2019/8/10

「テムズとともに」  イギリス

クリックすると元のサイズで表示します

6月上旬のイギリス旅行前、オックスフォードに1泊2日を計画していたので資料を探した時にこの本のことを知りました。

令和天皇がまだ昭和の時代に2年間留学したオックスフォードについて書いたもの・・・

旅行の参考になるかどうかは別にして、興味を持ったので図書館を検索したら、折しも「令和ブーム」のせいか予約待ちが多くて、今ごろ借りることができたのでした。

結果、天皇のオックスフォード滞在は1983~5年ともう36年も前から、にもかかわらず、あの街の歴史からして(古いコレッジは12世紀から)情報としての古さはない。

それよりも、さすがに留学生としての大学生活と学者研究者の話や、皇族として英国やヨーロッパの王族や貴族、旧家との交流についてを一人称で書かれた文章を読むのは、絶対に自分にはできない体験手記としてとてもとても興味深いです。

例えば、「入学式で新入生全員の点呼の時、Mr. Naruhitoと呼ばれて同級生大爆笑だった」というくだりがあって、私は最初すぐにはピンとこなかったけれど(本にも解説はない)敬称はPrinceだし、それに皇族には名字がないのでファーストネームに敬称をつけてしまった、という点でも2重におかしかったのでした。

学生としては広い、ベッドルームと書斎が別になった2部屋に専用のバスルームがついた寮部屋を使い、隣室には警護官(おお、ボディガードですね)も寝泊まりしている点は平民とは違うけれど、

共用の洗濯機で自分の洗濯物をして街で買ってきたアイロンとアイロン台で自分でアイロンをかけた話や、ディスコに繰り出したらジーンズ着用で断られた(自分が何者であるかを言うような無粋なことはしない、とも)話など、

一般人のような自由な暮らしができてとても楽しめた海外生活だったようです。

とはいえ、それは街中での話で、

オックスフォード入学前の、3ヶ月間の語学研修期間も、日本で英語教師経験のあるご夫妻のご自宅にホームスティが準備され、

日本大使館の援助、

英国王室との交流だけでなく、ヨーロッパの各王室にご招待され、平成天皇夫妻がヨーロッパを訪問された時にはその先の王室に招待されて家族と再開など、

ドラマ「ヴィクトリア」で見たようなシーンが、日本語で回想されているのを読むのはおもしろいです。

そして、「このような暖かいもてなしを受けられたのは両親が各王室と友情を築いてくれていたおかげだ」と感謝の気持ちを述べて「次の世代に受け継がねばならない」との感想に、下世話ながら、友情を引き継げる社交の才能を持った美しいお妃を選びたいとオックスフォード時代に決意されたに違いない、と私は思ったりしたのでした。

スコットランド訪問の時には、クランの方々と話をして、イングランドに征服されたためにスチュアート朝直系の自分たちの王を英国王にできなかった無念怨念を幾度となく話された、と、スコットランドの貴族が歌う「スカイボード・ソング」を聞いて故国への愛着を汲み取りイングランドとスコットランドの歴史を超えた対立に言及する察しの良さに、改めて新しい天皇にもっと政治的権力があった方が日本のためなのでは・・・とも思ったのでした。

2

2019/7/28

イギリスのプラスチック汚染対策  イギリス

引き出しをゴソゴソしていたら、4年前にイギリスから持ち帰ったスーパー「テスコ」のショッパーが出てきました。

クリックすると元のサイズで表示します

再利用を促してはいますが、無料でいくらでももらえたペラペラの袋はちょっと耐久性は怪しい。でもプリントがかわいいので捨てなかったんです。

クリックすると元のサイズで表示します

今年の夏にテスコへ行ったら、下のようなもっと厚手で大きい袋が無人レジのレジ脇にあり、5P(7〜8円くらい)でした。街でカバン代わりに持ち歩いてるオジさんも見かけました。

クリックすると元のサイズで表示します

NO TIME FOR WASTE. 「ゴミにする時間はない」

下のバージョンは、

I'M BACK. 「ただいま」とそのバッグの原料が80%以上包装用プラスチックからのリサイクルであることを一言で言った、捻りの効いたコピーがいいです。

クリックすると元のサイズで表示します

昨日付けのニュースで、テスコが宅配に使ってたビニール袋も使用をやめ、配達は再利用するトレーでキッチンまでお届けしますと言っていました。

私が東京で利用しているCO-OPも配達は再利用の箱できますが、

テスコは、イギリスでも最大手のスーパーですのでそこがビニール製品を無料で配布するのをやめるのは意義があります。

東京のうちの近所には日本最大手っぽいイオンとかないのでわかりませんが、ローカルのスーパーでもビニール袋を3円とか5円で有料化しました。けど従来のペラペラのやつなので、再利用には今ひとつグレードが低いような。。。

テスコの有料袋は丈夫なだけでなく、CMでも1度しか使わずにゴミとなるビニールは、海の動物が食べて非常に害になっていることをやさしく啓蒙しています。



他にも今年のイギリスで見かけた脱プラスチックの地球環境に優しい品物たち。

植物でできてて土に帰る使い捨てカトラリー

クリックすると元のサイズで表示します

紙製ストロー

クリックすると元のサイズで表示します

スチール製ストロー

クリックすると元のサイズで表示します
2

2019/7/25

ロイヤル・スコット・クリスタル  イギリス

クリックすると元のサイズで表示します

先月のイギリス旅行で、宿泊費やチケット代を除いて単品で1番高い買い物がこちらでした。

ケンジントン宮殿で「ヴィクトリア女王展」を見て胸いっぱい夢いっぱいになった時に通過するショップ、お財布の紐はこの時点でほどかれています。

華々しい(まあ、要するにちょっとおばちゃん趣味の)花などがデザインされてる食器や布製品などが多い棚の中で、ひっそりと重々しくこのセットが私を見つめていたんですね・・・

しかも値段もついてなくて、私は自力でディスプレイされてた箱の下の箱まで抜き出して箱の周りや中をチェックしたのですけど値札がない。

そこで一生に一度の機会かもしれないと思って、店員さんに聞きました。

スタッフさんもすぐにはわからなくて、PCのデータみたいなので調べてやっと判明。

このクリスタルのウィスキーグラス(英語ではtotと言うのがメーカーであるRoyal Scot Crystalの公式ページでわかりました)とボトルのセットで確か70ポンドくらいでした。

もう調べてもらってた時点で100ポンド以下なら買おうかなとほぼ心を決めておりました。

その前に小さいもの色々合わせて90ポンドくらい購入していたのをその店員さんたちは覚えていたので、免税手続きをするかと聞かれました。

きゃー、なんか懐かしいフレーズというか、最近はそういう対象になるような買い物をしてないのでびっくり・・・

確か手続き料が10ポンドくらいかかるので、それをさし引いても戻ってくる税金のでる買い物の金額が150ポンドくらいなんですよね。しかも旅行者の多いショップで賞から、手続き慣れてるスタッフさんたち。ありがたや。

長〜いレシートの紙を出してもらって、それに必要事項を記入して帰りの空港で買ったものを見せて手続きをして数日後に、2000円くらいがもうクレジットカードに入金されていました。

事務手続きの話が先になりましたが、

この記事を書くにあたって宮殿ショップやメーカーのカタログを探したのですが見つかりませんでした。

ということは相当昔の商品なのかなあ???

宮殿ショップには同じメーカーの別の商品もあって、メーカーのオンラインカタログでも似たようなセットで鹿とかゴルフ、アザミの柄はあるのにユニコーンはない。

画像で検索しても出てこないし、よくわからないけど、レアものということでしょうか。

2

2019/7/2

海外シム  イギリス

6月のイングランド旅行では、初めて日本のスマホに現地SIMカードを入れて使いました。

Pay As You Goという、契約なしで使う分だけお金を払う仕組みがイギリスではスマホ前からありますので、旅行者にもぴったり。

イギリスSIMは日本でもアマゾンなどで買えてしかもお安いのでオススメです。
しかもイギリス以外の多くの国でも使えます!

ただ1点、今回の旅でトラブルがあったので注意報です。

それは、このタイプが、データがなくなった時に買い足したにもかかわらず使えなくなったのです。

クリックすると元のサイズで表示します

初めから入っているデータを使う分には、アマゾンのレビューの通りインターネットが快適に使えます。

そのデータはどれくらい保つかというと、ドラマなど動画を見続けること以外、メール、SNS、検索、地図などの使用を1日頻繁に使って1GB2日くらいです。

ですので、3GBあるこのカードは1週間くらいは買い足しなしでOKです。

私は新品ではないこの90日間有効のカードを譲っていただき、最初からデータがなくなったら買い足すつもりでした。

クレジットが残り少なくなった時に表示が出たので、このケースにも表示されているThreeというショップへ行って(日本のsoftbankやauショップほどではないですがあちこちにあります)「TOP-UPしたい」と言って10ポンド分データを買い、それが使えるように店員さんに操作してもらいました。

ところが、ネットに繋がらない。

Threeの会社に電話しても「10ポンド分チャージされています」と言われるのに、使えない。

そこでまたショップへ行き、2名の店員さんに聞いて色々と調べてもらった結果「これはドングル用のカードだから」というのが原因だと言うのです。

結局、電話用のSIMを無料でくれたので、カスタマーセンターに電話してチャージした10ポンド分を元のSIMからもらったSIMに移し替えてもらい、使用が可能となりました。時間もかかり面倒でした。。。

それではなぜtop-upの前まではスマホに使えて、しかもチャージもできたのかという疑問は解決されませんでしたが、とにかくこのカードも日本アマゾンで売っているのでデータの買い足しの可能性がある方はご注意ください。

ケースの下の方に「tablet, dongle, Mobile Wi-Fi device用」と書いてありますね?一見スマホも含まれるのでは?と思いますが、「Phone用」と書いてあるの(写真下)を購入すればチャージもOKですよ。

もっとも、このカードだったら最初から12GB入っているのでおそらくチャージしなくても2〜3週間はフルに使って余裕でしょうけど。。。

クリックすると元のサイズで表示します

ちなみに、お店でtop-upした時に、下のSIMを無料でもらいました。家族や友人ようにどうぞって。カードは無料でこれにチャージして使ってくれれば売り上げになるからですね。

クリックすると元のサイズで表示します

この日本アマゾンで買えるSIMってどういうわけかヒースロー空港で売ってるやつよりも安価なのでオススメです。


日本も格安スマホってのがあるけどそれでも契約の1年縛りがあり、それより前に解約すると1万円近くの違約金を払わねばなりません。

それに東京都内に入ってきた旅行者が日本用のSIMを買うって難しいんですよね。空港で売ったりレンタル携帯/スマホなどあるらしいのでそこで手を打っておけばいいのでしょうが、来年のオリンピックで旅行者を大量に迎える時にその辺が変わればいいのに。
2

2019/6/25

コーニッシュ・パスティ  イギリス

クリーム・ティー以外で私がプリマスに期待していたもの、それは

クリックすると元のサイズで表示します

コーニッシュ・パスティ!!です。

とは言え、プリマスはコーンウォールではないので、コーニッシュ・パスティとは呼びません。

このあたり、遠いロンドンでは堂々とコーニッシュ・パスティの名で販売しているというのに、目と鼻の先のデヴォンでは呼ばない、というところが面白い。

クリックすると元のサイズで表示します

では、デヴォンではコーニッシュ・パスティをなんというか?

クリックすると元のサイズで表示します

答えは「トラディショナル・パスティ」です。

ロンドンではそれは商品名となっているというのに、地名のついたその食品は、その土地を1歩でも出たら偽物扱いとして名前使用は禁止されているかのようです笑

このパスティの形をしたぬいぐるみのようなポーチは、私がプリマスで買ったもの。

クリックすると元のサイズで表示します

同じものがコーンウォールではロゴ入り商品に!!

クリックすると元のサイズで表示します
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ