する動きとのことで、

「Britbox」= BBC、ITV、チャンネル4の共同配信サービス開始に向けての準備が着々と始まった、ということですね。

・・・これは、少なくともアメリカでもBritboxサービスが提供されるということでしょうか。

先日Britboxの話を初めて読んだ記事ではイギリス国内のみのサービスだったと思ったんですが。

アメリカなら英語圏なのでそのまま配信できるから売りやすいのかな。

日本の動画配信サービスの中では、ネットフリックスが1番世界に足並みをそろえていて、世界同時配信にも乗れていたし、「The Fall」の時にはイギリステレビ放送の1ヶ月後には日本で配信されていたありがたい存在です。

「マーリン」は日本ではシーズン1しか見られないので残ったと言ってもそんなに大喜びってほどでもないのですが、

Britboxに向けてBBCとネッフリの関係が疎遠になるのは心寂しいです。

いっその事、日本ではBritboxごとネットフリックスに投げ込んでくれたら嬉しいんですけどね!!

1

2019/11/26

ストラウドのお土産/ヴィンテージNMEも  イギリス

少しご無沙汰しました。職場でシステムが変わったのと自宅にロンドン時代の友人+そのお友達が来てくれて、職場の拘束時間は変わりませんが気持ちに余裕がなくなってしまって^^;(特に人に教えるのが緊張です)

でもそんな日々に、懐かしい友がステキなお土産を運んできてくれました。

けたたましく動くフレディ・マーキュリー!

クリックすると元のサイズで表示します

イギリスにはタブロイド判というスポーツ新聞サイズの新聞が普及していて、ネット時代到来前には一般人に愛されておりました。(でも今でも無料化こそしたものの地下鉄にスマホの電波がないロンドンでは紙が読まれています!)

そのタブロイド新聞版の音楽雑誌も複数存在し、その中でも70年代にトップの人気を誇ったのがこのNEW MUSICAL EXPRESS。「NME」としての方が有名かも。

とにかく1976年、つまり「ボヘミアン・ラプソディ」でトップになった後、かつロングヘアでレオタードの貴重なフレディは表紙と真ん中のページに掲載され、しかも中の写真は胸毛のアップが見開き2ページに?!

中にはエジンバラでのライブのレポ、最新作である「オペラ座の夜」の評。

クイーンは初期、プレスに酷評された、とは彼らの歴史エピとして有名ですが、まさしく「これな!」で、ブライアン・メイはロックを忘れたようだ〜ボラプに至っては後半までギターが出てこない〜オペラどころかギルバート・オサリヴァン(ソフト・ロックと呼ばれてNMEのような硬派音楽誌からは馬鹿にされていたようです)〜曲よりも歌詞の方がさらにひどい〜言い放題。

よもや42年後に伝説となっているとはライターも夢にも思わなかったであろう。。。

クリックすると元のサイズで表示します

15P・・・今なら22円。

クリックすると元のサイズで表示します

これを持ってきてくれたのは、中古レコード屋を共同経営する二人なので、レコードを物色してた時に見つけたのでしょうね。

そして奥さんが見繕って持たせてくださったであろうアイテムの中から。。。

テスコとオーラ・ケリーのコラボエコバッグのミニ!
このシリーズで大きいやつも別のロンドン友人から頂いたことがあるのだけど、このサイズは見たのも初めての22CM四方ほどのハンディ版で、見た瞬間に「お弁当に丁度いい」通勤アイテム。素材が重い麻のジュードでかなりしっかりしています。なぜか日本では見ない素材。

クリックすると元のサイズで表示します

ジャムスプーン!

実は4年前にイギリスに行った時に、私がこれを買いたかったのにこの短いのは品切れで、代わりに長いのを買って帰ったことを奥さんが覚えていてくださったんですね。これ、瓶のフチにかけておけるので、とっても便利なんですよ!

クリックすると元のサイズで表示します

ジャムも!
町で毎週末に開かれるファーマーズマーケットで手作りのを。三越や伊勢丹の英国展でもこれは売ってません!ありがたや〜

クリックすると元のサイズで表示します

こちらもご当地ワイン。裏のラベルにガーランドが描いてあってかわいい。

温暖化によりフランス、スペインが暑すぎて良いブドウが育たなくなり、イングランドがワインの産地になるのも近いかも!

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

うちではお客様は和室にお布団を敷いて寝ていただくんですが、次の日もまだ泊まるのに几帳面にもこのような状態にしてお出かけして行ったことにあまりにも感動したのでパチリ。。。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2019/11/9

ハフキンスのクリスマス・スコーン  イギリス

クリックすると元のサイズで表示します

伊勢丹英国展でクリスマス・スコーンというものを買ってみたのですが、
いざ食べよう!

としたらクロテッドクリームがなく、近所の小さいスーパーじゃ売ってなくて成城石井でやっと見つけてめでたくスコーンタイムとなりました。

買ったのはクリスマスのとプレーンの2種。

クリスマスのは、ドライフルーツがみっしり入っていてマカダミアナッツとシナモンなどのスパイスが効いています。

イギリスのクリスマスプディングやケーキもこのドライフルーツ+ナッツ+スパイスの3種が入っているので、イギリスのクリスマスの3種の神器なのだな!

クリックすると元のサイズで表示します

ところで、写真のプレーンスコーンは、ジャムが下でクリームが上になっていたのにお気づきでしょうか?

私は今まで断然クリームが下でジャムが上派だったんですが、今回、買った袋の中にハフキンスさんが「美味しい食べ方」の紙を入れてくれていたんです。

それに「まずジャムを塗ってその上にクリーム」と書いてあったので、まあ戦場のような催事場から戦利品のごとくゲットしてきたのでせっかくだから従ってみよう、とやってみたんですね。

そしたらまあ!ジャムが少し温めたスコーンに染み込んで、いい具合に小麦粉+ジャムの水分+クリームが馴染んで一体化したケーキのようになったのです。

クリームが下の場合は、生地に染み込んではなかったような・・・

ちょっとしばらくこの順番でスコーンを追求してみようと思いました。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ