2018/7/30

POLDARK 0408  POLDARK

クリックすると元のサイズで表示します

フィナーレです!

このシリーズずっと文句も言い続けてきましたが、感動の最終回でした。

何がって、オープニングからして1780年ですよ!!!ポルダーク家におばちゃんの85歳の誕生日を祝って集まる人々の中に、アメリカ独立戦争へ行く前のロスが!フランシスが!ジョージが!そしてエリザベスも・・・

これにはやられました。この4人、その頃からこうして会っていて(身分が違うジョージがなぜいたのかはよくわからないけど)エリザベスはみんなの憧れプリンセス、でもロスが彼女の心をとらえ、フランシスとジョージには高嶺の花。そしておばちゃんのタロットの予言は「彼女のせいで二人が悲嘆にくれ、そして愛らしい子供たちを授かるであろう」・・・ここで考えてみたら、エリザベスは、この場にいた若者3人の子供をひとりずつ産んでるんですよね?!なんという・・・

ま、しかし、このシーンのおかげでロスとエリザベスのつながり、ジョージのロスへの執着、フランシスの彼のなんでも持って行ってしまう従兄弟への劣等感がすごくすごくわかった。


そして舞台は1799年へと、19年も経っていたのか!

先週のジェフリー・チャールズの「ヴァレンタイン、ロスおじさんにそっくり!瓜二つ!」発言以来、エリザベスへの疑惑が復活したジョージはすこぶる不機嫌でヴァレンタインに当たったり無視したり。

最後の手段、また早産してジョージの疑いを晴らそうと危険な賭けに出たエリザベスは、早産には成功するも自滅して産後に亡くなってしまいます。

エリザベスの具合が悪いというニュースを聞いてすぐに駆けつけるロスを見て、私の心には
「ロス!やめろ!君の出番じゃない!いくらなんでもジョージに失礼じゃないかー。恋人の元に駆けつけた男の顔にしか見えないよ。ジョージにお悔やみくらい言え!!」
と罵倒が浮かびました・・・・元はと言えばこの事態を招いたのもロスの後先考えなしの熱血のせい。

しかしエリザベスもなくなった今、ジョージは彼女の心に寄り添って初めて譲歩したのでしょうか、「彼女に会うまで去らないぞ」というロスを妻の寝室に通します。でもここは、今までのジョージらしく追い返しても良かったのでは?と思ったくらいロスの図々しさが気にかかりました。デメルザだって傷つかない?それともそこを許すのが大きな愛だとこのドラマは思っているのか。エリザベスの亡骸にキスをしたロスを見ても私は反発さえ覚えました。

このロスとエリザベスのつながり、20年前からの大きな愛だとは冒頭の感動シーンでわかりましたが、今はそれぞれ結婚していてそれぞれの場所があったら、ジョージやデメルザをリスペクトしてあくまでも心の中だけにしてもらいたいんです。

と、こっちの大人の関係はまたロスのおかげでモヤモヤしましたが、エリザベスも我が子のことは可愛かったのね、自分への疑いを晴らすだけが目的ではなかったか、と最後の最後にちょっとエリザベスもそんなに悪女でもなかったのか、と見直しました。

しかもジョージもダメダメだけど偶然いいこともしちゃった。訪ねてきていたモワナちゃんを追い出し、悪漢下僕に追わせたせいで、迎えに来たドレイクと晴れて触れ合うことができました。

しかしモワナちゃんはまだあの牧師の苗字だけど、嫁に行った家から家出???

やっとドレイクと結婚できたから、まあそっちの方はどうでもいいですかね。だってドレイクのプロポーズ泣かせましたよね!鍛冶屋なのに、すごい詩人ですね!

結局、ロンドンとコーンウォールに別れ別れになっていたポルダーク夫妻とエニス夫妻もやっと元の鞘に収まり、

POLDARK WILL RETURN です。

シーズン5では何が起きるのかなあ。

モワナとドレイクの結婚式の陰で、ヴァレンタインと乳飲み子を連れエリザベスのお墓に向かうジョージ、それを見て「エリザベスはポルダーク家の人間だよね!」とまたまた無邪気なジェフリー・チャールズ、この二人が気がかりです。

来年かな!
3

2018/7/27

POLDARK 0407  POLDARK

とってもわかりやすいradio timesの凝縮エピ動画がありました

 
シリーズ4もエピソード7で佳境を迎え、主要キャラがロンドンにどっと移動して繰り広げられたコーンウォールの泥沼感とも。

初めての大都会ロンドンで新婚旅行のようにラブラブだったデメルザ&ロス、前のエピでカロラインにもくっついて来てたアドリーがデメルザを口説きにまとわりついてきたことで大変なことに・・・!

デメルザとしては、ロンドンの流儀がわからないので、流れに任せた受け身の態度になったのが災いなのはロスにも明らかではないのか・・・

考えてみると、ずっと上流社会にいてロンドンと地方を往復する暮らしをしていたカロラインや、ロンドンの社交界に実家の知り合いもいるエリザベスと比べたらデメルザは労働者階級出身ってことで二重によそ者なわけです。地方のサラリーマン家庭出身の私が東京の山の手グループの中に放り込まれたようなものです、粗相がないよう振る舞うだけで精一杯です。

ロスはデメルザを責めてはいないけど、アドリーの蛮行に感情的になって決闘まで受けるとは〜〜〜〜

主役だからシリーズ途中で死なないのはわかってたけど、親友のアドバイスも聞かずに。あの時代はすでに決闘は違法になっていたんですね、まあロスにとって法は従うものではないでしょうけど、自分の名誉のために死んだら妻子はどうなるのとか考えないのがヒーローなのかなあ。この展開は納得いかないなあ。

結果はアドリーが死にロスは腕にケガ。

血が熱いポルダークとはいえ、ひよっこのジェフリー・チャールズにまで「不良ポルダークは僕1人じゃなかったね!」と笑われる始末ですよ。

そのひよっこポルダークの無邪気な「なんで気づかなかったのかなあ!ヴァレンタインってロスおじさんに生き写しじゃない?!」に凍りつくジョージとエリザベス夫妻・・・いよいよ来たか。ついにジョージのエリザベスへの不貞疑惑は確信へと。

そしてエニス先生もロンドンはもう十分とカロラインを残してコーンウォールに帰帰ります・・・どうして?今あのふたりは別れない方がいいと思うのに。彼にとってはデメルザみたいにロンドン限界ってことはないと思ってたのに。

デメルザも、今、ジョージがロスを陥れようとしてる時に(いつもだけど)ロスを残して帰っちゃいます。置き手紙に書かれた「あなたの家に、あなたの子供たちのところに、あなたの銅鉱に帰ります」って文章が「あなたの場所はコーンウォールです」って言ってますね。

もう一組気の毒なのはモワナちゃんとドレイク。なんとモワナちゃんは、あの変態牧師のせいで「人に触れられない病」=立派な心の病にかかっているではないですか、あの時代に精神病に理解があったとは思えないし、一応いい家の牧師だったから、虐待があったとモワナちゃんが訴えるところもなく・・・なんて気の毒な結婚をしてしまったの?!でもドレイクに説明できてよかったです。なんとか新しい治療に詳しいエニス先生のお力で治してもらえることを祈ります。

来週はシリーズ4最終回、エリザベスのお産もあるようで、いったい誰がどう転がるのかさっぱりわからない展開となってきました。


7/28追記
BBCサイトのエピ8のクリップを見たら、エリザベスが早産を画策して偽名でお医者を尋ねるシーンでした。1、2ヶ月も早く産みたい理由って、ジョージと子供を作ろうとした時期からの計算としか思えない、だけどエリザベスって最近浮気してた覚えがないんですが・・・?!やっぱりまたロスとあったのですか、例の教会で?!私は何か大事なところを見逃したのでしょうか・・・(汗)
1

2018/7/17

POLDARK 0406  POLDARK

クリックすると元のサイズで表示します

じわじわと物語は進んでいきます。

ロスはロンドンでピット首相(ベネさんじゃなかった!)とお食事をしておりました。弱き者の味方同士、これから関係は強くなるのかな?!

可愛いジェフリー・チャールズはロンドンで賭事に夜遊びで放蕩息子となっているのをロスに見つかり実家に連れて返されました。うーん、母親が嫌な男と結婚している息子としてのささやかな抵抗?

未亡人となったモワナに追い返されたドレイクは海に浮かぶ死体のように暗くなっちゃって・・・モワナとラブラブだった時はカッコよく見えたのにすっかり田舎のネズミのごときボロボロさ。今は弟を気遣うお兄ちゃんの方がキリッとしています。人間って状況で外見までこうも変わるのですね。

そのモワナですが!前エピのコメントでhedgehogさんが推測した通り?!あの足フェチ牧師の子供を身ごもっていました!わーhedgehogさん素晴らしい。

(でも来週の予告でモワナちゃん、姑に「asylumに行け!」って言われてるんですよ。asylumって保護施設の意味ですけれど、調べたら精神科病院という意味も。どういう所なのかはっきりわからないけど、家を出るということは、ドレイクと会えるチャンス???)

そして今週で1番気になったのはですね、ロスとエリザベスが何やら仲よさげな。少し前に教会でふたりきりになった時がありましたけど、その時に「8ヶ月の子供をまた産んであげるとか?」ってロスがエリザベスに言っていたって?!

な、なんか、このふたりのこういう雰囲気、嫌なんですけど・・・昔の恋人同士だったからって、エリザベスさん、あーたはその元恋人の従兄弟と結婚しただけでなく、宿敵とも結婚しているんですよ、もっと自分を嫌いになりなさいよ!

そ、それでエリザベスは再び妊娠したことがわかりますが、今度こそジョージとの子供なんですかね?!なんかよくわからなくなってきました。

ヴァレンタインはそんな大人の事情には関係なく、美しい少年に成長してきて、ちっともジョージに似てませんwww

ジョージのロスいじめは、今度はマネーフロー陰謀でロスの財産と仲間の銀行を潰しにかかりました。しかし結果、ロスは新銀行の役員になってしまいました。苦境転じて出世、ロンドンにデメルザを連れて戻ります。

そりゃそうです!エリザベスに甘い顔をして、自分の妻には金策をさせておいて、そのくらいしないと心底ロスを嫌いになりますわ!

しかしこんなプロットの70年代原作の話を現代にリメイクとは、どこかでちゃんとデメルザがいい思いをできるどんでん返しをやってくれますか?でないと身勝手な男の話になってしまう〜〜

クリックすると元のサイズで表示します
1

2018/7/10

POLDARK 0405  POLDARK

クリックすると元のサイズで表示します

ついに私の願いが叶って、あのオズボーン牧師が退場となりました。

いやいや、先週あたりからモワナの妹ルエラの家にウロウロし、ルエラの夫アーサーも登場していたので、これは・・・と案じていたら案の定です!

しかし夫の嫉妬というのは興味深い・・・アーサーが自宅の窓から覗いたのは、妻の積極的に牧師に迫る姿でしたし、彼女は燭台をお金を貯めて買ったとウソをついたこともわかってるのに、外見が天使ちゃんだからなのか、妻にはまったく怒りも悲しみも沸いてないようなのです。妻がお金のために身を売らねばならいのは自分の稼ぎがないから、とよく冷静になれたもんです。

とにかく牧師が死んだのはアーサーの暴力がきっかけですが、

「牧師アウト!」と喜ぶもつかの間、

・・・・なんとそのニュースを聞いたジョージが、ドレイクを疑うという?!ヒキガエルの恨み恐ろしや〜〜〜〜

ジョージもエリザベスにはてんで弱いのに、ロンドンでカロラインにくっついてるキャプテン・アドレーに「前に庭で会った時に比べてそっけないな!間男に来た吟遊詩人かと思ったのに」なんてロスのことを聞いたものだから、またロスに対する嫉妬がメラメラと火がついたばかりですからねぇ・・・

しかもドレイクに別の女の子をくっつけようとしたデメルザは、わざわざドレイクに牧師が死んだニュースを届けちゃうし、

ドレイクはまたモワナの嫁入り先の牧師の家の門で一夜を明かし、「馬のムチをくれておやり」と牧師母に追われる始末。モワナは牧師に汚されたとイジイジしてますし。

ああ、どんどんポルダーク家の者がジョージの意地悪にやられてしまうわ。

さあ、ここからはまた、ジョージの企みにどうロスが打って出るか、が一番の楽しみかなあ!

クリックすると元のサイズで表示します
Osborne Whitworth actor Christian Brassington (left) stands with Poldark co-star Luke Norris (Getty)

写真はどちらもThe Radio Timesさんのです。オズボーンの役者さん、実は可愛い。キューピーちゃんみたい。

リンク先の記事の下の方に更なるリンクがあって、この俳優さんChristian Brassingtonの役作りについてのインタビューが読めます。1日3500カロリー食べて体重を増やして頑張ったそうですwww プロデューサーからは特に増量するよう言われなかったのに、原作の描写を読んで自ら取り組んだのだそうです。それから美術館を回って当時の上流階級の人々の立ち振る舞いを研究したそうです。

ドラマ中ではキザなポーズが決まってましたよね!お上品ぶった話し方も絶品でした。牧師なくてはシリーズ3〜4の面白みが全く違っていたでしょうね!


2

2018/7/4

POLDARK 0404  POLDARK

クリックすると元のサイズで表示します

今週の激動は、エニス先生のご家庭でした。美人の奥さんそっくりのサラちゃん、先週産まれたばかりなのに、もうパパとママを残して逝ってしまいました。

医師として我が子の異常に気づいてた先生の悲しみは「ついにこの時が来てしまった」という正統派の嘆きぶりでしたが、カロラインは悲しみも超えた危機状態に陥り、喪失感から逃れるためにロンドンへとひとり旅へ。

カロライン、美人で性格も頭もいいだけでなく、こういう時の男前っぷりにはっとさせられました。気位が高いけど愚かではない。かっこいい!!!彼女のパワーは、財産と生まれの安定にありますよね。

一方正反対のジョージは自分の鍛冶屋の家業を呪ってましたが、ここに来て隠しても隠せないと悟ったからか、「自分の生まれをやっと受け入れられた」と。ますますパワーアップしてきたな。議員席付きの土地を買い上げていよいよロンドンの議会へ。

エリザベスの息子ジェフリー・チャールズもロンドンへ戻ったし、

そしてついにデメルザもロンドンに行きたいと表明しました。

みんなでロンドンに集結か。


ところで子供を義母に取り上げられて死んだように生きているモワナに、なんとか妻の義務を果たせようとする足フェチ牧師、妹にまだへばりついて、その妹も何が楽しくて牧師を受け入れてるのか謎なんですが、妹の亭主に牧師の訪問がバレましたね。

あのスノッブ牧師が社会的地位を葬られるのを早く見たいものです。

ひたすらモワナを愛するドレイクにデメルザが変な気を使って別の女の子をあてがおうとしてるから、早く牧師が退場してあの純なふたりが一緒になれますように。


ヒューがいなくなって個人的に盛り下がってしまった週でした。

着付け薬を貼っておこう。
クリックすると元のサイズで表示します
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ